欧州関連

ポーランド領にミサイル2発が着弾、モラヴィエツキ首相が緊急閣僚会議を召集中

ロシア軍は15日午後に100発以上の巡航ミサイルや自爆型無人機でウクライナのインフラを攻撃したが、ミサイル2発(ロシア軍のものかは不明)がポーランド領プシェボドゥフに着弾して2名が死亡、モラヴィエツキ首相は緊急閣僚会議を召集した。

参考:Eksplozja w miejscowości Przewodów przy granicy z Ukrainą. Nie żyją dwie osoby
参考:Pilne spotkanie w BBN na prośbę premiera w związku z “kryzysową sytuacją”
参考:
Оккупанты выпустили по Украине 100 ракет, превзошли 10 октября – воздушные силы

大げさに言えば「NATO第5条」の発動条件を満たした格好で、ロシア政府は今のところ静観している

ロシア軍は15日午後、10月10日の攻撃を上回る100発以上の巡航ミサイルや自爆型無人機でウクライナのインフラを攻撃、内70発をウクライナ軍が撃墜したと発表しているが複数のエネルギーインフラが破壊され、電力供給に重大な問題(被害は首都キーウを含む北部と中央に集中)を引き起こしている。

まだ詳細な攻撃規模と被害の全容は不明だが、ミサイル2発(ロシア軍のものかは確定していない)がウクライナ国境に近いポーランド領プシェボドゥフに着弾して2名が死亡、これ受けてモラヴィエツキ首相は安全保障問題と防衛問題を議論するため緊急閣僚会議を召集している。

ロシア軍が意図的にポーランドを攻撃したのか、ウクライナ西部リヴィウを狙った攻撃が誤ってポーランド領に着弾したのか、ロシア軍の攻撃を迎撃したウクライナ軍のミサイルなのかはまだ不明だが、プシェボドゥフに着弾したミサイルの爆発に巻き込まれポーランド国民が2名死亡しているため、もしロシア軍のものなら「NATO第5条」の発動条件を満たすことになる格好(大げさに言えば)だ。

因みにロシア政府はポーランド領に着弾したミサイルについて反応していないが、露国営メディアは「ポーランドが自国領にロケットが2発落ちたと主張している」とだけ報じている。

追記:海外メディアは「ロシア軍の巡航ミサイルがNATO加盟国の領空に侵入してポーランド領プシェボドゥフに着弾したと米諜報機関が明かした」と報じているが、まだ米国防総省もポーランド政府も「着弾したミサイルがロシア軍のものだという確証はない」と説明している。

関連記事:ロシア軍発射のミサイルとUAVの数が100発超え、ウクライナ軍が半数以上を迎撃
関連記事:ウクライナ軍はミサイル75発内41発を撃墜、ゼレンスキー大統領は演説で国民を鼓舞

 

※アイキャッチ画像の出典:Telegram経由

見捨てられたロシア軍兵士、装備を脱ぎ捨てドニエプル川を泳いで逃げる前のページ

ロシア、ポーランド領に着弾したミサイル疑惑は状況を深刻化させる意図的な挑発次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ロシア軍がMLRSでムィコラーイウを攻撃、当局者は避難を呼びかける

    ロシア軍は各管区からかき集めた大量のMLRSを使用してムィコラーイウの…

  2. 欧州関連

    ロシア軍の蛇島駐留部隊、ウクライナ軍の攻撃に耐えきれなくなり逃げ出す

    ザルジュニー総司令官は30日、ウクライナ軍の攻撃に耐えられなくなり蛇島…

  3. 欧州関連

    ロシア軍のターミネーターがセベロドネツクに移動、いよいよ実戦投入か

    ロシア軍の戦車支援戦闘車両「ターミネーター2」がセベロドネツク方面に移…

  4. 欧州関連

    ウクライナ軍が南部で反撃開始、ロシア軍の防衛ラインを一部地域で突破か

    ウクライナ軍南部司令部のフメニウク報道官は「複数方向から反撃を開始した…

  5. 欧州関連

    フィンランド国防軍、戦場認識力を改善するためドローンを最大2,000機調達

    フィンランド国防軍は11日、陸軍の戦場認識力を大幅に改善するため兵士が…

  6. 欧州関連

    英国がNATO標準戦闘機を操縦するための訓練をウクライナに提供、但し戦闘機提供は未定

    スナク首相はウクライナ軍に対する長期的な投資の一貫として「提供する訓練…

コメント

    • 匿名
    • 2022年 11月 16日

    やっちまったなぁロシア
    早速エストニアが超キレてて笑うしかない…バルト三国は臨戦態勢ですな

    23
    • 折口
    • 2022年 11月 16日

    恐れていたことが起きてしまいましたね…。
    第5条発動(NATO参戦)に至る手続きは詳しく知りませんが、今回は意図的な武力攻撃でもなければ宣戦布告でもないので、参戦条項発動の可能性としては殆ど無いんじゃないかと思います。他ならぬNATO加盟国のほぼ全てがロシアとの戦争を望んでいませんし、仮にロシアのミサイルだったとして(そうだと思いますが)ロシアにポーランドの穀物乾燥工場を攻撃する明確な意図があったとも思えません。

    もちろん関係各国の対応は実際に蓋を開けてみないと分からないですが、まずは現地の夜が明けて詳しい調査が始まるのを待つしかないんじゃないでしょうか。ミサイル攻撃なら必ず部品なり破片なり物証が出ますから、そこからポーランドがどう判断するかですよね。個人的には、NATOによる東部ウクライナでの飛行禁止空域設定くらいの事は起こっても良いとずっと思っていますが、その結果どうなるかを考えればそれすらあまりに危険な行為ですからね。

    18
    • 77死
    • 2022年 11月 16日

    NATOは介入の口実ができたな
    望めばNATO軍がウクライナ入り出来るようになる
    望むかどうかは知らんけど

    11
    • 幽霊
    • 2022年 11月 16日

    まあ意図的ならともかく事故ならNATOの参戦は殆ど無いでしょうね
    ロシアに対する謝罪と賠償を求めて、それでもロシアが認めなかったり謝罪と賠償をしないなら、より強固な経済制裁などをNATO加盟国で共同して行うくらいですかね?

    35
    • 名無しさん
    • 2022年 11月 16日

    他の国ならスルーするかもしれませんが、他ならぬポーランドですからね。
    ロシアの態度次第だと思いますが、外野としてはカリーニングラード占領くらいは期待してます。

    16
      • nachteule
      • 2022年 11月 16日

       馬鹿馬鹿しい、百歩譲ってカリーニングラードからのミサイル攻撃があって継続して攻撃される恐れがあるなら占領も大目に見て貰えるだろうが他国からのミサイルで2名死んだだけで他国領土を占領したらポーランドが制裁対象だろう。

      1
    • dp
    • 2022年 11月 16日

    発射元不明として今回は曖昧にするのではないかと
    NATOの参戦は双方望んではいないはず
    次は無いだろうが、ウクライナを使った本土攻撃や制裁強化は有りそう

    • 7c
    • 2022年 11月 16日

    なぁに、1発だけなら誤sh…とか言ってる場合ではないな。
    何しろ、ポーランド国民が犠牲になってる。

    開き直って謝罪や賠償がなけりゃ、カリニングラード攻められてもおかしくはない。

    2
    • 2022年 11月 16日

    natoが参戦する気が有るか確認でしょう。

    どっちに転んでもロシアは、詰みだから・・・・「ロシアが核を使う」=「natoの条約発動」と同意語ですから。
    どっちが先か上手い喧嘩のやり方。 

    1
    • 似非市民
    • 2022年 11月 16日

     NATOが着弾前にミサイルを探知出来ていたのか? そして迎撃行動がとれていたのか?
    まあ、迎撃しても外れてウクライナ国内に着弾する可能性がゼロでは無いだろうから、政治的にやれたかどうかの問題まで出て来るやろうし。
     隣でどんぱちやってるにも関わらず、国内着弾を許してしまった軍にポーランド国民は不満を持つやろうしなあ。
     対空兵器の追加注文が予想されるんやけど、この手の大至急に答えられるのは米国か韓国ぐらいになるんかな?

     

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  2. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  3. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  4. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  5. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
PAGE TOP