欧州関連

シリア人傭兵も参戦、アゼルバイジャンとアルメニアの軍事衝突にトルコの影

ナゴルノ・カラバフ地域を巡るアゼルバイジャンとアルメニアの軍事衝突にトルコが積極的に関与している可能性が高まっている。

参考:Turkey-backed Syrian mercenaries arrive in Azerbaijan – SOHR

なぜトルコはアゼルバイジャンの背中を押して軍事衝突を「この時期に」発生させたのか?

トルコ政府は両国の軍事衝突が発生した直後に「アルメニア側が先に攻撃を仕掛けたためアゼルバイジャン側の反撃は正当で軍事支援を行う用意がある」という声明を発表、さらに未確認ながらトルコ空軍のF-16C/Dが空爆に参加しているという話もあり、ナゴルノ・カラバフ地域で戦うアルメニア側も「アゼルバイジャン軍だけでなくトルコ軍とも戦っている」と語っているらしい。

ロンドンに拠点を置く非政府組織「シリア人権監視団」は非常に信頼できる情報源に基づいて「トルコが支援するシリア人傭兵グループがアゼルバイジャンの首都バクーに到着した」と報告しており、これは先週ネットに公開された音声データ(トルコが支援する「自由シリア軍(FSA)」の兵士約1,000人が27日~30日までにアゼルバイジャン入りするという音声記録)の内容が正しかったことを示している。

さらにロシアメディア「スプートニク」の記者はアゼルバイジャの情報源から入手した映像をTwitter上にアップ、この映像は自由シリア軍の兵士がナゴルノ・カラバフ地域に向かっているものだと説明しており、ロシアメディアのインテルファクス通信はアルメニア国防省からの情報に基づき「ナゴルノ・カラバフ地域の戦いに海外からの傭兵やトルコ製兵器を含むトルコの介入が確認されている」と報じ、アルメニアのニコル・パシニャン首相は国際社会に対して「アゼルバイジャンとの紛争にトルコが干渉するのを防いで欲しい」と要請中だ。

以上のような経緯から、トルコが今回の紛争に積極的に関与しているのは間違いない。

では、なぜトルコはアゼルバイジャンの背中を押して軍事衝突を「この時期に」発生させたのか?だが、管理人的にはトルコに対する欧州の批判を分散もしくは牽制するためではないかと思っている。

EUは最近リビアへの武器禁輸措置に違反したとしてトルコ企業への制裁を決定、さらに東地中海問題に関連してキプロスとフランスがトルコに対する経済制裁を主張するなどトルコに対する関心が高まっているため、より緊急性の高い事象を作り出して、EUの関心を他に向けようとしてるのではないだろうか?

出典:Pechristener / CC BY-SA 2.0 アドリア海横断天然ガスパイプライン

さらに言えば同地域はアゼルバイジャンやカザフスタンの原油や天然ガスを欧州へ輸送するパイプライン(カザフスタン~カスピ海~アゼルバイジャン~ジョージア~トルコ~欧州)が通っているため、この地域で軍事衝突が発生すれば欧州へのエネルギー供給に支障をきたす恐れが出てくる。

要するにトルコはシリア難民やリビア難民と同じ様に、アゼルバイジャンとアルメニアの紛争を利用して欧州を恫喝(トルコに対するEUの対応次第で紛争を拡大させることも収束させることも出来るという意味)する材料にするつもりなのかもしれない。

果たして欧州はアゼルバイジャンとアルメニアの紛争にどう対応するのか?この紛争を煽っているトルコに屈するのか毅然とした対応をとるのか注目される。

関連記事:東地中海問題でトルコを支持する国が登場、ギリシャはEUに経済制裁を要求

追記:ナゴルノ・カラバフ地域の戦闘に参加していたアゼルバイジャン軍のMayis Barkhudarov少将が負傷、アルメニア軍の捕虜になっと報じられている。因みに将官クラスが捕虜になるのは非常に珍しく、アルメニア側は国民の戦意高揚に利用してくるはずだ。

 

※アイキャッチ画像の出典:president.az / CC BY 4.0 トルコのエルドアン大統領とアゼルバイジャンのアリエフ大統領

イタリア、米陸軍が進める次世代ヘリ開発プログラムに出資を検討前のページ

ドローン戦争、アルメニア軍苦境はアゼルバイジャン軍のUAVが原因?次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    次期主力戦車「MGCS」開発計画、英国関与を期待するドイツと警戒するフランス

    英国とドイツは2ヶ国間の防衛協力に関する範囲を拡大することで合意、この…

  2. 欧州関連

    ウクライナ軍が蛇島のロシア軍を再び攻撃、奪還を試みている可能性も

    再びウクライナ軍が「蛇島に駐留するロシア軍に攻撃を加えた」と噂されてい…

  3. 欧州関連

    反撃が順調なウクライナ軍、ミサイルでサキ空軍基地を攻撃したと認める

    ウクライナ軍は7日もヘルソン州とハルキウ州で利益を上げ続けており、ロシ…

  4. 欧州関連

    ウクライナ軍、46日間で鹵獲したロシア軍装備の数が1,000を突破

    軍事アナリストが運営するサイト「Oryx」は10日、ウクライナ軍が鹵獲…

  5. 欧州関連

    ギリシャ、2025年までに退役する英空軍のタイフーン・トランシェ1取得を検討

    英空軍にはアップグレード計画から漏れたタイフーン・トランシェ1が×30…

  6. 欧州関連

    ウクライナ軍、28日実施のバイラクタルTB2による攻撃シーンを公開

    ウクライナ軍のザルジュニー総司令官は28日、今度は首都近郊のIvank…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 9月 28日

    もしもアルメニアに駐留するロシア軍が参戦し、トルコ軍と交戦する事態になったら、NATOはどう対処するだろうかが気になる。

    5
      • 匿名
      • 2020年 9月 28日

      どうっていっても、軍事的にはできること自体何もないのでは?

      6
        • 元コメ著者
        • 2020年 9月 28日

        まあロシアがトルコ領土を攻撃でもしない限りは、やっぱり遺憾砲かな?

        4
      • 匿名
      • 2020年 9月 28日

      そもそもアルメニア駐留のロシア軍って陸軍1個師団だけだし、アルメニアとロシアとの間にあるジョージアは反露政権だから補給線も切れてる
      仮に駐留ロシア軍が動いたところで大したことは出来ない、まあトルコはその辺りわかってて動いてるんだろう

      9
        • 元コメ著者
        • 2020年 9月 28日

        しかし「集団安全保障条約」がある以上何もしないわけにはいかないのでは?

        4
        • 匿名
        • 2020年 9月 29日

        ロシア軍一個師団