航空万能論GF管理人

  1. 軍事的雑学

    予想を超えるダメージ蓄積?米空軍、可変翼爆撃機「B-1B」維持を断念か

    米空軍参謀総長のデービッド・L・ゴールドファイン氏は9月17日、予想を上回る機体構造への疲労蓄積が原因で、爆撃機「B-1B ランサー」を手放す可能性について示唆…

  2. 軍事的報道

    問題の多い空中給油機「KC-46A ペガサス」、日本向けの機体製造に着手

    米空軍が採用した次世代の空中給油機「KC-46A ペガサス」を製造するボーイング社が17日、日本の航空自衛隊向け「KC-46A」の組み立てを開始したと発表した。…

  3. 軍事的雑学

    空母不足が続く米海軍、空母打撃群を「空母なし」という異例の編成で派遣

    米海軍の原子力空母「ハリー・S・トルーマン(10万3,800トン)」を中心とする空母打撃群は、空母が「ない」という異例の編成で母港、ノーフォーク海軍基地から海外…

  4. 軍事的雑学

    艦載機のステルス化が進む中国、今度は空母にステルス無人機を配備

    最近、中国初のステルス戦闘機「J-20」の艦載機化が有力だと報じられたばかりだが、今度は国産空母「001A」が、ステルスドローン「Sharp Sword」を搭載…

  5. 軍事的報道

    日本導入の可能性も? 米空軍、次期訓練機の名称「T-7A レッドホーク」に決定

    米空軍の次期高等訓練機に採用が決定してる「ボーイングTK」の正式名称が「T-7Aレッドホーク」に決定した。…

  6. 軍事的雑学

    韓国はF-35の重整備を何処で受ける?米国、韓国に対し「日本」の整備拠点利用を要請

    韓国で再び、空軍が導入中の第5世代戦闘機「F-35A」の重整備を、一体どこで行うのか議論を呼んでいるが、米国の要請に加え、国内への整備拠点誘致など、相変わらず迷…

  7. 軍事的報道

    F-35のウェポンベイに12発?米国、新型空対空ミサイル「ペレグリン」開発を発表

    米国の大手防衛企業、レイセオンは戦闘機が搭載できる空対空ミサイルの数を2倍に引き上げるため、新しい空対空ミサイル「Peregrine(ペレグリン)」の開発を発表…

  8. 軍事的雑学

    また技術移転?韓国、日本を含む5ヶ国が製造中の「第3世代暗視装置」国産化

    米国、ロシア、ドイツ、イギリス、日本の5ヶ国でしか生産されていない第3世代の軍事用暗視装置を、韓国が世界で6番目に国産化すると報じている。…

  9. 軍事的雑学

    音声によるコマンド制御が可能?トルコ、未完成の第5世代戦闘機「TFX」を400機発注

    トルコ政府は、まだ完成もしておらず現在も開発中で、今年6月のパリ航空ショーでモックアップを公開しただけの第5世代戦闘機「TFX」を計400機発注した。…

  10. 軍事的雑学

    兵士にとっては地獄?米海軍、早期警戒機「E-2D」に空中給油用プローブを装着

    米海軍は、空中給油が受けられるよう燃料補充用のプローブを装着した、最初の早期警戒機「E-2D」アドバンスド・ホークアイを受けとった。…

PAGE TOP