欧州関連

ウクライナ軍、オスキル川の対岸にあるクピャンスク東部地区を解放か

ウクライナ国防省直轄の特殊部隊「クラーケン」がクピャンスクの東部地区=オスキル川の対岸にある地域に到達したことが視覚的に確認され、ウクライナ軍の反撃はオスキル川の東岸地域にも及んでいる。

参考:Eastern part of Kupiansk, Kharkiv Oblast, has been liberated – military

ウクライナ軍はオスキル川を越えてルハンシク州境に向けて東進している可能が高い

ウクライナ軍がクピャンスクの解放に成功したのはオスキル川西部地区だけで、対岸の東部地区は依然としてロシア軍の支配下だと考えられていたが、ウクライナ軍の兵士がクピャンスク東部地区(49°42’30.3″N 37°38’33.7″E)に到達したことを示す動画が登場した。

出典:管理人作成

この動画に登場する兵士はクピャンスク解放を大統領に報告した特殊部隊クラーケンの所属で「東部地区を解放した(※ウクライナ軍公式の発表ではない)」と主張しており、これが事実ならハルキウ州北東部でもウクライナ軍はオスキル川を超えているという意味で、イジューム方面でオスキル川やドネツ川を越え始めた動きを加味するとウクライナ軍はルハンシク州境に向けて東進しているのだろう。

ただオスキル川やドネツ川に架かる橋の殆どが破壊されているので重装備を対岸地域に持ち込むのは難しく、当面は歩兵主体の攻勢になるのかもしれない。

出典:Google Map 東部方面の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

ハルキウ州方面のロシア軍はどこまで後退するのか不明だが、オスキル川西岸地域に展開していたロシア軍部隊は装備を捨てて逃げており、この部隊を再編するための装備も不足しているため歩兵主体のウクライナ軍といい勝負なのかも?

因みに「他の地点でもウクライナ軍がオスキル川を渡河して東岸地域に入っている」という話があるが、今のところ視覚的な裏付けがないので戦況マップには反映させていない。

関連記事:ウクライナ軍がオスキル川の対岸に拠点を確保か、米国はエクスカリバー砲弾を追加供給

 

※アイキャッチ画像の出典:Telegram経由

ウクライナ軍がオスキル川の対岸に拠点を確保か、米国はエクスカリバー砲弾を追加供給前のページ

イジュームはブチャの悲劇を上回る、ロシア軍は捕虜や民間人を縛ったまま処刑か次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ウクライナの首都キエフにあるロシア大使館で煙が発生、機密資料の処分?

    ウクライナメディアは17日、首都キエフにあるロシア大使館から煙が発生し…

  2. 欧州関連

    ロシアが数日以内にウクライナへ侵攻? 最初の標的は国境に近いハリコフか

    米メディアのCNNやPBSは北京五輪閉幕前にロシアがウクライナへ侵攻を…

  3. 欧州関連

    英国、戦車「チャレンジャー2」を含む重装甲車輌を廃止する可能性が浮上

    英メディアは25日、政府は陸軍が保有する戦車「チャレンジャー2」や歩兵…

  4. 欧州関連

    クロアチアの仇はウクライナで討つ? 中古機を改修したF-16Vで中古ラファールを迎え撃つ

    ロッキード・マーティンはウクライナの次期戦闘機入札にF-16Vを提案す…

  5. 欧州関連

    アゼルバイジャン軍がラチンを掌握、ナゴルノ・カラバフ地域への通行権を管理

    アゼルバイジャンは26日「1992年に支配権をアルメニアに奪われていた…

  6. 欧州関連

    ドイツのUAV武装解禁失敗、ユーロドローンや第6世代戦闘機開発にも影響が?

    ドイツ国内で揉めている無人航空機(UAV)の武装化についての議論にNA…

コメント

    •  
    • 2022年 9月 17日

    ついに映像が出ましたか
    東部方面に橋頭堡が出来たのであればまた慌ただしくなる可能性がありますね

    9
      • 2022年 9月 17日

      記事にも書かれていますが、重装備を対岸に持ち込むのは難しそうなので先週のような前進速度で戦況が変わるのは多分無いと思います。じっくりとでも解放が進むことを期待します

      29
    • 58式素人
    • 2022年 9月 17日

    ウクライナ軍が何箇所でか渡河作戦が行われたようですが。
    架橋資材は何を使ったのでしょう。
    以前、ドイツが架橋戦車を提供するという話があったと思いますが、
    それを使ったのかな。川幅が意外に広いようにみえるので、
    架橋戦車では無理なような気がします。
    自前の装備(浮橋?)を使ったのかな。

    4
      • zerotester
      • 2022年 9月 17日

      そこまで深さはなくて流れも緩いようなので、浮橋のようなものでよいと思えます。たぶんもうあると思いますが、さすがに映像は出るわけありません。

      5
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  2. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  3. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  4. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP