欧州関連

英国、第6世代戦闘機「テンペスト」プログラムにフランスを加えるのは不可能

英国の防衛産業団体は第6世代戦闘機「テンペスト」プログラムにフランスを加えることは難しいと明らかして、仏独が主導する第6世代戦闘機「FCAS」プログラムとの統合を否定した。

参考:Tempest fighter: Breathtaking power of state-of-the-art plane shows Britain’s new ambition

テンペストプログラムにフランスを加えることは難しい?

英国の航空宇宙・防衛・セキュリティ・宇宙産業を代表する業界団体「英国航空宇宙安全保障産業連合(ADS Group Limited)」は、英国が開発を主導する第6世代戦闘機「テンペスト」プログラムと、仏独が開発を主導する第6世代戦闘機「FCAS」プログラムが最終的に統合されるのではないかという憶測について完全に否定した。

ADSにはエアバス、ロールス・ロイス、BAE、ボンバルディアなど1,000社以上の英連邦企業がメンバーとして名を連ねており、第6世代戦闘機「テンペスト」プログラムにも深く関与している。

引用:BAE Systems テンペスト

ADSの最高経営責任者であるポール・エヴァリット氏は第6世代戦闘機「テンペスト」プログラムについて「これまで順調に推移しており、今後のタイムスケジュールに関しても概ね正しい。戦闘機タイフーンは2040年に退役するため開発期間は限られており、誰もがこのプレッシャーを理解している」と話した。さらにテンペストが完成すれば、第二次世界大戦の伝説的な戦闘機「スピットファイア」と同等の象徴性をもつ可能性があるとも付け加えた。

さらに軍事アナリストの間で最終的に「テンペスト」と「FCAS」は統合されるのではないかという憶測についてエヴァリット氏は「テンペストプログラムにフランスを加えることは難しい」と話した。

恐らくFCASとの統合を拒否する理由は、フランスをプログラムに加えると「空母での使用」を前提に設計しなければならなくなり、開発プロセスの複雑化や艦載機としての制約を受け入れることは出来ないという意味を含んでおり、だからこそフランスを名指しして否定したのだろう。

裏を返せば、FCASに参加しているドイツやスペインがテンペストプログラムに加わることについては可能だとも受け取れる。

テンペストプログラムには英国以外にイタリアとスウェーデンが参加を表明しており、英国は2025年までの研究開発費として約20億ポンド(約2,800億円)を投じる予定だが、最終的な開発費の総額が幾らになるのかについては明らかにされていない。現在のタイムスケジュールに従えば、第6世代戦闘機テンペストは2035年に運用が開始される。

日本は英国からテンペストプロジェクトへの参加を打診されており、今年の夏頃を目処に戦闘機F-2の後継となる次期戦闘機「F-3(仮称)」の協力国(企業)を選定する予定だ。

 

※アイキャッチの出典:tomaspic / stock.adobe.com

急増する第5世代戦闘機F-35への需要、年間生産量を180機まで引き上げ前のページ

各国のコロナ対策を批判する中国、自国の軍事技術者だけは隔離して安全確保次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    イタリア、ロシア軍派遣は新型コロナ支援にかこつけた「軍事偵察」と批判

    イタリア最大の発行部数を誇る新聞「ラ・スタンパ」は25日、イタリアの新…

  2. 欧州関連

    マリウポリで最後の瞬間を待つ第36旅団、抵抗の代償を忘れず勝利してくれ

    マリウポリを防衛するウクライナの第36独立海軍歩兵旅団は12日、偽物で…

  3. 欧州関連

    ウクライナ軍、東部戦線でロシア軍使用の鉄道施設をHIMARSで破壊か

    ウクライナ軍は6月下旬に到着したHIMARSを使用してロシア軍の兵站拠…

  4. 欧州関連

    マリウポリを防衛する第36旅団の弾薬が枯渇、今日が最後の戦いになる

    マリウポリを防衛するウクライナの第36独立海軍歩兵旅団は11日、弾薬が…

  5. 欧州関連

    トルコ、バイラクタルTB3を搭載する強襲揚陸艦アナドルの新イメージを公開

    トルコ国防産業庁は先月末、開発に取り組む国産兵器をアピールする動画の中…

  6. 欧州関連

    NATOのストルテンベルグ事務総長、ウクライナをロシアの侵攻から守る義務はない

    日本でもウクライナ情勢に関するニュースが増えて「ロシアがウクライナに侵…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 2月 04日

    英国、第6世代戦闘機「テンペスト」プログラムにフランスを加えるのは不可能

    ・・・・・・・・・だっておフランス野郎は大嫌いなんだもん  が本音だろw

    3
    • 匿名
    • 2020年 2月 04日

    日本(大型・対艦ミサイル4発)、スウェーデン(小型軽量・運用簡略化)を誘っといて「フランスは艦載機版を要求するから無理」は筋が通らないですよねぇ。
    まあ実際のとこ「仏独入れたらまとまる物もまとまらない」とは思うけど。

    3
    • ラファールにルクレールと共同開発プログラムから脱退して独自路線に走るのがお約束とおもわれているんだろうなあ。

      2
    • 匿名
    • 2020年 2月 04日

    OSというかセンサーフュージョンとか火器管制系だけ共同開発とかできないもんなのかねえ。
    ソフト開発の費用が莫大になるのはどこでも同じ。

    • 匿名
    • 2020年 2月 04日

    FCASもテンペストもたぶん完成しない、技術も資金も全く足りずに出来上がるのはモックだけで空に上がることはないだろう。
    日本のF-3がかなり早めに、しかもずっと高性能なマルチロール機として完成する。
    両機とも日本のF-3をベースに自国向けの改造を行た機体になる、それが一番安価で確実な線。
    プライドの問題もあるだろうが、経済的軍事的事情がそれを許さない状況に陥る。

    • 東山 寒
    • 2020年 2月 04日

    日本が参加するかどうかは未定ですが、早くf-3の開発が望まれます。
    仏は、独特なものがあり米国との情報統合が難しいと聞きます。英国のこの決定は、開発がややこしくならない為の最善方法かも知れません。

    • 匿名
    • 2020年 2月 04日

    統一教会の広告がバッチリ貼られててワロタ

      • 匿名
      • 2020年 2月 05日

      うん?
      自分の観てるのにほソニーのAI開発ツールと音が静かなベアリングの広告しか出てないのだが

    • 匿名
    • 2020年 2月 04日

    それなら最初から名前をテンペストではなくスピットファイアにしとけって言う話し。ネームバリューが偉大過ぎてつけられなかったのかも。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  5. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP