欧州関連

マリウポリで戦うアゾフ連隊と第36旅団、港湾地区に取り残された友軍を救出

マリウポリで抵抗を続けるアゾフ連隊と第36旅団などの残存部隊は港湾地区に取り残された友軍を救出、約500名の兵士をアゾフスタル製鉄所に脱出させたと報じられている。

参考:Морпехи и “Азов” спасли полтысячи бойцов из порта Мариуполя – СМИ

港湾地区の友軍救出に成功したもののウクライナ軍の支配地域は極限られた範囲のみで、流石に厳しいかもしれない

マリウポリで戦うウクライナ軍はアゾフスタル製鉄所を拠点に戦うアゾフ連隊と第36独立海軍歩兵旅団(海兵隊)などの残存部隊、港湾地区を拠点に戦う国家親衛隊第12特務旅団や国境警備隊などの残存部隊の2つに分かれていたが、アゾフスタル製鉄所と港湾地区をつなぐ地域はロシア軍によって制圧されつつあり、国境警備隊などの残存部隊は弾薬不足に陥っていたらしい。

出典:GoogleMap 大まかなマリウポリの状況/管理人加工

そこでアゾフ連隊と第36旅団などの残存部隊は港湾地区のウクライナ軍を救出するため装甲車輌を派遣、約500名の兵士をアゾフスタル製鉄所に脱出させたと報じられており、マリウポリのウクライナ軍は製鉄所周辺の限られた地域に集結したことになるが、逆を言えば「製鉄所に押し込められた格好」なので包囲するロシア軍にとっても都合がいいのかもしれない。

ウクライナ軍が現在支配する地域は製鉄所周辺と市内を流れるカルミウス川周辺だけと言われており、流石にロシア軍への抵抗を長く続けるのは難しそうだ。

出典:GoogleMap 大まかなマリウポリの状況/管理人加工

果たしてウクライナ軍の兵士はロシア軍の包囲にどこまで耐えることが出来るだろうか?

追記:国防総省のカービー報道官は20日に「米国以外の同盟国からウクライナへ戦闘機や機体の部品が送られた」と明かしていたが、その後会見で「戦闘機が送られたというのは間違いだった」と述べて謝罪した。

関連記事:マリウポリを防衛するアゾフ連隊、ロシア軍部隊との戦闘シーンを公開

 

※アイキャッチ画像の出典:АЗОВ Маріуполь

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ロシア軍の装備損失が3,000を突破、戦車や装甲車輌の損失は1,461輌前のページ

ウクライナ、ロシアの協力者に盗まれた60台の戦車用エンジンを回収次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    トルコとギリシャの緊張状態にフランスが介入、戦闘機ラファールを派遣

    トルコとギリシャの排他的経済水域(EEZ)を巡る対立は周辺国を巻き込み…

  2. 欧州関連

    イタリア海軍の苦難!F-35Bが調達ストップで空母「カヴール」が存続の危機

    2019年5月、イタリア海軍の強襲揚陸艦「トリエステ」が進水したが、奇…

  3. 欧州関連

    ゼレンスキーが軍に南部奪還を命じる、問題は100万人の兵士に必要な武器

    レズニコフ国防相がTimes紙に「大統領がウクライナ軍に国の経済にとっ…

  4. 欧州関連

    気まずいウクライナ軍、大統領の目の前で対戦車ミサイル「ジャベリン」試射に失敗

    ロシアの軍事演習に対抗して開催されたウクライナと米国の軍事演習で披露さ…

  5. 欧州関連

    英国人にとっては戦略物資、空母クイーン・エリザベスの窮地を救ったカナダ海軍の機転

    英メディアは「英空母クイーン・エリザベスはカナダ海軍のおかげで最も重要…

  6. 欧州関連

    リマンを巡る戦いでウクライナ軍が大きく前進、次々と解放される拠点

    ゼレベツ川に向けて東進するウクライナ軍はリドコダブ、ノーヴ、カテリニフ…

コメント

    • LAV
    • 2022年 4月 21日

    圧倒的な数の敵軍に包囲されて援軍の見込みもなし。
    そんな絶望的な状況でそれでもこれだけ勇敢に戦えてる彼らには、どんな称賛の言葉を送っても送り足りない。
    とにかく彼らが無事に生還することを祈ることしか出来ない。

    18
    • や、やめろー
    • 2022年 4月 21日

    流石にきついか。でも頑張ってほしい

    14
    • タコ
    • 2022年 4月 21日

    東部地域を突破して迎えに行け。大変だけど

    3
    • タコ
    • 2022年 4月 21日

    東部地域を突破。下がって迎えに行け。頑張れよ!

    2
    • タコ
    • 2022年 4月 21日

    プーチンからの命令。俺が暗殺されるから開放してくれ。たったっ頼むよ

    3
      • や、やめろー
      • 2022年 4月 21日

      連投やめろ

      16
    • 匿名
    • 2022年 4月 21日

    重火力不要な廃墟でゲリラ連中の包囲継続すると露軍も正規はドンバス送りたいので得体の知れないザコばっか投入し始めるからもしやワンチャンでは?
    しかも相変わらず抗戦となると非現実的でも奪還対象になりえる可能性もあるし無人機配送で物資支援が成功すると案外結構な人数が生還できそうな気が

    6
      • 名無し
      • 2022年 4月 21日

      読み難く苦痛だったので、改行の追加や文の入れ換えをしてみた。

      >露軍も正規はドンバス送りたいので
      >重火力不要な廃墟でゲリラ連中の包囲継続すると
      >得体の知れないザコばっか投入し始めるから
      >もしやワンチャンでは?

      >しかも相変わらず抗戦となると
      >非現実的でも奪還対象になりえる可能性もある

      >無人機配送で物資支援が成功すると
      >案外結構な人数が生還できそうな気が

      18
        • 匿名
        • 2022年 4月 21日

        翻訳お疲れ様です…

        11
    • AAA
    • 2022年 4月 21日

    製鉄所は兵力が増えても食わせるものは無さそうなんだよな

    5
    • ブルーピーコック
    • 2022年 4月 21日

    車種は知らんが、動かせる装甲車がまだ残っているのか。ロシア軍はバンカーバスターでどこをふっ飛ばしたのやら。

    立地的に小型船でも脱出は難しそうだな。今のロシア軍だったら、撤退戦でまんまと逃しそうではあるが。

    9
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  4. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP