欧州関連

クリミアで発見された謎のUSV、ウクライナに提供された無人沿岸防衛艦?

ロシア海軍の黒海艦隊司令部があるセヴァストポリ周辺の海岸で謎の無人水上艇(USV)が見つかり、米海軍がウクライナに提供した無人沿岸防衛艦ではないかと予想する声がある。

参考:Ukraine’s New Weapon To Strike Russian Navy In Sevastopol
参考:Mystery Drone Boat Washes Up Near Home Of Russia’s Black Sea Fleet

ウクライナとロシアとの戦いにはUAV、USV、UGVの全てが投入されている

今回発見された謎のUSVについて西側の軍事アナリストは「ウォータージェット推進を搭載したカヌーサイズのUSVはレーダーで発見するのが難しく、船体上部には幾つもセンサーが搭載されており、敵艦に直接接触して自爆するタイプの兵器ではないか」と指摘しているが、4月13日発表のウクライナ支援パッケージには「米海軍提供の無人沿岸防衛艦」が含まれていため「今回発見されたUSVがそれではないか」と予想する声もある。

ただ作り自体は簡素なのでウクライナ軍は独自にUSVを製造した可能性も否定できず、セヴァストポリ周辺で見つかったことを考えると「自爆型ではなく戦術通信の中継機」として活用、クリミアへ侵入する無人機(見通し通信タイプ)の制御通信を中継していたのかもしれない。

現在もウクライナとロシアの戦争は続いているためUSVの正体は当分謎のままだが、エストニア企業のMilrem Roboticsはウクライナに輸送タイプの無人地上車両「THeMIS」を提供しており、UAV、USV、UGVの全てが投入されている初めての戦場と言えそうだ。

関連記事:米国のウクライナ支援、Mi-17、榴弾砲、装甲車、無人水上艦などを提供

 

※アイキャッチ画像の出典:@Capt_Navy

プーチン大統領の動員発表を受け、ロシアでは国外脱出と抗議運動が本格化前のページ

マリウポリで戦ったウクライナ兵士の捕虜交換が実現、アゾフ連隊司令官も解放次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    英空軍の早期警戒管制機「E-3D」運用が終了、後継機E-7Aの運用開始は2023年予定

    地中海・中東方面での最後の任務を終えた英空軍の早期警戒管制機E-3Dは…

  2. 欧州関連

    またロシア軍司令官がヘルソン空港への攻撃で死亡、将官の戦死は6人目

    ウクライナ大統領府顧問のオレクシー・アレストビッチ氏は25日、ロシア軍…

  3. 欧州関連

    冗談のような本当の話、スイス空軍が年中無休24時間のスクランブルに本日から対応

    スイス軍は29日、12月31日から領空侵犯へのスクランブルや航空交通規…

  4. 欧州関連

    スペイン国防省、第6世代戦闘機開発に資金を供給するためF-35導入の余裕はない

    第6世代戦闘機開発を共同で進めている仏独に「米国製戦闘機導入に色気を見…

  5. 欧州関連

    好みの角度で鑑賞可能、英空軍が第6世代戦闘機「テンペスト」の3Dモデル公開

    英空軍は17日、空軍の公式ホームページ上に好みの角度から第6世代戦闘機…

  6. 欧州関連

    ギリシャで米国に勝利したフランス、今度はウクライナにラファールを提案か

    フランスのマクロン大統領は今年の夏までにウクライナを公式訪問すると発表…

コメント

    • h4
    • 2022年 9月 22日

    小型の半潜水艇となると空撮・レーダー・ソナーなど主要なリモートセンシングのいずれでも探知しにくく、守る側からするとかなり厄介ですね。

    今までのクリミア半島での破壊工作の実績を見るにパルチザンの活動を示唆する証拠は多かったのですが(補給破壊で艀やコンボイなど移動標的に当ててると思しきケースがある)、電話回線はロシア軍に抑えられていて使いにくいはずで、隠れた通信網を築くという非破壊的な部分だけでも相当有効なように見えます。

    17
    • L
    • 2022年 9月 22日

    管理人氏、更新おつです。何時寝てるのか心配になります。どうぞご自愛ください

    51
    • 無無
    • 2022年 9月 22日

    不思議な構造だし、洗練されてはいない感じ
    ウクライナの自作品かアメリカ供与でも試作段階のテストってとこかな
    中から007が出てきても驚きはしない

    11
    • 折口
    • 2022年 9月 22日

    そういえば以前ロシアが核巡航魚雷なんてものの開発を宣言していましたが、核じゃなくGPSなり地形追従で移動する魚雷や自爆ボートだとしても、敵艦隊が特定の港に閉じこもっていることが分かっていれば有効なんでしょうね。このボートは航続距離が足りなさそうですが、今後はそういう無人兵器も出てくるのかなあ

    1
    • 戦略眼
    • 2022年 9月 22日

    瀬戸内海や東京湾に放り込まれると面倒ですね。

    7
      • 無無
      • 2022年 9月 22日

      内海を航行する民間船を装った母艦から多数発進されたら対処が追いつかないだろう
      海洋で守られた島国だから小型無人艇などやってこれないとか、そんな単純すぎる楽観がいちばん恐ろしいよ

      5
    • zerotester
    • 2022年 9月 22日

    米軍はヨット型の無人艇 Saildrone Explorer なども使っていますね。風力で動くので稼働時間が長く、より高度な仕組みと言えます。それに比べて作りが荒いので、ウクライナ製やその他の国のものな気がします。

    • ブルーピーコック
    • 2022年 9月 22日

    大型船舶を狙う無人の自爆ボートと、それらから守る無人ボートが相争う時代がもうすぐ来るんだろうな。

    1
    • G
    • 2022年 9月 22日

    各種ドローンや監視機を用いているアメリカでさえ素人が作った麻薬密輸用潜水艇にてこずっている現状では、まして軍用として作られた無人潜水艇が実用化されるとどの国にとっても非常に厄介な存在となるのは間違いないですね

    かといって怪しい時期・海域に一々ソノブイを投下していては人と金がいくらあっても足りないので、日本は小型目標にも対応した敷設式水中聴音監視装置の開発・配備を進めてほしいところ

    4
    • ???
    • 2022年 9月 23日

    因みに潜れば世界トップクラスの性能を誇る海上自衛隊の潜水艦ですが
    呉の潜水艦基地には堂々とヤンキーが水上バイクで近づけます

    小型USVが東シナ海や日本海をはるばる渡って日本にくることは不可能ですが
    もし何らかの形で国内への持ち込みや製造が出来たら…
    これまた世界的に優秀と言われる日本の警察や税関を信じることしかできませんが

    1
    • 58式素人
    • 2022年 9月 23日

    これが自爆艇だとして、戦果はあったのでしょうか。
    小型の船舶はどうしても海象条件に左右されがちと思います。
    航海するのも一苦労な気がします。
    一時期話のあった、潜水艦の提供の方が良いのでは。

    1
    • ミリ猫
    • 2022年 10月 14日

    しばらく前のエントリーなので、お読みになる方も少ないと思いますが、
    10月7日のクリミア大橋の爆破に関して
    TNTを満載した無人半潜水艇が、時限式もしくは無線式で操作されたのではという
    推測がありました。
    中南米の麻薬密輸に多用されているものの無人バージョンで
    発見するのが非常に難しいとのことです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP