軍事的報道

  1. 第5世代機「SU-57」輸出準備完了!ロシア、輸出仕様の「SU-57E」を発表

    ロシアは8月27日から開催される「MAKS国際航空ショー」で、第5世代ステルス戦闘機「SU-57」の輸出バージョン「SU-57E」を発表する。…

  2. 今後価格は確実に下がる!日本が導入するF-35B、1機あたり約139億円の内訳

    8月16日、防衛省は空母に改造した「いずも型護衛艦」で運用するための短距離離陸・垂直着陸型(STOVL)戦闘機として、米国政府が提案した海兵隊向け「F-35B」…

  3. 大量のミサイルで北朝鮮制圧?韓国、21世紀の戦艦「アーセナル・シップ」建造

    8月14日、韓国国防部は総額290兆5,000億ウォン(約25兆3,700億円)を投じる「国防中期計画(2020~2024)」を策定したと発表した。…

  4. ドイツ駐留の米軍をポーランドへ移動?国防費増額を行わないドイツ批判高まる

    独駐在米国大使のリチャード・グレネル氏は、NATOが2014年に約束した国防費の増額(GDP比2.0%)を守ろうとしないドイツに対し、米国がドイツに派遣している…

  5. 米空軍、第6世代戦闘機開発を否定?次世代航空支配に「新しい航空機は不要」

    米空軍は、次世代の航空支配(Next-Generation Air Dominance:NGAD)において、まったく新しい航空機は必要ないと語った。…

  6. ドイツ軍3大ミステリー!海軍は艦艇不足、空軍は航空機不足、陸軍は装備不足、予算はどこへ?

    ドイツ海軍はかつてないほど規模が小さくなり、ドイツ空軍の航空機は地上から離陸することが出来ず、ドイツ陸軍の装備品はまともに動かない。…

  7. ロシア、無人戦闘機「S-70オホトニク」初飛行映像をYouTubeで公開

    ロシアの国防省は、全翼機タイプの無人戦闘支援機「S-70オホトニク」が初飛行を行った際の映像をYouTubeで公開した。…

  8. 崩壊が止まらないドイツ軍、最低飛行訓練時間すら満たせないパイロット続出

    英国のThe Daily Telegraphによれば、ドイツ空軍は昨年、NATOが定めたパイロットの「最低訓練時間」すらクリアーできなかったと報じている。…

  9. 韓国の狙いは完全に日本だ!海外からも指摘される韓国F-35B搭載空母の目的

    米国の「Military Watch」は、韓国が建造計画を承認した独島級揚陸艦3番艦は、北朝鮮ではなく日本を狙ったもので、独島級揚陸艦の名称と同じように日本を刺…

  10. 空を飛ぶことが出来ないB-1B爆撃機?戦闘準備が完了してるのは6機だけ

    7月30日、米国議会上院軍事委員会に名を連ねる共和党上院議員マイク・ラウンズ氏は、空軍が保有する61機のB-1B爆撃機の内、全ての任務を完全に遂行できるは6機し…

PAGE TOP