インド太平洋関連

  1. 順調な開発をアピールする豪空軍、ロイヤル・ウィングマンの2号機をテストに投入

    西側諸国の中で最も開発が先行している有人機とエアチーミングが可能なロイヤル・ウィングマンについて豪空軍はテスト風景を収めた新しい動画を公開した。…

  2. 米メディアは難色、元豪首相が米海軍から退役するロサンゼルス級原潜の取得を主張

    米シンクタンクのウイルソン・センターが主催したイベントに登場したアボット元豪首相は「米海軍から退役するロサンゼルス級原潜を1隻か2隻取得したい」と語り注目を集め…

  3. 豪州にアスチュート級原潜導入を勧める理由、バージニア級より原子炉技術が古いため

    米ヘリテージ財団の専門家も「オーストラリアが最も早く原潜を入手できるとすればアスチュート級しかない」と興味深いことを主張している。…

  4. 豪陸軍によるリンクスとレッドバックの評価テストが終了、来年の第1四半期に勝者を発表予定

    豪陸軍の次期歩兵戦闘車に提案されているリンクス(独)とレッドバック(韓)は約10ヶ月間に及ぶ評価テストの全項目を終了、現在テストの分析や評価が豪国防省内で進めら…

  5. インドが開発を進めるテジャスMK.2、グリペンやJF-17といった競合機よりも支持を集めるか

    インドのEurAsian Timesは31日、テジャスMK.2がグリペンを打ち負かせるか今のところ不明だが「少なくともコスト面ではグリペンよりも安価で、中国が提…

  6. マレーシア空軍の軽戦闘機入札にインド、ロシア、韓国、イタリア、中国、トルコが応じる

    マレーシア空軍が発行した軽戦闘機調達の提案依頼書(RFP)にインドのテジャスMK.1A、ロシアのMiG-35、韓国のFA-50、イタリアのM-346FA、中国の…

  7. オーストラリア政府、米英の技術を融合させた独自の原潜建造だけは絶対にあり得ない

    オーストラリアのグレッグ・モリアーティ国防次官は27日、上院で「米英の技術を融合させた独自の原子力潜水艦建造だけは絶対にあり得ない」と語り注目を集めている。…

  8. インドネシアメディア、日本と護衛艦購入契約がまとまれば中古護衛艦の提供を受けられる

    もがみ型護衛艦の輸出交渉が進められているインドネシアでは「日本との契約はまとまればイタリアや英国と同じように中古フリゲート(護衛艦)の提供を受けるだろう」と報じ…

  9. 実用化は当分先、インドが開発を進めているステルス無人機「Ghatak」に関連した映像が登場

    インドが開発を進めていると噂されているステルス無人攻撃機「Ghatak/ゴトク」のプロトタイプ(縮小モデル)に関連した映像が登場して注目を集めている。…

  10. 韓国の大韓航空、ボーイングと共同で垂直離着陸タイプのUAVを共同開発することで合意

    韓国の大韓航空は22日、防衛装備品の見本市「Seoul ADEX 2021」でボーイングと垂直離着陸/VTOLタイプの無人航空機を共同開発することで合意したと発…

  11. 韓国で開幕したADEX 2021、FA-50のマルチロール機化や無人攻撃ヘリなど話題が盛り沢山

    韓国防衛産業界は今月19日、ソウル近郊で開幕した防衛装備品の見本市「Seoul ADEX 2021」で新しい装備品や開発計画を発表して世界中から大きな注目を集め…

  12. オーストラリアの野党、総選挙に向けAUKUS廃止や国防予算のGDP比1%削減を発表

    オーストラリアの緑の党/The Greensは18日、2022年に予定されている総選挙に向けて米英と締結した軍事同盟「AUKUS」廃止や国防予算の削減を公約に掲…

  13. 台湾がF-16Vの早期引き渡しを米国に要請、100発以上のJASSM購入も交渉中

    中国の軍事的な圧力に直面している台湾は米国にF-16Vの早期引き渡しを要請、さらに100発以上の空対地巡航ミサイル「AGM-158」の購入交渉も行っているらしい…

  14. イスラエル製APSを統合、韓国の「K2ブラックパンサー」にノルウェー陸軍バージョンが登場

    イスラエル製のアクティブ防護システムを搭載した韓国の主力戦車「K2ブラックパンサー」が確認され注目を集めている。…

  15. 印海軍、豪州が原潜に一本化してもインドは通常動力型潜水艦の併用を維持する

    豪州の原潜導入を受けて潜水艦戦力の推進方式が議論になっていたインドでは今月11日、我々は将来的に原潜と通常動力の潜水艦を組み合わせて運用する予定だとインド海軍が…

  1. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP