軍事的報道

  1. 英国主導のテンペスト参加に傾く日本へ圧力? 日本の次期戦闘機「F-3」を巡る米英の戦い

    米メディアは、日本が英国が主導する「テンペスト」プログラム参加に傾いている認識し、トランプ大統領が米国企業との共同開発を選択するよう政治的な圧力を行使していると…

  2. 韓国、A-10 サンダーボルトⅡ主翼製造に続き「機体整備」を約231億円で受注

    米国防総省は12月9日、在韓米軍に配備されている攻撃機「A-10 サンダーボルトⅡ」のサポート契約を、韓国の大韓航空と締結したと発表した。…

  3. 日本、F-35A国内組立価格を93.7億円まで圧縮に成功!最終組立ラインでの生産継続へ

    日本政府はコストの問題で、空自向けF-35A国内最終組立を取りやめ、米国から完成機輸入に切り替える方針を打ち出していたが、コストダウンが可能と報告を受け、201…

  4. 年内の正式発注は無理? 米空軍、予算成立の遅れで戦闘機「F-15EX」発注に遅れ

    米空軍は老朽化した「F-15C」の更新用として、F-15の最新型「F-15EX」導入予算を獲得したが、この資金に手がつけられずボーイングへの発注が何時になるのは…

  5. 中国の偵察能力を飽和させる方法? 新マンハッタン計画は米海空軍協力の象徴

    米海軍の最新鋭「ジェラルド・R・フォード級空母」2番艦が12月7日、洗礼式を迎え正式に「ジョン・F・ケネディ(CVN-79)」と命名されるという話と、米海軍と米…

  6. やっぱり無理だった? 韓国、名品武器と喧伝した複合型小銃「K-11」開発・量産を正式に中断

    韓国の防衛事業庁は4日、問題の多かった複合型小銃「K-11」の開発・量産事業を正式に中断(実質的には中止)することを決定した。…

  7. 不味い食事や待遇が原因? 英国軍、1年で1万5,000人以上の兵士が軍を辞める

    英国軍では、この12ヶ月間に1万5,000人以上の兵士が軍から去ってしまい、第2次世界大戦以来、最も小さな規模にまで小さくなってしまった。…

  8. 韓国版Mi-24ハインド? 韓国、海兵隊向け「攻撃ヘリ」の国産開発を検討中

    韓国海兵隊は2021年に「海兵隊航空団」を創設し、上陸機動ヘリ「マリオン」や米海兵隊が装備する「AH-1Z ヴァイパー」のような攻撃ヘリ(機種未定)を導入する予…

  9. フランスが米国を批判、NATOは米国製兵器の「集団購入」は義務付けられていない

    フランスのマクロン大統領は、現状のNATOについて「脳死状態」だと発言しNATO加盟国から批判を浴びたが、今度はパーリー国防大臣がNATOは米国製兵器の購入を強…

  10. 1隻あたり1兆円以上? 豪州、次世代潜水艦「アタック級」に要求される総費用は約16兆円

    日本が提案した「そうりゅう型潜水艦」ベースの新型潜水艦を破って、オーストラリアに採用されたフランス案「アタック級潜水艦」のプログラム総費用が2,250億豪ドル=…

PAGE TOP