中国関連

海外市場専用機? 中国のステルス無人航空機「CH-7」の開発は順調

中国が2018年に珠海航空ショーで公開したステルス無人航空機「CH-7(別名:彩虹7)」の開発が順調に進んでいることを示す資料が見つかった。

比較的新しい全翼機タイプのステルス無人航空機がもうすぐ海外市場に登場か

中国が2018年に公開した無人航空機「CH-7(別名:彩虹7)」のプロタイプは、ステルスに有利な全翼機で米海軍のステルス無人戦闘攻撃機「X-47B ペガサス(開発中止)」によく似ており、中国メディアの説明によればCH-7は高度10,000m~13,000mを740km/hで巡航でき、最高速度は926km/h、約2,000kgの兵器をウェポンベイ内に搭載して飛行することが可能で、2020年までに初飛行を行い2022年から量産に入ると言われていた。

しかしプロタイプ公開以降、同機が初飛行に成功したというニュースはなく「本当に開発が進んでいる?」か非常に怪しかったのだが、中国航天科技集団有限公司の株価に関する報告書の中で「2020年上半期にCH-7、CH-4、CH-5等の無人航空機が500回以上(総飛行時間3,000以上)の試験飛行を問題なく完了した」と言及しており、どうやらCH-7の開発は予定通りに進んでいるらしい。

ここで問題になるのは中国航天科技集団有限公司が手掛けている無人航空機「CHシリーズ」は自国向けではなく海外輸出向けの製品である点で、米空軍のMQ-9リーパーに類似したCH-4や能力向上型のCH-5の調達価格は地上管制装置を含めても1機300万ドル~1,000万ドル程度と言われており、中東や北アフリカを中心に10ヶ国以上の国が導入している人気が高いシリーズだけに、ここに全翼機タイプのステルス無人航空機が加わると今以上に多くの国が興味を示すのは明白だ。

出典:Public Domain 中国航天科技集団有限公司が開発を手掛けた無人航空機CH-4

補足:中国軍向けのステルス無人航空機は別に存在しており、建国70周年記念パレードで公開された無人ステルス戦闘機「GJ-11シャープソード」や「Flying Dragon-2」などを開発中らしい。

まだCH-7が輸出専用機で他のCHシリーズのように積極的に輸出を進めていくの分かっていないが、中国航天科技集団有限公司が手掛けたCHシリーズを見る限り海外市場へ回される可能性は非常に高く、もしそうなれば爆発的に全翼機タイプのステルス無人航空機が戦場に普及するのは確実で、ますます狙われる側が不利になるだろう。

中国空軍、爆撃機H-6がグアム島のアンダーセン空軍基地を攻撃するプロモーション動画を公開

中国人民解放軍空軍は16日、爆撃機H-6を使用した米軍のアンダーセン空軍基地(グアム島)への攻撃をシミュレートしたプロモーション動画をネット上に公開して注目を集めている。

出典:中国人民解放軍空軍

出典:中国人民解放軍空軍

出典:中国人民解放軍空軍

出典:中国人民解放軍空軍

動画も使用されている音楽も中々カッコいいのだが、内容はインド太平洋地域における米軍の重要拠点「アンダーセン空軍基地(グアム島)」を爆撃機H-6に搭載したミサイルで破壊するという非常に過激なものだ。

 

アイキャッチ画像の出典:Public Domain X-47B ペガサス(開発中止)

フランスの執念は実るのか? トルコ制裁をEUが月曜に発表予定前のページ

枯れた技術でまとめた手堅い設計、米海軍がタイコンデロガ級巡洋艦の後継艦を開発次のページ

関連記事

  1. 中国関連

    中国メディア、米軍の事故や火災は中国周辺での軍事作戦増加が原因

    中国メディアは21日、火災や事故が頻発する米軍について「中国周辺での軍…

  2. 中国関連

    中国初の強襲揚陸艦が就役間近、F-35も検出可能な新型駆逐艦も公開

    中国初となる本格的な強襲揚陸艦「075型」1番艦の処女航海が、もう間も…

  3. 中国関連

    全く機能しない? 中国視点から見た米日豪印による太平洋版NATO構想

    北京に拠点を置く中国国際研究基金シニアフェローの呉正龍氏は米日豪印4ヶ…

  4. 中国関連

    米大統領選挙への影響も? 中国、米グアム基地を模擬攻撃する動画を公開

    20日の記事でも少し触れたが、米軍のアンダーセン空軍基地(グアム島)に…

  5. 中国関連

    マクロスのバルキリー?中国が戦闘機「J-20」ベースの変形戦闘機を発表

    中国は第5世代戦闘機「J-20」をベースにした変形戦闘機を間もなくリリ…

  6. 中国関連

    無人ステルス機を運用? 中国の強襲揚陸艦に電磁式カタパルトを統合か

    中国の次世代強襲揚陸艦「076型」は電磁式カタパルトを備え固定翼タイプ…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 9月 20日

    元記事は参考にはなるけれど、事実かどうかはまだ疑わしいね。

    8
    • 匿名
    • 2020年 9月 20日

    自衛隊でちょっと買ってみようか(笑)売ってくれるかどうか、あるいはどんな性能か、取引を持ちかけてみるべき
    なんにしても中国の反応を読めるから日本に損はない

    9
      • 匿名
      • 2020年 9月 20日

      取引を持ちかけたら話には乗ってくると思うよ。
      まぁ、アメリカとの関係を悪くしてまですることではないけどね。

      4
        • 匿名
        • 2020年 9月 20日

        ダメ元でいいんですよ、売ってくれたら分解して分析してアメリカにデータ送ればいいし、断られたら日中友好はうわべだけかよと、中国側にボールを投げることになる
        我が国に損はない

        1
          • 匿名
          • 2020年 9月 20日

          日本に対中国と対アメリカの二正面戦争をやらせようとは面白い事を考えるな
          アメリカに打診した時点でいい顔をしないだろうし、信頼関係は瓦解する事は目に見えている
          F-35のノックダウン生産は日米の信頼関係によって成り立っているものである
          トルコがロシアのS-400を導入しようとした結果、F-35の売却停止をなった結果を見れば、その後の事は火を見るより明らかだろう
          機材・弾薬においても米国製が多い自衛隊が、機材・弾薬の共有を絶たれればどうなるか一考してみなさい

          我が国が口に出しただけで損しかない

          10
          • 匿名
          • 2020年 9月 20日

          その違法に入手されたデータを受け取ってしまうと自分の体面も傷つくことになるから、アメリカも他のいかなる国も受け取る事はないと断言できる

          5
            • 匿名
            • 2020年 9月 21日

            世間知らずもいいとこ(笑)
            みんな体面より実を優先してますよ、それが世界の現実

      • 匿名
      • 2020年 9月 20日

      そんなに日本を中国側に誘導したいの?
      それとも米中両国から日本への信用信頼を損ねさせたいの?
      流石に釣りだと思うけど、まさか本気もしくは正気なの?

      13
        • 匿名
        • 2020年 9月 21日

        敵を騙していけない理由がありますか?正直は美徳だが、正直にバカがつくと単なる役立たずだよ
        そんな甘ちゃんだから日本人はロシアや中国のしたたかさに翻弄されるのに

        • 匿名
        • 2020年 9月 23日

        米国からの信用だの、中国からの信用だの
        なに言ってるの
        はじめから無い物ねだりするなよ
        ガキか
        平和に慣れたお花畑呆れる

        2
    • 匿名
    • 2020年 9月 20日

    先進的な兵器拡散で欧米は割を食いそうだ。そのうち映画のあらすじのようにテロリストにも渡ったりしてね・・・

    5
    • 匿名
    • 2020年 9月 20日

    ぼったくりのグローバルホーク導入以外
    自衛隊は無人機の導入や独自開発しているという話を聞かないな

    6
    • 匿名
    • 2020年 9月 20日

    無人機って戦闘プラグラムが重要になるから、これ買ったら中国製戦闘機とかしか連携出来ないだろうね
    そして中国の識別コードには当然攻撃出来ないだろうし
    つまり完全に中国サイドに取り込まれる
    もっともこれがまともに使える物なのかも不明ではあるが、わざわざ試験段階のものを公開するのはそうした取り込み兵器のあかしだろうね
    中国も他国の取り込みに必死なのだろうが、今からでは手遅れだろう

    4
      • 匿名
      • 2020年 9月 20日

      常識的にはそうでしょうが、敢えて買い取り交渉することで中国側の近代戦ネットワーク能力の内容をひっばりだせる可能性があります、
      冷戦のソ連時代からそうだけど、カーテンの向こうの中身って、あれ?なんてオチもありますから

      1
    • 匿名
    • 2020年 9月 20日

    F-2が尖閣で中共軍艦を撃沈するとか、北京の中南海にトマホークミサイルを撃ち込むプロモーション動画を日本の防衛省やアメリカ軍が公開したら発狂するだろうな、中共は…

    6
      • 匿名
      • 2020年 9月 21日

      アオシマェ…

        • 匿名
        • 2020年 9月 21日

        自衛隊護衛艦「ひゅうが」中国空母「遼寧」を轟沈す

    • 匿名
    • 2020年 9月 20日

    アメリカはMQ-9リーパーの調達を中止するけど、中止する理由は中国・ロシアには効果が低いし、対テロ作戦ではコストが掛かりすぎてコスパが悪いから。
    中国の無人機の価格はリーパーの十分の一程度なので、中国の無人機のほうがコスパがよくて人気も出るよね。

    2
    • 匿名
    • 2020年 9月 20日

    基地に向かってミサイルが飛んで行く画像だが、写っているのはグアムじゃないよ。
    グーグルアースで確認してみ。

      • 匿名
      • 2020年 9月 20日

      自己レス。
      見つけた。
      この画像は、ハワイのオアフ島にあるカネオヘ・ベイ海兵隊航空基地だ。

      1
        • 匿名
        • 2020年 9月 20日

        アメリカが発狂しなければ良いが…
        だいたい動画に出てくる戦力の100倍返しが基本だからなアメリカ様は

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  2. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
PAGE TOP