欧州関連

フィンランドがF-35A採用をクリスマス前までに発表予定、F/A-18E/Fは今年だけで3連敗

フィンランドメディアのIltalehtiは5日、国防軍や国防省はF/A-18C/Dの後継機にF-35Aを選択したと報じて注目を集めている。

参考:IL:n tiedot: Puolustusvoimat esittää yhdysvaltalaista F-35:ttä Suomen uudeksi hävittäjäksi

これが事実ならボーインのF/A-18E/Fは3連敗、ダッソーやエアバスも欧州需要をロッキード・マーティンに持っていかれたことになる

フィンランド国防軍はF/A-18C/Dを更新するため次期戦闘機(HX)の調達を計画しており、プログラムコストが100億ユーロ(約1.3兆円)に達するにHXプログラムには米国からロッキード・マーティンとボーイング、フランスからダッソー、欧州(英国/ドイツ/イタリア/スペイン)を代表してエアバス、スウェーデンからサーブが参加の意思を表明、入札期限だった4月30日まで全てのメーカーが最終的な調達プランと見積もりを国防軍に提出して検討が続けられておりクリスマス前までに最終的な勝者が発表されると噂されていた。

出典:フィンランド国防軍

ロッキード・マーティンはF-35A×64機の武器パッケージ(推定金額約125億ドル)を提案、ボーイングはF/A-18E/F×58機(E型50機/F型8機)に加え電子戦機のEA-18G×14機が含まれている販売パッケージ(推定金額約147億ドル)を提案、両プランには共通でパイロットや整備チームの訓練費用、スペアパーツ、保守サービス、500発のGBU-53/B、150発のAIM-9X、200発のAGM-158 JASSM、200発のAGM-154 JSOW、200発分のJDAMキッドが含まれている(ボーイング案のみ照準ポッドAN/AAQ-33、前方監視赤外線ポッドAN/ASQ-228、EA-18Gに必要な電子攻撃用ポッドを含む)。

ボーイングはフィンランド国防軍の要求にないEA-18Gをなぜパッケージに含めたのかについて「HXの要求事項を満たすにはF/A-18E/FとEA-18Gを組み合わせて運用するのが最適だ」と主張しており、逆にロッキード・マーティンは専用の電子戦機並な能力をF-35Aが備えているため他の要素を含めなかったのだろう。

出典:SAAB

サーブはグリペンE×64機と早期警戒管制機グローバルアイ×2機の組み合わせを提案、このパッケージには空対空ミサイルのミーティアやIRIS-T、空対地ミサイルのSPEARやKEPD350が含まれており、特に注目すべき点は昨年サーブが開発を発表したばかりの空中発射式デコイミサイル(Air-Launched Decoy Missile system:LADM)を含めている点だ。

このLADMは高性能な使い捨てのデコイで搭載された電子妨害装置を駆使して敵防空システムに誤った標的情報をばら撒いたり、システム自体の処理能力に負荷を与えることで飽和させ攻撃を貫通させやすくするという使い方が提案されており、さらに空対空戦闘の視界外化に伴い敵戦闘機に対するデコイとしても機能するよう設計されている。

出典:SAAB

要するにグリペンE/Fに搭載された電子戦装置とLADMを併用することで強力な「デジタルステルス」を展開することが出来るという意味で、ステルスに頼らなくてもグリペンEとグローバルアイの組み合わせで十分ロシアの強力な防空システムや戦闘機に対抗できると言いたいのだろう。

ダッソーとエアバスは何も発表していないため提案内容の詳細は不明だが現地メディアのIltalehti(フィンランド最大のニュースサービス)は5日「フィンランド国防軍はF-35Aの採用を国防省に提案、同省と外交・安全保障政策局も国防軍の提案を支持しているため政治的介入が無い限りF-35A導入がクリスマス前に発表されるだろう」と報じており、ブルームバーグも同メディアの情報を引用して「フィンランド国防軍はHXプログラムの勝者はF-35Aを選択する予定だ」と報じている。

参考:Finland Is Reported to Pick F-35 Jets in $11 Billion Tender

この報道が真実ならボーインのF/A-18E/Fはスイス、カナダ、フィンランドで立て続けに敗れたことになり、ダッソーやエアバスにとってもスイスやフィンランドが欧州製ではなく米国製の戦闘機を選択したという事実にショックを受けるのは確実だ。

関連記事:サーブ、フィンランドの次期戦闘機HXプログラムにグリペンEとグローバルアイの組合せを提案
関連記事:次期戦闘機HXプログラムへの最終提案を受け取ったフィンランド、年内に調達機種を決定
関連記事:カナダ政府、CF-18A/Bの後継機争いからF/A-18E/Fが脱落したことを正式に発表

 

※アイキャッチ画像の出典:Lockheed Martin

アラブ首長国連邦、ラファールを導入してもF-35Aの導入は継続すると発表前のページ

米空軍長官、A-10退役が進まないのは選挙区の雇用を心配する議員が原因次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    トルコ国産兵器に共通する欠点、完成した主力戦車「アルタイ」が量産できない理由は?

    トルコ国防省調達部門のイスマイル・デミール氏は6日、同国が開発した主力…

  2. 欧州関連

    ウクライナ軍、900輌以上のロシア軍車輌と4,300人の兵士を無力化

    ウクライナ国防省はロシア軍へ与えた損失について27日、900輌以上の車…

  3. 欧州関連

    トルコとウクライナが軍事協定を締結、バイラクタルTB2とエンジン技術を交換か

    トルコのエルドアン大統領とウクライナのゼレンスキー大統領は16日、トル…

  4. 欧州関連

    ウクライナ空軍がロシア軍地上部隊を攻撃、敵機を計10機も撃墜?

    ウクライナ空軍は10日、航空作戦を実施してロシア軍の地上部隊に打撃を与…

  5. 欧州関連

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓練中

    海外メディアは、ドイツ陸軍が導入中のプーマ装甲歩兵戦闘車は稼働率が低す…

  6. 欧州関連

    トルコ、新型フリゲート艦に米国製Mk.41VLSではなく国産の垂直発射装置を採用

    トルコ海軍は艦艇近代化の一貫として15隻の国産艦艇建造プログラム「Mİ…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 12月 06日

    そもそも、F-15EXは、提案できないのだろうか?

    1
      • 匿名
      • 2021年 12月 06日

      自衛隊の改修にも対応出来てないし米軍向けの生産以上のキャパシティは当面無いんじゃない?

      34
      • 匿名
      • 2021年 12月 06日

      上レスにもあるように、提案しても供給ができるのかと、
      あとフィンランド空軍の主任務は防空だからそこそこ高価で爆撃機要素の強いEXを選択する必然性は薄いとしか

      15
        • 匿名
        • 2021年 12月 06日

        成程、ボーイングの売り物は、F/A-18E/Fしかないわけか。
        最近はF/A-18Gが結構提案されているけど、以前はファイブアイズ以外には供給しないということだったと思うが、いいのかな?

        9
          • 匿名
          • 2021年 12月 06日

          F/A-18Gもいい加減陳腐化してきた
          それよりかはF-35やEPAWSSの方が機密レベル高い

          9
            • 匿名
            • 2021年 12月 06日

            現状NGJが開発中でEA-6が積んでたALQ-99を使いまわしてる状態ですしね。

            7
            • 匿名
            • 2021年 12月 06日

            EA-18Gの妨害能力は外装ポッドの性能。
            後継のポッドが開発中だけどどれぐらい性能向上があって、輸出の可否も不明。
            既存機の性能向上としてはありだけど、主力戦闘機も含めた新規導入となると…

            やっぱスパホ自体の将来性がネックかな。

            7
        • 匿名
        • 2021年 12月 06日

        EXの導入コストってたしかそれこそF-35並みかそれ以上なんだよね
        飛行時間あたりの維持費もF-15E並だとするとこれもF-35に対して優位性が無いし

        マジでボーイング救済以外には微妙すぎる戦闘機

        6
      • 匿名
      • 2021年 12月 06日

      知っているかね?
      供給できないといっているレーダーも割とF-15EXとF/A-18は共通だって・・・
      下手すると製造ラインふやさんとむりじゃあね?

      12
      • 匿名
      • 2021年 12月 06日

      価格が高すぎるんだと思う
      E-15EXはF-35よりも高額だから
      要求されるコスト考えたら、F-15EXは最初から脱落だったのだろう

      5
    • 匿名
    • 2021年 12月 06日

    >この報道が真実ならボーインのF/A-18E/Fはスイス、カナダ、フィンランドで立て続けに敗れたことになり、ダッソーやエアバスにとってもスイスやフィンランドが欧州製ではなく米国製の戦闘機を選択したという事実にショックを受けるのは確実だ。

    F35Aは標準装備になりつつあるのか。

    15
      • 匿名
      • 2021年 12月 06日

      ロシアがステルス戦闘機配備し始めてるし残当

      13
      • 匿名
      • 2021年 12月 06日

      個人的にはサーブの提案は面白いと思ってたけど、フィンランドの立ち位置を鑑みて、さらに隣接するロシアの横道ぶりを見れば、やはりアメリカとの接近を計るのが最善という判断に傾くでしょう
      大戦直前のソ連フィンランド戦争で、欧州各国は侵略者ソ連の非をとがめつつも誰も参戦してくれなかった
      その記憶は今も生々しい

      22
      • 匿名
      • 2021年 12月 06日

      第4.5世代機と第5世代機の戦力差は大きいからね
      それに第5世代機はステルス状態では限られた内臓武器しか搭載できない面がなるけど、敵が5世代機を持っていなかったり排除した後ならパイロン増設してビーストモードで搭載兵装量を数倍にできるし

      13
      • 匿名
      • 2021年 12月 06日

      欧州メーカーにF-35Aに相当する機体が無いからね

      7
    • 匿名
    • 2021年 12月 06日

    ドイツのように35を政治側が除外して核攻撃機で仕方なしに買うくらいでしか売れそうもない18

    12
      • 匿名
      • 2021年 12月 06日

      あとは単純にF-35が買えない国
      F/A-18に限らず、ラファールもタイフーンもF-15EXもF-35が買えない国にしかもう売れない

      7
        • 匿名
        • 2021年 12月 07日

        そんな国はそれこそ東側機を買ってしまうよね

        3
          • 匿名
          • 2021年 12月 07日

          そうなんだよねぇ
          そこまで行かなかったとしても、米軍機にこだわらなければいけないって理由がある国がほぼないんで、
          好条件をだしてくるラファールなんかを買っちゃうよね

          1
      • 匿名
      • 2021年 12月 06日

      艦載機という強みを生かしてインドに売込中。
      もっとも空母作れてF-35買えないなんて条件インドぐらいしかなさそうだけど(トルコ?)

      8
        • 匿名
        • 2021年 12月 08日

        ラファールMとガチで競合する。
        空軍でラファール使ってるし、F/A-18を選ぶ理由があるかな?

    • 匿名
    • 2021年 12月 06日

    スパホはF-35の欠点を殆ど埋め合わせできないからなぁ

    強いて言うなら航続距離妥協すれば武装の量は勝てるかもだけど、それもそんな大差あるのか?っていう
    いや、マジで知らないだけなんだけど、例えば2000ポンドJDAM×2を積んだ場合F-35だとAAMをあと2本だけど
    スパホだったらあとどれくらい積めるんだろう?

      • 匿名
      • 2021年 12月 06日

      それがF-35もステルス性を捨てたビーストモードだと10tの兵装を搭載できてFA-18の8tを上回っている
      武装の量ですら勝てない

      12
        • 匿名
        • 2021年 12月 06日

        ビーストモードは一応まだ実装未完了だから考慮から外してたんだ

        2
          • 匿名
          • 2021年 12月 06日

          ペイブウェイのビーストモードは既に実戦投入までされているからF/A-18と比べるなら考慮してもいいと思う

          9
      • 匿名
      • 2021年 12月 06日

      F-35Aに勝る点は、調達コストの安さと維持費用が安いことぐらいかな?
      エンジンも世界中でライセンス生産がされてるんで、メーカーの選定に融通がきくおかげで調達や整備もしやすい
      あとは、空中給油機機能がついてること

      ただまあ、F-35が買える政治的立場に国があるのなら、F/A-18EFを選ぶ理由は正直ない

      3
        • 匿名
        • 2021年 12月 06日

        誰かが言うてたが、F/A-18EFは権利関係でライセンス生産が出来ない。
        現地生産が出来ない第4世代機はあまりニーズがない。

      • 匿名
      • 2021年 12月 08日

      >いや、マジで知らないだけなんだけど、例えば2000ポンドJDAM×2を積んだ場合F-35だとAAMをあと2本だけど
      >スパホだったらあとどれくらい積めるんだろう?
      スパホは航続力が無いから増槽携行が標準で、これで主翼下内側のハードポイントが埋まる。対地攻撃ならばエアインテーク側面のハードポイントを照準ポッドにする必要が有り、胴体下のハードポイントは増槽のみ対応。残るハードポイントは主翼下中と外に翼端だけで、そこに2000ポンドJDAMとアムラームを2発づつ搭載、あとは翼端にサイドワインダーを2発で終わり
      結果、F-35Cの機内搭載量比で勝っているのは、サイドワインダー2発だけですね。航続距離低下を忍んで兵装を増やすか、コンフォーマルタンクを追加して照準ポッド内装の増槽を携行するとかしないと、ハードポイントの空きが出来ませんね
      こう考えれば、海軍がF-18E/Fをもうこれ以上要らないというのも分かりますね

      1
    • 匿名
    • 2021年 12月 06日

    F-35相手だと、F/A-18EFに限らず、4.5世代機じゃ勝負にならないでしょうよ
    4.5世代機を売りたいのなら、政治的にF-35を買えない国に限定しないと、なにやっても当て馬にしかならん

    7
      • 匿名
      • 2021年 12月 06日

      F-35を買えない国にはLMはF-16Vを提案するだろうしスパホの出番はない。

      3
        • 匿名
        • 2021年 12月 06日

        F-16VとF/A-18EFじゃ、能力に随分差がある
        例えば、クラウドシューティングに代表されるような、より高度なデータリンクシステムはF-16Vにはない
        無人機を使いたいっていうような顧客には、F-16Vじゃとても要求される能力を満たせないでしょ

        3
          • 匿名
          • 2021年 12月 07日

          クラウドシューティングが可能な戦闘機は、まだ世界に一つも存在しませんよ。

          クラウドシューティングは、F-16VやF/A-18E/Fなどには不可能です。

          ついでに言うと、F-35やF-22などの第5世代ジェット戦闘機でもクラウドシューティングは不可能ですね。

          ちなみに、日本の次期戦闘機(仮称F-3)は、クラウドシューティングが可能です。

          クラウドシューティングを実現するために、日本の次期戦闘機(仮称F-3)には、日本が独自開発した国産の高性能なデータリンクも搭載されると思われます。

            • 匿名
            • 2021年 12月 07日

            釣りの可能性が大なのでそっとしておきましょう。

            • 匿名
            • 2021年 12月 07日

            >F/A-18E/Fなどには不可能です
            NIFC-CAはF/A-18EFにも対応されるってことを知らないのかな?
            そもそもなんのためのDTP-Nかと…
            ロイヤルウィングマンもF/A-18Fに統合されるよ?

            • 匿名
            • 2021年 12月 07日

            >F-35やF-22などの第5世代ジェット戦闘機でもクラウドシューティングは不可能ですね
            は?
            何いってんのお前…
            NIFC-CAや無人機、F-15EXはなんのために作ってるんですかねぇ

        • 匿名
        • 2021年 12月 06日

        F-35を求めてる国って大半がF-35の高度なデータリンクに惚れ込んでるところが多いだろうし、
        F-35が政治的に買えないってなったら、旧来のデータリンクしか使えないF-16Vは、まず選択しないと思うよ
        F-35の代わりとして候補に上がるのは、米国製ならF/A-18EF、お金をもっと出せるのならF-15EX。
        西側機であれば米国製でなくてもいいっていうなら、ラファールやタイフーンも有力候補に入ってくるんだと思う

        6
    • 匿名
    • 2021年 12月 06日

    いろんな問題があるって言われてても、よく売れるものだなぁ

      • 匿名
      • 2021年 12月 07日

      問題って言っても本当にネックになりそうなのはコストくらいなもんで、それ以外は妥協可能か解決済みの話じゃない?
      それに対して、第五世代機と戦うには第五世代機が絶対っていう不動の条件があるからねぇ

      カナダもそうだけど、民兵を一方的にどつき回すだけなら別にそこまでいらんけど
      ロシア相手に抑止力を働かせたいなら不十分って話かと

      4
    • 匿名
    • 2021年 12月 06日

    何だかんだライトニングちゃん売れて草
    これは第5世代機界のiPhoneですわ…

    6
    • 匿名
    • 2021年 12月 06日

    サンタクロースもF-35の乗ってくるのか

      • 匿名
      • 2021年 12月 06日

      F-35Bですかね。
      NORADの追跡システムが「今年は探知できない!」なんてコメントしたりして
      ~そして来年は「我が国の新開発レーダーはF-35ですら探知できます(距離秘匿)」とかになる?

      3
      • 匿名
      • 2021年 12月 06日

      サンタはアクティブステルスをすでに実用化してるので、ただの形状ステルス似すぎないF-35に乗る意味がない

      2
      • 匿名
      • 2021年 12月 06日

      F-35は悪い子にあげるプレゼントしか搭載してないよ!

      8
      • 匿名
      • 2021年 12月 07日

      ミリオタにとっては最高のクリスマスプレゼントじゃないの、俺だったら意地でも寝ないで待ってる。
      お役御免のトナカイさんは可哀想だけども…

    • 匿名
    • 2021年 12月 07日

    サンタのカラーリングを施したF-35もいいね 見てみたいものだ

    • 匿名
    • 2021年 12月 07日

    スパホの売りはアメリカ製の艦載機で電子戦専用のグロウラーもあるってだけかな。艦載機と言う条件ならラファールがライバルになりそうって言う。

    電子戦に専用機と外装ポッドも必要でF-15EXやF-35みたいに通常の機体で内蔵しているような運用が出来ない。仮に専用機のF-18Gを勧めるならDEWSやEPAWSSより電子戦の性能が1番良い事を証明すべきだけど出来るのか、DEWSやEPAWSSは建前上は個別防護の装置であって電子戦専用機みたいな使い方をする物では無いスタンスだけど実力は備わっている。F-18Gの電子戦性能が新型機以下ならば、そのために専用機の運用という余計な手間を取らせるのはマイナス以外の何ものでも無い。

    少なくともF-15EX並に手を入れて性能上げてコスト微増にするか、近年のボーイングで作られた新しい機体であるX-32からV/STOL機能省いて再設計した物をチェックメイトやF-16Vのライバルとして売るかぐらいしないと勝機は無いんじゃ無いだろうか。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  4. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  5. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP