欧州関連

バイデン大統領は約30億ドルのウクライナ支援を発表、ジョンソン首相はキーウを訪問

ウクライナの独立記念日(24日)にバイデン大統領は29億8,000万ドルのウクライナ支援パッケージを発表、さらにジョンソン首相はロシア軍の大規模攻撃が懸念されているキーウを訪問して見せた。

参考:Байден объявил о $3 млрд военной помощи Украине в День Независимости
参考:Джонсон приехал в Киев в третий раз с начала вторжения России

資金や物資だけでなく危険を冒してまでキーウを訪問する行動にウクライナ全体が感銘しているのかもしれない。

米当局者はAP通信に対して「ウクライナが今後何年も戦うために必要な装備や訓練をカバーするため30億ドルの追加支援がまもなく発表される予定で、ウクライナの独立記念日を祝う24日に支援パッケージが発表される予定だ」と明かしていたが、バイデン大統領は29億8,000万ドルのウクライナ支援パッケージを24日に発表、このパッケージには防空システム、砲兵装備と弾薬、無人航空機、レーダーなどが含まれると明かした。

出典:Soldatnytt/CC BY 2.0 NASAMSランチャー

今のところパッケージ内容の詳細は不明なので何とも言えないが、期待されている戦闘機の提供は確認されていない。

さらに興味深いのは侵攻後3度目となるキーウ訪問をジョンソン首相が実行したことで、ウクライナメディアも「ロシア軍のミサイル攻撃が懸念されているにも関わらず、独立記念日にジョンソン首相がキーウに到着した」と報じており、ジョンソン首相は「何がウクライナで起こっているのかが我々全員にとって重要なことで、だからこそ私は今日キーウにいるし、だからこそ英国はウクライナを支える友人とともに歩み続けるのだ。この戦争にウクライナが勝利すると私は信じている」と述べている。

ゼレンスキー大統領はジョンソン首相のキーウ訪問を受けて「独立記念日にウクライナの偉大な友人であるジョンソン首相の訪問を歓迎できることが嬉しい。侵攻当初から妥協することなく我が国への支援を、国際社会の中でウクライナの利益を守り続けてくれてありがとう。このような友人を持つことが出来て我が国は幸運だ」と声明を発表しており、資金や物資だけでなく危険を冒してまでキーウを訪問する行動にウクライナ全体が感銘を受けているのかもしれない。

追記:ジョンソン首相はウクライナに対する5,400万ポンドの軍事支援パッケージを発表、このパッケージにはウクライナに提供する掃海艇の訓練費用、対戦車兵器、無人機が含まれており、ノルウェーと共同で提供するマイクロドローン「Black Hornet」の提供数は850機だと明かした。

関連記事:米国、総額30億ドルの追加支援をウクライナの独立記念日に発表予定
関連記事:ロシア軍の大規模攻撃が懸念される中、ポーランドのドゥダ大統領がキーウに到着
関連記事:都市奪還に向けて市街戦を身につけるウクライナ人、ノルウェーがBlack Hornetを提供

 

※アイキャッチ画像の出典:Boris Johnson

輸送機戦力の近代化を進めるエジプト軍、日本とC-2調達を協議中か前のページ

ポーランドが装備調達に15兆円を投資、ロシアの野蛮な侵略に対する正しい反応次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    アルメニア首相が批判、ロシア製電子戦装置はUAVに対して役に立たない

    果たしてナゴルノ・カラバフ紛争で活躍したトルコ製やイスラエル製の無人航…

  2. 欧州関連

    3機種も同時調達? 独空軍「トーネード後継機問題」は分割調達案で決着か

    ドイツ最大の経済新聞「ハンデルスブラット」は26日、老朽化した戦闘機「…

  3. 欧州関連

    緊張が高まる中、ウクライナ、英国、ポーランドが安全保障協定を締結

    ウクライナ外務省は17日、ウクライナ、英国、ポーランドの3ヶ国による新…

  4. 欧州関連

    ウクライナ軍の攻撃で再び損傷したアントノフスキー橋と水力発電所

    再びHIMARSによる攻撃を受けたアントノフスキー橋とノーバ・カホフカ…

  5. 欧州関連

    旧ソ連諸国、西側諸国の多くはロシア人のメンタリティーを理解していない

    プーチン大統領が始めたウクライナ侵攻は一部のロシア人しか積極的に支持し…

  6. 欧州関連

    動画の次は画像、海中から回収された英空軍F-35Bの写真が流出

    地中海に墜落した英空軍のF-35Bの動画が流出して注目を集めていたが、…

コメント

    • K(大文字)
    • 2022年 8月 25日

    独立記念日にサプライズ訪問か。ジョンソン首相もニクイことするね。
    欧米で支援の物量では当然アメリカが断トツだけど、イギリスは欧米の中でも最も早い段階から、確固たる意志でウクライナを支えていたように思う。
    もちろんポーランドも覚悟のほどは強いのだけど、イギリスの凄いところは地理的には遠く離れたウクライナで起きた有事に、我が事として関与を決意したこと。独仏の対応が途中までグダっていたのと比べると実に鮮明なコントラスト。
    これは歴史的な対露意識とかもあろうけど、一義的にはジョンソン首相の慧眼だと思う。
    ただ、そのジョンソン氏も秋までなんだよね。外国から見ていくら素晴らしい活躍をしていても、国内問題如何で即刻退場になってしまう。
    議院内閣制の辛いところですな。(まったく他人事とは思えない…)

    48
      • KNOB CREEK
      • 2022年 8月 25日

      その議院内閣制も現在進行系でやらかしてるロシアを見れば万倍どころじゃないほどマシな政体なんすよね。

      12
      • 名無しさん
      • 2022年 8月 25日

      議院内閣制のメリットはトップが交代しても国益と国民感情が大きく変わらない限り、外交方針は一貫して実行されることにあります。
      プーチンは本当の議院内閣制を知らないのでトップが交代しさえすれば、状況がロシアに好転すると期待しているかもしれませんが、それが起きるのはロシアのような独裁国であって、民主主義国家では簡単には起きません。

      まあ、オーストラリアの対中政策のように、大きく反対方向に舵を切ることはありますが、それはオーストラリアの国益に直結するような事態になったからであって、その後は政権交代しても方針は変わってません。

      12
    • 無無
    • 2022年 8月 25日

    もう死に体のジョンソンさん、最後のご奉公かよ
    それでも無意味ではない
    我々は経験した被災地を思い出すといい、まわりから忘れられてしまう疎外感、孤独感がいかに人の心を蝕むか、
    誰かから心配されている、連帯されていることは大切なんだよ
    ウクライナは我々により先に権威的侵略国家と戦ってくれてるんだから

    35
    • t14
    • 2022年 8月 25日

    西側中から支援が集まるウクライナと比べイランとか北朝鮮からしか来ないロシア…

    3
      • お腹がポンポコリン
      • 2022年 8月 25日

      ロシアの場合は支援じゃ無くて傭兵なのが信用を物語ってますね。
      そのうち金の切れ目が縁の切れ目となるでしょう。

      4
        • 無無
        • 2022年 8月 25日

        反社会の輩が、義理人情を語るのみで実際は利害関係でしか動かないのと同じですよ
        多くの途上国がウクライナ戦争に様子見やだんまりを決め込んでいますが、本気のロシア支持など居ないって考えていいです
        彼等は金や支援をくれる方にすぐなびく、元から信義や善意の欠けたロシアに友人なんていませんって

        2
    • 匿名
    • 2022年 8月 25日

    あれ、ジョンソンって今やレームダック状態だよね?

      • タイヤキ
      • 2022年 8月 26日

      イギリスの場合は軍事関係はイギリス王家の許可が必要になっているから、内閣が変わっても王家が変わらない限りはこの体制維持し続けるでしょうね。
      軍事には実権持ち続けている君主の軍事には即応できる君主政と議会内閣政両立の強みといってよい。

      1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP