欧州関連

ウクライナ軍の反攻、キーウ近郊のロシア軍をほぼ一掃することに成功

ウクライナ軍はキーウ近郊のボロディアンカを奪還したと報じられており、ウクライナ国家警備隊もキエフ周辺のロシア軍を一掃したと発表した。

参考:ВСУ освободили от оккупантов Бородянку в Киевской области
参考:Національна гвардія України

キーウを西から包囲しようとしたロシア軍部隊は既に存在しないか散り散りに逃亡してしまった可能性がある

ロシア軍は31日の夜からキーウ方面の部隊撤退を開始、1日の明け方までに戦術大隊3個~4個相当の部隊をベラルーシに向けて移動させ、他の部隊も航空支援の下で次々と撤退を開始したが、ウクライナ軍にイヴァンキフを抑えられてしまったためキーウ北西の支配地域に残るロシア軍部隊はベラルーシ方面へ撤退するためのルートを完全に失ってしまった。

出典:GoogleMap 大まかなキーウとチェルニーヒウの状況/管理人加工

ウクライナ軍は撤退する部隊への待ち伏せ攻撃、これを支援する攻撃ヘリなどを次々と破壊、同時にロシア軍に占拠されていた地域の奪還にも乗り出して30もの拠点(ホストーメリ空港を含む)を取り戻すことに成功したとウクライナ軍参謀本部が発表、さらにキーウ~チェルニーヒウの間に展開していたロシア軍部隊も排除されたためチェルニーヒウの包囲は完全に崩れた格好だ。

キーウ北西に残されたロシア軍支配地域の詳しい状況は今のところ不明だが、ウクライナメディアは「ボロディアンカを奪還した」と報じており、ウクライナ国家警備隊も「キエフ周辺のロシア軍を一掃した」と発表しているので、キーウを西から包囲しようとしたロシア軍部隊は既に存在しないか散り散りに逃亡してしまったのかもしれない。

※ロシア軍が逃げ出したホストーメリ空港の様子、破壊されたAn-225の残骸が確認できる

因みに解放された街や入植地の代表者も次々と「ロシア軍がいなくなった」と報告しており、明日にはキーウ周辺の詳しい状況が見えてくると思われるが、チェルニーヒウを取り囲むロシア軍部隊(南以外)が撤退している様子がなく、チェルニーヒウを第二のマリウポリにするつもりではないか=榴弾砲やMLRSで街自体を破壊することを狙っている可能性があるとウクライナ側は予想している。

果たしてチェルニーヒウを取り囲むロシア軍部隊も撤退を開始するのだろうか? それとも街を灰にするまで居座るつもりなのだろうか?

追記:キーウ周辺の戦いに外国人部隊も投入されているのが確認されている。

追記:南部司令部は1日、ヘルソン州の11つの集落をロシア軍から奪還するの成功したと発表している。

関連記事:ウクライナ軍の反攻、撤退するロシア軍を追撃して30拠点の奪還に成功
関連記事:ウクライナ、首都周辺のロシア軍戦術大隊4個相当が撤退したと発表

 

※アイキャッチ画像の出典:ArmyInform ボロディアンカを奪還したウクライナ軍兵士

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ウクライナ、ロシア軍の攻撃による爆発かと思ったら未知のガス田だった前のページ

中国が五輪終了後にウクライナへサイバー攻撃、ロシアの侵攻計画に加担か次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ウクライナ国防相、ドイツからゲパルトが弾薬と共に到着したと発表

    ドイツのランブレヒト国防相は「7月中に15輌のゲパルトを弾薬6万発と共…

  2. 欧州関連

    韓国、輸出制限のないRedbackのライセンスをポーランドに提供できる

    韓国のハンファディフェンスはDefence24に「輸出制限のないRed…

  3. 欧州関連

    禁輸と不正で苦境のエアバス防衛部門、戦闘機タイフーンも空中給油機も輸送機も不振

    世界的な航空宇宙産業企業であるエアバスの防衛部門は、総利益の1/5を稼…

  4. 欧州関連

    ロシアに屈しないチェコ、東欧諸国への自国軍派遣とウクライナ追加支援を検討

    152mm砲弾をウクライナに無償で寄付することで「ロシアの脅しに屈しな…

  5. 欧州関連

    BAYKARがポーランド人の善意に連帯、3度目のTB2無償提供を発表

    BAYKARがポーランド人の善意に「我々もウクライナ人を助けたいという…

  6. 欧州関連

    NATOのストルテンベルグ事務総長、ウクライナをロシアの侵攻から守る義務はない

    日本でもウクライナ情勢に関するニュースが増えて「ロシアがウクライナに侵…

コメント

    • 名無し
    • 2022年 4月 02日

    ヘルソン州でも反攻してるのか。しかしロシア軍は一体どうなってるんだ、やる気ないのか?

    7
      • 無無
      • 2022年 4月 02日

      やる気はあっても体のついてこない高齢者の体だね、老いたなロシア
      過去の、クリミア半島での勝利が目を曇らせたのか、はたまた独裁制の弊害か、
      ハイテク導入には熱心に取り組んでいるようで、軍という人間集団の刷新を怠っていたのだろう
      侵攻側が先に戦線崩壊してるなんて、まるでロシアを襲ったナポレオン軍みたいと笑っておく

      35
      • ダヴー
      • 2022年 4月 02日

      ヘルソンを放棄する準備をしているという分析がありますね。
      代わりにヘルソン州とクリミアとの境界の北の方に防衛ラインを新しく構築しているとのこと。

      3
      • けい2020
      • 2022年 4月 02日

      1ヶ月近く食料・水・燃料・耐寒装備がまともに補給されてないのに、撤退しなかった事自体が異常かもしれない
      万単位の軍隊が現地調達とか非現実的だし、水・燃料に余裕がなければ強盗しても調理も難しい

      夜は氷点下になるのに耐寒装備やら耐寒野営装備が、まともに揃ってる様子もなくて
      周囲は糞尿だらけで衛生状態最悪で、感染症や伝染病などの傷病兵で溢れてる可能性がたかいです

      もう2週間も粘ってくれれば、半分ぐらいは肥料になっくれたかもです

      5
    • ナナシ
    • 2022年 4月 02日

    私はここのコメント欄で侵攻から三、四日目の頃に、キーフはそのうち陥落する。とほざいていました。まさかウクライナがこれほどまで善戦し、キーフの包囲を一掃するとは思いもよらず、また自分の読みの甘さも感じました。当初から陥落はしない。という見立てをしていた方々に疑問を感じていた自分に恥ずかしさを覚えます。申し訳ないです。。

    58
      • トブルク
      • 2022年 4月 02日

      今回の戦争は、みんな予想を外してましたから。
      3,4日目の時点では、私も「ロシアの攻撃計画が杜撰すぎるし火力もセーブしてるみたいだけど、本気出せばキーフは落ちるだろう。」って思ってました。
      ただ、キーフが陥落してもウクライナがゲリラ戦に転じたら、ロシアは多分勝てないと思ってましたし、それについても同じ考えの人は多かったと思います。

      36
      • ダヴー
      • 2022年 4月 02日

      様々な考え方があって良いと思います。
      人間の予測に100%は無い訳ですし。
      それよりも様々な意見を出し合って、互いに知見を広げられるようになれたら良いですね!

      20
    • no war in UA
    • 2022年 4月 02日

    これ転進どころか総崩れなんじゃあ…

    28
      • tarota
      • 2022年 4月 02日

      イヴァンキフの北側の部隊もチェルノービリがウクライナに抑えられてるから逃げ道が一本しかないっていうね
      廃車街道になってそうだ

      12
      • 無能
      • 2022年 4月 02日

      キエフ周辺で軍事宣言小、嘘はついてないな(損害から目を逸らす)

      7
    • すえすえ
    • 2022年 4月 02日

    ここぞとばかりにウクライナは戦果拡大か。
    冷静な判断と戦いをしますなぁ

    北西のロシア軍はただの潰走ですねぇ
    士気がないうえに退却では戦えない。ただでさえ撤退戦はむずいのに

    28
      • マル
      • 2022年 4月 02日

      どれくらい包囲殲滅できたんでしょうね。

      6
        • すえすえ
        • 2022年 4月 02日

        まぁ包囲したら降伏に追い込むのが良いですな
        ヤケクソの徹底抗戦に追い込まないことが重要

        降伏という逃げ道用意しておかないと面倒になる

        21
          • KNOB CREEK
          • 2022年 4月 02日

          ですねぇ。
          こうすれば世界にロシアと違うということもアピールできますしね。
          あと何より南部への攻勢をかけるための機甲戦力を鹵獲できますしね。

          15
      • STIH
      • 2022年 4月 02日

      絵にかいたような包囲殲滅状態。HOIかな?
      こんなに綺麗に部隊が孤立するしているのがわかるようになるというのもゲームみたいで現実感が湧かないなあ。

      3
    • 名無しさん。
    • 2022年 4月 02日

    またウクライナの戦車が増えたな
    ロシア人はもしかしてそのまま逃げる体力もなく衰弱してたのでは

    15
    • 名無し
    • 2022年 4月 02日

    チェルニヒウをマリウポリのようにボロボロにして、ロシア軍に何の利益があるんだ?
    マリウポリとは違って、停戦後まで占領を続けられる都市とはロシアだって思っていないだろうに…

    10
      • ミリオタの猫
      • 2022年 4月 02日

      もしかすると、プーチンから「死守命令」が出ているのでは……(震え声)

      7
    • hiroさん
    • 2022年 4月 02日

    ニュースで、ゼレンスキーとプーチンの首脳会談をトルコで開催の可能性と報じているが、実現すればその場でロシア軍の惨状を知ることになるのだろうか?
    ゼレンスキーが毒殺されなければ良いけど。

    2
    • 匿名
    • 2022年 4月 02日

    撤退掩護で固定翼が使えないの残存S300のおかげだが結果AHも低空飛んで携SAMで落とされまくりAH戦力が撤退掩護で更に失われ回復に5年以上との話
    今後の再侵攻はAH無しで固定翼も防空破壊不可ならスタンドオフ以外無理ゲーだがPGMが枯渇したの致命的で航空支援の無い地上作戦もありうるらしい
    もうこうなると戦車砲まで間接射撃する地ならし戦術でも取る他ないだろう

    4
    • 名無し
    • 2022年 4月 02日

    ついに耐えきったのかウクライナ?!
    NATO参謀部の中の人の話だと、ウクライナ軍はまったく予備兵力が無い状態に追い込まれていたので
    どこか一部隊が補給切れで止まると、一挙に戦線が崩壊しかねないような状況だったらしい
    ほんとにギリギリだったんだよ
    よかった。
    東部はまだ予断を許さないのだろうが、ここぞとばかり削ってやってくれ

    8
    • AAA
    • 2022年 4月 02日

    これで首都は安泰か
    首都防衛軍を別の戦線に送って反攻作戦に勢いが出るだろう

    2
    • くらうん
    • 2022年 4月 02日

    航空機好きとしてはムリーヤの無惨な姿に胸が締め付けられる。
    震災の時、支援物資を満載して来日してくれた大きな機体をテレビで見たときは胸が高鳴ったっけ。
    あの時無理してでも成田に行けばよかった。

    9
    • POP
    • 2022年 4月 02日

    包囲による捕虜を仮に大量に獲得してもウクライナ側がお守できると良いのですが…

      • けい2020
      • 2022年 4月 02日

      武装解除して歩いて帰れが人道的だろうな(国際法的にも
      帰り着いても野垂れ死んでも問題ないし、武装解除して置けば野盗になるのも防げる

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  2. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP