欧州関連

スラビャンスクを巡る戦い、ロシア軍の前進を阻止してきた要衝が陥落寸前

イジュームからスラビャンスクに向かうロシア軍を長らく食い止めていた要衝(Bohorodychne)が陥落寸前で、ここを突破されると防衛ラインに穴が空きスラビャンスク北西の守りは厳しくなるしかない。

PopasnaとToshkivkaを失ったことがセベロドネツクとリシチャンシクの陥落に繋がったので、今回はそうならないことを祈る

リシチャンシクからスラビャンスクに向かうロシア軍はSivers’k方面で食い止められているが、イジュームからスラビャンスクに向かうロシア軍はBohorodychneをほぼ制圧(街の南側区画のみウクライナ軍が保持)することに成功したらしい。

出典:GoogleMap 大まかなドンバス地域の状況/管理人加工(クリックで拡大可能)

ここを突破されるとDolynaを守るウクライナ部隊も厳しくなるため「Bohorodychne郊外でロシア軍の前進を止められるかが重要」と思われるが、阻止に失敗すれば防衛ラインをKhrestyshcheまで後退させる必要があり、スラビャンスク北西の守りは厳しくなるしかない。

防衛ラインの要だったPopasnaとToshkivkaを失ったことがセベロドネツクとリシチャンシクの陥落に繋がったため、Bohorodychneからの後退が同じ結果をもたらさないことを祈っている。

因みにKurul’kaをロシア軍が制圧したことも視覚的に確認されており「ジワジワと前進してくるロシア軍」が非常に不気味だ。

関連記事:130日目を経過したウクライナ侵攻、徐々に失われていく世論の関心
関連記事:ゼレンスキーが軍に南部奪還を命じる、問題は100万人の兵士に必要な武器

 

※アイキャッチ画像の出典:Генеральний штаб ЗСУ

ウクライナ軍によるHIMARSの攻撃、ヘルソン郊外の弾薬庫が大爆発前のページ

韓国、輸出制限のないRedbackのライセンスをポーランドに提供できる次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    空母に搭載するF-35Bは? イタリアが再びF-35調達削減に乗り出す

    イタリアは空母「カヴール」でF-35Bを本当に運用する気があるのだろう…

  2. 欧州関連

    ウクライナ軍の推定損失は戦車400輌、歩兵戦闘車1,300輌、大砲700門

    ユーロサトリ2022で取材に応じたウクライナ軍の関係者は「数学的な推定…

  3. 欧州関連

    6年前から準備していたポーランド、ロシアがガス供給を止めても問題なし

    ロシアはルーブル決済に応じなかったポーランドへの天然ガス供給を中止する…

  4. 欧州関連

    英国のジョンソン首相、ウクライナに対艦ミサイルの提供を約束

    英国のジョンソン首相は9日、事前の予告なしにキーウを訪問してゼレンスキ…

  5. 欧州関連

    ルーマニアがノルウェーから中古F-16取得を発表、1機あたりの導入コストは約18億円

    ルーマニア国防省は空軍の航空戦力を近代化するためノルウェーから中古のF…

  6. 欧州関連

    どこまで売れるのか? 新たなバイラクタルTB2輸出契約が成立して運用国は計14ヶ国に

    バイラクタルTB2の開発企業であるBaykarは28日、新たにTB2の…

コメント

    • もへもへ
    • 2022年 7月 12日

    ウクライナ軍
    南部で弾薬庫とばしてる場合じゃないんじゃないですかね?

    そりゃ視覚的に優勢を演出できて被害が少なく、西側に送った兵器は凄いとアピールは出来ますけど、HIMARSを東部戦線の支援に送ったほうが良いのではないのでしょうか。

    どうも最近南部の小さな戦果に酔って東部の現実から逃避してるんじゃ。。。。
    そんなことないですよね。

    11
      • 2022年 7月 12日

      ただ南部を攻略した場合クリミアを間接的にコントロールできるようになるのよ
      今はクリミアは陸続きになったけどヘルソンを制圧できた場合クリミアへのアクセスはクリミア大橋のみになって、さらにその橋を制圧できるとなればロシアを交渉の座に引きずり出せるっていう打算もあると思う
      とはいえウクライナは東部に工業地帯があるからどちらにしろ痛いが…

      22
    • 一応、東部にHIMARSを集中運用してるみたいですよ?

      2
      • あばばばば
      • 2022年 7月 12日

      東部はHIMARSを投入できない(数週間前の段階でロシア本土への攻撃を恐れて使用制限がかけられている)
      そうでなくとも、投入できる戦力は限られているから、東部の戦線を遅滞させて、南部の奪還に集中する事はとても重要

      7
      • TKT
      • 2022年 7月 12日

      今、ロシア軍が戦力、兵力を集中させているのはドネツク州方面であり、今のヘルソン州方面のロシア軍はどうみても主力ではなく、ウクライナ軍から見れば手薄とも言えるかもしれないが、そこの弾薬庫を攻撃しても、ドネツク州のロシア軍には影響ありません。

      地方の財閥、軍閥が大きな政治力を持つウクライナでは、南部のヘルソン州と、東部のドネツク州の作戦は、まったく別個で独自の作戦なのかもしれず、ヘルソン州で使ってるハイマースを、防御線が破られそうなドネツク州に回してくれ、といっても無理なのかもしれません。

      レズ二コフ国防相は元・弁護士で軍事は素人と自ら言っています。ザルジニ司令官は何をしているのかよくわかりません。

      ハイマースをドネツク州には投入できない、ということでウクライナ空軍がSu-25をドネツク州に出撃させたらロシア軍に撃墜された、となると話のつじつまが合います。

      こうなると今やスラビヤンスク防衛のために切り札となる火力は、70年前の朝鮮戦争時代に大阪で製造された60mm迫撃砲弾ということになるかもしれません。

      7
    • だいきち
    • 2022年 7月 12日

    ここのロシア軍に、
    ハイマースは攻撃できないのかな
    もどかしい

    1
      • 鳥刺
      • 2022年 7月 12日

      敵火力が集中していて監視密度も高い地域なので、探知・攻撃されるリスクが高いんでしょう。戦線の端側(ドネツクとイジューム)から削って行けると良いんですが。

      11
        • だいきち
        • 2022年 7月 12日

        ありがとうございます。
        何とかして、イジュームの後方を叩ければ大吉

        ・・・トピずれですが、
        イランが無人機を100機、ロシアに引き渡す(訓練付き)とか???
        それって、かなり大変なことでは???電子戦で済みますか?アメリカは対処できるのかな・・・
        戦闘機を供与を早めてほしい。ミグだけでなくF15がほしいところ。
        あ~もう プーチン、諦めてくれよ、、、

          • くらうん
          • 2022年 7月 12日

          無人機と一言に言っても色々ありますから。

    • スンダ
    • 2022年 7月 12日

    経済的に重要なのは東部よりも南部とウクライナ側も言ってるし、ドンバスは奪われる想定もしてそうだ。

    5
    • アクアス
    • 2022年 7月 12日

    セベロドネツクをロシア軍が落とすのが先か、ヘルソンをウクライナ軍が奪回するのが先か、で国際的なウクライナ支援への熱意にかなりの差が出そうな気がします。
    おそらくウクライナ軍の士気にも大きな影響が。

    5
    • 名無し
    • 2022年 7月 12日

    タイトルのセベロドネツクはスラビャンスクのことかな?

    9
    • 鳥刺
    • 2022年 7月 12日

    Dolyna~Bohorodychneの線は、西側の人工湖とドネツ川に挟まれた、スラビャンスク方向に向かう回廊地形の入口になります。回廊の狭隘部では防御正面を狭くすることが出来ますが、回廊幅はドネツ川の蛇行によって大きく変動します。Dolyna~Bohorodychne間は最狭部で守りやすい場所ではあるんですが、固定陣地帯でロシア軍の集中火力を受け反撃も困難という状況が続き、戦争指導方針的もドンバスは守勢で持久、大規模な増援は直近では見込めない以上、全体として東部は逐次後退しつつ抵抗を継続していく形にならざるおえませんね。

    Bohorodychne南郊の高地が戦闘の焦点となっているのは数日前から報じられていましたし、最終的な後退は戦勢から言って恐らく避けられません。後退時までの損耗が大き過ぎるとKhrestyshche~ドネツ川、の第二線の持久にも支障がありそうなので、そこは上手くいって欲しい所。リシチャンシクから後退した部隊の再建が進めば多少の余裕も生じるんですが。

    12
    • タイヤキ
    • 2022年 7月 12日

    南部の弾薬も東部にもっていかれると東部で使われるから、どこのロシア軍の弾薬でも破壊するのは効率的ですよね。
    落とされそうな街も地形的に南部が高台だから、地の利はあるのでウクライナ軍がそこまで戦略的撤退したんでしょうね。住民はもう逃げているでしょうしね。
    逆に高台とられると郊外での防衛は難しそう。

    1
    • TKT
    • 2022年 7月 12日

    ドネツク州でのロシア軍の作戦は、シベルスクより先に、イジュ―ムの方面から、機械化部隊がM03道路を突っ走って、スラビヤンスク市街に突入、制圧ということだろうか?

    ドルナのウクライナ軍はこのままだとゾロテのウクライナ軍のように完全包囲されてしまう。イジュ―ム方面のロシア軍は、おそらくシベルスク方面のロシア軍よりも消耗は少ないだろう。

    ハイマースだとか、T-72戦車だとかは、ヘルソン州の方に優先配備されているようで、スラビヤンスクの方面には予備の戦力、切り札となる部隊はほとんど何もなさそうだ。領土防衛隊の一般市民兵が70年前に大阪で作った60mm迫撃砲弾で抵抗するしかないのかもしれない。

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP