欧州関連

英陸軍、攻撃ヘリ「AH-64」の30mm機関砲が基地に向かって暴発

英陸軍の攻撃ヘリ「Apache AH Mk.1(英国仕様のAH-64D)」に搭載された30mmチェーンガンが地上で暴発事故を起こしたと報じられている。

参考:British Apache helicopter fires lethal ‘flesh-shredding’ round while on the ground

英陸軍のアパッチに搭載されている30mmチェーンガンが基地で暴発

英陸軍航空隊の拠点として使用されているワティシャム飛行場(旧ワティシャム空軍基地)で攻撃ヘリ「Apache AH Mk.1(英国仕様のAH-64D)」に搭載された30mmチェーンガンが暴発事故したらしい。

暴発事故はアパッチは射撃訓練飛行のため格納庫から滑走路に移動する際に発生、30mmチェーンガンに装填されていた30mm弾が1発が基地に向かって発射されたが、幸いにも実弾ではなく炸薬が装填されていない「訓練弾」だっため人的被害も物的被害も発生しなかった。

出典:Yari Samurai / CC BY-SA 4.0

ただアパッチに搭載されている30mmチェーンガン「M230」は訓練弾でも人に命中すれば致命的な自体を引き起こすため暴発事故は発生したワティシャム飛行場では大騒ぎになっており、英陸軍も事態を重く見て調査官を派遣、機体の整備に関わったエンジニアや搭乗予定だったパイロット達が尋問を受けいている。

因みに英陸軍の規定では過失による兵器の暴発事故は「重大な犯罪」に該当するため、今回の件に関わっている関係者は重い懲戒処分が課されるかもしれない。

 

ジェラルド・R・フォード級空母の海軍引き渡しが単一プロセスに変更

F-35の中で正式運用の開始が最も遅いのが海軍向けのF-35Cで、空母での運用開始は2021年(ニミッツ級3番艦カール・ヴィンソンの海外展開から)からだ。

出典:public domain フォード級空母2番艦「ジョン・F・ケネディ」

そのためジェラルド・R・フォード級空母の1番艦と2番艦はF-35C運用に非対応な形でいったん海軍に引き渡され、後日改めてF-35C対応工事を受ける2段階プロセスを採用しているのだが、米海軍は今月2日、2番艦「ジョン・F・ケネディ」の艤装工事に関する契約にF-35C対応工事を含める内容に変更したと発表した。

参考:Navy Shifts Future Carrier JFK to Single-Phase Delivery With F-35C Modifications Included

つまり3番艦「エンタープライズ」から予定されていた単一プロセスによる海軍への引き渡しが前倒しになったという意味で、F-35Cの本格運用が加速していることを示している。

 

イランが新しい弾道ミサイル発射基地を公開

イラン軍の公式メディアと見られる「IMA」は今月4日、YouTube上に新しい弾道ミサイル発射基地を公開して注目を集めている。

初めて公開された弾道ミサイル発射基地の位置については不明だが、地下に建設された巨大トンネル内には無数の弾道ミサイルと自走式の発射基が収められており、さらに直立させた弾道ミサイルを各発射ポイントに移送するための鉄道システムまで備えている。

動画を公開したIMAによれば「このプラットフォームを使用すれば弾道ミサイルの連続発射が可能で敵の攻撃からも保護されている」と主張しており、海外メディアは同様の弾道ミサイル発射基地がイラン国内の地下に張り巡らされているのではないかと警戒感を示した。

 

フランス企業がトルコ製UAVに使用されているブレーキ装置の輸出を停止

車やバイク、航空機の降着装置に使用されるブレーキ装置を製造するフランスのベルリンガー社は6日「ナゴルノ・カラバフ紛争で使用されているトルコ製UAVに同社の製品が使用されていることに気がついたので、当面トルコへの輸出を停止した」と発表した。

参考:French Beringer Aero suspends sales of parts for Turkish UAVs

カナダ政府も先月、トルコ製UAVに使用されているEO/IRセンサーやレーザー目標指示装置の輸出を停止したと発表、ボンバルディアもトルコ製UAV「バイラクタルTB2」に使用されているエンジンのトルコ輸出を停止しており、徐々にトルコ製UAVに対する国際的な締め付けが厳しくなってきたと言える。

出典:CeeGee / CC BY-SA 4.0 バイラクタルTB2

ただトルコは入手出来なくなったEO/IRセンサーやエンジンについては国産品に切り替えることを示唆しており、今回輸出が停止されたブレーキ装置も世界中に輸出されている汎用品なので第三ヶ国を経由すれば簡単に入手することが出来るだろう。

そのため今回の輸出停止でトルコ製UAV製造が止まる可能性は非常に低い。

 

※アイキャッチ画像の出典:Peter Davies / OGL v1.0 Apache AH Mk.1

日本の次期戦闘機「F-X」開発支援、ロッキードはノースロップと共同で前のページ

平均建造費用7,700億円、米海軍がコロンビア級原潜の調達を開始次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    アルメニア、アゼル軍による首都攻撃を集団安全保障条約機構に報告か

    アルメニア国防省は2日、集団安全保障条約機構(CSTO)に全ての事実を…

  2. 欧州関連

    独自の進化を遂げるトルコのF-16、国産空対空ミサイルも実用化目前

    トルコのムスタファ・ヴァランク産業技術大臣は9日、F-16を使用して国…

  3. 欧州関連

    米国に続き英国までF-35B調達削減か、英空軍が138機調達実行を明言せず

    英国のF-35B調達は依然として流動的で、現状のままでは当初目標の13…

  4. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔

    欧州の国が共同開発した戦闘機ユーロファイター・タイフーンを導入した国の…

  5. 欧州関連

    英国、クイーン・エリザベスを中心とする空母打撃群が初期作戦能力を獲得

    空母クイーン・エリザベスは2021年1月4日、予定よりも少し遅れて初期…

  6. インド太平洋関連

    アジアも欧州も軍事衝突寸前、中国は軍に動員をかけギリシャは戦争準備中

    アジアでは中国とインドの間で欧州ではトルコとギリシャの間で軍事的対立が…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 11月 07日

    攻撃ドローンや自爆ドローンの普及で、もう攻撃ヘリの類はこれから各国共どんどんリストラされていくんじゃないか?

    10
    • 匿名
    • 2020年 11月 07日

    地下トンネルミサイル基地って地震とかで崩れたりしないんだろうか

      • 匿名
      • 2020年 11月 07日

      むしろ地下は地震に強いからねぇ(ただしちゃんと施工されてる場合に限る)
      地震じゃないけど、ソビエトの地下鉄は核攻撃時の避難先に出来るように作られてたくらいには、適切に設計・施工された地下構造物の破壊は難しい

      14
      • 匿名
      • 2020年 11月 07日

      ただしバンカーバスターの良い標的だもんな
      まだ移動式ミサイルを作れないのかな

      2
    • 匿名
    • 2020年 11月 07日

    ミサイルの垂直移動を長距離とか考えにくいから、基地内に複数の発射ポイントがあって、その間を鉄道移動するだけと思うがな。
    施工は北朝鮮?

    • 匿名
    • 2020年 11月 07日

    大量破壊兵器はみつからなかったけど、通常兵器はこんなにあるんじゃん。

    あ、ちがった、イラクだったっけ。

    • 匿名
    • 2020年 11月 07日

    イランでこれなら中国もこういう感じの地下構造になっていそう

    2
    • 匿名
    • 2020年 11月 07日

    F-35Cちゃん、がんばえー!

    5
      • 匿名
      • 2020年 11月 07日

      当分、艦上戦闘機は、F-35Cでいいんじゃないかな。

      1
    • 匿名
    • 2020年 11月 07日

    イランは結構鉱物資源に恵まれているので
    リンク
    採掘技術経験と道具、使えそうな場所は結構持っていそう。
    衛星でばれないように古い鉱山を再利用したのか、鉱山開発のついでに新たに掘ったのかはわからないが。

    秘密基地は男のロマンだな。

    6
      • 匿名
      • 2020年 11月 07日

      イランならカスピ海にSLBM配備しても良いのでは
      ロシアも文句言うまい、多分

    • 匿名
    • 2020年 11月 07日

    英国は臨終の床の病人のようなもの。
    今回の事件は、昨今の一連の社会・経済ダメージが軍にも及んできたことの顕われかと。
    日本の一部言論に新日英同盟とか、6アイズ、英国含めて対中包囲網などの煽り意見がある。
    否定も非難もしないが、日本は冷徹に英国を評価したほうがいい。

    1
      • 匿名
      • 2020年 11月 07日

      EU離脱の理由だって、突き詰めたらもう大陸諸国と親しくお付きあいする余裕がありませんよって懐具合を見せたようなもんだもんな
      面子さえ気にしなければ金持ち中国の足の裏でもなめたいのが本音だろう

    • 匿名
    • 2020年 11月 07日

    ベルリンガーって軍用品も作ってたのかって驚いたんだけど
    もしかして単にスポーツカー用のブレーキパーツ流用してるだけ?
    だったら特に迂回輸入なんかしなくてベルリンガーに拘る必要も無いような…?

    1
      • 匿名
      • 2020年 11月 09日

      APロッキードなんて言うブランドもありましたな

    • 匿名
    • 2020年 11月 07日

    オムニバスな記事ならタイトルでもそれがわかるほうが嬉しいです
    記事を読まずにタイトルだけでスルーしてしまうこともあるかもしれません

    12
    • 匿名
    • 2020年 11月 07日

    イランの地下基地の動画って頑張ったけれどあまり売れなかったB級未満の特撮映画みたい。
    こういうのは中国や韓国の方が数段上手いね。

    1
    • ゆう
    • 2020年 11月 08日

    チェーンガンって、1発だけ、人為的に発射できるものなの?

    • 匿名
    • 2020年 11月 08日

    「フォード」「ケネディ」ときていきなり「エンタープライズ」ですか。
    大統領シリーズで統一と思っていたのですが、米国人は艦名にこだわりが少ないんですかね。
    もちろん「エンタープライズ」が武勲に輝く艦名であることは認めます。日本は痛い目に遭いましたが。

    • 匿名
    • 2021年 1月 19日

    敏感ですね(意味深)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  3. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  4. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP