欧州関連

18機で10億ユーロ? 破格過ぎるギリシャのラファール購入条件は真実か

欧州の防衛産業企業MBDAは3日、ギリシャが調達する戦闘機ラファールに搭載するミサイルについて協議を行うと報じられている。

参考:Greece to Discuss with MBDA Missile Purchase for Rafale Jets

フランスとギリシャが合意した破格の内容は真実なのか?

複数のギリシャメディアは先月29日、フランスから戦闘機ラファールを18機調達することでギリシャと合意したと報じて注目を集めたが仏メディアは本件について一切報じておらず、特にギリシャメディアが報じた異例とも言える合意内容が事実なのか怪しむ声も多い。

ギリシャメディアによればギリシャとフランスが合意した内容は、18機調達する内の8機は仏空軍が使用しているラファールC F1(もしくはF2)を「無償」でギリシャに提供、残りの10機はエジプト向けに製造中のラファールC F3仕様機を先にギリシャに回すという内容で契約金額は約10億ユーロ(約1,260億円)という破格の条件だ。

因みにラファールの平均生産単価は約7,000万ユーロ~1億ユーロと言われており、ラファール導入に必要な訓練や保守サービス、装備品などを加えると1機あたりの導入費用は約2.2億ユーロになるため、仮に10機調達すれば約22億ユーロになるはずなのだが、旧型ラファール8機の無償提供+F3仕様10機で10億ユーロという条件は流石に怪しいといわれても仕方がない。

出典:Robert Sullivan / Public domain 戦闘機ラファール

さらに付け加えればフランスはラファールを値引きしたことは1度もなく、同期を発注済みのエジプト、インド、カタールから納期を守るよう強く要請されているため、ギリシャに回す新規製造のラファールの余裕はないはずだ。

しかし欧州の防衛産業企業MBDAは3日、ギリシャが調達する戦闘機ラファールに搭載する空対空ミサイルのミーティアやMICA NG、巡航ミサイルのSCALP-EG(ストーム・シャドウ)について集中的な協議を行うと報じられており、9月10日に戦闘機ラファール18機とフリゲート艦調達に関する契約がフランスのマクロン大統領とギリシャのミツォタキス首相との間で交わされると報じるギリシャメディアも登場している。

もしギリシャメディアが報じている内容が真実なら、フランスはなりふり構わずトルコ潰しに取り組んでいるという意思(リビア内戦でトルコと対立+地中海でフランス海軍の艦艇がトルコ海軍の艦艇からレーダー照射を受け抗議すると逆に謝罪を要求された)の現れとして受け取れるが、あまりに条件がギリシャに有利過ぎるため怪しすぎる。ただ数日後にはバレるフェイクニュースを複数のギリシャメディアが垂れ流すとも思えないのでギリシャがラファールを調達すると言うのは事実である可能性が高いと言えるが、金額や条件は流石に盛っているのだろう。

果たしてフランスとギリシャの契約は本当に成立するのか注目される。

関連記事:ギリシャはラファール18機導入で仏と合意、しかも内8機は無償譲渡

 

※アイキャッチ画像の出典:Alan Wilson / CC BY-SA 2.0

オーストラリア、韓国製自走砲「K-9サンダー」導入を事実上決定前のページ

ロシアの選択はトルコか?ギリシャか? 露海軍の黒海艦隊が東地中海に参戦次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ナゴルノ・カラバフ紛争で停戦が実現 → 停戦発効から5分後にアゼル軍が攻撃再開

    アルメニアとアゼルバイジャンが捕虜交換や戦死者の遺体回収のため一時的に…

  2. 欧州関連

    英空母「プリンス・オブ・ウェールズ」で原因不明の水漏れで艦内が水浸しに

    英海軍が誇るクイーン・エリザベス級空母2番艦「プリンス・オブ・ウェール…

  3. 欧州関連

    7月14日正式発表? 仏次世代空母は電磁式カタパルト採用で7万トン級か

    7月14日に予定されているフランス革命記念日に合わせて、マクロン大統領…

  4. 欧州関連

    経済的に無理、英国と欧州の次世代戦闘機プログラム統合を訴えるエアバス

    エアバス防衛部門のトップは、新型コロナウイルスによって発生した経済的シ…

  5. 欧州関連

    エルドアン大統領の真意は?トルコがフランスに防空システム売却を要請

    トルコは東地中海問題、シリア内戦やリビア内戦で対立中のフランスに防空シ…

  6. 欧州関連

    ウクライナ、トルコ製無人航空機「バイラクタルTB2」を48機追加調達か

    ウクライナが無人航空機「バイラクタルTB2」を48機追加調達すると報じ…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 9月 03日

    マクロン > やられたらやり返す、倍返しだ!!!

      • 匿名
      • 2020年 9月 03日

      マクロンは毛糸洗いに自信をもつてるからこういう事態になるんでしょうね。

      1
    • 匿名
    • 2020年 9月 03日

    印中紛争のせいでインドにもラファール超特急で納入せにゃならんのにギリシャもとか工場パンクするわ

    • 匿名
    • 2020年 9月 03日

    ラファールここに来て人気だな

    1
    • 匿名
    • 2020年 9月 03日

    「トルコ憎いから嫌がらせにラファールディスカウントしたるわ」まさか本当にそんな感じ?

    1
      • 匿名
      • 2020年 9月 03日

      ギリシャがアンチトルコなのはわかるけど、フランスは今回の件でなんでここまでギリシャに肩入れするかが謎
      武器商売が目的ならこんなディスカウントは却って損だしなー

        • 匿名
        • 2020年 9月 03日

        おフランスは昔からプライドだけは高いからねぇ、戦争弱いくせにw
        ターキー絶対許すまじ、なんでしょう

        2
        • 匿名
        • 2020年 9月 03日

        >フランス海軍の艦艇がトルコ海軍の艦艇からレーダー照射を受け抗議すると逆に謝罪を要求された

        どっか極東で聞いたような…

        1
    • 匿名
    • 2020年 9月 03日

    さすが外交のフランス舐められたら終わりなのをよく分かってる
    ここは徹底してトルコを殴るしかない場面

    1
    • 匿名
    • 2020年 9月 03日

    フランスだからトルコ憎しでやった可能性を否定しきれないのがまた

    • 匿名
    • 2020年 9月 03日

    ギリシャ向けラファールの話が本当なら、現在言われている価格は機体のみで、それ以外の経費はこれから決める段取りなんだろう

    2
    • 匿名
    • 2020年 9月 03日

    台風と違って独自開発たから政治的理由でディスカウントしても問題にならないのだろうが。

    昔米ソが代理戦争やっている当事国に武器を無償提供したり廉価で供給していたのと同じ理由?

    1
    • 匿名
    • 2020年 9月 03日

    何ならパイロット付きでのレンタルだったりするんじゃないの?

    • 匿名
    • 2020年 9月 03日

    EU内戦だけは避けたいどいつあたりが裏で金回してそう

    • 匿名
    • 2020年 9月 03日

    フランスはレーダー照射の件で相当頭に来てるんだろうな

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
PAGE TOP