欧州関連

イタリアはTyphoonを追加調達、Tranche4かTranche5を24機取得か

イタリアのメローニ政権は議会に提出したTyphoon追加調達案の中で「Tranche1を更新するためTranche4かTranche5を24機取得しなければならない」と述べており、ドイツがTornado ECRの後継機として開発しているTyphoonベースの電子戦機も選択に浮上しているらしい。

参考:Italy Begins Political Process For Eurofighter Top-Up Buy

今のところTranche5が何なのか定義されていないため良くわからない

イタリア空軍はTyphoonを計96機取得したが、この中には限定的な対空能力しか備えていないTranche1(単座16機+複座10機)が含まれており、メローニ政権はTyphoonの追加調達案を議会の国防委員会に提出したと報じられている。

この追加調達案は「Tranche1を更新するためTranche4構成もしくはTranche5構成のTyphoonを24機取得しなければならない」と記載されているため、イタリアはCaptor-E/MK.1を搭載したTranche4か、Long-Term Evolution=LTEの要素が含まれるTranche5の調達を検討していると意味だが、Tornado IDS/ECRの退役も控えているためTyphoonの追加調達は24機以上に膨らむ可能性も秘めており、ドイツがTornado ECRの後継機として開発しているTyphoonベースの電子戦機も選択に浮上しているらしい。

因みにAirbusはLTEについて「将来の戦場を見据えたTyphoonの再設計作業でFCASやTempestへの橋渡し的な存在になる。LTEは次世代戦闘機で採用される技術を5年~10年早く利用できるようになる。最も重要なのはデータ駆動の実現だ」と表現しており、つまりLTEバージョンのTyphoonは「次世代戦闘機に先行する形で僚機や無人機のセンサーからリアルタイムで情報を受信する能力、収集した膨大な情報を瞬時に統合できる処理能力、パイロットが必要とする情報を自律的に抽出するAI技術との融合を果たす」という意味だ。

但し、LTEの具体的な内容、構成要素の完成時期、Tranche5にどこまでLTEの要素が組み込まれるのか不明で、スペイン空軍がF-18Aの後継機に選択したTyphoonもTranche4、ドイツもTranche1の更新用に発注したTyphoonもTranche4だが、2024年6月にTranche5の購入(20機)を発表している。

Tranche5はLTEバージョンという説が最も有力なものの、今のところTranche5が何なのか(対外的に)定義されていないため良くわからない。

関連記事:エアバスが期待するタイフーンTranche5、次世代戦闘機の能力を先行実装
関連記事:各国が別々に進めるタイフーン用レーダー開発、最終的な勝者はイタリアか

 

※アイキャッチ画像の出典:Copyright Eurofighter

侵攻863日目、ロシア軍がホルリウカ方面とアウディーイウカ方面で前進前のページ

ロシア人ミルブロガー、ボルチャンスクでの犠牲者はアウディーイウカの1/3次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    米国製兵器も使用可、NATO規格の攻撃機「Su-25」が輸出OK?

    南コーカサス(もしくは東欧州)に位置するジョージア(旧グルジア)のガリ…

  2. 欧州関連

    ロールス・ロイス、テンペスト向けエンジンが実現する発電能力はタイフーンの10倍以上

    ロールス・ロイスは第6世代戦闘機「テンペスト」向けに開発を進めている新…

  3. 欧州関連

    戦闘機導入の相場、タイフーンが中東以外に人気がない理由

    現在入手可能な西側製戦闘機の中で最も高価だと言われるタイフーンの調達単…

  4. 欧州関連

    フランス、オランダ海軍に続きインドネシア海軍からも潜水艦を受注

    JANESは先月1日「インドネシアとNaval Groupが潜水艦の契…

  5. 欧州関連

    経済的に無理、英国と欧州の次世代戦闘機プログラム統合を訴えるエアバス

    エアバス防衛部門のトップは、新型コロナウイルスによって発生した経済的シ…

  6. 欧州関連

    NATO、欧州のパトリオット運用国向けに1,000発の迎撃弾を一括発注

    NATO支援調達庁は3日「加盟国が運用するパトリオットシステムの迎撃弾…

コメント

    • jimama
    • 2024年 7月 06日

    あれ?イタリアってF35の運用してなかったっけか?
    電子戦仕様はまだわかるけどそれ以外でなしてわざわざ改めて新型タイフーンをお買い上げ?

    5
      • 匿名希望係
      • 2024年 7月 06日

      NGJポットがどうなるかわからないのでまだ完成の目のあるタイフーンに手を出す&イタリアの産業界に金が落ちる&ドイツ、フランスが外交的にうぜーの3つかな?

      19
        • 事実
        • 2024年 7月 06日

        NGJポッドはグラウラー専用じゃなかったっけ?

        APG-81はEP、前方ESM、EA標準装備
        ASQ-239は360度ESM逆探知、360度ECM標準装備
        であればSEAD以外の電子戦なら今でも出来るんじゃ?

        SEADはSiAW待ち?
        block4での対応ならどちらにしても繋ぎが必要なのは同じか

        1
          • 干物
          • 2024年 7月 06日

          レイセオン社はF-35のst.6にNGJを搭載した模型を展示していますが
          具体的な統合時期は未定ですね。

          1
            • 事実
            • 2024年 7月 07日

            2021年のAOC(学会)の展示?
            あれって、単なるレイセイオンのコンセプトモデルで、米軍への提案すらしてないんじゃなかった?
            具体的に動いてる話だっけ?

      • 理想はこの翼では届かない
      • 2024年 7月 06日

      アメリカ航空産業のゴタゴタに愛想を尽かした…と判断するには早計ですが、F-35が最終的に仕上がるのが何時になるやらって感じですので次善の策を講じているのでは

      18
    •   
    • 2024年 7月 06日

    トーネードECRは電子戦機というよりSEAD機だろな
    SEADの都合上ESMが充実してるから電子偵察も得意ってだけで

    7
    •   
    • 2024年 7月 06日

    トーネードECRは電子戦機というよりSEAD機だろな
    SEADの都合上ESMが充実してるから電子偵察も得意ってだけで

    • そら
    • 2024年 7月 06日

    タイフーンも安くなったのか?

    • もり
    • 2024年 7月 06日

    typhoonも名機の器になって来たな

    1
    • POW
    • 2024年 7月 06日

    ユーロファイターはサウジ向けの輸出が止められたために英国の組み立て工場が操業停止或いはラインの破棄と従業員の解雇とか暗いニュースがありましたが、
    ドイツ組み立て分の機体に関しては、英国分担分部品の供給は問題ないのでしょうね。

    2
    • nachteule
    • 2024年 7月 07日

     それにしても運用開始2000年以降なのに新型機買うってのがな。全てのトランシェ1はブロック5相当にアップグレードされているなら最低限必要なレベルにはある筈では?流石に古いF-15やF-16が大金が必要とは言え相当なレベルにアップグレードが出来る事を考えるとより少ない金額で最新レベルにアップグレード出来ない物なのかね。

    1
      • 全てF-35B
      • 2024年 7月 07日

      Tranche1をバラして4とか5にアップデート出来ないのかな。

      1
    • 小池百合子
    • 2024年 7月 07日

    F-16Vとかじゃ駄目なんかな?
    タイフーンでどうしても💩なイメージが付き纏ってしまう

    1
      • ネコ歩き
      • 2024年 7月 08日

      端的に言えば、F-16V導入は欧州航空産業に利益をもたらさないてことかと。東欧諸国等とは事情が異なります。

      • かぼちゃ
      • 2024年 7月 24日

      F-2なんかも同じこと思われてそう

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  4. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP