中国関連

F-35製造に影響も? 中国の対ロッキード・マーティン制裁はレアアース輸出制限か

ロッキード・マーティンは中国市場で民間旅客機を販売しているボーイングとは異なり防衛事業に特化しているため、中国政府はどのような方法で制裁を課すつもりなのか注目が集まっている。

参考:Lockheed Martin faces China’s sanctions over Taiwan deal

中国の制裁が発動すれば最悪、F-35などの防衛装備品製造に混乱を来す可能性がある

中国は14日、米国が台湾への防空システム「パトリオット(PAC-3)」売却を承認したことに関連して同ミサイルを製造しているロッキード・マーティンに対する制裁を準備中と報じられているが、ロッキード・マーティンの主な顧客先は米国政府やその同盟国なので、直接ロッキード・マーティンとの取引がない中国政府に効果的な制裁を加える手段があるのかに注目が集まっている。

出典:Darkone / CC BY-SA 2.5 防空システム「パトリオット」

中国メディアの報道によれば中国政府は国内企業に対してロッキード・マーティンとの取引を制限する方向で制裁を加えると報じており、その制裁の柱はロッキード・マーティンがサプライヤーを経由して中国企業から入手しているレアアース(希土類)の取引に制限を加えるという方法だ。

米産業界全体が使用するレアアースの約80%は中国からの輸入で賄われており、これを全て制限すれば米国政府との対立が激化するためロッキード・マーティンへ流れるレアアースだけに制限を加えて、狙い撃ちしようという腹なのだろう。

出典:U.S. Air Force photo/Tech. Sgt. Brandon Shapiro

確かにF-35やパトリオットなどロッキード・マーティンの主要な防衛装備品には必ずレアアースが使用されているため、これを入手できなくなればロッキード・マーティンの防衛装備品製造に大きな混乱が生じることになるが、ロッキード・マーティンを支えるサプライチェーンは米企業だけで構成されていないので、この手法を実行すればロッキード・マーティンとの取引がある西側の防衛産業企業にも影響が及ぶ可能性がある。

補足:防衛装備品製造に使用されているレアアースの量をまとめた米議会の報告書によれば、F-35を1機製造するのに920ポンド(約418kg)、アーレイ・バーク級駆逐艦を1隻製造するのに5,200ポンド(約2,358kg)、バージニア級原子力潜水艦を1隻製造するのに9,200ポンド(約4,173kg)のレアアースが必要になるらしい。

そのためF-35の部品を製造している西側の防衛産業企業は勿論、パトリオットの誘導装置(PAC-2弾)をライセンス生産している日本の三菱重工も影響を受けるかもしれない。

昨年、中国企業に買収された英国企業「Exception PCB」がF-35やタイフーンなど回路基板を製造してたことが問題になったことがあるが、レアアースの輸出制限とは別に中国政府は中国企業がロッキード・マーティンと取引を行うことも制限の対象に加えることを検討しているため、同じような問題が複数出てくる可能性もある。

ただトランプ政権は、中国企業や中国資本の傘下にある企業から調達されている電子部品を米国産や同盟国企業から調達したものに置き換える作業を進めているため、どこまで影響がでるのかは蓋を開けてみるまで分からない。

果たして中国政府は本当にロッキード・マーティンに対する制裁を実行に移すのか注目される。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by Senior Airman Christopher Quail

艦内が真っ黒に焦げたワスプ級強襲揚陸艦、消火活動は2日目の夜に突入前のページ

中国封じ込め戦略、日米印豪同盟の成立は豪州にとって戦略的勝利の瞬間次のページ

関連記事

  1. 中国関連

    中国軍がインドとの国境に兵士1万人以上を動員、一部は既にインド領へ侵入

    中国はインドとの国境沿いに位置するギャルワン渓谷に軍を集結させていると…

  2. 中国関連

    中国、駆逐艦の発電能力を4倍に向上させるターボジェネレーター統合

    複数の中国メディアは最近、中国海軍の艦艇に将来搭載される高エネルギー兵…

  3. 中国関連

    中国は困惑、ロシアがインドに「T-14」を供給して軍事バランスを調整

    中国メディアはロシアがが最新の主力戦車「T-14」をインドに輸出して中…

  4. 中国関連

    量産されるのかは未知数、中国が推力偏向ノズルを備えた「J-20B」を発表

    香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト紙は13日、第5世代戦闘機J-…

  5. 中国関連

    中国、極秘に開発してきたステルス爆撃機「H-20」を年内にも公開予定

    これまで秘密のベールに包まれていた中国のステルス爆撃機「H-20」が珠…

  6. 中国関連

    第6世代戦闘機開発が進行中の中国、Su-57用新型エンジンを入手か

    中国では第6世代戦闘機などの開発に使用する巨大風洞施設が完成したと報じ…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 7月 15日

    代替品を開発・調達されて市場を失うリスクも多分に含んでいるんだよね。

      • 匿名
      • 2020年 7月 15日

      中国産希土類素材の輸出制限は中国にとっても奥の手だから、諸刃の剣である外交カードは使う時期を見誤れば中国に悪影響を及ぼす。
      希土類と言っても金のような希少金属程に少ないわけではないので、それらを安く仕入れたい米国が心変わりしない限りアメリカへの輸出はこれからも続くと思う。しかし対中国包囲網が形成されつつある現状ではアメリカと中国の思惑とは関係ないところで同問題が悪影響を及ぼすだろう。

      • 匿名
      • 2020年 7月 15日

      日本が中国にやられた時は脱レアメタルレアアースが進んで中国もWTOに提訴されて振り上げた拳を下げてから
      の輸出制限は中国も禁じ手だったはずだが…まあ効果無さそうだけど。

    • 匿名
    • 2020年 7月 15日

    以前日本に対するレアアース輸出制限をやった時と同じような結末になる気がする。

    • 匿名
    • 2020年 7月 15日

    レアアースっての世界各国で産出する
    なんで掘らない(開発しないか?)っていうと
    環境破壊がハンパないから、希土類って言われるぐらいに鉱石(土)に含まれる%が低いのと、ウランとかと一緒に出てくるからね
    それに、LMはレアアースは必要としない、それを使った製品を協力工場とか、日本の企業とから調達してる・・・・

    つうか、Global Timesかよ
    環球時報 、つまりは人民日報の記事じゃん アホくさ

    • 匿名
    • 2020年 7月 15日

    あー自国のレアアースを掘り始めて米国涙目になるやつだ。
    そして徐々に市場としても資源購入地としても魅力がなくなってぶん殴られるやつだ

      • 匿名
      • 2020年 7月 15日

      記事ちゃんと読んだ?

      • 匿名
      • 2020年 7月 15日

      >米国涙目

      記事と整合させるなら
      「中国涙目」
      の誤りですか?

    • 匿名
    • 2020年 7月 15日

    事を起こす前から想定の範囲内だろう

    • 匿名
    • 2020年 7月 15日

    日本よりアメリカの方がさらに対策カード多く持ってそうだが

      • 匿名
      • 2020年 7月 15日

      そう言えば、日本はどんな対応したのだっけ?

        • 匿名
        • 2020年 7月 15日

        イメージとしては、
        中国が日本にジャブを打ったら、日本に軽くかわされたあげく足を引っかけられてしまった。
        しかもその勢いで、地面にすっころんでしまって、膝を擦りむいて血だらけになってしまい、
        世間の笑いものになった。

          • 匿名
          • 2020年 7月 15日

          俺の知ってる世界では、日本がレアアースの代替品やレアアースを使わない製品を開発して価格が暴落して中国のレアアース産業が大量に潰れてしまったと言われているが。
          どのラノベの異世界も話でしょうか?

            • 匿名
            • 2020年 7月 15日

            端からは、それを意訳しているように見えます。

            • 匿名
            • 2020年 7月 15日

            文脈から「地面にすっころんでしまって、膝を擦りむいて血だらけに」なったのは中国だから。

        • 匿名
        • 2020年 7月 15日

        生産国の変更、代替材料の使用、製品によっては脱レアアース化といったところかな。
        日本の需要が無くなり、中国のレアアース生産会社が倒産寸前までいったと記憶しているが。

        • 匿名
        • 2020年 7月 15日

        ありがとうございます。
        無事に切り抜けたしか覚えていなかったので、
        参考になりました。

    • 匿名
    • 2020年 7月 15日

    米国「(F-35の生産が)止まらない未来を目指して」
    中国「(台湾問題で)ゆずれない願いを抱きしめて」

      • 匿名
      • 2020年 7月 15日

      韓国「色褪せない心の傷」(無い傷は褪せない)

        • 匿名
        • 2020年 7月 15日

        それ傷とちゃう! 地図や!!

          • 匿名
          • 2020年 7月 16日

          「旗の色が赤く染まっていく♪」

      • 匿名
      • 2020年 7月 15日

      希土類って魔法騎士の事かよw

        • 匿名
        • 2020年 7月 15日

        そう言えば、一文字違いでしたね。

      • 匿名
      • 2020年 7月 15日

      歳がばれるぞ‥

        • 匿名
        • 2020年 7月 15日

        You too(´・ω・`)

      • 匿名
      • 2020年 7月 16日

      (韓国)いつも跳べないハードルを高さを落としてクリアしてきたけど元から無い実力は誰のせい

    • 匿名
    • 2020年 7月 15日

    中国がレアアース輸出で価格破壊起こしたから他国が掘るの止めただけで、べつに他国にレアアースがないというわけではない
    これがタングステンとかなら話は別だけどな

    • 匿名
    • 2020年 7月 15日

    どうぞどうぞ、是非やってくれ
    レアアースをインドにシフトするのは長い目で見て利益

    • 匿名
    • 2020年 7月 15日

    (対象国)中国から輸入していないというのは、やはりカラクリがあったのか。

    レアアースに限らず中国からの輸入に依存した品目は多い
    オーストラリア他でも取れるので、今以上に西側は生産拠点にお金を掛けて進めていくのでしょうね

    • 匿名
    • 2020年 7月 15日

    流石、悪の帝国!

    • 匿名
    • 2020年 7月 15日

    戦略物資の輸出管理はどの国にも国防上の権利があるので、むしろ兵器生産の原料を中国産に頼る体制にこそ問題がありますよね。
    LMがそのことを把握していないわけはなく、価格の変動はあるでしょうが生産数に影響が出るとは思えません。

      • 匿名
      • 2020年 7月 15日

      むしろ米国が対抗措置の大義名分を手に入れるだけの様な気がしますね。

    • 匿名
    • 2020年 7月 15日

    レアアース禁輸2回目、GSOMIA破棄10回以。
    さすが親子だけのことはある、やることが実に似ている。

    • 匿名
    • 2020年 7月 15日

    代替品の研究開発が加速して、脱中国産レアアースが進むだけ。
    価格が安いから、中国産レアアースを買っているだけと、理解出来ない、中共上層部は、哀れだね。

    • 匿名
    • 2020年 7月 15日

    日本相手にやって大失敗だった過去があるので流石に実行するほど愚かではない・・・はず
    ソース元も中国共産党の機関紙だしただの観測気球記事では?

    • 匿名
    • 2020年 7月 15日

    上で「どこでもとれる」という意見が散見されるが半分正解、半分間違い。
    「レアアース」と一口に言っても、軽希土類と重希土類の2種類に大別され、
    前者は世界中で産出されるが、後者は偏在性が高くて中国以外じゃ殆ど産出されないものもある
    (ネオジム、ジスプロシウムなど)。

      • 匿名
      • 2020年 7月 15日

      そう言えば、以前からホンダや東芝、トヨタが重希土類フリー化を目指したモーター用磁石を量産化あるいは量産化しつつありますよね…特にネオジムは現状のままでも供給不足が深刻化すると予想されているので、仮に中国が重希土類の輸出制限をやっても各国が重希土類フリー化を目指した技術競争を加速化させるだけで、結果的に中国涙目に終わる予感がするのですが。

    • 匿名
    • 2020年 7月 15日

    本当にF-35が大嫌いなんだな
    脅威が出てくると、毎度だから。

      • 匿名
      • 2020年 7月 15日

      西側製戦闘機でF-16に次ぐ生産数になるのは確実ですから

      J-20の配備が遅れてる上、性能面でも対抗できるかどうか

      あの手この手で配備を遅らせるでしょうね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  2. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  3. 軍事的雑学

    導入したこと自体が間違いか?戦闘機タイフーンを導入したオーストリア空軍の後悔
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
PAGE TOP