欧州関連

バイラクタルAkinciの海外受注を獲得したトルコ、TB2運用国も17ヶ国に拡大

Baykar社でゼネラルマネージャーを務めるハルク・バイラクタル氏は23日、新型UCAVのバイラクタルAkinciにとって初めてとなる輸出契約が成立したと発表して注目を集めている。

参考:Akıncı TİHA da katıldı, savunma sanayisi ihracatta yüksekten uçuyor

Akinciを誰が購入したのか、TB2を新たにどこが購入したのか明かされていないが、今年もトルコ製UAV/UCAVの勢いは衰えていなさそうだ

新型の無人戦闘機航空機「バイラクタルAkinci/アキンジ」は米国のMQ-9を上回る最大離陸重量を誇りペイロードはTB2の10倍に達する大型双発UCAVで、EO/IRセンサーに加えAESAレーダーが標準で搭載されており、TB2が運用していたUAV専用の精密誘導兵器MAMシリーズに加え対戦車ミサイルL-UMTAS、精密誘導キッドを装着したMk.81/Mk.82/Mk.83、バンカーバスターのSARB-83とNEB-84、巡航ミサイルSOM-A、短距離空対空ミサイルMerlin、中距離空対空ミサイルPeregrine、対レーダーミサイルAKBABAなどを運用をすることができる。

本機は昨年にトルコ軍へ引き渡されたばかりの新鋭機なのだが、Baykar社でゼネラルマネージャーを務めるハルク・バイラクタル氏は「Akinciにとって初めてとなる輸出契約が成立した」と発表、さらにバイラクタルTB2の契約も新たに成立して輸出国が計16ヶ国(トルコを含めた運用国は計17ヶ国/昨年末時点では14ヶ国)になったと明かした。

今のところAkinciを誰が購入したのか、TB2を新たにどこが購入したのか明かされていないが、どうやら今年もトルコ製UAV/UCAVの勢いは衰えていなさそうだ。

関連記事:トルコ、MQ-9に匹敵する新型無人航空機「バイラクタル Akinci」の実戦配備を開始
関連記事:輸入兵器の闇、トルコの輸出向けバイラクタルTB2にはキルスイッチを搭載か?

※アイキャッチ画像の出典:Baykar

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

中国、インドS-400導入に対抗するためパキスタンへDF-17売却の可能性前のページ

フィリピンを巡りインドはミサイルを輸出、中国は10億ペソを超える軍事機器を寄贈次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    英国防相、タリバンがアフガニスタンで政権を樹立すれば協力関係を築く用意がある

    英国のベン・ウォレス国防相は13日、現地メディアに対して「タリバンがア…

  2. 欧州関連

    独外相はレオパルト2の未承認移転を容認、仏大統領はルクレール提供を検討

    ドイツのベアボック外相は「承認なしにポーランドがレオパルト2をウクライ…

  3. 欧州関連

    ノルウェーの次期主力戦車にK2NOを提案する韓国、現地企業と協力してレオパルト2に対抗

    ノルウェー陸軍は7月初めまでに次期主力戦車の提案依頼書(RFP)を発行…

  4. 欧州関連

    ルーマニアのディンク国防相、将来の装備調達プログラムに韓国を招待

    ルーマニアのディンク国防相は京畿道のイルサンで開催中の「DX KORE…

  5. 欧州関連

    中古F-16を巡る争奪戦、ウクライナはアルゼンチンに譲ってくれと訴える

    ウクライナはオランダやデンマークが保有するF-16が提供されるものと期…

  6. 欧州関連

    英国が軍の再編内容を発表、陸軍は約1万人削減されF-35B削減は次回に持越しか

    英国のベン・ウォレス国防相は英国軍の具体的な再編内容を22日に発表して…

コメント

    • おわふ
    • 2022年 1月 24日

    日本も共同開発したい
    アビオニクスと武装は日本製で

    3
    •  
    • 2022年 1月 24日

    リーパーより性能高いってことはリーパーと同じ弱点(実戦での損耗に耐えられない価格)持ってそうだけど実際どうなんだろうか。
    ウクライナのエンジンつんでるらしいからウクライナには売れそうだけど。

    7
      • 無無
      • 2022年 1月 24日

      とはいえロシア相手に、前提である制空権をとるのは難しいだろう、彼等も無人機対策は知見を重ねてるし
      今回トルコはウクライナに何か手を貸すかしら?

      5
      • バーナーキング
      • 2022年 1月 24日

      MQ-9より安価、という主張があるらしいし、エンジンも結構差のある2種類用意されてたりするので安価に使おうと思えばかなり安くあがるんじゃないかな。
      あと運用高度が9000mあるので、高度活かして遠間から滑空爆弾や対レーダーミサイルばら撒く様な使い方してれば相手によってはそうそう撃墜はされないかと。

      3
    • 匿名
    • 2022年 1月 24日

    評価試験用に1セットは欲しいな。
    通信系が高くつきそうだが

    16
    • くらうん
    • 2022年 1月 24日

    複合センサーはちょうど肛門の位置にあるのか。
    機種に設置するスペースが無かったからなのか。

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  4. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  5. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
PAGE TOP