欧州関連

転倒した英国人のお尻に57mm対戦車砲弾が突き刺さり、陸軍の爆発処理班が出動

英国では直腸に対戦車砲弾がめり込んだ男性が病院に運び込まれ、最終的に陸軍の爆発処理班が出動するという奇妙な事件が発生したと報じられてる。

参考:Bomb squad called after man lodges WWII anti-tank round in rectum
参考:BUM SQUAD Bomb squad race to A&E after patient arrives with WW2 artillery shell stuck up his bottom

この手の事故は日常茶飯事だが砲弾が突き刺さり爆発処理班が出動したという話は聞いたことがない

古い武器の収集を趣味にしている英国人男性は先週、コレクションを整理中に発見した砲弾の上で転倒してしまい不幸にもお尻から直腸にかけて砲弾が突き刺さってしまった。

当然激痛に襲われた男性は直ぐにグロスター(ロンドン南西部に位置するグロスタシャーの州都)の病院に救急車で運び込まれたが、病院の医師達は男性のお尻から見える砲弾を見て「爆発の危険性がある」と判断したため警察に「直腸に砲弾が詰まった男性が運び込まれた」と通報したらしい。

出典:Public Domain 6ポンド対戦戦車砲

警察が現場に駆けつける前に問題の砲弾は男性から取り除かれていたが陸軍の爆発処理班が出動して問題の砲弾を確認した結果、男性の直腸に突き刺さっていたのは第二次大戦中に英陸軍が運用していた6ポンド対戦戦車砲の57mm徹甲弾=対戦車砲弾で不活性状態だったため「運び込まれた男性以外の人間に危害を加える状態ではない」と警察が発表、幸いにも砲弾は直腸以外の臓器を傷つけていなかったため問題の男性も命に別状はないと報じられている。

この事件を報じた現地メディアは「ワイングラス、ケチャップボトル、掃除機の部品など直腸にめり込むものは信じられないほど種類が多くこの手の事故は日常茶飯事だが、砲弾が突き刺さり爆発処理班が出動したという話は聞いたことがない」と医療関係者の証言を報じており、どれだけ今回の事故がイレギュラーだったかをよく示していると言えるだろう。

 

※アイキャッチ画像の出典:Bukvoed / CC BY 2.5

ス-ルー王国の末裔だと主張するフィリピン人、マレーシア領サバ州への侵攻を計画か前のページ

GA-ASIが新型UCAV「モハベ」を公開、支援装置なしで軽空母や強襲揚陸艦からの運用も可能次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    EUがウクライナ向け砲弾の共同購入で合意、払い戻し対象は欧州製砲弾のみ

    EUは3日「ウクライナ向け155mm砲弾の共同購入について合意した」と…

  2. 欧州関連

    ウクライナ軍、ロシア軍の巡航ミサイルがNATO加盟国のルーマニア領空を通過した

    ウクライナ軍のザルジュニー総司令官は10日「ロシア軍の巡航ミサイルがN…

  3. 欧州関連

    米国、欧州大陸の重要なパートナーはドイツからポーランドに変わった

    米Politicoは「欧州大陸における米国の重要なパートナーはドイツか…

  4. 欧州関連

    ウクライナが切望する高度な防空システム、仏伊がSAMP/T提供を間もなく発表

    ロイターは26日「フランスとイタリアがSAMP/Tのウクライナ提供に関…

  5. 欧州関連

    スウェーデン、国防予算8億ドルのクロアチアにグリペンを提案

    スウェーデンは9日、クロアチアの戦闘機調達のための入札にサーブ製の戦闘…

  6. 欧州関連

    頭を悩ませる英国、軍事用途の装甲素材研究に人民解放軍に関係する中国人科学者が参加か

    ケンブリッジ大学が進めている軍事用途の装甲素材の研究に人民解放軍国防科…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    刺さるんだ…驚き

    9
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    この事件マジだったのか…フェイクだと思ってた

    15
      • 匿名
      • 2021年 12月 10日

      私も4月1日には早すぎるなあと思った

      4
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    TVでやってたけど性癖で・・・
    抜けなくなって救急車呼んで「転んで刺さった」という人多いんだってw
    なんだかいろいろなもの抜けなくなったというのがあるらしい

    12
      • 匿名
      • 2021年 12月 10日

      恥ずかしいから隠してしまうのは仕方ないね♂

      25
        • 匿名
        • 2021年 12月 10日

        「転んで尻に入った」ということにしないと保険が適用されないからそういうことにしている、なんて話も聞いたことがあるな

        15
          • 匿名
          • 2021年 12月 10日

          そうなんだ、今度からそう説明するように心がける

          11
            • 匿名
            • 2021年 12月 10日

            ん…?おかしいな…

            9
            • 匿名
            • 2021年 12月 10日

            🚩の極太マン?

            1
            • 匿名
            • 2021年 12月 10日

            救急車で運ばれたんだよね?

            1
          • 匿名
          • 2021年 12月 10日

          故意に傷つけたり病気になると健康保険使えないんですよね。
          後は暴行を受けたときも全額自費だから加害者から取立て出来ないとエグい・・・

          2
      • 匿名
      • 2021年 12月 10日

      これもそうだろうね

      • 匿名
      • 2021年 12月 10日

      性癖隠し(隠せてるとは言ってない)のこともあるけど、自傷と事故では治療費(保険)が変わってくるという理由もあるらしい

      4
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    本当に突き刺さったんですかね?

    1
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    英国には風変わりなミリオタがいるんだよ

    4
      • A
      • 2021年 12月 10日

      さすがに尻に紅茶を注ぐ奴はいないだろう。

      6
        • 匿名
        • 2021年 12月 11日

        尻にシェリー酒を1.5リットル注入して急性アルコール中毒で死亡してダーウィン賞を受賞した奴はいる。アメリカだけど。喉を痛めて飲めなかったので、下から飲もうとしたらしい。

        ミリタリー関係での受賞者はかなり多く(夏時間と通常時間を取り違えて時限爆弾を設定し運搬中に爆死したテロリストetc.)、この人も信管を作動させてたら間違いなく受賞してたと思う。

        1
      • 匿名
      • 2021年 12月 10日

      鉄オタで言うところの乗り鉄みたいなもんかな?

      1
        • 匿名
        • 2021年 12月 10日

        ある意味最も正統派
        車で来て写真だけ撮って帰るよりいいと思う。鉄道会社の利益にもなるし

        4
        • 匿名
        • 2021年 12月 11日

        コンバットディーラーズって番組見るといいよ
        ヘッツアーからシュビムワーゲンまでレストアして乗れるようにしてたわ

    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    大英帝国いまだ健在なり
    マニアの国と評されるのも然り
    次は76ミリ砲弾に挑んで

    9
      • 匿名
      • 2021年 12月 10日

      密林でしらべたら海外製品のXXLサイズで先端直径85㎜というのがあったから
      頑張れば88㎜まではいけるかと。

      6
        • 匿名
        • 2021年 12月 10日

        そこは自重して…

        6
        • 匿名
        • 2021年 12月 10日

        個人の資質にもよるけど、男は骨盤の幅が狭いから物理的に無理かな

        6
        • 匿名
        • 2021年 12月 10日

        穴尻先生!

        1
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    少佐、今日は4月1日じゃありませんぜ。ハッハッハ

    2
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    事故なのか、新たな世界の扉を開こうとしたのか、興味が尽きない。

    7
      • 匿名
      • 2021年 12月 10日

      本人は事故だって言ってるけど事故ならどうしてパンツを脱いでたんですか?って報道されてたのでまあ…

      10
      • 匿名
      • 2021年 12月 10日

      前にも魚をケツに入れて搬送された中国人が「座ったら入ったんだよ」とか言ってたな。

      1
      • 匿名
      • 2021年 12月 10日

      いつもの人が愛好家で詳しいから、聞いてみるといいよ

      1
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    でも過去にはこうもんに異物突っ込んだ結果国家間戦争にまで発展した事例があるからなぁ…この100年以内で
    畜生いったいどこのアルバニア人なんだ!

    7
      • 匿名
      • 2021年 12月 10日

      アルバニア人じゃねぇアルメニア人だったわ…

      4
      • 匿名
      • 2021年 12月 10日

      「ジョルジェ・マルティノヴィッチ事件」ですね。
      ア○ルが世界を動かしちゃうってなんか凄い。(笑)

      3
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    落下して歩道のポールにくし刺しになった動画あったなぁ
    だから転倒してお尻に57ミリ砲弾が刺さる事故だってあるかもしれない

    1
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    >この手の事故は日常茶飯事だが砲弾が突き刺さり爆発処理班が出動したという話は聞いたことがない
    日常茶飯事、、え、え!?

    2
      • 匿名
      • 2021年 12月 10日

      救急では男女問わず、前の穴とか後ろの穴とかに異物挿入して運ばれてくるってのは珍しくもなんともないらしいよ

      8
      • A
      • 2021年 12月 10日

      >日常茶飯事
      紅茶の国だけにね。

      7
      • 匿名
      • 2021年 12月 10日

      20mm対空砲弾の二件(The Straights Times発の?50歳のクロアチア人が…と、2015年以前に画像が出回った退役軍人が脱腸対処に…)の実弾で爆発処理班が出動したという話も存在はする(事実かどうかは分からない)

      1
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    こうもんであそんではいけません

    8
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    服着てたら入らないよね

    4
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    榴弾じゃなくてよかったな(そういう問題じゃない)

    4
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    社会的には爆死したわけだ

    18
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    世の中には上には上の変態(誉め言葉)がいるもんだな。
    そして管理人さんの情報収集の守備範囲が広いおかげでこういう一風変わったネタに触れられるので助かります。
    まあ命に別状がなくてよかったよかった。

    7
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    人によってはこれくらいのサイズあるよね

    1
      • 匿名
      • 2021年 12月 10日

      そこまで大きな大はさすがに出たことがないな

      3
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    ぶちこんだのが俺の120mm55口径砲じゃなくて本当に良かった

    尿道にウナギの稚魚や縫い針何本も突っ込んだりする事件は稀によくあるし、日本でもコンプレッサーをケツにぶちこんで死人が出る事件は定期的に起こるし、好奇心って自制がないとかなり危険だよね

    1
      • 匿名
      • 2021年 12月 10日

      良いから早くそのデリンジャーしまえよ

      3
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    職場同僚のおふざけでエアコンプレッサーで殺される事件よりはましかと。

    5
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    このニュースTwitterでも話題になってたので追っていたけど、検証してた人らによると「事故で」刺さったのは恐らく6ポンド砲のAPCBC(Shot Mk.9?)ではないかという話だった。先が尖ってたり鋭利な箇所があるAPCRやAPDSじゃなくて良かったね。

    2
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    不活性というか、炸薬無しの実体弾だったのでは?

    3
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    砲弾が尻に突き刺さる

    え?…え?!

    1
    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    2014年のダーウィン賞を思い出す
    あれもイギリス人だったよなあ

    • 匿名
    • 2021年 12月 10日

    薬莢いれたら30cmはありそうな
    全部入ったら直腸ぶち抜きそうだが

    • 匿名
    • 2021年 12月 11日

    救急車込みのプレイなのか?
    流石に爆弾処理班は予想外だったろうが喜んだのかもしれないw

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  3. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  4. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  5. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
PAGE TOP