欧州関連

ハリコフ侵入のロシア軍は返り討ちにあい、補給部隊はTB2で叩かれる

ウクライナ東部の都市ハリコフに対するロシア軍の攻勢はウクライナ軍の返り討ちにあい、ヘルソン地域のロシア軍補給部隊はバイラクタルTB2の攻撃を受けている。

参考:В Харькове часть техники и группы прорыва уже ликвидироно

ウクライナ軍はバイラクタルTB2でロシア軍の無防備な輸送部隊を叩き補給を妨害

27日午前7時頃(現地時間)、ロシア軍は包囲するウクライナ東部の都市ハリコフへ装甲車輌と歩兵で構成された部隊を送り込み市内中心部に侵入、各所でウクライナ軍と交戦したものの結果的に撃破されロシア軍は装甲車輌を乗り捨てて市外に敗走、既に戦いの中心は残党勢力の掃討に移っているらしい。

ただ市内中心部に侵入した部隊の規模が比較的小規模だったため「威力偵察」の可能性高く、ハリコフを防衛するウクライナ軍は今後も気を抜けない時間を過ごすことになるだろう。

因みにウクライナ軍のザルジュニー総司令官はバイラクタルTB2を使用した輸送部隊への攻撃シーン(ヘルソン地域らしい)を27日に公開、恐らくロシア軍は補給部隊にパーンツィリなどの近接防空システムを随伴させていないと思われ、ここをTB2に狙われるとロシア軍の補給は一層厳しくなるはずだ。

追記:ロシア政府も国防省も「ロシア軍はウクライナでの特別な軍事作戦で如何なる被害も受けておらずロシア人兵士は1人も死んでいない」と主張しているが、この嘘を暴くためウクライナは死亡したロシア兵の身分証明書や捕虜にの動画を公開して兵士の親が息子を探し出せるサイト「200rf.com」を公開した。

関連記事:ウクライナ大統領、ロシアの侵略に立ち向かう外国人部隊の創設を発表

 

アイキャッチ画像の出典:baykarsavunma

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ウクライナ大統領、ロシアの侵略に立ち向かう外国人部隊の創設を発表前のページ

ウクライナ軍、900輌以上のロシア軍車輌と4,300人の兵士を無力化次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ロシアに屈しないリトアニア、提供したスティンガーがウクライナに到着

    ウクライナのレズニコフ国防相は13日、リトアニアが提供した携帯式対空ミ…

  2. 欧州関連

    日本も参加可能? NATO主導の次世代ヘリ開発計画に欧州5ヶ国が参加を表明

    NATO加盟国が共同で次世代ヘリプログラム「NGRC:Next-Gen…

  3. 欧州関連

    戦車から下着まで何もかも不足!ドイツ軍が抱える3つの問題

    ドイツ軍の兵士は、ドイツメディアに「不幸」と蔑まれるほど、まともに飛べ…

  4. 欧州関連

    アゼル軍、ナゴルノ・カラバフ地域への補給路遮断まであと一歩

    アルツァフ共和国(旧ナゴルノ・カラバフ自治州が独立国だとして名乗ってい…

  5. 欧州関連

    狙いはF-35超え? 英国、世界で最も優秀な​AESAレーダー開発に着手

    英国は3日、独自に研究中を進めていた次世代AESAレーダー「Capto…

  6. 欧州関連

    ロシア軍は準備した全戦力をウクライナに投入、今後は消耗戦になる可能性

    国際戦略研究所は「ウクライナでの戦いはロシア軍が手持ちの予備をほとんど…

コメント

    • 2022年 2月 27日

    RPGか?すごい贅沢に使ってるな…
    ソビエトロシアでは畑から兵士が取れるらしいがウクライナでは畑にジャベリンとか無反動砲が生えてるようだ…

    27
      • tarota
      • 2022年 2月 27日

      RPGの弾頭なんてクソ安いで
      もちろん威力もそれなりだが

      12
        • 匿名
        • 2022年 2月 27日

        各国からの支援を比喩しているのでは? >畑に生えてる

        5
    • 2022年 2月 27日

    ウクライナがここまで健闘するとは。
    しかしプーチンは勝っても負けても、この戦争後只ではすまんだろうに。

    55
      • ちゃわんビートル
      • 2022年 2月 27日

      「進退極まった独裁者の最後のヤケクソボタン」を押す程にはプーチンも狂ってないと思いたいね

      36
        • 匿名
        • 2022年 2月 27日

        「ポチっとな」て、三悪だけにして欲しいよね。

        4
    • トーリスガーリン
    • 2022年 2月 27日

    正直開戦前はここまでウクライナ空軍が粘り強く戦いを継続できるとは欠片も思っていなかった
    すまねぇ…すまねぇ…

    day1を生き延びてもday2には壊滅してロシアが航空優勢を確立し、仮にTB2が攻撃しようとしても露空軍に撃墜されるか地上の防空部隊に対処され活躍する余地はなくあっさりと壊滅するとしか予想してなかった
    もちろん最終的に両軍の状況がどうなっていたのかという検証を待たないとこれが正規軍同士の戦闘におけるTB2の実力だとは言えないが、まさかこんな活躍が見られるとは本当に驚いてる

    67
      • G
      • 2022年 2月 27日

      >航空優勢
      今回のロシア軍は鈍足な輸送機やスティンガーでも撃墜されうるヘリは前線投入しているのにも関わらず、なぜか対空・対地・対レーダーといった兵器を運用できる戦闘機を飛ばしているという話は聞こえてきませんし、どうも行動がちぐはぐに見えるんですよね

      普通に考えると撃墜されやすい輸送機やヘリを前線投入するのでしたら、まずは撃墜されにくい戦闘機を先に投入して防空網の破壊を試みると思うのですが

      18
        • zerotester
        • 2022年 2月 27日

        対空ミサイルなど防空システムを完全に無力化してからでないと高価な戦闘機は出したくないのでしょうかね。

        3
          • 匿名
          • 2022年 2月 28日

          精鋭載せた輸送機って、ある意味戦闘機以上に高価かと。

          18
      • 名無しさん
      • 2022年 2月 28日

      ウクライナ空軍は自国内での戦いだから戦力全力投入出来ますが、対してロシア空軍は
      全戦力をウクライナに叩き込むわけにはいかないし、そもそも保有機が全部飛べるわけ
      でも無く、昨今では米空軍ですら稼働率60%レベルなのでロシア機の稼働率なんてお察し
      レベル、しかもここ10年、ロシア経済の低迷で新型機の調達は思う様に進んでない
      これら諸々を考慮するに、ウクライナ空軍と現地のロシア空軍の実力差は両国の保有機
      ほどの差が無いのが実態なのかもしれません

      14
    • すえすえ
    • 2022年 2月 27日

    え、ロシアは自称誰も死んでないのwわろす
    北朝鮮並のショークだ

    40
    • ぱおーん
    • 2022年 2月 27日

    ロシア空軍は出てこず
    ドローンなんかにやられるってもうめちゃくちゃw

    8
      • 無題
      • 2022年 2月 27日

      航空優勢取りきれてないしスティンガーもあるからそら空軍もうかつには投入できないわな

      4
    • SCAR
    • 2022年 2月 27日

    ロシア人兵士は一人も死んでないは草ww
    いや実際は草も生えないけど…

    それ同じこと今回の戦闘で死んだロシア人兵士の家族の前でも言えるのか?プーチンさんよ
    その場で刺されても文句言えないレベルだぞ。

    33
      • 無無
      • 2022年 2月 27日

      しょせん独裁者とはその程度
      国民よりも己がかわいいのさ
      ウクライナ大統領と良い対比だ

      18
      • くらうん
      • 2022年 2月 28日

      ツイッターの@Ukraineupdates2で捕虜になったロシア兵士がカメラの前でしゃべらされてたけど、何も知らずにただの演習だと思ったらウクライナに攻め込むことになって戸惑っていたみたい。
      二人ともほんとに若くて気の毒にすら思った。
      こんな大義ない戦争に駆り出された挙句殺されたら親は発狂するよ

      20
    •  
    • 2022年 2月 27日

    >「ロシア軍はウクライナでの特別な軍事作戦で如何なる被害も受けておらずロシア人兵士は1人も死んでいない」
    あんだけ装甲車両だのの吹っ飛んだ写真とか動画でてんのに大本営発表にもほどがある

    31
      • 匿名
      • 2022年 2月 27日

      今回のケースはあれだけど、
      本家の大本営発表では、大本営側も誤認してたケースもあるよ。
      具体的には台湾沖航空戦です。
      この時の戦果過剰見積りは、「レイテ島の決戦」への戦略変更やその後の大敗北の遠因になっています。
      正確な情報って大事だよね。

      8
        • 戦略眼
        • 2022年 2月 28日

        いや、台湾沖航空戦は、海軍の噓だから。
        殆ど未帰還なのに戦果があるわけがない。
        陸軍の山下大将もおかしいと言っていた。

          • 匿名
          • 2022年 2月 28日

          10月12日~16日に行われた台湾沖航空戦において、指揮してた第二航空艦隊司令部が誤認に気付いたのは15日頃かと。
          誤認に気付いた後も修正が不十分なのは、仰る通り「海軍の嘘」でしょうが、元が誤認である事も成り立つかと思います。

          1
    • けい
    • 2022年 2月 27日

    補給部隊攻撃するのにバイラクタルTB2みたいな中型大型UAVって最適な感じですね

    補給部隊の出現を24時間でも待てて、
    そこまで火力が無くても効果的な被害を与えられる
    足止めしたうえでヘリ部隊でも急行させて殲滅してもよい

    この戦術を使われると、安全な後方地域にいる補給部隊でも全てにガチガチの防御を固める必要が出てくるし
    強要できる負担的にも大きいな

    55
    • どさんこニューハーフ
    • 2022年 2月 27日

    やはり劣勢でも無人攻撃機で反撃の糸口が作れる、日本は専守防衛で兵も足りないのでTB2の様な安い無人攻撃機が必要
    オンボロで役に立たないコブラと物の数ではないアパッチの維持費もアホらしいので捨てて、TB2を沢山買おう

    31
    • 匿名
    • 2022年 2月 27日

    露軍は使い捨てれる軽装甲車両で対戦車火力を消耗させてから戦車投入になってるような感じがしないでもない
    陸自普通科もちっこいから砲弾や誘導弾が当たらないが機銃では倒せないLAVで無駄に走り回って弾薬消耗させるの戦車相手にやってるよね

    5
      • にゃ
      • 2022年 2月 27日

      シリアでISILがやった、装甲車にしこたま爆弾を積んで特攻する戦術を思い出すところ。
      軽装甲機動車くらいのサイズでUGV版の特攻軽装甲車輛を作って突っ込ませれば、敵に対戦車火器の弾薬を浪費させられるかもしれないな・・・

      2
        • 匿名
        • 2022年 2月 27日

        現状が都市で面制圧の許可が露軍で広く認められずウ軍も対等なだけであって砲兵の物量攻撃が敢行されたら有人BMPゴリアテとかバカな事考えようもないと思う
        その段階はそろそろだろうなとゼレさん自身も気づいてるはずなんだが市民も火炎瓶で戦えはあかんわ

        5
    • kankan
    • 2022年 2月 27日

    一昨年のナゴルノ・カラバフ紛争で主にアゼルバイジャンが無人機の攻撃映像をあれだけ見せたのに対して、
    今回ウクライナ、ロシア双方からこの手の映像がほとんど出てきていない気がする。
    特にロシアは多種多様な無人機の開発、生産をあれだけアピールしていたにもかかわらずだ。
    やっぱ金が無くて配備、運用が全然できてないのだろうか?

    29
    • うそ
    • 2022年 2月 27日

    ロシア国防省「ウクライナの制空権を手中に収めたと言ったな、あれは嘘だ」

    プーチンのくだらない戦争で犠牲になるウクライナ、ロシアのみなさんが哀れすぎる・・・

    21
    •  
    • 2022年 2月 27日

    ちょっと前までドニエプル川を挟んでヘルソンは戦域が構築されれたけど、今見たら既にロシア軍はドニエプル川を渡河してヘルソンは全包囲寸前でロシア軍は先のムィコラーイウまで進出してんじゃん…

    12
      • けい
      • 2022年 2月 27日

      まだクリミアからの補給線が安定してるから出来てるんでしょうけど、南部ロシア軍の補給がそこまで安定してるのかどうか
      ムィコラーイウへの補給を維持できるかどうかが勝負なんでしょう

      1
      • 名無し
      • 2022年 2月 27日

      とりあえずムィコラーイウの攻略は失敗したみたいですね。まぁ、ロシアの公式見解だとウクライナ攻略は週間スパンで考えてるってことだからまだ失敗のうちには入らないんでしょうが。

      2
        • なんか
        • 2022年 3月 01日

        全体で見れば常にロシア側が勝ってるのに
        部分的な報道だけ見てウクライナが善戦してるみたいな
        勘違いしちゃってる人は結構多いなとは思う

        情報戦の常として
        欧米側は24時間とか2日で陥落とか極端に短めな予測を発表する事で
        ウクライナが実は弱小で素早く敗北・降伏しても善戦したと言い張れるし
        一方のロシア側は1週間や2週間みたくわざと長い予測を発表する事で
        ロシアが実は弱くて予定より遅れても予定通りだと言い張る事が出来る

        ウクライナを支持した欧米の政治家の支持率や票稼ぎに直結するから
        担がれた神輿としてのゼレンスキーに素早く降伏なんてされたら困るし
        ウクライナは最後まで勇敢に戦ったという政治的な演出が無いと困る
        こういう事情はプーチン側も同じなので、
        作戦が予定通りか否かというのは、双方の政治屋の遊びでもある

        • 名無し
        • 2022年 3月 01日

        その「週間スパンで攻略を考えてる」っていう
        ロシア側の公式見解ってどこのサイトで見れるんですか?

        欧米だと2日で陥落とかいう異常に短い予測を基準にして
        2日で落とせない=ロシアは苦戦してる、とかいう見解が多いんですが
        実際のロシアが1週間や2週間で考えてるなら
        全部予定通りって事になっちゃいますね

        2
      • 名無し
      • 2022年 2月 28日

      今丁度ウクライナがスメルチか何か知らんが少数だがまとまって多連装ロケットぶっ放している映像が
      ツイッターに流れて来た、川の反対側を撃っているらしい

    • 名無し
    • 2022年 2月 27日

    Twitter見てたらロシアのスポークスマンがマジでロシア兵の被害者0って言ったらしくてちょっと笑っちゃった。
    全体として見たらロシアのほうが攻めてるはずなのに何故ここまで露骨な大嘘をつくのか。

    6
    • 2022年 2月 27日

    ウクライナは防衛ラインを手前に設定して誘い込む戦略だったんでしょうかね?

    3
    • そりゃそうだ
    • 2022年 2月 27日

    ゼレンスキー:「今日沈黙すれば明日には姿を消すことになる、我々は泣くのではなく勝つのだ」

    現実:「やっぱりロシアしか勝たん!」

    • 2022年 2月 27日

    先進国の正規軍相手に無人攻撃機は通用しないとは一体・・・
    ロシア空軍はなにやってるんですか

    15
      • tofu
      • 2022年 2月 27日

      その辺の話で行くなら、そもそもロシア軍の攻め方が雑すぎるという話に繋がるかと
      空挺部隊(どの国でも最精鋭で編成される)満載のIl-76を2機落とされたり
      雑にキエフ周辺の空港にヘリボーンさせて全滅させられたり
      防空網は制圧した、とか初日に発表しちゃったり

      雑な攻め方をすればしっぺ返し食らうという話かと

      それこそ、旧式も旧式のSu-24が装甲車の車列壊滅させるのも現代戦では割と想定外だし

      23
    • トブルク
    • 2022年 2月 27日

    まさか冬戦争コースに向かってるのかね。
    ウクライナ軍を軽く見すぎてたことは間違いないが、ここまで準備不足で侵攻してたとは思わんかった。

    17
    • 58式素人
    • 2022年 2月 27日

    他の方も書いているが、今回のロシア軍は、火力が足りていないと思う。
    思うに、これは、やはり、天候のためではないだろうか。
    街道上を、戦車・歩兵・砲兵・兵站が、一列で移動しているためではないか。
    守備側は、街道上に、任意点を設定して、そこに火力を投射すれば良いのだ。
    攻撃側は、歩兵で無理押しをするしかない。損害が増えるだろう。
    これからでも、寒波が来たら、待機している(?)ロシアの第二梯団に
    主要都市(キエフ・ハリコフ・ムィコラーイウ)をあっという間に包囲されるだろう。
    ウクライナは、主要な軍需工場を失い、ロシアは、停戦の機会を得る事になる。
    仮に、ウクライナ政府が存続していても、放っておけば良い形になる。
    このまま、暖冬(?)が続けばと思います。

    6
      • samo
      • 2022年 2月 27日

      ロシア軍側も民間人への被害を避けるために、コストの高い誘導弾や、制圧にでてる陸軍側も比較的小火器の使用にある程度限定してるからだよ
      戦車による人口密集地への突撃も控えてる
      だから、ウクライナ側も何とか踏ん張れてる

      無誘導弾の無差別使用が始まったら、ウクライナ側はまず耐えられない
      同時にこれは、民間人への被害が跳ね上がることを意味してるが…
      さすがにこれをやったら、西側だけじゃなく、それ属さないの国からの避難は避けられない

      が、このままロシア軍が攻めあぐねる状況が続いた場合、プーチンはその枷を外すことしてくるかもしれない
      そうなれば、最悪どころじゃないがね

      11
        • 匿名11号
        • 2022年 2月 27日

        貧弱な兵站を更に圧迫しそうな話ですな。

        10
        • zerotester
        • 2022年 2月 27日

        都市を無誘導弾で砲撃なんてことをしたらそれこそ「民間人の虐殺」なので、プーチンの大義名分がすべて崩れるしロシア兵が戦争犯罪者になってしまうでしょう。

        15
        • G
        • 2022年 2月 28日

        >ロシア軍側も民間人への被害を避けるために

        すでに日本の会社が所有する民間船(ナムラ・クイーン)を含む商船3隻に対してロシア軍が攻撃したことや、ウクライナ市街地へのクラスター弾頭弾の使用が確認されていますが

        11
    • たま
    • 2022年 2月 27日

    だれだよ。ロシア正規軍には通用しないとか言ってたやつ

    15
    • たま
    • 2022年 2月 27日

    動画で使ってるのはPSRL-1かな?

    1
    • A
    • 2022年 2月 27日

    バイラクタルすげぇよ。

    8
    • samo
    • 2022年 2月 27日

    今はまだ、ロシア側も民間人への被害を考慮して誘導弾を中心とした攻撃と、歩兵等の小火器程度で抑えてるのもあって、ウクライナ軍も何とか対応できてる

    ただ、これに焦れたロシア側が、無誘導の砲弾による無差別砲撃に打って出られたら、ウクライナ軍側はもう対処できないだろうね
    もっとも、それを始めたら西側諸国も、ロシアにもはや容赦できなくなってくるが…

    4
    • 2022年 2月 27日

    「ドローンは大国の正規軍相手でも通用するのか?」という疑問に答えは出た。
    通用する、以上。

    9
      • 匿名
      • 2022年 2月 27日

      何機を飛ばして(飛べて)何機が戦果出せたかの話なんだがそこは明確にはされないよね軍事情報保全を盾に
      無人機の撃墜スコアが多くない=そもそも飛べてないんじゃね的なね
      有人機が落とされまくるの確かにヤバイけどそれ平時の話なんだよね

      15
    • AH-X
    • 2022年 2月 27日

    普通に考えればロシア空軍は圧倒的に優勢なので無人機くらい簡単に落とせるはず。
    妙に連携が取れてないというか、実際にはロシア軍は結構な割合で練度不足のハリボテかもしれない。

    15
    • 匿名
    • 2022年 2月 27日

    それで前にこのブログで取り上げてたロシアメディアソースの
    ナゴルノ・カラバフの時にクラスハ4でバイラクタルTB2を墜落させたって話は本当だったんだろうか

    2
    • 匿名
    • 2022年 2月 27日

    バイラクタルTB2の記事も混ぜてくれて、ありがとうございます。
    両軍がUAVをどう使い、効果はどうだったのか、
    今後とも記事の合間で良いので記して頂けると有難いです。

    6
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP