軍事的雑学

  1. 世界市場で生き残れるか?フランス、F-35に対抗し「ラファール F4仕様」開発に着手

    フランスは第6世代戦闘機「FCAS」が完成するまで、最低でも15年以上は第4世代戦闘機の「ラファール」で戦う必要があるため、今年1月、23億ドル(約2,450億…

  2. GPSや無線が使用不可でも平気?米軍、超原始的手法でロシアの通信妨害を無効化

    米国はイラン軍がGPS信号及び通信信号の妨害しているとし、中東地域のペルシャ湾、ホルムズ海峡、オマーン湾、アラビア海で活動する艦船や航空機に対し、偽装された位置…

  3. カタパルトは不要、F/A-18E/Fは空母から「スキージャンプ方式」で発艦可能

    カタパルトを装備していない、スキージャンプ方式の空母からでも、F/A-18E/Fは特別な変更なしに発艦可能だとボーイングは明らかにした。…

  4. 欠陥発覚から約1年、米海軍の新型空母「ジェラルド・R・フォード」が戻ってくる

    米海軍は、空母ジェラルド・R・フォードの動力部問題について修正が完了し、艦が海軍に戻ってきたことを発表、さらに問題の多かった「新型着艦制動装置」についても、現在…

  5. 次世代小銃は発砲音も閃光もなし?米陸軍、ステルス小銃を開発

    米陸軍は最先端技術を用いて、小銃発砲時の騒音と閃光を無くし、敵に気づかれにくく、射点がばれ難い「ステルス小銃」の開発を計画している。…

  6. 日本従属型の安保構造から脱却?韓国、F-35「重整備」のため整備拠点誘致

    8月13日、韓国の野党、正義党所属のキム・ジョンデ議員が、日本の経済・安保挑発に対抗する次元で、韓国忠清北道西部の清州市にF-35の重整備が行える整備拠点の誘致…

  7. 極超音速ミサイルはF-35キラー!日本、非対称戦力「潜水艦」で対抗が現実的か?

    ロシア国防省が公開した、極超音速ミサイル「KH-47M2 Kinzhal(キンジャル)」を搭載したMiG-31Kは、米国やNATO加盟国が調達を進める「F-35…

  8. また技術移転頼み? 韓国、第4.5世代戦闘機「KFX」で第6世代戦闘機に対抗可能

    米国や欧州を中心に第5世代戦闘機の次、次世代戦闘機(所謂、第6世代戦闘機)の開発が進む中、韓国メディアによれば、現在韓国が開発中の第4.5世代機「KFX」で第6…

  9. 実戦配備が進むロシアの極超音速兵器、マッハ10で飛翔する極超音速ミサイル「KH-47M2」公開

    ロシア国防省は、マッハ10で飛翔し、地上の固定目標や、水上を移動する空母や巡洋艦、駆逐艦を攻撃することが可能な極超音速ミサイル「KH-47M2 Kinzhal」…

  10. 米空軍は大型爆撃機が足りない?ステルス爆撃機「B-21」追加調達、B-1、B-2退役延期を求める

    MITERは米国政府から提供される資金によって、政府機関のサポートを行う非営利の研究機関で、米空軍が既存の爆撃機(B-1、B-2)を、現在開発中のステルス爆撃機…

PAGE TOP