中国関連

中国メディア、無人機対策が不十分であれば罰を受けると人民解放軍に警告

香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト紙は13日、ナゴルノ・カラバフ紛争で使用されたバイラクタルTB2による精密誘導攻撃や自爆型UAVによる攻撃は「中国軍に対する警告」だと主張している。

参考:Drone attacks in Nagorno-Karabakh conflict ‘a warning for Chinese military’

UAV対策の不十分な軍隊は罰を受けることになると警告する中国メディア

この警告を発したのは中国人民解放軍に装備品を供給している中国船舶工業集団公司で、同社はアルメニア軍がアゼルバイジャン軍の使用する無人航空機によってどの様に制圧されたのかを検証して「中国軍は数多くのUAVを開発して運用しているがUAVによる攻撃から身を守るための装備や戦術の開発は疎かで、十分に検討された対抗策を中国軍は必要としている」と指摘した。

ナゴルノ・カラバフ紛争で使用されたバイラクタルTB2や自爆型UAVがどの様に活躍したかについては各メディアや本ブログでも何度も取り上げているので省略するが、中国船舶工業集団公司はアルメニアやアルツァフ共和国(ナゴルノ・カラバフ自治州が独立を宣言して成立した国家だが実質的にはアルメニアが支配しており国際的な承認は得られていない)の地上軍は戦車も装甲車輌も防空システムも数多く保有していたにも関わらず、UAVの侵入を阻止して自軍に損害を与えるのを防ぐ能力を持ち合わせていなかったと言っている。

これはUAVを阻止するために必要な装備を持っていなかったと言う意味ではなく、中国船舶工業集団公司は敵がUAVを使用して駆使する戦術や攻撃方法についてアルメニアが何も準備をしてこなかったため、UAVの侵入を阻止する可能性を秘めていた装備が十分な効果を発揮しなかったと指摘している点が目新しい。

出典:アゼルバイジャン国防省が公開した動画のスクリーンショット

要するに対UAVを想定して設計されていない防空システムや各種センサーでも戦術や運用面を工夫していればUAVによる攻撃効果を多少緩和することができ、アゼルバイジャンへの実質的な降伏に繋がる要衝シュシャ陥落や大量の装備品をたった6週間で失う事態は避けられたのではないかと言っているのだ。

さらに中国船舶工業集団公司は「中国軍はアルメニアが遭遇したUAVよりも技術的に高度で危険なUAV(恐らく米軍のUAVを指している)と直面しており、特に中国軍は多様なUAVを駆使して攻撃する相手から身を守る術については初期段階なので、これを検出して無力化することは困難だ」と指摘、中国軍は各種UAV(低空を飛行する自爆型UAVや近距離防空システムや短距離対空ミサイルの届かない中高度から精密誘導兵器で攻撃してくるバイラクタルTB2など)の特徴を研究して理解を深め対UAV戦術と訓練を早急に組み込む必要があると主張している。

ただしUAVの侵入を阻止して自軍に損害を与えるのを「効果的」に防ぐには対UAV用に設計されたレーダー、赤外線や音響を検出してUAVを補足するタイプのセンサー、UAV制御をするための通信を検出して位置を素早く特定するのシステムなど広範囲で隙間のない多層検出ネットワークを構築しなければならないと訴えており、地上ベースの電子妨害装置や近距離防空兵器「LD2000」の大量配備を提案した。

サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙はさらに海外のシンクタンクによるナゴルノ・カラバフ紛争の検証結果も交え「UAV対策の不十分な軍隊は罰を受けることになる」になるだろうと警告した。

 

※アイキャッチ画像の出典:Public Domain 人民解放軍地上部隊の兵士

米空軍の装備調達コストは?F-35Aは92億円、F-15EXは107億円、KC-46は187億円前のページ

日本、F-15J改修コストが高騰する原因は電子機器の供給不足次のページ

関連記事

  1. 中国関連

    中国が開発を進める第5世代戦闘機J-31、艦載機型J-35は年内に初飛行を予定

    中国が開発を進めている第5世代戦闘機「J-31」の新しい画像が中国のネ…

  2. 中国関連

    新型コロナ感染防止よりも軍備優先? 中国、防衛産業の研究開発や生産再開を指示

    中国は未だ新型コロナウイルス「COVID-19」の猛威が収まらない中で…

  3. 中国関連

    対艦弾道ミサイルの脅威、中国軍のDF-21とDF-26が航行中の艦艇に命中

    中国は11日、米海軍への警告として今年8月に南シナ海へ発射した弾道ミサ…

  4. 中国関連

    2020年には初飛行? 中国、空飛ぶ円盤型攻撃ヘリのコンセプトモデル公開

    中国のグローバルタイムズ紙(環球時報の英字版)は、国内のヘリコプター展…

  5. 中国関連

    手堅くB-2を模倣? 中国空軍がステルス爆撃機「H-20」の公式CGを初公開

    中国人民解放軍空軍は5日、秘密のベールに包まれているステルス爆撃機「H…

  6. 中国関連

    キネティックキルに取り組む中国、弾道ミサイルの中間段階迎撃を想定したテストに成功

    中国は4日、弾道ミサイルをミッドコース・フェイズ(中間段階)で迎撃する…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 12月 13日

    管理人さん、日曜日まで3記事も投稿お疲れ様です。
    投稿がない日や月があっても構わないのでしっかり休んでくださいね。
    もちろん頻繁に更新してくださっていることには感謝しています。

    40
    • 匿名
    • 2020年 12月 13日

    アジアまで波及してきてるしナゴルノ・カラバフ紛争ってUAVの転換点って感じ

    3
    • 匿名
    • 2020年 12月 13日

    ちゃんと敵の脅威を大きく想定して、軍備を整えるための口実を作っていくのがうまいんだよね
    日本の哨戒機やら潜水艦もべた褒めして中国は劣っている><って言って軍拡するしw
    日本は北のミサイルが飛んで来るのにアショアの行方が未だ決まって無い、なのに米でレーダーだけ作り始めてる始末

    11
      • 匿名
      • 2020年 12月 14日

      奴らは偉いよ、すでに軍事大国なのにいつも気を引き締めて軍備に注意を払う
      日本スゴいとか言って喜んでた連中に爪の垢を飲ませていいくらい
      自画自賛するほどに他人からはバカ臭いって気がつけよ

      6
        • 匿名
        • 2020年 12月 14日

        そもそも連中が仕掛ける側な訳でw
        要するに、全面戦争やるのが近いってことだろ

    • 匿名
    • 2020年 12月 13日

    LD2000って中国版ゴールキーパーを地上に持ってきたような物か
    中国兵器の中では高価な部類らしいけど、こんな物大量配備したらドローンだけじゃなく、地上戦でも効果ありそう

    1
      • 匿名
      • 2020年 12月 13日

      トラックに後ろ向けに搭載しているから、攻撃的運用は困難かと
      仮に無理矢理攻撃的に使用した場合、紅茶キメた英国面な光景が(アーチャー的な意味で)

      2
        • 匿名
        • 2020年 12月 13日

        中国だから中華麺(面)とか?

        4
          • にわかミリオタ
          • 2020年 12月 13日

          うまいこと言うなぁ

          2
    • 匿名
    • 2020年 12月 13日

    海洋分野でも既に海洋無人機搭載を前提としたフリゲートの大量生産を開始した日米に対して中国のそれは遅れに遅れていますからね…
    的を射た警告だと思います

    4
      • 匿名
      • 2020年 12月 13日

      2012年5月に、自衛隊がUAVを運用中の054A型フリゲートを確認しているので、
      日米に対して中国が遅れに遅れている、というわけではないでしょう。
      昨年の初めには、中華イージス(052C/D型)でVTOL式UAVの運用試験も行っていますし。
      最近の中国は、「AR-500B」と呼ばれている艦載用UAVを開発中ですね(今月初飛行に成功。)

      4
        • 匿名
        • 2020年 12月 14日

        こんなズレた反論はじめて見たぜ

        1
    • 匿名
    • 2020年 12月 13日

    敵である以上油断があまりないのは残念ではあるけど、それにしても臨戦態勢が想像より上に感じる。余裕を感じないというか。

    3
      • 匿名
      • 2020年 12月 14日

      共産主義社会に共通のリズムを眺めたら判ります、上からのどんな事案にもかならず緊急、早急の、というフレーズをつけて担当者を追い込む
      余裕を与えないブラック企業論理そのものですよ

    • 匿名
    • 2020年 12月 13日

    南沙諸島にせっかくこしらえた基地が国籍不明UAVで攻撃されたらどうするんだ ということかな
    あのへんなら製水設備・燃料タンクと弾薬庫を破壊されたら、基地の価値はだいぶ低下するから

    3
    • 匿名
    • 2020年 12月 13日

    日露戦争の機関銃もやばいやばいと言われてたと言うが第一次世界大戦でみんなしてやばいことになったんだよな

    • 匿名
    • 2020年 12月 14日

    現実の軍隊はちゃんと現実を見て動いてるもんな
    世界の潮流はいつも動いてるからね
    前を見ないと敗ける

    1
    • 匿名
    • 2020年 12月 14日

    特に歴史的に散々正規戦で中国は煮え湯を飲まされてるからな

    あとは現場の人間の質もあるんだが…

    1
      • 匿名
      • 2020年 12月 14日

      日露戦争のときに、巨体のロシア兵士相手の白兵戦で日本兵がバタバタ逃げ出してたのを目撃し記録したのが若き日の従軍武官マッカーサー(笑)因縁話だね
      その反省から、陸軍は兵士への精神教育に力を入れて不敗の軍隊という神話を作ったものの、最終的には科学と物量に基づく米軍に敗けたわな
      人間の質なんて言葉に依存してはいけない、大差ないから

      2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  3. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  5. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP