欧州関連

  1. トルコ、MQ-9に匹敵する新型無人航空機「バイラクタル Akinci」の実戦配備を開始

    バイラクタルTB2で有名なBaykar社が開発を進めていた新型の双発無人航空機「バイラクタル Akinci」の量産機がトルコ軍に引き渡されたと報じられている。…

  2. 英国、グルカ旅団を参考に旧アフガン政府軍の特殊部隊で構成された部隊を創設か

    英国のThe Daily Telegraph紙は先月末、アフガニスタンから連れ出した旧政府軍の特殊部隊の隊員を陸軍に組み込む可能性があると報じて注目を集めている…

  3. 不穏な米英関係、自爆テロで米軍に犠牲が出たのは空港ゲート閉鎖に反対した英国の責任?

    カーブル空港での自爆テロについて「英国の責任だ」と非難する国防総省の文書がリークされ、The Times紙は「特別な関係と言われてきた米英関係が緊張に包まれてい…

  4. 飛ぶように売れるトルコ製UAV、ポーランドやモロッコに続きイラクがTB2導入を表明

    トルコメディアのDaily Sabah(デイリーサバ)紙は29日、イランはバイラクタルTB2購入についてトルコと合意に達したと報じており注目を集めている。…

  5. 北朝鮮の猛反発も影響? 空母クイーン・エリザベスの韓国訪問中止はデルタ型の感染拡大が原因

    韓国国内の新型コロナウイルス感染状況や北朝鮮の反発を理由に「英海軍は空母クイーン・エリザベスの韓国訪問を中止した」と英メディアが報じている。…

  6. 英国軍が語るカーブル空港の現状、誰も経験したことがない困難に直面して状況は最悪

    英国軍の関係者は自国民や協力関係にあったアフガニスタン人の国外退避作戦について「誰も経験したことがない困難に直面して状況は最悪」と明かして注目を集めている。…

  7. C-130Jによる真夜中の救出劇、タリバン支配地域に取り残された英陸軍特殊部隊が脱出に成功

    アフガニスタン軍特殊部隊を支援のため派遣されていた英陸軍の特殊空挺部隊(SAS)はタリバン支配地域のど真ん中に取り残されていたが、電撃的な救出作戦で無事全員がド…

  8. 英国が米国のアフガニスタン対応に激怒、我々は重要な同盟国としての扱いを受けていない

    アフガニスタンからの撤退作戦における米国と英国の対立はもはや決定的で、ジョンソン政権の閣僚は「我々は到底米国の重要な同盟国としての扱いを受けていない」と激怒して…

  9. アフガニスタンに派遣したドイツ空軍のA400M、国外脱出希望者を7人しか連れ出せなかった理由

    アフガニスタンに派遣されている米空軍のC-17は最大定員を遥かに超える国外脱出希望者を詰め込み忙しく飛び回っている中、ドイツが派遣したA400Mは7人の国外脱出…

  10. トルコ、リチウムイオン電池搭載で浅瀬運用に特化した潜水艦「STM500」の詳細を発表

    トルコの防衛産業「STM」は沿岸海域の浅瀬運用に特化した小型潜水艦「STM500」の設計コンセプトを公開して注目を集めている。…

  11. 7ヶ国目の採用国、ウクライナ陸軍が韓国製の戦術輸送車輌「KM450」を導入

    ウクライナメディアは10日、陸軍が保有する旧ソ連製軍用車輌の後継として韓国製の戦術輸送車輌「KM450」を採用したと報じている。…

  12. 中国の攻撃型原潜に囲まれていた英空母クイーン・エリザベス、3隻の商級原潜が空母打撃群を追尾

    デイリー・エクスプレス紙を始めとする複数の英国メディアは8日、英空母クイーン・エリザベスを中心とする空母打撃群が南シナ海を離れる際に中国海軍の攻撃型原潜3隻を発…

  13. やっぱりトルコのジェット無人戦闘機「MIUS」は超音速飛行に対応、強襲揚陸艦にも着艦可能

    トルコのジェット無人戦闘機「MIUS」は巡航ミサイルをウェポンベイ内に搭載可能で最終的に超音速飛行が可能になるとBaykarは明かした。…

  14. 英空軍の早期警戒管制機「E-3D」運用が終了、後継機E-7Aの運用開始は2023年予定

    地中海・中東方面での最後の任務を終えた英空軍の早期警戒管制機E-3Dは今月4日にワディントン空軍基地へ帰還、現役から退く準備に入った。…

  15. イタリア、2035年までに第6世代戦闘機「テンペスト」の開発へ約2,600億円を投資予定

    イタリアは導入予定のない第6世代戦闘機「テンペスト」の開発に20億ユーロ/約2,600億円を投資する予定だと報じられている。…

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
PAGE TOP