欧州関連

ウクライナ陸軍、外国人部隊初の戦闘部隊をキエフ郊外に配備

ウクライナ陸軍は8日、創設した外国人部隊(ウクライナ領土防衛国際部隊)初の戦闘部隊がキエフ郊外で任務についたと明かした。

支配:ウクライナ軍の陸軍

米国人、英国人、メキシコ人、インド人、スウェーデン人、リトアニア人が外国人部隊に加わる

ウクライナのゼレンスキー大統領は今月3日、創設した外国人部隊(ウクライナ領土防衛国際部隊)に参加する戦闘員が到着し始めていること、第一陣の規模が1万6,000人であることを明かし、クレバ外相も6日「世界52ヶ国から経験豊富なプロフェッショナルが来てくれる。正義のために戦うことが彼らの願いなんだ」と語っていたが、外国人部隊(ウクライナ領土防衛国際部隊)初の戦闘部隊が配備されたとウクライナ陸軍が報告して注目を集めている。

出典:ウクライナ政府 領土防衛国際部隊の参加者を募集する公式サイト

ウクライナ陸軍の説明によると初の外国人部隊はキエフ近郊で任務についており、米国人、英国人、メキシコ人、インド人、スウェーデン人、リトアニア人が外国人部隊に加わっていると説明している。

因みに米国営放送のVoice of America(VOA)は「駐米ウクライナ大使館の呼びかけに3,000人の米国人が応え、退役米軍人がウクライナのために戦いに行く」と報じており、今後より多くの外国人がロシアと戦うため武器を手にとる予定だ。

追記:昨日ハリコフ上空で撃墜されたのはSu-34(残骸確認)で、7日にもキエフ上空でロシア軍機が2機撃墜されたとウクライナ軍が発表したが、今のところ撃墜された機種は不明で残骸についても報告(2機目は空中戦で撃墜されらしい)はない。

関連記事:ウクライナ外相、ロシアとの戦いに参加希望の外国人が2万人に迫る勢い

 

※アイキャッチ画像の出典:Сухопутні війська ЗС України

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ロシア政府内部の告発者、ロシア軍戦死者は1万人越えの可能性も前のページ

ゼレンスキー大統領、世界中に派遣中のウクライナ軍を本国に呼び戻す次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ハルキウを巡る戦い、反撃を退けたウクライナ軍が再びロシア国境に到達か

    反撃に転じていたロシア軍と泥臭い戦いを演じていたウクライナ軍は最終的に…

  2. 欧州関連

    訓練も通信も敵との交戦も無理? ドイツが手を焼くプーマ歩兵戦闘車の欠陥

    ドイツが導入中のプーマ歩兵戦闘車は欠陥が多すぎて実戦に投入するには危険…

  3. 欧州関連

    エストニアがロシアを嘲笑する西側メディアに警告、動員は戦線を安定させた

    エストニアの国防次官は「プロセスの欠点がどうであれ動員は効果を発揮して…

  4. 欧州関連

    16年ぶりの受注が水の泡、ドイツがカザフスタンへのA400M売却を禁止

    ドイツ政府はカザフスタン暴動に関連して「同国へのA400M売却を禁止す…

  5. 欧州関連

    ロシアの作戦は破綻、何れ目の前の事実を受け入れる瞬間がやってくる

    ゼレンスキー大統領は15日、ウクライナで実行している特別軍事作戦が既に…

  6. 欧州関連

    米国に続きNATOとウクライナが「ロシア軍撤退を確認できない」と発表

    NATOのストルテンベルグ事務総長は16日、我々が現場で目にしているの…

コメント

    • 無無
    • 2022年 3月 08日

    願わくば、この好漢どもがみな無事に平和の日を迎えられんことを。
    本来は、敵が侵略者ロシアといえども殺し合いは人の道ではない
    本当の敵はプーチンのような人間の抱える、心に闇です

    光あれ

    45
      • くらうん
      • 2022年 3月 08日

      May the force be with you.

      5
    • 名無し
    • 2022年 3月 08日

    VOA発表で米国人3000人なら公式の総計16000人って眉唾だなあ。
    実際半分くらい?

    3
      • バーナーキング
      • 2022年 3月 08日

      何で?
      海を隔てた地球の裏側みたいな米国だけで3000人だと、明日は我が身の欧州人がその4倍、っての何かおかしい?

      44
      • samo
      • 2022年 3月 08日

      むしろ少ないんじゃ?
      アメリカの人口は3億人ちょっとで3000人
      米国を除いたロシア制裁参加中核国34カ国の総人口だけで約8億人
      これ以外の国でもウクライナへ武器供与をしてる国だってある中だったら、
      数万人いないとむしろおかしく見えるけどね

      17
    • えぞ
    • 2022年 3月 08日

    一人、チューバッカみたいな見た目のやつがいますねw

    15
      • 無無
      • 2022年 3月 08日

      ハリウッドから来たそうだ
      ルーカスも支援してるぞw

      5
      • 2022年 3月 08日

      オラウータンじゃね?
      1番後ろにはブロンズ像を立たせてる
      数を多く見せる戦術なのさ 孫氏いわく

      3
        • くらうん
        • 2022年 3月 08日

        あれブロンズじゃなくてドーラン塗ったくってんじゃない?
        カメラ目線でポーズとってるし。

        3
    • ヤゾフ
    • 2022年 3月 08日

    正規軍で訓練された傭兵が武器も確保して待ち構えてるとかロシアにとっては嫌な状態ですね。。。、

    16
      •  
      • 2022年 3月 08日

      IEDで死ぬほど苦労した(元)米兵が市街戦で仕掛ける側に回ったら胸が熱くなるな。

      26
        • ダヴー
        • 2022年 3月 08日

        とは言え以前の相手は市街地に野砲を撃ちこんでくる程火力は無かったからなぁ

        1
    • くらうん
    • 2022年 3月 08日

    >昨日ハリコフ上空で撃墜されたのはSu-34
    >2機目は空中戦で撃墜されらしい

    ハリコフで空中戦?
    まだ組織的な迎撃戦をできる戦闘機を温存していたのか!
    ルーマニア国境からはだいぶ遠いから、国内に分散配備しているのかな。

    3
      • hiroさん
      • 2022年 3月 08日

      空中戦はキエフですね。
      初日のミサイル攻撃時に、相当数の機体が空中退避に成功しているし、その後の被撃墜数もさほどではないので局地的に迎撃する能力は維持しているのでは。
      管制にもNATO側が協力しているだろうし。

      14
        • くらうん
        • 2022年 3月 08日

        なるほど、文面を読み違えましたね。
        それにしても、つい1年前までこんな体たらくだったウクライナ空軍がAWACSとの協調迎撃戦までやるようになるなんて、軍事に興味ある人ほど衝撃だわな。

        「士気低下に悩むウクライナ軍、酒に酔った将校が自家用車でMiG-29を撃墜」
        リンク

        6
          • 匿名
          • 2022年 3月 08日

          ウクライナ空軍機が、西側AWACSとの協調迎撃戦なんて出来るのかな。
          しているのなら、どう実現したのだろう?
          国外に待避した際に、機体改修した訳でも無いだろうし。

            • 匿名
            • 2022年 3月 08日

            ちょっと追記。

            すぐ後の「ウクライナへの戦闘機提供、ポーランドがMiG-29を手放さない理由」との記事で

            >ポーランドのMiG-29をNATOに加盟していないウクライナに提供するにも「NATO仕様の無線機や情報共有システムを取り外す必要がある」
            リンク

            との記述がありました。

            ウクライナの無線機、NATOとは仕様が異なるみたい。
            音声も含めて、ウクライナ空軍機と西側AWACSとの間で情報を直接やり取りする事は出来ない様な気がしてきました。
            民間用の航空無線で、戦闘情報をやり取りするとは思えないし。

      • zerotester
      • 2022年 3月 08日

      ロシアの航空機を撃墜したという話は景気が良いですが、結構な被害を出しながらもSu-34などによる空爆をやってるということはその効果もある(ウクライナ側に被害がある)のでしょうか。それが気がかりです。

      12
    • L
    • 2022年 3月 08日

    当然西側装備なんだな
    弾薬が心配だ

    3
      • 狸囃子
      • 2022年 3月 08日

      小銃、これノーマルのFNCですよね…???
      て事はベルギーからも武器供与受けてるんですかね

      5
        • 匿名
        • 2022年 3月 08日

        この銃も拡張性皆無で古いので採用国がモスボールしてたの供与したんだろうがアーマーやメットはともかく銃で補給統制外のはいくらAKより高性能の銃でも二線部隊送りになるの仕方ない気がする
        AR15系だとガス機構以外は基本的にサードパーティーで互換性あるし米軍互換で熟せるけど欧州銃だとG36来られても同じだと思うし露軍の鹵獲して戦う現場を考えるとAK7mmか5.45mmでしかも古めかしいAK型が一番良いんだろうなとは思うが善意だしね
        ポーランドは市民軍専用に韓国製のAK47を新造ので最近大量導入したのそういう理由だろうがとりまポーランドは賢いの一言

        5
      • hiroさん
      • 2022年 3月 08日

      ウクライナ陸軍と国家親衛隊の小火器はロシア系から西側系に切り替えているので、NATO弾を使用しているから補給は大丈夫だと思いますよ。
      支援物資に弾薬も含まれているでしょうし。
      心配なのは、ウクライナ志願兵の装備が足りずにAK-47やAK-74を持たせている点でしょうか。
      弾薬の備蓄はあるでしょうが、隣の友軍と弾薬のやり取りができない恐れが、

      16
    • k
    • 2022年 3月 08日

    ロシアもシリアで傭兵募集中だとか。
    義勇兵とシリア傭兵の戦いになるのか、これで市街戦やったら相当悲惨な戦場になりそう。
    一刻も早くプーチン政権が倒れます様に。

    9
    • STIH
    • 2022年 3月 08日

    義勇軍には、色々なテロリストも集結中とのこと。有名どころだとチェチェン関連か。
    そりゃあ合法的にロシア(兵)を好き放題攻撃できるチャンスだしな。ネオナチだとか無政府主義者やらも参加or参加しようとしているみたい。
    これ体よくロシアを追い返せても後が大変だな。

    8
      • くらうん
      • 2022年 3月 08日

      癌を治療するには劇薬も使うからね。
      仕方ないと思う。

      11
    • や、やめろー
    • 2022年 3月 08日

    Good luck 幸運を祈る。頑張ってくれ

    7
    • ほうふく
    • 2022年 3月 08日

    自分もひとこと、ただ普通に、頑張ってほしい

    ウクライナに栄光あれ

    12
    • 炎のコサックダンサー
    • 2022年 3月 08日

    向かったイギリスの志願兵のなかにネパール人みたいな風貌の人が混じっていたから、おそらくグルカ兵でしょうね。

    ……これは良いのか悪いのか今はわかりませんが、ウクライナ帰りの志願兵が将来的にアフガン帰りのムジャヒディンみたいな問題になる可能性も考えられます。
    FBIに白人過激派としてマークされるThe Baseのメンバーなどです。彼らは(ロシアやその支持者の流布するプロパガンダとは別にして)マジモンのネオナチなので……。
    今は心強い味方ですが、彼らの目的は実戦経験を積むことと欧州にコネを拡げることだと指摘されてます。キリスト教徒版のアルカーイダみたいな国際テロ組織になりかねないと。

    13
    • まつ
    • 2022年 3月 08日

    銃は予備で潤沢なジャベリンで対戦車装甲車ヘリ迎撃 東部からキエフ近郊に来たロシア軍の戦車装甲車は走りすぎで走行機能 エンジン故障キャタピラ破損脱落等で途中に放棄されたのが多数あるようである。

    6
    • うい
    • 2022年 3月 08日

    Let’s Roll さあ、やろうぜ!

    3
      • や、やめろー
      • 2022年 3月 08日

      アメリカ同時多発テロのやつか。いいねぇ。それで行こう!

      2
    • 名無しさん
    • 2022年 3月 08日

    第一陣の規模が1万6,000人

    これが全部、キエフ防衛戦に投入なのか?、全員が戦闘員であれば数個師団相当の歩兵戦力
    にはなるけど。

    しかし、彼等が意気揚々と装備を持ってキエフへ入城出来るなら、ロシア軍の首都包囲網は
    ガバガバって事にもなるんだが。

      • ダヴー
      • 2022年 3月 08日

      そもそも包囲網は完成してないですし。

      17
    •   
    • 2022年 3月 08日

    いや初じゃなくて
    現役デルタ…ではなく自称元アメリカ特殊部隊チームがすでに入ってる
    写真があった
    顔は隠して

    3
      • 昼飯
      • 2022年 3月 08日

      領土防衛国際部隊初って意味だろ? それぐらい区別して

      15
    • 無題
    • 2022年 3月 08日

    平和は血で勝ち取らないといけないというのが改めてわかった
    本当に義勇兵の人たちには頭が下がる思いです

    13
      • 匿名
      • 2022年 3月 08日

      ステマ要員ってか多言語で現場情報を常時発信しまくるの銃撃つより威力あるし世論工作では有効だが死なれちゃ困るという本末転倒な事態でもある
      国籍秘匿のガチ勢とFNC渡されて現場実況SNS三昧のユル勢とで役割違うけどウクライナの為に命がけボランティアしてるのはみんな同じだよね

      7
    • 2022年 3月 08日

    義勇兵を前線に送ったのか。冬戦争のフィンランドは英国人義勇兵に何かあったら大変だから後方で歩哨やらせてたのに
    まあ義勇兵も戦いに来たんだろうしな

    • 梅スライム
    • 2022年 3月 08日

    中身どこぞの国の特殊部隊の義勇軍でベラルーシの大統領を斬首作戦できんのかな

    1
      • hiroさん
      • 2022年 3月 08日

      そんな大して意味の無い事に貴重な戦力を無駄遣いしないでしょう。

      1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  4. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
PAGE TOP