欧州関連

ウクライナ、市民に影響を及ぼす大規模緊急事態に備えNATOに支援を要請

NATOは15日(現地時間)、市民に影響を及ぼす可能性のある様々な大規模緊急事態に備えるためウクライナから支援要請を受け取ったと明かした。

参考:Ukraine requests international assistance for large-scale emergencies of various nature

市民に影響を及ぼす可能性のある様々な大規模緊急事態が何を指しているのかは不明

NATOは「ウクライナの国家緊急事態局は市民に影響を及ぼす可能性のある様々な大規模緊急事態に備えるため準備を進めており、ユーロ大西洋災害対応調整センター(Euro-Atlantic Disaster Response CoordinationCenter/EADRCC)は2月15日にウクライナからの支援要請を受け取った」と発表したが、市民に影響を及ぼす可能性のある様々な大規模緊急事態が何を指しているのか?ウクライナからどのような支援を要請されたのか?については何も明かしていない。

EADRCCはNATOの主要な緊急対応メカニズムで、主に自然災害や人為的災害が発生した場合に支援要請と支援提供の両方を調整する役割を果たし、内容に応じてNATO加盟国やパートナー国が必要な支援を提供する仕組みだ。

既に露メディアがウクライナの支援要請に関心を示しており、ロシア軍による侵攻の可能性と何らかの関連があるのかも知れない。

追記:ウクライナメディアはピックアップトラック70台、オフロード車30台、遠隔操作可能な地雷除去機6台、NBC偵察車31台、個人被ばく線量計31,000個、化学防護服70,000着、250-300人を収容できるフィールドキャンプセット、つり上げ荷重35トンのトラッククレーン、クローラーブルドーザー、ホイール式ショベル、10輪駆動トラックなどを提供してくれるようNATOに要請したと報じており、市民に影響を及ぼす可能性のある様々な大規模緊急事態とはロシア軍の攻撃を想定しているのだろう。

関連記事:ウクライナ国防省や銀行に対するサイバー攻撃が始まる、当局はロシア関与を示唆
関連記事:英大衆紙、16日午前3時(日本時間の午前9時)にプーチンは攻撃命令を下す
関連記事:ウクライナ外相、外交努力によってロシアの侵略を回避することができた
関連記事:露国防省、ウクライナ国境近くで演習に参加中のロシア軍撤収を発表

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Army photo by Charles Rosemond, Training Support Team Orzysz

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ウクライナ国防省や銀行に対するサイバー攻撃が始まる、当局はロシア関与を示唆前のページ

バイデン大統領、ウクライナ国境地域からのロシア軍撤退をまだ確認出来ていない次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ウクライナ危機、プーチン大統領は着々とウクライナ侵攻に向けて準備中

    米国もロシアも「NATOの東への拡大停止」について一歩も譲る気はなく、…

  2. 欧州関連

    撤退準備? ロシア軍司令部がヘルソンからドニエプル川を渡り逃げ出す

    ウィークポイントだったドニエプル川に掛かる橋をHIMARSで破壊された…

  3. 欧州関連

    英国、独仏の次期主力戦車「MGCS」開発計画にオブザーバーとして参加か

    英国は独仏が共同開発を進めている次期主力戦車「Main Ground …

  4. 欧州関連

    運用可能な戦闘機がたった119機? 最も長い歴史を持つ英国空軍の没落

    世界で最も長い歴史を持つ空軍として有名な英国空軍。冷戦時代には、可変翼…

  5. 欧州関連

    見捨てられたロシア軍兵士、装備を脱ぎ捨てドニエプル川を泳いで逃げる

    ノーヴァヤ・ガゼータ・ヨーロッパ紙は「ロシア国防省が撤退完了を発表した…

  6. 欧州関連

    イタリア海軍の苦難!F-35Bが調達ストップで空母「カヴール」が存続の危機

    2019年5月、イタリア海軍の強襲揚陸艦「トリエステ」が進水したが、奇…

コメント

    • ポン
    • 2022年 2月 16日

    被ばく線量計ってことは原発への攻撃も想定してんのか
    普通ならやらんけどロシアなら誤射と言ってやりそうな感はあるけども…

    1
      • 無無
      • 2022年 2月 16日

      ロシアが全面的侵攻に入れば、ウクライナは自らチェルノブイリの鋼製シェルターを爆破してロシアとベラルーシを放射能汚染するという最終手段がある、まさに肉を切らせて骨を断つ
      その脅しだけで全ヨーロッパがウクライナ支援せざるを得ない
      さすがに無いだろうが

      1
      • Mob
      • 2022年 2月 16日

      想定してるのは原発攻撃じゃなくて核攻撃だと思うぞ。

      4
        • ポン
        • 2022年 2月 16日

        今回のケースで核を使うのは考えにくいと思うけど、そっちを想定しているんだろうか
        流石にこのタイミングで核のカードは切らないと思いたいけどなぁ

        2
      • 四凶
      • 2022年 2月 16日

      大体チェルノブイリでやらかしてるのに追い討ちの核なんてあり得ないと思うが。気流とか見ているわけじゃないがロシアだって無傷で済んだわけもない。

      あくまでも緩衝地帯が欲しいと言うならウクライナ国土に限定した放射性物質による汚染は、オプションとしてあるかも知れない。

      ただ流石に都合よくいくとは思えないし、それこそ通常戦以上に味方してくれる国が去っていく愚行と思う。ロシアの本気度は伝わるけど失う物が大き過ぎる。

        • 匿名
        • 2022年 2月 16日

        どの国の軍も通れない広域にわたる核による重汚染地帯というのはある意味コストパフォーマンスの良い永続的かつ究極の緩衝地帯となりうるからなぁ
        核砲弾の運用可能な火砲も持ち込まれているわけだし100%ありえないと断言できる要素が西側にない以上は懸念事項ではある

    • 58式素人
    • 2022年 2月 16日

    追記の内容は、随分と具体的ですね。
    何が起こるかについて、冷徹な計算ができているのでしょうか。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  2. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP