欧州関連

ギリシャがF-35A購入を米国に正式要請、2021年引き渡しを要求

ギリシャメディアは16日、ギリシャ政府がF-35A購入を正式に米国へ要請したと報じて注目を集めている。

参考:Είναι επίσημο: Την αγορά 18-24 αμερικανικών μαχητικών F-35 ζητά η Ελλάδα από τις ΗΠΑ

ギリシャ政府が米国にF-35A購入を正式に要求、ラファールとの並行導入か?

ギリシャは空軍近代化の一貫として保有するF-16C/Dのアップグレード契約を昨年締結、さらにF-35A導入にも関心を示していたがトルコとギリシャの軍事的緊張が高まった影響で今年9月、唐突にフランスからラファールを18機導入することを決定したが、依然としてF-35A購入への努力が観測されていた。

出典:mashleymorgan / CC BY-SA 2.0

ポンペオ国務長官は今年9月、ミツォタキス首相とクレタ島で東地中海問題について会談した際にギリシャが求めていたF-35Aの購入計画に「グリーンライト(購入許可)」を与えたとギリシャメディア「Estia」が、初回導入分としてギリシャは2022年にF-35Aを6機購入して、フランスがギリシャに引き渡すラファール初回分と同時期にF-35Aが引き渡されるとギリシャメディア「City Times」が報じており、ギリシャは「ラファールと同時並行でF-35Aを導入するのではないか?」と噂されていたが購入問題は資金だ。

多くの海外メディアはラファールと同時並行でF-35Aを導入する資金的余裕がギリシャにあるのか疑問視して「実現の可能性は低い」と予測していたのだが、ギリシャメディア「Proto Thema」はギリシャ政府がF-35A購入を正式に米国へ要請したと報じて注目を集めている。

ギリシャメディアの説明によれば公式なF-35A購入要請書は米国に送付済み(11月6日付)で、国防省は新品もしくは米空軍が使用済みのF-35Aを18~24機導入することを要請しているらしい。さらに注目すべきは「EUが定めた財政ルールの都合上、F-35Aの引き渡しを2021年に開始して欲しい」と要請している点で、ギリシャは「この要請に可能な限り緊急対応して欲しい」と強調している。

出典:U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Heather Leveille

果たして2020年に発注して2021年にF-35Aを引き渡せという無茶振りは実現可能なのだろうか?

現在、米国にはF-35プログラムから追放されたトルコ発注分のF-35Aが6機(※1)行き場をなくして保管されており、今後製造ロットにもトルコ発注分のF-35Aが20機以上組み込まれているため、これを活用すればギリシャの要求を満たすことが可能だが、FMSの手続きも終わっていないため流石に2021年中に引き渡しを行うのは無理かもしれない。

※1補足:トルコが発注した6機のF-35A完成機については米空軍が購入することを許可する内容が国防権限法(NDAA)案に盛り込まれている。要するに米空軍が一度購入したものをギリシャに回すことを想定しているため「新品もしくは米空軍が使用済みのF-35A」と要請しているのだろう。

どちらにしても公式な購入要請書を送付したためギリシャのF-35A購入は確定的で、しかもトルコ発注分のF-35Aをギリシャが取得する可能性が高いというのだから「事実は小説より奇なり」という表現がピッタリだ。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Peter Thompson

ポーランド陸軍の次期主力戦車に新たな挑戦者、イタリアが国際共同開発を提案前のページ

日米が共同開発したSM-3Block2A、ICBMを想定した迎撃実験に初成功次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    費用と手間を大幅削減、サーブが戦闘機「グリペンC/D」向けに交換用AESAを発表

    今回は欧州関係の話題を2つ、グリペンC/D向けに開発されたアップグレー…

  2. 欧州関連

    フランスが仏艦艇にレーダー照射を行ったトルコを糾弾、NATOに対応を要求

    NATOを舞台にしたフランスとトルコの非難合戦が過熱しており、フランス…

  3. 欧州関連

    反トルコ同盟構築を目指すギリシャ、インドと軍事協力強化で合意

    トルコとの軍事的緊張に晒されているギリシャのデンディアス外相は29日、…

  4. 欧州関連

    7月14日正式発表? 仏次世代空母は電磁式カタパルト採用で7万トン級か

    7月14日に予定されているフランス革命記念日に合わせて、マクロン大統領…

  5. 欧州関連

    手際が良すぎるアゼルバイジャン、弾薬庫を破壊されアルメニア軍は潰走?

    アゼルバイジャン国防省は27日、無人航空機(UAV)を使用した敵防空シ…

  6. 欧州関連

    口だけのEUに踊らされたギリシャ、トルコに対する武器禁輸措置は不発

    ギリシャ政府が提案していたトルコに対する武器禁輸措置はEU主要国の支持…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 11月 17日

    ギリシャがどんどん図々しくなってきた気がしますが、アメリカやフランスはどこまで付き合うのでしょうか(笑)

    12
      • 匿名
      • 2020年 11月 18日

      別にただで寄越せって言っているわけでもないし、どっちかって言うとこの地域で図々しくなっているのはトルコ定期
      ギリシャがF35を欲しがる原因が当該地域で暴れているトルコのせいだし

      11
    • 匿名
    • 2020年 11月 17日

    1年で引き渡し開始って、そりゃちょっと難しいのでは?

    4
    • 匿名
    • 2020年 11月 17日

    そこまで図々しいか?無料で寄越せとかならともかく

    14
    • 匿名
    • 2020年 11月 17日

    ほんと今のトルコ周辺は火薬庫だな

    11
      • 匿名
      • 2020年 11月 17日

      次が自国かもしれないと考えれば、ギリシャが焦るのも分かる

      22
        • 匿名
        • 2020年 11月 17日

        焦ってるのか自身をエサにしての瀬戸際外交なのか……どっちだ?

        6
    •  
    • 2020年 11月 17日

    トルコの離米政策への当てつけね

    3
      • 匿名
      • 2020年 11月 18日

      それにアメリカが乗っかるとは思えない
      エルドアンがやんちゃだからと、露骨に敵側扱いしてもアメリカに利益はないから
      ギリシャそのものが、いつロシアや中国に寝返るとも知れないお荷物なのに。
      同じ問題児二人ならば、より大きな利益をもたらすトルコを選ぶのが国際社会の現実でしょう

      1
        •  
        • 2020年 11月 18日

        現実はトルコにF-35売らない方向へ向かってますよ
        主観じゃなく、現実のニュースから判断しましょう

        11
          • 匿名
          • 2020年 11月 18日

          もう少しその先を考えてくれよな
          じゃあアメリカはトルコをどえするのか(笑)

          • 匿名
          • 2020年 11月 18日

          じゃあギリシャに優先して売るってなるのかい
          それこそ記事読んでないだろ
          米国の利益はトルコとの敵対か?少しは想像力働かせてよ、地球儀買っとけ

          2
            •  
            • 2020年 11月 18日

            知らんがな
            あなたがどう思おうと、現実がそうなってるんだから仕方ないだろう

            4
              • 匿名
              • 2020年 11月 18日

              売るなんて決定がいつ出たの(笑)
              まだ現実以前だよ

                •  
                • 2020年 11月 18日

                ギリシャの事なんか私は何も書いてないんだがな
                トルコに売らない方向に行ってるしか書いてないんだがな
                あなたは主観ばっかだな

                4
                  • 匿名
                  • 2020年 11月 19日

                  あなたも理解力ないねえ、アメリカはトルコにも売りたいんだよ(笑)そうでないとトルコを取り込めないだろうが
                  教養無いのは生き恥だよ

                  1
                    • 匿名
                    • 2020年 11月 19日

                    はいはいそこまで。
                    ブログ主様にお手間をかけないいようにしましょうね。

                    5
    • 匿名
    • 2020年 11月 17日

    キャンセルされたトルコ分100機は、日本(105機)やポーランド(32機)で十分補填されている。
    韓国が未払いで納品が中断されているらしいので、その分を回すのか。

    12
      • 匿名
      • 2020年 11月 17日

      韓国の肩を持つわけじゃないけど、適当に嘘を書き込むのは間違ってるよ。

      韓国がF-35の支払いを遅らせているのは新型コロナの影響でF-35Aの引き渡しが中断されているわけではないので、よく調べてから書き込みをしたほうが良い。

      7
      • 匿名
      • 2020年 11月 18日

      Defense Newsの記事によると、トルコ枠のF-35は米空軍が引き取る方向で話が進んでいるらしい。最近のLMは、日本、UAE、欧州、台湾から、F-35やF-16vの大型受注が相次いでホクホクだ。

      韓国のF-35調達・運用については不明瞭な部分が多いものの、LMはF-35の好調な販売のおかげで、韓国の調達遅延を気にしないだろう。FMS契約なので、支払いがなければ納品もされず、納期が一方的に遅れるだけだ。

      9
    • 匿名
    • 2020年 11月 17日

    FMS購入だとだいたい2年掛かりますよね戦闘機

    1
    • 匿名
    • 2020年 11月 17日

    バイデン政権になったらギリシャに1年でF−35Aを回すかな?

      • 匿名
      • 2020年 11月 17日

      むしろトランプ大統領だったら、ギリシャ納期の無茶ぶりに対応しようとしただろう。
      売田がトルコを同盟国と見なすならば、納期をむしろ遅延させそうだ。売田の政策が今一よく分からないので、どうなるかな?

      9
    • 匿名
    • 2020年 11月 17日

    戦闘機ってさすがに在庫あって金積んでも「はいそうですか」とは買えないよね?

    • 匿名
    • 2020年 11月 17日

    来年って…ぱ、パイロットだって必要でしょうに

    7
    • 匿名
    • 2020年 11月 17日

    インドネシア「なんて奴らだ」

    1
    • 匿名
    • 2020年 11月 17日

    F-35Aとかいうベストセラーステルス戦闘機

    1
    • 匿名
    • 2020年 11月 17日

    整備士やパイロットの訓練とか、間に合わないと思うが。
    すでにラファールやF16のアップデートでゴチャゴチャなのに。

    6
    • 匿名
    • 2020年 11月 17日

    まあ財政的に問題ならなら持っていておかしくないですがね。
    トルコ機を挑発しすぎて失うことは避けてほしいところですが・・・。
    ギリシャもトルコもかなり熱くなってますからね。
    墜落機を鹵獲されるのはいずれ時間の問題なのでしょうかね。

    1
    • 匿名
    • 2020年 11月 18日

    なんかひと頃余ってたのが嘘みたいに売れ始めたな
    そんだけ世界中で緊張が高まってる訳だけど

    7
    • 匿名
    • 2020年 11月 18日

    軍の視点からは、アメリカが問題視してるのはギリシャやアルメニア関連とのいざこざでなく、ロシアからのS400導入問題だよね、
    つまりトルコにロシアかアメリカのどっちかを選択しろって迫ってるわけで、その含むところはエルドアンにこっち側だと言明しろって要望してるわけで。
    弱小お荷物の経済破綻国家のギリシャよりもトルコをなんとかしたいのがアメリカの本音だろうが、そこを読み違えるなよ

    2
    • 匿名
    • 2020年 11月 19日

    金もないのに
    まぁ外交的なジェスチュア以上ではないな

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  3. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP