欧州関連

ウクライナ空軍所属のSu-27、ルーマニア領空に無断で侵入して強制着陸

現在ロシアの侵攻に抵抗しているウクライナ空軍所属のSu-27がルーマニア領空に無断で侵入、強制着陸させられ当局の管理下に置かれたと報じられている。

参考:Avion militar ucrainean, interceptat și aterizat la Bacău

有事の戦力を失ったと悲しむべきか、貴重な機体とパイロットが無駄に失われずに済んだと喜ぶべきか

ルーマニア国防省は24日、ルーマニア北部の領空に侵入した正体不明機を確認するため空軍のF-16×2機を向かわせウクライナ空軍所属のSu-27を確認、これをバカウ空軍基地まで護衛して着陸させたと発表した。この機体とパイロットはルーマニア当局の管理下に置かれ「必要な法的処置が取られるだろう」と説明している。

出典:Командування Повітряних Сил ЗСУ

では「なぜウクライナ空軍所属のSu-27がルーマニア領空にいたのか?」だが、当該機はオデッサ国際空港に配備された機体で「ロシア軍の侵攻に対応するため出撃したものの空港が攻撃を受けたため、距離的に近いルーマニアに向かった(公式発表ではないので飽くまで推測の域)」と言われており逃亡したというわけでは無さそうだ。

NATO加盟国の軍用機は他の加盟国上空を事前の許可なく飛行することが認められているが、残念ながらウクライナは加盟国ではないので当該機とパイロットは領空侵犯扱いになるため直ぐに帰国することは不可能だろう。

ウクライナ空軍は戦力が充実している方ではないので有事の戦力を失ったと悲しむべきか、貴重な機体とパイロットが無駄に失われずに済んだと喜ぶべきか、中々複雑な気分だろう。

関連記事:プーチン大統領がウクライナ侵攻に踏み切った理由、クリミアの復讐を未然に防ぐため
関連記事:ウクライナ軍総参謀本部、オデッサへのロシア軍上陸は真実ではない
関連記事:勃発したウクライナ戦争、ロシア軍の戦車部隊がハリコフに向けて侵攻中か
関連記事:ロシア軍がウクライナに侵攻、キエフ、ハリコフ、オデッサ、ドンバスを攻撃中
関連記事:プーチン大統領はウクライナに降伏を要求、首都キエフで爆発を確認

 

※アイキャッチ画像の出典:Dave_S / CC BY 2.0

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

プーチン大統領がウクライナ侵攻に踏み切った理由、クリミアの復讐を未然に防ぐため前のページ

侵攻初日を終えた現在の戦況、ウクライナ軍も対戦車ミサイルで反撃次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    英国、クイーン・エリザベスを中心とする空母打撃群が初期作戦能力を獲得

    空母クイーン・エリザベスは2021年1月4日、予定よりも少し遅れて初期…

  2. 欧州関連

    戦争のルールを変えたトルコ製UAV「バイラクタルTB2」の活躍

    アルメニア軍の防衛戦を破壊するのに成功した無人攻撃機の活躍を目の当たり…

  3. 欧州関連

    感染者1000人超えの仏空母、過熱する犯人探し「いつ誰が新型コロナを持ち込んだ?」

    フランス国防省は17日、緊急帰国した空母「シャルル・ド・ゴール(R 9…

  4. 欧州関連

    チェコ、最新の多連装ロケットシステム「Vampire」をウクライナに提供

    ウクライナ陸軍の第10山岳強襲旅団は多連装ロケットシステムを使用した攻…

  5. 欧州関連

    英国防委員長、中国とロシアの脅威に対応するにはGDP比2.0%程度の国防予算では足りない

    英下院の国防委員会で委員長を務めるトビアス・エルウッド氏は「将来の脅威…

  6. 欧州関連

    ロシア軍の大規模攻撃が懸念される中、ポーランドのドゥダ大統領がキーウに到着

    ロシア軍による民間施設や政府施設への大規模攻撃が懸念される中、ポーラン…

コメント

    • ななし
    • 2022年 2月 24日

    既にこの件についてはルーマニア国防省が公式ツイートでデマ情報と否定しています。
    リンク

    5
      • 航空万能論GF管理人
      • 2022年 2月 24日

      これルーマニア国防省の公式フェイスブックに掲載されてる情報なんですけど、、、フェイクニュースなんですか?

      リンク先の情報は「お知らせしたバカウ基地の航空機とは別に、ルーマニアに存在する他のウクライナ航空機についても信頼できない情報がメディアで流れている」だから、別の機体の話がデマというお知らせでは?

      31
        • ななし
        • 2022年 2月 24日

        あっ…確認したところ、ルーマニア国防省がfacebookで「私がすでにお知らせしたバカウの航空機とは別に」と言ってるので、バカウ空軍基地に着陸したSu-27については事実っぽいですね…ごめんなさい、早とちりしました。他の地域に侵入・着陸したという情報がデマだそうです。本当にごめんなさい。

        36
          • 祖父の犬が朝鮮人に食われた
          • 2022年 2月 24日

          管理人さんにそこまで気を使わなくても。

          3
            • クローム
            • 2022年 2月 24日

            間違いを認めて素直に謝るのは良いこと

            19
    • 折口
    • 2022年 2月 24日

    ルーマニアの件はデマだそうです。
    リンク
    本当に情報が錯綜していますが、特にロシアに優位に働く情報は要注意ですね…

    3
    • トーリスガーリン
    • 2022年 2月 24日

    戦争準備期間が長かっただけあって一撃で航空撃滅まではいかなかったみたいだけど、防空能力を超える攻撃(巡航ミサイルetc?)に晒されて結局はってところか
    戦友たちが熾烈な戦いに挑んでる中一人ルーマニアに取り残されるのはどんな気持ちなんでしょうね…

    4
      •  
      • 2022年 2月 24日

      兵士の戦闘への熱意は愛国心よりも戦友との友情だといいますからねえ。
      だから米軍の兵士なんかは除隊してもそれを求めてPMCにわざわざ入るとか。

      9
    • 思い付きだけど
    • 2022年 2月 24日

    ウクライナのSu-27、たぶん20年以上たった機体ばかりですよね。
    外観では似てるSu-35か、ひょっとするとSu-57などのロシア機が、本当に新鋭機。
    たぶんウクライナのパイロットの中には逃げてしまった人もいるでしょう。

    3
      • samo
      • 2022年 2月 24日

      一応、ロシアに頼らない、ウクライナ独自の改修(西側基準)の改修はされてるらしい
      なので、ロシア側にその性能の全てが把握されているって状況にはない…はず。
      Su-27も一応10年以上前に、その改修計画に入っていたはず
      ただ、実際に行われたかどうかまではよくわかんない
      ここまで書いといてごめんだけど。

      F-16Vやラファールなりをウクライナが、中古機改修による早期導入計画があったんだけれども、それは今回には間に合わなかったからなぁ

      9
        • 四凶
        • 2022年 2月 25日

        空軍機の改修は予算不足でどこまで進んでいるか謎。

        クリミア併合時は地上戦力メインでの侵攻だったから陸上兵力拡充に舵を切っている。

        どの道、有効活用は難しかっただろうしロシアに捕獲されたら持って帰られるか部品抜いて補修に苦労するかしか無いからなんとも言えないね。

    • 匿名
    • 2022年 2月 24日

    空港全滅に備えた需要復活で35B売れませんかね
    戦闘機の野戦運用とか鼻で笑われますけど本来の陸軍航空隊はそうあるべきでしょ?
    AHの代替は色々方策があるが防空機は他で代替は不可能だろうし

    2
      • あばばばば
      • 2022年 2月 24日

      空港の全滅も、滑走路だけじゃなく、管制塔や格納庫も攻撃対象に入るし、掩体壕も安全というわけではない
      F-35Bも武装していれば短くとも滑走が必要になるし、エプロンにせよ滑走路にせよ、破壊された施設を修復しなければ動かせない以上、通常の戦闘機でもそこまで変わらないのでは?

      17
      • 四凶
      • 2022年 2月 25日

      売ると言うとウクライナにどのタイミングで?売るとしてもどう考えたって無料で渡すぐらいしか無理だろ。

      仮に垂直離陸を主として考えるならF-35Bは短距離離陸と垂直着陸のSTOVL機(Short TakeOff and Vertical Landing)だからな。機体重量と燃料満タンですら垂直方向の推進力超えるから武装も出来ん。

      仮に垂直離陸しているシーンを見ていたとしても航空祭とかのパフォーマンスでしかない。フルペイロードで離陸するなら現状の1.3倍の推力がいる。

      それにしても陸軍航空隊とはいつの時代の話ししているかわからない。

      昔から垂直離着陸するジェット機の運用って凄く制限だらけで、空母並みの管理ができなけりゃ異物吸い込んでアウトだし着陸する所にもアレコレ制限がある。日本でも耐熱コーティングがどうこう言われてたの知ってるでしょ。アスファルトレベルは完全アウト。まともな運用するなら場所が限定されてて多分バレる可能性大。

      ウクライナに次があってヘリ以上の垂直離着陸したいならせいぜいがValkyrie SystemsAerospaceの高速垂直離着陸機にAAM積ませて運用レベルが関の山では?

    • いるか
    • 2022年 2月 24日

    ウクライナがロシアに国交断絶を通告したという報道が30分ほど前に報じられていた。

    この時点では発砲許可が出ていたのかも怪しいのではないか?

    逃げるしかなかったのだろう。

    2
    • お!?
    • 2022年 2月 24日

    キエフの上空?だと思うけどSu-57,Tu-160,Tu-22M,Su-27?35?が次々と編隊組んで飛行してる動画を友人から今見せてもらった。これ見た感じ完全にロシア軍勝利に浸ってますね….。

    1
      • 匿名
      • 2022年 2月 24日

      その動画はエアショーのやつでデマですよ

      10
        • お!?
        • 2022年 2月 24日

        まじすか???!!!すみません….ありがとうございます^^ 友人に「喝」いれますね( ̄д ̄)

    • トブルク
    • 2022年 2月 24日

    戦力保全のための措置じゃないの?
    撃破されそうなら中立国に逃げ込むことが許可されてたんじゃないかな。最初からルーマニアに行けって命令だったかも。

    1
      • 台湾大好き
      • 2022年 2月 24日

      まぁ今後のウクライナに必要なのは戦闘機じゃなくてakとc4でしょうけれども

      8
    • そら
    • 2022年 2月 24日

    もう主要空港が被害うけてんのか。

    • 無無
    • 2022年 2月 24日

    先制攻撃の定石として、まず相手のレーダーサイトと通信施設、空港の破壊により制空権を奪う、それから敵基地やインフラを破壊してできるだけの無力化を図ってから陸海軍を進ませる
    同じ場面を日本に当てはめてみると、専守防衛政策がいかに不利かという話にしかならない。
    戦いは先手が有利、しかも相手のほうが巨大となると、日本の置かれた厳しい状況はロシアとウクライナの比じゃないね

    8
    • 炎のコサックダンサー
    • 2022年 2月 24日

    それより、真っ昼間から堂々とヘリボーン作戦展開して成功ってウクライナは航空優勢をすでに無しと見るべきでしょうね。途中でホーカム戦闘ヘリが落とされたみたいですが、許容範囲なんでしょう。

    それでキエフ近郊のホストーメリ(アントノフ空港)が陥落したのがさきほど確認されました………。空挺軍の第31旅団が続々降りている様子をCNN特派員が。

    まさか開戦初日でドニエプル川到達どころかそれより西まで攻め込んで来るとは思わなんだ。練りに練った一気呵成の縦深作戦なのでしょうね。どの顔で「平和維持活動」なんだと。

    これ、エルデンリング発売するのとキエフ陥落するのとどっちが先かって。明日にはマイダン広場にロシア国旗が翻ってたり……?

    8
      • お!?
      • 2022年 2月 25日

      ほんとそれです。驚いてる。

      1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP