欧州関連

ウクライナにHIMARSが到着、バイデン政権はHIMARSの追加提供を発表

ウクライナのレズニコフ国防相は「米国が提供を約束した多連装ロケットシステムがウクライナに到着した」と明かしたが、23日にバイデン政権はHIMARSの追加提供を含む新たな支援パッケージを発表した。

参考:Первые американские HIMARS уже в Украине – Резников

バイデン政権が24日に発表予定の支援パッケージにHIMARSの追加提供分が含まれる可能性が高い

米国のバイデン政権は今月2日、ゼレンスキー大統領が「ロシア軍を追い出すために必要だ」と要請していた多連装ロケットシステム「HIMARS」の提供を正式に発表、直ぐにウクライナ国外で兵士への訓練が始まり6月下旬に引き渡すと明言していたが、レズニコフ国防相は「HIMARSがウクライナに到着した」と23日に明かした。


さらにバイデン政権は23日に新たなウクライナ支援パッケージ(約5億ドル)を発表する予定で、このパッケージに予告されていたHIMARSの追加提供分が含まれると米CNNが報じており、ウクライナが受け取るHIMARSの数(現時点で提供が約束されているのは4輌)がどこまで増えるのかに注目が集まっている。

因みに23日に開催された欧州理事会でウクライナはモルドバと共にEU加盟候補国の地位を付与された。加盟候補国の地位は飽くまで「加盟手続き」の始まりに過ぎないため「ウクライナがEU加盟国の地位を獲得するには何年もかかる」と予想されているが、集団安全保障の枠組み外に置かれたウクライナにとってEUから「欧州経済の一員(候補)」だと認められることは政治的に重要な意味をもつ。

出典:Photo by Staff Sgt. Helen Miller

追記:バイデン政権が総額4.5億ドル(2月24日以降に提供した支援の総額は60.2億ドル)のウクライナ支援パッケージを23日に発表、このパッケージにはHIMARSや155mm砲弾の追加提供、沿岸海域を保護するための艦艇(どんな種類かは不明)などが含まれると報じられているが、まだ詳細については分かっていない。

関連記事:米国がHIMARS提供を正式発表、ドイツに続き英国もMLRS提供を表明
関連記事:ゼレンスキー大統領、ウクライナにとって歴史的な1週間が始まる

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Marine Corps photo by Lance Cpl. William Chockey

リシチャンシク周辺の戦い、ロシア軍がゾロテを守るウクライナ軍を包囲前のページ

スペイン空軍のF-18A後継機問題、F-35Aではなくタイフーンを選択次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ウクライナ軍部隊の訓練が完了、遂にスターストリークの運用が始まる

    ウォレス国防相は26日、英メディアに「訓練を終えたウクライナ軍部隊とも…

  2. 欧州関連

    日本にも参加を呼びかける第6世代戦闘機「テンペスト」の価格は1億ポンド(約140億円)?

    英メディアは、第6世代戦闘機「テンペスト」は極超音速で4,000マイル…

  3. 欧州関連

    トルコ政府高官、空母建造はトルコが地域大国から「大国」に成長するため不可欠

    国営メディアの取材に応じたトルコ国防省調達部門のトップを務めるイスマイ…

  4. 欧州関連

    欠陥が原因か? エンジンが故障した45型駆逐艦「ダイヤモンド」が英空母打撃群から離脱

    日本に向けて航行中の英空母打撃群から艦隊防空を担当する45型駆逐艦「ダ…

  5. 欧州関連

    ギリシャ、ランサムウェア攻撃を受けた国営の防衛産業企業が身代金を要求される

    ギリシャ国営の防衛産業企業ギリシャ・ディフェンス・システムがランサムウ…

  6. 欧州関連

    戦闘機「タイフーン」の極超音速化?英国、極超音速兵器+推進システム開発に着手

    7月17日、英国のロンドンで始まった「航空宇宙航空会議2019」で英空…

コメント

    • ido
    • 2022年 6月 24日

    HIMARSは今どこにいるんだろうか。リシチャンシクみたいな丘陵地に配置しても意味ないから、南部に投入されるのかなぁ。

    3
      • スマック
      • 2022年 6月 24日

      ハイマースは軍事援助の象徴的政治的意味合いが強いのですぐに破壊されるわけにはいかずリスクの高い激戦地東部には今の段階で投入しないように思える。ロシアもプロパガンダのためコスト度外視で破壊しようとしてくるし。
      ただし戦果を挙げないことにはその後の供給が停止されかねないので悩ましいところ。

      1
      • ナイトアウル
      • 2022年 6月 24日

       バカスカ撃つわけにもいかないし、M30とM31供給されるなら榴弾砲潰すのに使えばいいと思う。
       ただロシアには射程が長いBM-30があるから適当に使えばアウトレンジなり退避中に攻撃されて終わりの可能性もある。榴弾砲だけしないとか衛星画像から位置割り出して撃ち逃げとか理想的かな。

    • 浅見真規
    • 2022年 6月 24日

    >沿岸海域を保護するための艦艇(どんな種類かは不明)などが
    >含まれると報じられているが、まだ詳細については分かっていない。

    黒海への出入り口の海峡を管理するトルコが通行を認めてくれない場合は陸路か空路輸送できる小型艦になると思います。
    リンク

      • ido
      • 2022年 6月 24日

      結構前の記事でアメリカが沿岸警備用無人艇をウクライナに引き渡すと書かれていました。それの追加ですかね?

      6
      • WSO
      • 2022年 6月 24日

      オスマン艦隊式の船の陸送ですか、なかなか皮肉な感じですね

      8
    • ナイトアウル
    • 2022年 6月 24日

     搭載ロケットは何になるんだろう。クラスターではない、射程が制限されているとかだと選択肢が全然無いんだが。

      • WSO
      • 2022年 6月 24日

      映像などで見慣れた最大射程80㎞の1ユニット6発装填のM30/31系の弾種と違いますかね

      6
        • ナイトアウル
        • 2022年 6月 24日

         少し前の記事で榴弾砲射程が25km制限あるなら、ロケットだってそこの制限受けるはずなんで気になった。
         でも通常弾で30km飛ばすPzH2000提供している辺りどういう制限なのか見えてこないなと。

         こんなにガバガバなら西側戦車の制限もなしだと思うがなぁ。

    • 成層圏
    • 2022年 6月 24日

    さすがアメリカ、仕事が早い。

    4
    • パセリ
    • 2022年 6月 24日

    4両て桁間違えてるよなぁ
    ないよりマシだけど戦局一切変わらんやろ

    11
    • 伝説のハムスター☆☆☆
    • 2022年 6月 24日

    少量追加で渡しても聖域から太く短く補給を繰り返すロシア軍を止められやしない

    余裕こいてリシチャンシクを失えばキエフがまた危なくなる

    キエフが落ちれば士気が崩壊しウクライナ滅亡もあり得るのに、少量+制限をかけた状態で渡し政治的パフォーマンスを繰り広げるバイデン政権には失望

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  4. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP