欧州関連

  1. フランス、空母「シャルル・ド・ゴール」後継艦を2038年までに就役させると発表

    フランスのフロランス・パルリ国防大臣は18日、サンナゼールにある造船所を訪れて空母「シャルル・ド・ゴール(R91)」の後継艦が2038年までに就役すると発表した…

  2. 不毛な議論、日本のF-4EJを彷彿とさせるドイツの無人機武装化問題

    ドイツで非常に興味深い武装可能な無人機(UAV)導入議論に火がついている。もしかすると今後日本も同じ状況に陥るかもしれない。…

  3. 英空母「プリンス・オブ・ウェールズ」で原因不明の水漏れで艦内が水浸しに

    英海軍が誇るクイーン・エリザベス級空母2番艦「プリンス・オブ・ウェールズ(R09)」は原因不明の洪水に襲われたと現地英メディアが報じている。…

  4. ドイツ海軍、次期水上戦闘艦艇「MKS180」を訴訟から守ることに成功

    ドイツ海軍の次期水上戦闘艦艇「Mehrzweckkampfschiff 180(MKS180)」受注を巡る戦いに決着がつき、裁判所による建造差し止め回避に成功し…

  5. 歩兵戦闘のゲームチャンジャー? 英陸軍が注目する「命中を保証」する魔法のスコープ

    英陸軍の特殊空挺部隊「SAS」は、過酷な訓練を受けていない兵士でも熟練の狙撃兵に変えてしまう魔法のスコープ「SMASH(スマッシュ)」に注目していると英メディア…

  6. 米国の排除宣言はブラフか?トルコからのF-35部品供給が中断されていない理由

    トルコはNATOの防空システムと互換性のないロシア製防空システム「S-400」を導入してことでF-35プログラムから追放されてしまったが、トルコの防衛産業企業が…

  7. 知らない間に終了?英海軍の戦勝記念日75周年イベントが残念な理由で不発

    英海軍は5月8日のヨーロッパ戦勝記念日(VE Day)を祝うため艦艇に搭載されたサーチライトを使用したイベントを企画したのだが、とても残念な結果に終わってしまっ…

  8. 搭載するF-35Bの調達は? イタリア海軍の軽空母「カヴール」でF-35B受け入れ準備完了

    イタリア海軍は今月6日、近代改修が無事完了した軽空母「カヴール (C550)」が海上試験のためマル・グランデ海軍基地から出港したと明らかにした。…

  9. ギリシャ空軍のミラージュ2000とトルコ空軍のF-16Cがエーゲ海上空で交戦

    ギリシャ空軍は5日、エーゲ海上空でギリシャ空軍の戦闘機ミラージュ2000とトルコ空軍の戦闘機F-16Cが交戦している映像を公開した。…

  10. ドイツ政府、国内から核兵器撤去とF/A-18E/F購入撤回を迫られる

    ドイツのカレンバウアー国防相が独断で戦闘機F/A-18E/F購入の意思を米国政府に伝えたことに怒ったドイツ社会民主党(SPD)が実力行使に出た。…

  11. 費用と手間を大幅削減、サーブが戦闘機「グリペンC/D」向けに交換用AESAを発表

    今回は欧州関係の話題を2つ、グリペンC/D向けに開発されたアップグレードオプションとドイツ国防省が犯したトホホな失態についてだ。…

  12. まるでジェットコスター、戦闘機ラファールの素晴らしさを示す究極の着陸

    3年に1度開催される開催されるスイスのZigermeet航空ショーに参加した仏戦闘機「ラファール」の素晴らしい動画がSNS上にアップされた。…

  13. 全く決着していない独トーネード後継機問題、第二ラウンド開始を告げる鐘が鳴っただけ

    ドイツ政府は米国からF/A-18E/Fを30機、電子戦闘機EA-18Gを15機購入する意思を明らかにしたためトーネード後継機問題は分割調達案で決着がついたと思わ…

  14. イタリア海軍の苦難!F-35Bが調達ストップで空母「カヴール」が存続の危機

    2019年5月、イタリア海軍の強襲揚陸艦「トリエステ」が進水したが、奇妙な新政権の方針転換で肝心の搭載機調達が事実上ストップしてしまった。…

  1. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  4. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP