軍事的雑学

  1. 最大潜航深度はそうりゅう型並?韓国、3000トン級潜水艦にHY-130相当を使用

    8月23日、韓国の潜水艦連盟の会長キム・ヒョクス氏は自身のFacebookに、島山安昌浩が最大潜航深度試験に無事パスしたと報告し、島山安昌浩はHY-130相当品…

  2. 韓国も豪州もスペインも検討中、デメリットも多い「F-35B」が魅力的なのは何故か?

    米国以外の国にとってF-35Bの存在は、運用する軽空母や強襲揚陸艦は、まさに憧れでしかなかった海上からの火力投射戦力=空母保有のハードルを劇的に下げくれた、しか…

  3. 韓国、発足して1年足らずの日本版海兵隊「水陸機動団」が精強だと驚く

    韓国メディアは、第二次世界大戦以降、最大規模の上陸演習となる「タリスマン・セイバー 19(Talisman Sabre 19)」へ派遣された陸上自衛隊の水陸機動…

  4. ドイツ軍の敵は「装備」も「予算」も与えないドイツ政府か?

    飛べない飛行機、動かない艦船、足りない戦闘車両など、ドイツ政府は自国軍のまずい状態について、いつまで世界に笑われれば気が済むのだろうか?…

  5. 日本の空母「いずも」で米F-35B運用?米国が推進する日英空母「クロスデッキ」化

    米海兵隊「F-35B」が、空母化された「いずも型護衛艦」を使用することについて、海外では日米が正式に「クロスデッキ」関係を結んだと報じられている。…

  6. 可変翼機の白鳥が空を飛ぶ!ロシア、戦略爆撃機「Tu-160」の超カッコいい動画を公開

    ロシア航空宇宙軍が公開したTu-160の動画は、単にTu-160の飛行シーンを外から撮影したものではなく、コックピット内映像はもちろん、兵器倉内から見た巡航ミサ…

  7. 戦闘機や爆撃機の老朽化が原因? 米空軍、保有機の稼働率60%台に落ち込む

    Air Force Timesによれば、米空軍のミッション達成率(Mission Capable)は改善の努力にも関わらず、2012年(77.90%)以来6年連…

  8. 075型強襲揚陸艦はモンスター?中国、空母建造の裏で進む水陸両用戦力の強化

    米国のワスプ級強襲揚陸艦(満水排水量約40,000トン)と肩を並べても遜色のない大型強襲揚陸艦、「075型強襲揚陸艦」の1番艦を建造中で、年内には進水し、202…

  9. 方向性を示せるか?日本、次期戦闘機「F-3」の要求性能が定まらない理由

    今年6月、次期戦闘機「F-3」の要求性能が、まとまっていないため開発費計上が見送りになるという報道が流れたが、8月21日、F-2戦闘機の後継機開発費を2020年…

  10. 実質75機分のパーツ確保!台湾、80億ドルで「F-16V」66機を購入した内訳

    8月20日、トランプ政権は台湾に総額80億ドル(約8,500億円)で、F-16の最新バージョンであるBlock70(通称:V仕様)66機を売却を承認したと米議会…

  11. ステルス戦闘機「F-35」は怖くない?ロシアに「ステルス」による航空支配は通用しない

    ロシア(旧ソ連)は過去、米国と軍事競争を行った結果、国の経済が滅んだ教訓を活かし米国が誘導する「ステルス開発競争」に便乗せず、独自の戦略で挑み、米国のステルス機…

  12. 特殊塗料を塗った戦闘機「J-16」は、中国第3のステルス戦闘機になり得るか?

    中国人民日報傘下の環球時報紙(グローバルタイムズ)は、中国空軍が運用中のマルチロール戦闘機「J-16」は、特殊なコーティングによって第5世代機に近いステルス性能…

  13. 駆逐艦が足りない?韓国、空母やアーセナルシップを建造しても護衛不可

    先日、韓国国防部が発表した国防中期計画に盛り込まれた「アーセナルシップ(韓国名:合同火力艦)」建造計画について、少しずつその内容が明らかになってきた。…

  14. 世界市場で生き残れるか?フランス、F-35に対抗し「ラファール F4仕様」開発に着手

    フランスは第6世代戦闘機「FCAS」が完成するまで、最低でも15年以上は第4世代戦闘機の「ラファール」で戦う必要があるため、今年1月、23億ドル(約2,450億…

  15. GPSや無線が使用不可でも平気?米軍、超原始的手法でロシアの通信妨害を無効化

    米国はイラン軍がGPS信号及び通信信号の妨害しているとし、中東地域のペルシャ湾、ホルムズ海峡、オマーン湾、アラビア海で活動する艦船や航空機に対し、偽装された位置…

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP