欧州関連

ウクライナ軍がヤツキフカを解放、リマン方面のロシア軍を押し返す

ウクライナ軍参謀本部は23日に「オスキル川沿いのヤツキフカを解放した」と発表、リマン方面のロシア軍はジリジリと後退を余儀なくされているが、依然としてリマンやヤムピリといった拠点は維持している。

参考:ВСУ освободили еще одно село в Донецкой области и улучшили позиции возле Бахмута – Генштаб

ロシア軍は30日~45日後に動員した予備役で編成した部隊をウクライナへ投入か?

ウクライナ軍参謀本部は23日に「オスキル川沿いのヤツキフカを解放した」と発表したが、視覚的な確証はないもののクリムキー、オレクサンドロフカ、コロビイ・イアルもロシア軍から奪還している可能性が高く、ドロビュッシェブを守るロシア軍は退路を立たれ孤立しているという噂もある。

出典:Google Map 東部方面の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

さらに東部戦線のウクライナ軍はクピャンスクよりも北にあるドヴォリチナからオスキル川を渡河、タヴィルザンカからロシア軍を追い出そうと交戦中という報告があるが詳細は不明だ。

因みにロシアが動員中の30万人について参謀本部は「ウクライナ領内で戦闘に従事する部隊の編成を30日から45日以内に終えることを計画しており、一部の部隊はウクライナと国境を接する地域の警備に回される」と明かし、動員は30万人を越えて継続されミサイル部隊や砲兵部隊の編成に重点を置いているとも述べている。

追記:恐らく30日から45日以内に編成を完了させるのは歩兵部隊で、30日から45日以内にミサイル部隊や砲兵部隊の編成を完了させるという意味ではない。専門技術を身に着けた人材が不足しているため育成に時間が掛かることをロシア軍も理解しており「ミサイル部隊や砲兵部隊の編成に重点を置いている」という話。

関連記事:東部戦線で利益を上げ続けるウクライナ軍、ビロホリフカやヤロヴァを奪還

 

※アイキャッチ画像の出典:Генеральний штаб ЗСУ

ロシア軍占領下で国民投票を開始、動員初日だけで1万人が招集に応じる前のページ

ロシアの動員数は100万人ではなく120万人? 反対の少ない農村部で招集次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    欧州最大の国防支出を決めた英国、2.3兆円の国防予算増額を発表

    英国のジョンソン首相は19日、冷戦後最大の国防予算引き上げを発表して「…

  2. 欧州関連

    マクロン仏大統領、豪州のアタック級潜水艦に関する契約履行を仏政府が約束すると宣言

    オーストラリアのモリソン首相と首脳会談を行ったフランスのマクロン大統領…

  3. 欧州関連

    スイス政府は次期戦闘機にF-35Aを選択、但しグリペン導入を撃墜した国民投票の実施が濃厚

    スイス政府は次期戦闘機の選定結果を6月30日に発表、提案された4機種(…

  4. 欧州関連

    第6世代戦闘機開発FCASに振り回されるフランス、ダッソーが単独開発に言及

    仏独が主導する第6世代戦闘機「FCAS」プロジェクトでエアバスと共に開…

  5. 欧州関連

    ドイツ空軍でミステリアスな事故? 戦闘機「トーネード」に装着された増槽2個が同時に落下

    ドイツ空軍は9月、新人パイロットを養成するための訓練飛行中だった戦闘機…

  6. 欧州関連

    占領下の街に潜伏を余儀なくされたウクライナ軍兵士、6ヶ月間ぶりに帰還

    ウクライナ国防省情報総局は「ロシア軍占領下の街で潜伏生活を強いられた兵…

コメント

    • あささ
    • 2022年 9月 23日

    >>ウクライナ領内で戦闘に従事する部隊の編成を30日から45日以内に終えることを計画しており
    え、噓でしょ
    軍から離れて一般生活をしてた人を一カ月で戦場へ!?

    26
      • あばばばば
      • 2022年 9月 23日

      ロシア「できらぁ!」(本当に戦場に送り付けるだけ)

      ぶっちゃけ、訓練部隊に教育する為の物もなければ、教育できる人物もいないらしいし、一般的に徴兵した兵士がとりあえず使える物になる半年の訓練やろうが、基礎的な行動のさわりだけやって戦地に送り出そうが、今の前線に存在する戦力と質は大きく変りは無いのではいのでは?

      34
      • Ard
      • 2022年 9月 23日

      マジで言ってんのかって感じ。碌に訓練されてない兵士を碌に物資の無い冬の戦場に放り出すんですかねぇ…。

      22
      • モンパ
      • 2022年 9月 24日

      訓練は5日〜10日くらいしかやらないだろう。
      教える側が足りないので、訓練した兵士の数が揃うまで待たされて30日〜45日となる。
      これまでも即成教育しかやっていないので兵士不足の今、従来よりも充実した教育をやるとは思えない。
      ここでも量。
      短期間でどれだけの教育を終えたかが教育側への評価となる。
      評価基準ってやつはとても大事だけど、こういうとこは短期間で修正できない、というか「修正すべきだ」と言い出すことができないのが、今のロシア軍の雰囲気だろう。
      かくして、大砲の餌が大量に戦地へ送り出される。
      なんか、かわいそう。

      7
    • 航空太郎
    • 2022年 9月 23日

    ミサイル部隊や砲兵部隊の編制を30日~45日以内に終える?
    基本操作を習って、その通りに操作できるようになるだけでも厳しい気がするが……。
    現地で起こるトラブルに対処できず、応用できるだけの訓練も受けてない。
    というか、予備役を兵士として行動させられるように、再訓練するのだって終わるか疑問だ。
    統率された軍隊として機能するんだろうか……?

    17
      • ミリオタの猫
      • 2022年 9月 23日

      動員する予備役ですが、一部は「再訓練無しで前線へ送る」兵士も居ると言う情報が流れている他、徴兵期間を満了した兵士も動員してそのまま派兵すると言う話も有るので、編成される部隊はロクなモノじゃ無いと思われます。
      更に、ミサイル部隊や砲兵部隊を重点的に編成すると言ってもミサイルや重砲に予備が有るのか不安が有りますし、前線への兵站の負担を考えると、下手をしたら前線に送った瞬間に補給切れ・更に冬将軍がやって来た結果部隊は全員凍死・残された装備は全てウクライナ軍に鹵獲されるオチが待っているかも知れません。

      12
        • 名無し
        • 2022年 9月 24日

        これがトム・クランシー御大が「カテゴリーCの間抜けな老人ども」ってレッドストームで言ってたやつか。。。

        1
      • けい2020
      • 2022年 9月 24日

      思い出してください、ロシア軍は統率された軍隊でしょうか?

      20
      • モンパ
      • 2022年 9月 24日

      とりあえず足りないのは歩兵。

      1
    • 無題
    • 2022年 9月 23日

    今回は大祖国戦争とやらの時と違ってレンドリースは無いわけだが30万人もどうやって養うんだ?

    21
      • けい2020
      • 2022年 9月 24日

      プーチン「水食料が足らない?現地調達させればよいだろう、もういけっ!」

      9
        • Ard
        • 2022年 9月 24日

        この先、雪と枯葉しか無さそう…

        4
          • We
          • 2022年 9月 24日

          焚くほどは 風がもてくる 落葉かな

          侘び寂びかな?

          5
    • ワオン
    • 2022年 9月 23日

    2週間で教育を終えて戦地に送り込まれて全滅した囚人部隊より長く教育しているから大丈夫なんじゃない?

    6
    • AAA
    • 2022年 9月 23日

    リマンはウクライナが完全に包囲したみたい
    リマン守備隊はもう降伏しか無いと思うがいつまで粘るつもりなのか

    28
    • 横田
    • 2022年 9月 23日

    動員した兵隊は砲兵部隊や輸送部隊に当てるということか
    たしかにロシアは兵站に苦しんでるんだから理にかなってはいる

    5
    • 2022年 9月 23日

    流石に召集した予備役はじっくり再訓練してから春に投入するのでは?という至極真っ当な予想はあえなく裏切られてしまいました
    ハルキウでの失態が動員のキッカケですから、プーチンは現在もなお続いているウクライナの攻勢を死体の山築いてでも止めるつもりなんですかね
    大祖国戦争教の教祖プーチンとしては絶頂モンのイベントなんでしょうけどクソ寒い冬に付き合わされる方はほんとたまったもんじゃないですね……

    35
    • りんりん
    • 2022年 9月 23日

    練度の低い部隊でもウクライナ軍が手薄な北部国境に配置して再侵攻を伺わせれば、それだけでウクライナ側は防衛部隊を配置しなければならなくなる。
    地形的にウクライナ東部を包み込むようにロシア国境があることから、兵力さえあればロシアはウクライナ軍を翻弄出来る可能性はある。

    練度が低くても手駒が増えた時のロシア軍の行動は、言うまでも無いが注視する必要がある。

    34
      • ゆう
      • 2022年 9月 24日

      ウクライナは、西側から精度の高い情報が入ってくる。無人機からの情報も。
      再侵攻なのか、囮なのかの判断は容易だろう。
      練度が低く、物資も不十分だと、単なる分散配置・各個撃破となりそう。

      3
        • りんりん
        • 2022年 9月 24日

        ロシアからしてみれば北部国境からハルキウを伺っては戻り、でいいんですよ。
        練度が低くても防衛するウクライナ軍が少なければ、ハルキウを圧迫することができる。
        ウクライナ軍が出てきたらロシア国内に戻れば良い。
        ロシアにだって監視衛星はありますからね(稼働数は減っているみたいですが)。
        ウクライナ軍にはロシア領内に大規模侵攻する力はありませんから、ロシア軍は国境まで逃げるだけで良い。

        まあこれだけのことでも、実行しようと思ったらかなり大変ではあります。
        機動戦力と兵站を安定供給しなければ成りませんから。
        でも兵数で上回ることができれば、ロシアにはさまざまな選択肢があると言うことです。
        それは忘れてはなりません。

        11
    • あらら
    • 2022年 9月 23日

    ロシアの予備役って毎年の訓練って無いのですかねぇ?ロシア以外の国でも結構ですので予備役の実態を詳しい方教えていただけませんか?

    2
      • ミリ猫
      • 2022年 9月 23日

      今日のニューズウィークの記事からですが、
      >>Russia has the potential to call up two million military reserves if it wants to, but only a fraction of those troops regularly receive refresher training and are prepared for war.

      ロシアはその気になれば200万人の予備軍を招集できるポテンシャルを持っているが、定期的に再教育訓練を受け、戦争に備えているのはそのうちのごく一部に過ぎないのである。

      とありますので、米国の予備役とは全く比べ物にならないと思います。

      23
      • ミリ猫
      • 2022年 9月 23日

      (連投になったらごめんなさい。
      欧州からだとプロキシを通さないと投稿できないので、
      アップできているかどうか不明です)

      今日のニューズウィークの記事からですが、
      >>Russia has the potential to call up two million military reserves if it wants to, but only a fraction of those troops regularly receive refresher training and are prepared for war.

      ロシアはその気になれば200万人の予備軍を招集できるポテンシャルを持っているが、定期的に再教育訓練を受け、戦争に備えているのはそのうちのごく一部に過ぎないのである。

      とありますので、米国の予備役とは全く比べ物にならないと思います。

      14
    • 匿名さん
    • 2022年 9月 23日

    真冬に送り込まれるのか・・・。
    こんどは露助共に冬将軍様が大暴れしそうだ。

    24
      • ヤゾフ
      • 2022年 9月 23日

      補給ガタガタなので凍傷や凍死でバタバタ倒れていきそうです。

      21
    • 無無
    • 2022年 9月 23日

    不様な大量動員の結果がプーチン政権の寿命を縮める予想
    訓練も装備も補給も充分になく真冬の戦場に放り出された兵士たちは、敵がウクライナでないことに気がつくだろう
    あとは何かきっかけになるか、そこ

    9
      • 匿名
      • 2022年 9月 24日

      大量の死者が出る中で動員逃れできないように国境を封鎖しだしたら国民の不満が次のステージに進みそう

      3
        • 匿名
        • 2022年 9月 24日

        ほら、ロシアって「自国内」ではドMだから…
        (その分余所に出ると狂った様に荒らし回る訳だが)

        2
    • らんらんるー
    • 2022年 9月 23日

    病気になったら置いて行かれるんだろうか
    つらいなー

    1
    • 慕華館
    • 2022年 9月 23日

    ウクライナの11月の気温は最高気温が5℃前後、最低気温が0℃前後になりますね。
    満足な訓練も受けずに粗末で不衛生な塹壕の中で過ごす生活は、さぞかし過酷なものになりましょうなぁ(-_-;)

    17
    • ああああ
    • 2022年 9月 24日

    ヘルソン方面がどうなってるのかちょっと心配。

    • タイヤキ
    • 2022年 9月 24日

    ロシア軍が訓練している部隊から戦力の逐次投入して、支配地域をできるだけ確保して、補給線への負担減らしてウクライナ軍疲弊させつつロシアの人口多い利点いかしてウクライナ軍にも負荷かかる冬を待つ消耗戦略とってきたら、厄介だな。
    いきなり30万ずつ四回にわけておくりこみ補給線に負荷かけて補給線崩壊させて冬将軍に破れそうな気もしますがね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  5. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP