欧州関連

ウクライナ軍総司令官、M270MLRSによる攻撃シーンを初めて公開

ウクライナ軍のザルジュニー総司令官は29日、M270MLRSによる攻撃シーンを初めて公開して「ウクライナを支援してくれるパートナーに感謝している」と発表した。

参考:Залужный впервые показал работу М270 MLRS на фронте

HIMARSとMLRSの大きな違いはランチャーの搭載数、瞬発的な火力投射量はHIMARSの倍

ウクライナに多連装ロケットシステムを供給するため米国はM142HIMARS(12輌+4輌輸送中)を英国とドイツはM270MLRS(3輌+3輌=計6輌)を提供、レズニコフ国防相は今月15日に「(英国分の)MLRSがウクライナに到着した」と明かしていたが、ウクライナ軍のザルジュニー総司令官はM270MLRSによる攻撃シーンを初めて公開して「ウクライナを支援してくれるパートナーに感謝している」と29日に発表した。

HIMARSとMLRSの大きな違いは「ロケット弾を6発装填するランチャー」の搭載数で、HIMARSはランチャーを1基搭載するのがMLRSはランチャーを2基搭載することが出来る。

つまり「MLRS×6輌の瞬発的な火力投射量はHIMARS×12輌と同じ」という意味だが、舗装道路上の走行性では装軌式のMLRS(最高速度64km)は装輪式のHIMARS(最高速度90km)に劣るものの、逆に不整地の走破性ではMLRSの方が優れている。

関連記事:HIMARS×2輌分の火力を投射可能なM270MLRS、ウクライナへ到着

 

※アイキャッチ画像の出典:Public Domain

北マケドニア、ウクライナを支援するため保有するT-72を提供前のページ

ドイツ国防省、ウクライナに16輌の架橋戦車ビーバー提供を発表次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ドイツ軍の敵は「装備」も「予算」も与えないドイツ政府か?

    飛べない飛行機、動かない艦船、足りない戦闘車両など、ドイツ政府は自国軍…

  2. 欧州関連

    ウクライナへの戦闘機提供、ポーランドがMiG-29を手放さない理由

    どうやらポーランドのMiG-29をウクライナに提供するというアイデアは…

  3. 欧州関連

    ロシア軍から押収した占領作戦資料、ウクライナ占領に15日間を予定

    ウクライナ国防省はロシア軍部隊から押収したウクライナ占領作戦資料を公開…

  4. 欧州関連

    シュレーダー元独首相、ウクライナのクリミア奪還は馬鹿げている

    ドイツのシュレーダー元首相はプーチン大統領との会談後、独メディアに「ウ…

  5. 欧州関連

    小銃でドローン撃墜は可能、オランダ陸軍が実証した魔法のスコープ「SMASH」有効性

    イスラエルのスマートシューター社が開発したコンピュータ制御の照準機能付…

コメント

    • tarota
    • 2022年 7月 29日

    以下、日本のMLRSは退役を待つばかりなんだからくれてやればいいのに派vs自衛隊にプレゼントする余裕は無い派
    ファイ!

    29
      • ミリオタの猫(やっぱり、アンツィオ…いや、ロシア軍は強い!)
      • 2022年 7月 29日

      おおっと、そこへ「使用するGMLRS弾(GPS誘導のロケット弾)の供給問題が勃発したから、日本がMLRSを送っても意味無い派」が乱入して来たぞ!
      この三つ巴の戦いは、一体どうなってしまうのか!
      【参照:本ブログ7/28「155日を迎えたウクライナでの戦い、HIMARS用弾薬の供給問題が浮上」】
      リンク

      16
      • 名無し2
      • 2022年 7月 29日

      消費税を上げて軍事に投資しろ派は見たことないです

      6
        • だめだこりゃ
        • 2022年 7月 30日

        消費税上げても法人税の穴埋めにしか使わない現政府になにを期待しているやら…

        11
          • ほい
          • 2022年 7月 31日

          消費税の方が企業は安定して税金を取られるんだが。

        • null
        • 2022年 7月 31日

        経済が縮小するので中長期的な軍事力強化にはマイナスではないかなぁ

    • カディロフ
    • 2022年 7月 29日

    こういう軍の公式動画に派手なBGMをつけるのは
    お国柄というか東欧仕草ってやつなんかね

    3
      • 匿名
      • 2022年 7月 30日

      この動画の007OPテーマもそうですが、ロシア軍の車列が道路上で次々に爆発炎上する動画のBGMがAC/DCの「Highway to Hell」だったのにはウクライナ軍参謀本部煽り上手だなーとw

      5
    • ido
    • 2022年 7月 29日

    HIMARSやMLRSの活躍目覚ましいですが、弾薬の供給などが難しそうですね。なんとか補給できたらいいですが。

    16
    • 通りすがりのななし犬
    • 2022年 7月 30日

    図体が大きくて重かったとしても、装軌式の方が不整地を走れるので、敵の空からの偵察に対しては有効なのかな? 隠しやすいというメリットがあるのだろうか?

    80㎞も遠方からの防ぎようのない、12発の精密誘導弾は恐怖だね。夜空に上がる12条の火の玉の、曲がりくねる光跡が得も言われぬ光景。

    4
      • makumaku
      • 2022年 7月 30日

      最近M270の走行映像を観たのですが、不整地において相当なスピードで走っていました。これならば移動それ自体には支障はなさそうだと思いました。
      他方で、装軌式の場合、舗装路でも不整地でも走行跡が残るので、上空から追跡されやすいのではという議論もありました。ウクライナ軍もその点は分かっているでしょうから、何らかの対策は打っているのでしょう。

      5
      • 2022年 7月 30日

      曲がりくねっているのはロシアの対砲兵レーダーの軌道計算を狂わせるためなんですって

      1
    • みくす
    • 2022年 7月 30日

    しかし、数十キロ数百キロも離れてどうやって標的認識してるのだろうか?
    ドローン空撮、衛星写真まではできるでしょうが、ただ建物外形を認識しただけの話。周辺住民まで排除されたら肉眼偵察による確認や通信も難しい。

    例えば兵器庫の外形した捕虜収容キャンプ作るか、もしくは兵器庫に囚人室併設されてもしたら戦闘地域外への標的へMLRS撃っても損害は撃った側に与える事もできるのでは。戦争の発端となったネオナチアゾフ連中はMLRS被害ついでに徹底的に始末されてませんかね。

      • 匿名11号
      • 2022年 7月 30日

      現地ロシア軍では排除しきれないほど、ウクライナに協力的な住民が多数いると考えるのが自然でしょうね。
      ネオナチアゾフ連中とやらが本当に実在すれば、そうはならなかったでしょうが。

      6
        • 無無
        • 2022年 7月 30日

        苦戦してる軍隊は軍規もグダグダ、兵士も補給も足りてないからこそ住民に対しても粗暴に振る舞って、結果的に通報者やパルチザンを増やす
        負ける側の常道だ

        2
      • 匿名
      • 2022年 7月 30日

      TB2なら搭載されたセンサーで敵の座標を割り出せるんで、後は諸元を入力すればGPS誘導の弾薬ならそこまで飛んでいくという事にはなってるはず

      1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP