米国関連

  1. 米空軍、F-35Aへ統合する新型エンジンの低率生産を2028年までに開始

    米空軍は先月、2028会計年度までにアダプティブエンジンの低率生産を開始するための情報提供を要求する文書を発行、正式にF-35Aへのアダプティブエンジン統合が動…

  2. J-20が新たな実戦部隊へ配備されたのを米空軍が確認、最終的に1,000機保有の可能性も

    米空軍大学の中国航空宇宙研究所は先月末、中国のJ-20が3つ目の実戦部隊(第5航空旅団/広西自治区の桂林基地)に配備されたのを確認したと発表した。…

  3. 米メディア、なぜエジプトは複数の提案から韓国のK9を選んだのか?

    米ディフェンス・メディアのDefenseNewsは2日、約17億ドルのK9輸出契約を韓国と締結したエジプトについて「なぜ彼らはK9を選んだのか?」という興味深い…

  4. 米空軍のブリッジタンカー受注に自信満々のロッキード、不安要素しかないボーイング

    ロッキード・マーティンは空軍が求めるブリッジタンカーの最優先事項について「運搬できる燃料(飛行用燃料と給油用燃料の合計)の総量だ」と語り、これが事実ならボーイン…

  5. DF-17開発に携わった中国人技術者の米国亡命、中国の実力を推し量るチャンス

    亡命した中国人技術者が米国の極超音速兵器開発に大きなブレークスルーをもたらす可能性は低いが「米国よりも先行すると自称する中国の軍事技術がどこまで真実なのかを検証…

  6. 墜落したF-35Cはルソン島の西海域、日本がサルベージ作業に関する航行警報を発表

    米海軍は南シナ海に墜落したF-35Cの位置や引き上げ作業について固く口を閉ざしているが、日本が「ルソン島西でサルベージ作業が行われる」と航行警報と発したため米メ…

  7. F-35の足を引っ張るALISからODINへの更新が完了、但しソフトウェア開発は難航

    F-35ジョイント・プログラム・オフィス(JPO)は31日、F-35運用の妨げになっていたロジスティクス・システム「ALIS」を新たに開発した「ODIN」で更新…

  8. 懲りない米空軍に米会計検査院が警告、KC-46のRVS2.0開発で同じ失敗を犯す

    ステルス戦闘機や爆撃機に対する給油制限を解除するため開発が進められているKC-46のリモートビジョンシステム2.0について、米政府説明責任局は「再び同じ失敗を繰…

  9. 米海軍、F-35C着艦失敗に関連した写真と動画が本物だと認める

    米海軍はネットに出回っている空母カール・ヴィンソンへのF-35C着艦失敗に関連した写真と動画について本物だと認めたと報じられている。…

  10. 社会的要因、Block4製造、受注減が重なりF-35の調達コストは上昇に転じる

    どうやらF-35の調達コストは進行するインフレ調整費用、製造現場のCOVID-19対策費用、Block4製造のため追加費用、各国からの受注減が重なり、ロット12…

  11. 本物なら米海軍もショック、着艦失敗で海に落ちたF-35Cらしき写真が出回る

    空母カール・ヴィンソンへの着艦に失敗した米海軍のF-35Cらしき写真がネット上に出回っており、これが事実なら英海軍に続いて米海軍も犯人探しを始めなければならない…

  12. 事故が集中する空母カール・ヴィンソン、F-35Cは台湾海峡の南海域に沈んだ?

    米軍は事故発生後からP-8Aなど少なくとも6機のISR戦力を派遣して台湾海峡の南海域を集中的にパトロールしており、もしかすると海に落ちたF-35Cはその辺りにあ…

  13. 米空母の飛行甲板に衝突したF-35Cは海に落下、現場は中国に近い南シナ海

    米海軍の第7艦隊は25日、F-35Cの事故について「空母カール・ヴィンソンへの着艦に失敗したF-35Cは飛行甲板に衝突、機体は飛行甲板から海に落下した」と発表し…

  14. 米政府、五輪関係者に自身のスマートフォンを中国に持ち込まないよう勧告

    米国政府は北京オリンピックに参加する関係者に中国がインストールを強制的するアプリ「My2022」にセキュリティ上の懸念があると警告、自身のスマートフォンを持ち込…

  15. 南シナ海に展開中の米空母でF-35Cが着艦に失敗、機体が海中に転落した可能性も

    南シナ海に展開中の空母カール・ヴィンソンでF-35Cが着艦に失敗、パイロットは機体から脱出して生命に異常はないものの甲板要員7人が事故に巻き込まれ負傷したらしい…

  1. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  5. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
PAGE TOP