欧州関連

歩兵戦闘のゲームチャンジャー? 英陸軍が注目する「命中を保証」する魔法のスコープ

英陸軍の特殊空挺部隊「SAS:Special Air Service」は、過酷な訓練を受けていない兵士でも熟練の狙撃兵に変えてしまう魔法のスコープ「SMASH(スマッシュ)」に注目していると英メディアが報じている。

参考:British Army tests smart rifle that makes every bullet hit target and ‘never misses’

命中を保証する魔法のスコープ「SMASH(スマッシュ)」とは?

イスラエルのスマートシューター社が開発した「SMASH(スマッシュ)」呼ばれるスコープは標的を一度捕捉すると自動で追尾し続けるため、兵士はトリガーを引いたままSMASHを覗き込んで追尾された標的に十字カーソルを合わせ続ければSMASHに搭載されたコンピュータが標的までの距離、角度、方向、速度、風向きを計算して最適なタイミングで弾丸を発射するので標的に必ず命中するという代物だ。

このようなコンピュター制御の弾道計算技術自体は1970年代に登場しているため目新しくはないのだが、このような装置が小銃に搭載できるまで小型化されたという点と約990ドル(約10万円)という低コストで調達な点が評価され米軍の特殊部隊や豪軍が実際にSMASHを購入してテストを行っている。

英メディアはSMASHをテストした米陸軍の特殊部隊デルタフォースが「非常に優れた装置」と評価したため英陸軍もテストを開始したと報じており、このスコープは有視界内戦闘に革命を起こす可能性を秘めており歩兵戦闘の「ゲームチャンジャー」になるかもしれないと言っている。

以前、似たような仕組みのスマートライフル「Mile Maker」があったが照準器と銃身の僅かズレを修正することが出来ずに姿を消してしまったが、今回は果たしてモノになるだろうか?

参考:「魔法の狙撃システム」TrackingPoint 社はなぜ活動を停止したのか

実はスマートシューター社が開発したSMASHを米陸軍が開発を進めている次世代分隊火器(NGGW)プログラムに採用しようと言う動きがあり、2020年1月にはSIG Sauerが開発中のプロトタイプに取り付けられてデモが行われたらしい。

参考:This ‘Guaranteed Hit’ Tech Could Be Added to Army’s Next-Gen Squad Weapon

もし米陸軍が次世代分隊火器のオプションとしてSMASHを採用するようなことになれば、コンピュータ制御の照準機能付きスコープは一気にブレークする可能性が高い。

日本の陸自も少量SMASHを調達してテストを行ってみるのはどうだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典:kaninstudio / stock.adobe.com

米国の排除宣言はブラフか?トルコからのF-35部品供給が中断されていない理由前のページ

実戦投入可能な時期は? 空母化した「いずも型護衛艦」の戦力化スケジュール次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    アゼル軍が要衝シュシャに進軍、アルメニア側の補給路遮断に成功か

    アゼルバイジャンのアリエフ大統領は8日、ナゴルノ・カラバフ地域の都市シ…

  2. 欧州関連

    受けた損傷は修復不可能か、仏リュビ級原潜の火災は14時間後に鎮火

    フランス海軍の原子力潜水艦ペルルで発生した火災は出火から14時間後に鎮…

  3. 欧州関連

    英空母がNATO演習に初参加、過去20年で最も強力な欧州機動部隊が誕生

    英海軍は5日、空母「クイーン・エリザベス(R08)」を中心とする英空母…

  4. 欧州関連

    ギリシャはラファール18機導入で仏と合意、しかも内8機は無償譲渡

    複数のギリシャメディアが29日、ギリシャは戦闘機ラファールを18機導入…

  5. 欧州関連

    米海軍、ギリシャとトルコの衝突防止のため帰国途中の空母打撃群を派遣

    米海軍は中東での任務を終了して帰国途中だった空母「ドワイト・D・アイゼ…

  6. 欧州関連

    ナゴルノ・カラバフ紛争、停戦直後に再開された双方の攻撃は拡大傾向

    ナゴルノ・カラバフ地域を巡るアルメニア軍とアゼルバイジャン軍の戦いは停…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 5月 10日

    小口径5.56mm弾でも風の影響を受けず高い命中率を約束するなら非常に有用な装備になりそう。

      • 匿名
      • 2020年 5月 10日

      ライフル弾が風の影響で着弾点が変わってしまうというのは神話に等しいよ
      暴風じゃあるまいし

      • 匿名
      • 2020年 5月 10日

      米軍の次期ライフルは6.8mm口径になるようですがね
      7.62mmNATOも、場合によってはノーママグナムで更新されるかも?

    • 匿名
    • 2020年 5月 10日

    セミオートスナイパーライフルと相性良さそう
    ノーママグナムと組み合わせればマテリアルライフルは要らなくなるかも。
    結局はバッテリーの持ち耐久性度次第だが

    • 匿名
    • 2020年 5月 10日

    先行類似商品がトラブルばっかりで消えていったから
    また出たのかというのが正直な感想

      • 匿名
      • 2020年 5月 12日

      だからテストしてるんじゃん…文章読めないの?

        • 匿名
        • 2020年 7月 09日

        テストするだけで問題が解決するとでも思ってるの?…文章読めないの?

    • 匿名
    • 2020年 5月 10日

    イスラエルって名前以外はどういう国なのかもよく知らないけど、このちょくちょく出てくる革新性の源泉は何なんだろう。

      • 匿名
      • 2020年 5月 10日

      ユダヤとアメリカ

      • 匿名
      • 2020年 5月 11日

      韓国とか。
      レーダーか何かで組んでいませんでしたか?
      間違っていたらすみません。

        • 匿名
        • 2020年 5月 12日

        何故そこで韓国の名が出てくるのかw
        韓国はイスラエルから技術を買ってばかりだろうに。
        あ、いや、韓国の影響はゼロではないのか、何せ韓国は米軍から技術や情報をイスラエルに横流ししてるものな。

      • 匿名
      • 2020年 5月 13日

      分野によっては高い技術力を有し、
      紛争が絶えない一方で少ない人的資源や狭い国土で緊張感は過多、
      それら上手いこと相互作用し、シーズとニーズの出会いを提供して、ちょくちょく革新的なのを生み出す、とか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  3. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  5. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP