欧州関連

ルーマニア陸軍がK9導入を決定、競合したPZH2000やT-155を破る

ルーマニア陸軍は韓国製のK2、K9、Redback、Chunmooに関心を示していたが、両国のメディアは「チョラク首相がK9導入(54輌)を最終決定したと韓国側に伝えた」と報じており、入札で競合していたPZH2000やT-155を破った格好だ。

参考:Ministrul Tîlvăr salută desemnarea Hanwha și a „Tunetului românesc” K9 ca marii câștigători în achiziția României de obuziere
参考:‘명품’ K9 자주포, 또 1조3천억 ‘잭팟’…루마니아 총리 “협력 기대”

入札で競合していたドイツのPZH2000やトルコのT-155を破った格好だ

ルーマニア国防省は2022年末に韓国との防衛協力に関する基本合意書に署名、これに基づいてルーマニアのディフェンスメディアは「TR-85を更新するためのK2、牽引式の旧式榴弾砲を更新するためK9、MLI-84を更新するためのRedback、火薬工場の建設が含まれている(4つの分野で交渉を開始するという意味)」と報じ、チウカ首相率いる交渉団が韓国を訪問、ルーマニア軍関係者もHyundai RotemとHanwhaを訪問してK2、K9、Redbackの試乗を行っていた。

出典:Romanian Ministry of Defense

ルーマニア国営企業=RomarmもHanwhaとの防衛産業協力に関するMOUに署名していたが、ルーマニアのディフェンスメディアや韓国メディアは「チョラク首相がK9導入を最終決定したとルーマニアを訪問したシン国防部長官に伝えた」「導入規模はK9×54輌+K10×36輌(一定数の155mm砲弾も含む)で契約総額は推定9.2億ドルだ」と報じており、入札で競合していたドイツのPZH2000やトルコのT-155を破った格好だ。

因みにルーマニア陸軍はM1A2/SEPv3=M1A2R(54輌)の調達が決定しているが、ルーマニアの戦車調達は2段階に分かれており、インチカシュ軍備局長は昨年7月「我々は新たに300輌の戦車を購入したと考えている」と述べ、ルーマニアのディフェンスメディアも「エイブラムスを調達したからといって新しい戦車にエイブラムスが選ばれるという意味ではない」「既に合意済みのエイブラムス調達は産業協力を必要としない政府間交渉で進められている」「我々が積極的な産業協力を求めてK2を選択すればルーマニア軍の戦車はエイブラムスとK2の混成になり、ポーランドの戦車導入に近いものになるだろう」と報じていた。

出典:16 Dywizja Zmechanizowana

韓国経済新聞も4月「ルーマニアでの射撃テストが確定したと軍関係者が明かした」「5月10日~16日の間に行われるK2の射撃テストには両国の政府関係者とHyundai Rotemの実務者が参加する」「現地での射撃テストは契約締結前に行われる性能評価の最終段階で、このテストをクリアすれば具体的な契約内容(金額、調達数、納期など)が出てくるだろう」と報じ、防衛産業界の関係者も「ルーマニアでの受注目標は約500輌(恐らく各種支援車輌を含めた数量)=約10兆ウォン規模だ」と指摘。

Defense Newsも14日「東欧で戦車の需要が急増しており、スロバキアは最大105輌の戦車調達(具体的な候補は不明)を検討中、チェコは最大77輌のLeopard2A8調達が確定的、ルーマニアはK2を調達する可能性が非常に高い」と報じている。

関連記事:ルーマニア陸軍は戦車300輌を調達予定、エイブラムスとK2が競合か
関連記事:ルーマニア国防省、大隊規模のM1エイブラムス調達に動いていると明かす
関連記事:ルーマニアと韓国が地上装備の現地生産に向けMOU署名、韓国版HIMARS導入も視野に
関連記事:ルーマニアのディンク国防相、将来の装備調達プログラムに韓国を招待
関連記事:ルーマニアのチウカ首相、来週に韓国を訪問してK9導入を議論か
関連記事:ルーマニアと韓国が防衛協力に関する基本合意書に署名、K2、K9、Redbackの調達を検討

 

※アイキャッチ画像の出典:Hanwha Defense

侵攻848日目、ロシア軍がホルリウカ方面とアウディーイウカ方面で前進前のページ

ロシアと北朝鮮の相互支援、韓国はウクライナに対する武器支援を再検討次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    英国、クイーン・エリザベス級空母の艦上にハリアーGR.3が姿を現した理由

    英空母クイーン・エリザベスが日本に到着して話題になっているが、本国の英…

  2. 欧州関連

    エアバスが期待するタイフーンTranche5、次世代戦闘機の能力を先行実装

    スペイン空軍はEF-18A+の後継機にタイフーンを選択、EF-18Mと…

  3. 欧州関連

    ウクライナ人パイロットの訓練、デンマーク、スウェーデン、英国に別れて実施か

    ウクライナ人パイロットの訓練に言及したゼレンスキー大統領とイグナト報道…

  4. 欧州関連

    高圧海水管破裂で乗組員溺死の危機、英空母「クイーン・エリザベス」緊急帰投

    英海軍が誇る最新鋭空母「クイーン・エリザベス」が「水漏れ」のため、予定…

  5. 欧州関連

    グリペンの後継機開発へ、スウェーデンが次世代戦闘機の開発に着手

    スウェーデンのフルトクヴィスト国防大臣は16日、NATOのミッションフ…

コメント

    • gepard
    • 2024年 6月 20日

    K9はスケールメリットからして妥当ですな
    ポーランドと共同で整備工場とかも作るんですかね

    21
    • 2024年 6月 20日

    K9本当にベストセラーになりそうですね
    韓国の軍需産業が世界を席巻するとは
    30年前には思いもしませんでした

    本当に凄い

    それと引き換え30年間衰退を続けたどこかの島国は…

    29
      • gepard
      • 2024年 6月 20日

      普通にフリゲート造船できるだけでアメリカを驚かせているどこかの国…

      30
        • もがみん
        • 2024年 6月 20日

        韓国のように、陸戦兵器で驚かせてほしいものです。

        5
          • nachteule
          • 2024年 6月 21日

           別にそんな所張り合わなくて良いから・・・。昔と比べたら意識改革が進んでいるとは言え企業の防需部門の扱いって今どうなんだろうね。ミリオタなら知っている某大手なんて企業紹介すら防需部門が割食ってんなと思った事があるわ。後は防需部門が左遷部屋みたいな扱いとか。

           性能が微妙な64式や87式の使用とか、まともにアップデートもされない射撃に全振りの99式とか、コストと空輸に拘って重量・防御性能・射撃性能も半端になっている19式とかを見るに企業側の積極性と用兵側の考え方が変らない限りはそんな物は夢のまた夢。

          4
      • gepard
      • 2024年 6月 20日

      韓国兵器のスペックではなく、大量の発注を取ることができる営業力と遅滞なく納品できる生産調整能力が素晴らしいのでは

      • マダコ
      • 2024年 6月 21日

      韓国の陸戦兵器は、日本のネットでは随分と馬鹿にされてきたようですが、世界での評価は高いようですね。
      他所の国を馬鹿にして追い抜かれるスタイルは恥だし見苦しいので勘弁願いたいところです。

      19
    • 幽霊
    • 2024年 6月 20日

    ちょくちょく現れる少量だけM1戦車を導入する国はどういう理由で導入を決めたんだろう?
    やっぱりアメリカとの関係強化かな?
    それとも今すぐに手に入る戦車が欲しかったとか?

    17
      • Natto
      • 2024年 6月 21日

      当初はM1だけ導入するつもりが、国際情勢の変化で大量に導入する必要になって納期や色々な条件でK2になったんじゃないかと。

      2
    • たむごん
    • 2024年 6月 20日

    韓国の防衛産業、本当に競争力が高いですね。
    ポーランドも導入しており、東欧の安全保障環境が緊張しているを考えれば、かなり高い評価だなと。

    日本も、早く武器輸出に積極的であればなと思うのですが、今後に期待したいと思います。

    11
    • 折口
    • 2024年 6月 20日

    朝露の防共協定をうけて韓国がウクライナへの軍事支援を再度検討するという速報が出ていましたが、先に出ていたウクライナでの自走砲の戦訓を考慮するとK9はまさにうってつけの装備でしょうね(現地砲兵はカエサルやAHSクラブよりも上面が装甲化されたPzH2000を高く評価している。K9も対155mm破片対応レベルの装甲を持つ)。東欧地域で装備が共通化できるということは、相互に融通する事や共通の整備基盤を利用できることに繋がります。

    8
      • 伊怜
      • 2024年 6月 20日

      クラブはウクライナに全てがお粗末なんて評価されてたけど、送られたのは何車体の個体なんだろうか

      2
    • shkk
    • 2024年 6月 20日

    今知ったけどT-155ってK9ベースのトルコ製自走砲なのね
    本国モデルと競う関係になってるのちょっと面白い

    10
    • Siwnai444
    • 2024年 6月 20日

    輸出が全く成功しない、どっかの国とは全く違うね

    12
    • 理想はこの翼では届かない
    • 2024年 6月 20日

    PzH2000は優秀だけど価格が折り合わないんですかね
    安くて十分な性能を安定的に供給できるK9は確かに魅力的なんでしょう

    4
      • T.T
      • 2024年 6月 20日

      あと、PzH2000は繊細すぎるって記事もありましたね。K9の方が武人の蛮用に耐えるって事かな。

      5
      • jimama
      • 2024年 6月 20日

      記事によってまちまちですけど去年のお値段でPzH2000が約10億円、K9が約4億円?で性能ほぼ同じ、K9のほうが20%ほど軽い、客側の要望に応じてOSレベルでカスタムしてくれるらしいと
      まあこれなら射撃速度半分でもおつりが出るし、砲兵こそ数が物言うジャンルですから選ぶならこっちかなと

      4
    • ななし
    • 2024年 6月 20日

    韓国兵器が売れてるのって性能も良いけど
    注文があれば売ってくれるっていう信頼感があるよね
    ウクライナ侵攻時、まさかドイツがあそこまで兵器供出を渋るとは思わなかったよ
    この辺の問題を解決しないと日本の兵器も売れない

    15
      • 伊怜
      • 2024年 6月 21日

      注文があって売るのと寄越せと言われて渡すのは違うと思うんですけどー…
      韓国だってウクライナへの武器供与は慎重派です

      2
    • nimo
    • 2024年 6月 20日

    ロシア寄りの兵器を使ってたところは
    ドイツ系の兵器規格にあわせるしがらみがないんだろう
    ドイツのは生産設備削減で入手に時間がかかるとかもありそう
    韓国のは政府支援が手厚そう

    2
    • たぶ
    • 2024年 6月 20日

    韓国が羨ましいです

    5
    • 58式素人
    • 2024年 6月 21日

    ルーマニア軍は大重量の装軌式自走砲にしたのですね。
    装軌式はともかく、重いのはどうなのでしょう。
    装輪式/装輪化が昨今の流れだと思っていました。

      • eh6j
      • 2024年 6月 21日

      ウクライナ軍のPzh2000の乗員は「カエサルは装甲でカバーされていないので対砲兵戦で死傷者が出る」、「乗員は装甲でカバーされているべき」とインタビューで述べていますね。
      装輪式自走砲は牽引式大砲の後継にはなりますが、装軌式自走砲の代替にはならないと思います。

      2
        • 58式素人
        • 2024年 6月 21日

        装甲もあれば良いのでしょうが。
        それよりも、作戦行動の所要時間の方が大事なような。
        Pzh2000は、その点でとても優れています。
        仮にM109を運用する乗員に聞いたら、結果は違うかも、と思います。
        M109の場合は、装甲があるのですが、損害が多いようです。

          • eh6j
          • 2024年 6月 21日

          M109の重量はPzh2000の約半分(約27トン)なので、Pzh2000より軽装甲だから損害が多くなっていると思います。
          K9とPzh2000は14.5mm弾や152mm榴弾の破片に耐えれますが、K9の装甲の重量は20トンあります。

          1
          • 58式素人
          • 2024年 6月 21日

          M109の装甲はアルミ製だそうですが。
          厚みは約30mmだそうです。
          これはRHAの10mm相当と思います。
          これは小銃弾を防ぐ程度なので、
          Pzh2000と比べて、確かに防御力は弱いですね。

          2
    • nachteule
    • 2024年 6月 21日

     トルコはK9派生型だから将来的なアップデートに関しても全く恩恵を得られない訳じゃ無い筈なんだけどな。58口径搭載のK9A3とか控えているし本国仕様だと普通に将来性がよりあると踏んだか。ドイツのPzH2000も再生産始まったし射程に関してはトップクラスで60口径も視野に入っているから値段を除いて悪い選択肢ではないんだけど。

    1
    • れんちゃ
    • 2024年 6月 22日

    確かに韓国にはパワーパックや精度問題などの宿題があるにはあります。ただ、韓国は同時に各国バージョンには大きな自由度を与えてもいる様で…つまり、そこらへんは他の軍事企業が絡む事で改修型を作れる可能性もあるって事なんですよね。
    韓国がある程度有利に交渉を進められているのは自らの問題を理解した上である程度の自由度をオプションとして付けているからというのもあるのかも?
    他の大手だと色々と問題ありますからね過度に弄られるのを嫌うとこもありますからね。ライセンス条件もかなり緩いという話も聞きますし。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  2. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  3. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
PAGE TOP