欧州関連

エアバス、カザフスタンに続きインドネシアからもA400Mの受注を獲得

最終日を迎えたドバイ航空ショーに参加しているエアバスは18日、物資輸送だけでなく空中給油にも対応した構成のA400Mをインドネシアから受注したと発表した。

参考:Indonesia Ministry of Defence orders two Airbus A400Ms

カザフスタンに続いてインドネシアからも受注を獲得したエアバスのA400M

欧州のNATO加盟国はC-130など戦術輸送機の後継機を共同開発するためA400Mの開発計画(後にエアバスが開発プログラムを主導することになる)を立ち上げたが、各国の思惑や開発コストの問題等でイタリア、ポルトガルが計画から離脱するなど国際共同開発の悪癖に悩まされるものの何とか形になったA400Mは開発参加国から170機(当初計画より10機減)の受注を獲得済みで、すでに100機以上のA400Mが引き渡され輸送任務に従事している。

出典:AIRBUS カザフスタン空軍向けのA400M

しかしA400MはC-130の発展型にあたるC-130Jに押されて海外輸出に苦戦しており、2005年にマレーシアへの輸出(4機)以降は輸出話が浮上しても正式な契約まで至らないケースばかりだったが、今年9月にカザフスタンからA400M×2機を受注、その際にエアバスは「同機の累計受注数は176機に達し累計飛行時間も10万時間を突破したため多くの潜在的顧客が望んでいた技術的成熟段階に到達した」と明かし、今後もA400Mの受注数は増加するだろうと語っていた。

その予測通り最終日を迎えたドバイ航空ショーに参加しているエアバスは「物資輸送だけでなく空中給油にも対応した構成のA400Mをインドネシアから受注した」と発表して注目を集めている。

インドネシアが発注したA400Mは主翼下に給油ポッドを搭載できる構成で「ミッション内容に応じて物資輸送と空中給油を迅速に切り替えることができる」とエアバスは説明しており、インドネシアとの契約には4機の追加購入オプションが含まれているため、インドネシアが納入されたA400Mの性能に満足してオプションを行使すれば最初に発注した分を合わせて計6機のA400Mを導入するという意味だ。

出典:AIRBUS インドネシア空軍向けのA400M

A400Mは昨年まで開発国を除く国からの発注が4機止まりだったが、エアバスの主張通り「技術的な成熟が進んだことがカザフスタンやインドネシアからの受注に繋がった」のなら今後も潜在的な顧客からの受注が続くのかもしれない。

因みにブラジル空軍は28機発注予定だったKC-390を15機に減らすと今月12日に発表した。

関連記事:エアバスがA400Mの正式受注をカザフスタンから獲得、累計受注数は176機に到達

 

※アイキャッチ画像の出典:AIRBUS

トルコとスペインがトルコ海軍向け大型空母の建造で協力すると合意、無人機分野でも協力前のページ

米空軍がステルス無人航空機「RQ-180」と推定されるイメージを初めて公開次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    トルコがミリタリーモデルの無人地上車両を量産化、重量級UGVの開発にも着手

    トルコはバイラクタルTB2をはじめとする無人航空機(UAV/UCAV)…

  2. 欧州関連

    アゼルバイジャン、アルメニア軍が戦術弾道ミサイルを使用したと発表

    ナゴルノ・カラバフ地域を巡るアゼルバイジャンとアルメニアの戦いでアルメ…

  3. 欧州関連

    米国やイスラエル依存からの脱却を目論む欧州、中高度UAV「ユーロドローン」量産で合意

    欧州は米国やイスラエルに依存してきた無人航空機の供給から脱却するため7…

  4. 欧州関連

    英空軍、アニメやSF映画で登場するような戦場認識力の実現に近づく

    英空軍参謀総長を務めるマイク・ウィグストン大将は「独自に開発を進めてき…

  5. 欧州関連

    英海軍は新型艦調達で戦力増強、艦隊防空の要となる85型駆逐艦の開発も

    英国のベン・ウォレス国防相は英国軍の具体的な再編内容を22日に発表、今…

  6. 欧州関連

    ナゴルノ・カラバフ紛争、2度目の停戦発効から4分後にアゼル軍が攻撃再開

    ナゴルノ・カラバフ地域を巡る戦いは2度目の人道的停戦が18日午前0時(…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 11月 18日

    軍用輸送機もマルチロールの時代かね? 

    輸送給油ミサイルキャリアー……このブログだと輸出実績ないことを嘆く書き込みが最近特に多いけど、実際の所対潜哨戒機と中型軍用輸送機を単独開発できたあたり極東の島国はそんなに悪い立場ではないのかなって。裏を返せば日本の安全保障環境にマッチしたカスタマイズを独自の権限でこなせることの裏返しでもあるわけだし

    ……でもやっぱ輸出実績欲しいわ

    22
      • 匿名
      • 2021年 11月 18日

      実績が欲しいんじゃなくて、サプライチェーンを守りたいだけなんだよなぁ。
      ガラパゴスも一種の理想形だけど、いずれ企業が耐えられなくなるから次は共同開発してほしい。

      21
    • 匿名
    • 2021年 11月 18日

    >その際にエアバスは「同機の累計受注数は176機に達し累計飛行時間も10万時間を突破したため多くの潜在的顧客が望んでいた技術的成熟段階に到達した」と語り、今後もA400Mの受注数は増加するだろうと語っていた。

    C-2がこのレベルの技術的成熟段階に到達するのは当分先だろうね。
    無論、その頃は色々なところが古臭くなってるだろうし、国内のサプライチェーン自体が吹っ飛んでる可能性もある。
    実証実験しても、エアーショーに参加しても、顧客の反応は対して変わらない気がする。

    13
      • 匿名
      • 2021年 11月 19日

      エアバスは笑いが止まらんだろう
      インドネシアはASEANの中では群を抜く大国
      東アジアでのファーストユーザーとしては願ってもない

      3
        • 匿名
        • 2021年 11月 19日

        そりゃ今回の受注で笑顔にはなってるだろうけど、A400Mは度重なる仕様変更や開発遅延と、4兆円以上の開発費と、要求仕様未達による欧州の調達減と、それらの事情が開発国以外には価格に反映される仕様等、実情は輸送機の形した欧州軍産複合体の闇だからなぁ…

        これまでエアバスが何度も赤字転落して倒産が危ぶまれるレベルの損害を出してきたのがA400Mだし、今の受注数の倍売り上げても損害の回収は厳しい事を考えると、笑顔は笑顔でも絶対血走った目で笑ってるはず。

        10
          • 匿名
          • 2021年 11月 19日

          >血走った目で笑ってるはず。

          想像したら吹いた

          4
        • 匿名
        • 2021年 11月 19日

        開発費考えたらまだまだ大赤字なのでエアバスは必死
        エアバス負担の開発費も巨額だし

        4
      • 匿名
      • 2021年 11月 19日

      財務省がC-2を調達から外す根拠にしそうです

        • 匿名
        • 2021年 11月 19日

        既に意味不明な理論で難癖付けてるし、価格高騰を理由に調達数も3機減らしてる
        これ以上減らすと本来任務に支障が出るレベルなのでさすがの防衛省も反論するでしょう

        むしろ離島に臨時に戦闘機などを展開したり離島の住民避難のための部隊展開に新しく飛行群を作る話も出てるから現時点で不足する可能性すらあるし

        2
    • 匿名
    • 2021年 11月 18日

    管理人の記事は事実を書いてるだけなんだけど、C-2をドバイ航空ショーに持ち込んでいる日本からすると聞きたくないニュース、、、

    もちろん記事内容を批判してるんじゃなくて自分の心が耐えきれないというだけの話、、、事実は時として残酷だ。

    8
      • 匿名
      • 2021年 11月 19日

      自分も画面の前で慟哭してしまい、何時間も涙が止まりませんでした
      日本の防衛産業の未来が心配です

      3
      • 匿名
      • 2021年 11月 19日

      交渉中だったとかならともかく
      航空ショーに出したのに先越されたってショック受けるってどうなん・・・?

      5
    • 匿名
    • 2021年 11月 18日

    そもそもC-2は多国籍輸送機と比べて劣ってはないけどズバ抜けて優れたところもないから実績で対抗されたら勝ち目がないのは明白では?

    14
      • 匿名
      • 2021年 11月 19日

      それでいてサポートとかについては実績が皆無だからな
      日本単独で戦ってたら永遠に受注出来ないんじゃねって感じ
      とはいえ組むべき相手は自社商品をすでに持ってるし組んでくれる会社も無さそうだよな

      7
        • 匿名
        • 2021年 11月 19日

        民間機ではボーイングが資金難から日本の重工と共同開発したがっているらしいですよ、そこから話が進むかもしれません。

      • 匿名
      • 2021年 11月 19日

      エンジンが半分(相手は4つ)、ジェット、高速(エアライン機と同じジェットルートを飛べる)って
      とても優れた特徴があるんですが

      4
        • 匿名
        • 2021年 11月 19日

         それが有利なんかはどうなんやろ。

         1発止まっても残り3発があるとも言えるし、エアライン側からすると民間空路に軍用機が飛んでいると誤認で撃墜される恐れがあっていい迷惑やと思うんやが。

        1
    • 匿名
    • 2021年 11月 19日

    流石欧州の雄、エアバス
    物自体の性能こそ大差を付けられてるって程でもないがC2に比べて圧倒的な販売力だ

    4
    • 匿名
    • 2021年 11月 19日

    C-2なんで売れないんだろうね
    物としてはA400Mよりはるかに出来良いのに

    3
      • 匿名
      • 2021年 11月 19日

      A400Mは見た目がかっこいい。C2は1960年初飛行って言ってもいいくらい古臭いデザイン。ついでにP-1もね。F-3はかっこ良く作って欲しいけど日本じゃ無理だろうな。でっかいキャノピーとか平気で付けてきそう。

      2
        • 匿名
        • 2021年 11月 19日

        カッコイイか?バルジの工夫の無さとか、追加で補強しました的な垂直尾翼の根本とか、あまり高速を狙っていない機体とは言え凹凸の処理がひどいと思うが。

        7
        • 匿名
        • 2021年 11月 19日

        意味不明すぎて草

        7
      • 匿名
      • 2021年 11月 19日

      空中給油機能無いからできる方を選んでるんじゃ。運用コストもなんだかんだ高いし。

      2
        • 匿名
        • 2021年 11月 19日

        空中給油口は上部に設けてあるので、空中給油を受ける事なら可能ですが、そっちじゃなくて?
        それと、米空軍式のフライングブームなので、欧州他で主流のプローブアンドドローグでは無いけどね

        1
          • 匿名
          • 2021年 11月 20日

          たぶんあなたの言ってるのは空中「受油」機能のことだと思いますよ。
          ここでいう空中給油機能とは、自機から他機へ給油を行える機能のこと指しているかと。
          本文にも↓のように書いてあるしね。

          >インドネシアが発注したA400Mは主翼下に給油ポッドを搭載できる構成で「ミッション内容に応じて物資輸送と空中給油を迅速に切り替えることができる」とエアバスは説明しており

          2
      • 匿名
      • 2021年 11月 19日

      過剰性能なんじゃないかな
      多くの荷物を高速で長距離にってのは海外展開したい先進国にしか需要がない
      そして欧州はA400Mが、アメリカにはより積載に優れたC-17がいる
      そこに割って入るだけの決定的な強みがないのは確か
      性能面での優位性は間違いないから自衛隊が使うには申し分ないけど

      5
      • 匿名
      • 2021年 11月 19日

      何をもって出来がよいと言うのかまずは教えてほしい
      相手が欲しいのは相手の需要に合った飛行機なわけで

      3
      • 匿名
      • 2021年 11月 19日

      出来が良くても顧客の希望とマッチングしてなかったら売れないよ
      近所のスーパーに買い出しに出る程度の小回りの利く車が欲しい顧客に機能充実したワンボックスカー売ろうとしたって買わんでしょ?
      本邦に限って言うなら必須の性能だったけどもそこまで36tまでの荷物を高速かつ遠方に運ぶ必要がない国ならC-130で足りるし

      A400Mの方は導入国が多いから部品そのものの流通量は多いだろうから導入したらとりあえず部品不足で困る事は当分ないし、空中給油機能もあるから要はそこを買いと見たんでしょうね(あの癖のあるエンジン4発のメンテナンスのこと考えたら国によっては地獄になりそうだけども)
      ただ、A400MもC-130程奮ってないから結局大半の国は「そこまで高い輸送機買う位ならC-130でいいよ」で止まるんでしょう

      10
      • 匿名
      • 2021年 11月 19日

      開発構想的に、C-2は戦術任務も行える中型戦略輸送機でA400Mは戦略輸送も行える大型戦術輸送機。
      どちらを欲しがる国が多いかと言えば圧倒的に後者だろう。

      3
      • 匿名
      • 2021年 11月 19日

      STOL性能がある戦略輸送機が必要な国はC17を導入済で、戦略輸送機にSTOL性能がいらない国はA330や767を導入済み。戦術輸送機が必要な国は空中給油可能なC130を導入。

      戦術輸送機に空中給油能力は求めず5000km超の長距離輸送を求める国になら売れるんじゃないか。そんな国があるのかは知らんが。

    • 匿名
    • 2021年 11月 19日

    市場ミスマッチを売り込もうとする無理か
    現実に武器輸入はやってるのに、輸出はかなわないなんて、それは本当に国土事情によるガラパゴスの必然性のせいなのか

    1
      • 匿名
      • 2021年 11月 19日

      そりゃ買う方がガラパゴスなら自分で開発しない限り多少ニーズから離れてようが何だろうが現実にある選択肢から選ぶしかない。
      ところが売る方がガラパゴスで買う方が標準的の場合、ニーズに合わなければ買う側は標準的な選択肢をいくらでも選べるんだからそっちを選ぶのは当然。
      ガラパゴスだから国産装備を売るのに苦労してるのに輸入はしてる、ってのは別に何の不整合もないよ。

      4
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  3. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  5. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
PAGE TOP