欧州関連

ウクライナ軍によるヘンソン州での反撃、ロシア軍を約9km押し戻す

ウクライナ軍がヘンソン州で開始した反撃はDavydivBrid付近のロシア軍を約9kmほど押し戻すことに成功、幾つかの拠点を奪還しながらBruskyns’keに迫っている。

参考:На юге от Кривого Рога ВСУ провели успешную контратаку – Вилкул
参考:RUSSIAN OFFENSIVE CAMPAIGN ASSESSMENT, MAY 29

限定された反撃ならウクライナ軍はあまり深入りせず「突出部の維持」に徹する可能性が高い

ヘンソン州DavydivBrid付近で28日頃に観測されたウクライナ軍の反撃はロシア軍を約9kmほど押し戻し、突破口近くのBilohirka、Lozove、Andriivkaの支配権も回復することに成功、ウクライナ軍の突出部の先端はBruskyns’keに迫っている。

出典:GoogleMap 大まかな南部戦線の状況/管理人加工

ロシア軍が戦力を集結させ軍事的圧力を受けているクリヴィー・リフ当局者は「今回の反撃でロシア軍はT-72、Grad、大砲、ヘリコプター、Su-35など19の装備品を失った」と明かしているが、米シンクタンクの戦争研究所(ISW)は今回の反撃について「ヘンソン州全体を奪還するような本格的な反攻ではないが、ドンバスに戦力を集中させるロシア軍の作戦を混乱させ、戦力の一部をヘンソンに増援として派遣することを余儀なくさせる可能性がある」と述べている。

つまり今回反撃はドンバスに集中するロシア軍の注意をヘルソンに向けさせる「限定された反撃」とISWは評価しているのだが、果たしてBruskyns’keに迫ったウクライナ軍はどこまで前進するつもりなのだろうか?

出典:Генеральний штаб ЗСУ

限定された反撃ならウクライナ軍はあまり深入りせず、適当なところで「突出部の維持」に切り替えるはずだ。

追記:ハルキウを訪問したゼレンスキー大統領はロシア軍から都市を守った兵士を激励したが、侵攻当初から街を守るためではなく自身の保身に走ったハルキウ州のウクライナ保安庁(SBU)のトップを解任した。

出典:Сухопутні війська ЗС України

もしかするとハルキウで見つかった軍の装備やスペアパーツを盗み出しロシア軍に引き渡そうとしていた事件(戦車用エンジン60台、装甲車輌用のスペアパーツ、空対空ミサイル26発など2億ドル分の物資盗難)に関与していたのかもしれない。

関連記事:ウクライナ軍がヘルソン州で反撃、航空戦力も投入してロシア軍と交戦中
関連記事:ウクライナ、ロシアの協力者に盗まれた60台の戦車用エンジンを回収

 

※アイキャッチ画像の出典:93-тя ОМБр Холодний Яр

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ポーランド、NATO規格対応の自走砲KRAB×18輌をウクライナに提供前のページ

衰えないロシア軍の装備補充、新たに大量のT-72やT-80BVを運び込む次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    英海軍は新型艦調達で戦力増強、艦隊防空の要となる85型駆逐艦の開発も

    英国のベン・ウォレス国防相は英国軍の具体的な再編内容を22日に発表、今…

  2. 欧州関連

    世界中から失笑されるドイツ軍を再建?ドイツ政府、軍の調達システム改革に着手

    ドイツのカレンバウアー国防相は、自国の軍隊が世界中から笑い者になってい…

  3. 欧州関連

    中国資本の侵入を許した英防衛産業界、F-35やAH-64などの製造に中国が関与

    英国の下院防衛委員会は最近「中国は我々の能力を制限しうる企業の買収を通…

  4. 欧州関連

    海外調達に失敗したトルコ、主力戦車「アルタイ」に国産パワーパック搭載を決断

    トルコは昨年末に主力戦車「アルタイ」のパワーパック問題を解決するため韓…

  5. 欧州関連

    英国、トルコにクイーン・エリザベス級空母の設計図売却と建造支援を提案か

    トルコ初の空母保有計画はF-35B導入困難のため暗礁に乗り上げているが…

コメント

    • や、やめろー
    • 2022年 5月 30日

    ここから本格的に反抗できたらいいけど。ムィコライーウから増援が来れば挟撃もできるかも。しかしまあロシア軍は絶対増援送るとも言えないし、ドニエプル川からムィコライーウまでは捨てるかも知れない。

    7
    • STIH
    • 2022年 5月 30日

    南部の攻勢がうまく行っているのは何よりですが、この先ロシア軍は防衛線を築いているという話があったような気がします。
    陽動だとしてもこの防衛線、あるいはドニエプル川左岸に橋頭堡が維持できれば充分とロシア側が考えれば、東部から戦力を引き抜かない気もします。
    できるかどうかは別として、ドニエプル川左岸から叩き出すくらいじゃないとならんのでは。

    7
    • お!?
    • 2022年 5月 30日

    ロシア軍が「対UAV用の最新レーザー兵器車両を投入した」って日本国内でのニュース観たけど、本当なんですかね?もしそうだとしたら大規模な戦闘でのレーザー兵器世界初?(あ、なにげにSu-35撃墜されてる^^)

    • くらうん
    • 2022年 5月 30日

    ロシア側の損失にSu-35が入っていることが興味深い。
    地上攻撃に向かったところをMANPADSで迎撃されたのか、より後方からS300で撃墜されたのか。
    いずれにせよ戦闘機の撃墜はかなり久しぶりだと記憶しているので、ウクライナの防空網が健在であることを示す良い知らせだ。

    16
      • クローム
      • 2022年 5月 30日

      地上からではなく、空中のMiG-29によって撃墜されたようです。
      ウクライナ軍が、27日の午後2時にヘルソン州においてMiG-29でSu-35を撃墜したと発表しています。
      MiG-29はSu-25の護衛として飛行中に、迎撃しに来たSu-35を撃墜しました。該当のSu-35は第23戦闘機連隊所属でベルベック飛行場(セヴァストポリ国際空港)から離陸しました。

      詳細は分かりませんが、「オリオン」と「Ka-52」も同日に撃墜されたそう。

      13
        • くらうん
        • 2022年 5月 30日

        MIG-29でSu-35を撃墜したとなれば、好条件が重なったかもしれないがかなりの練度ですね。
        単に防空網の網にかけたよりも、士気を上げる効果は高そう。

        6
      • てつ
      • 2022年 5月 30日

      Su-35はMiG-29によって撃墜された、と空軍が発表しています。
      残骸等の映像は発表されていないようですが。

      3
        • クローム
        • 2022年 5月 30日

        真偽は不明ですが白煙を吐きながら落下中の画像はこちら。

        リンク
        何にせよウクライナ空軍の経験や教訓は貴重でしょうね。実戦の空中戦を経験し、撃墜歴ある現役パイロットなんて世界中ほぼいないのでは?

    • スットコドッコイ
    • 2022年 5月 30日

    プーチン大佐の胃癌手術が終わったという噂も聞いているので、ロシア軍のウクライナ侵攻後セベロドネツク攻撃が一番ましな作戦と言われているのも、もしかしてプーチン大佐が不在だったせいかも。
    もしプーチン大佐が作戦指揮に復帰していたらウクライナ軍のヘルソン反攻でドタバタしそうな予感が!

    4
      • 鳥刺
      • 2022年 5月 30日

      技術的にはクレムリンで戦場実況をモニターする事は普通に可能で、可能な以上プーチンがそれを我慢できる筈もないですし(笑)

      まあ、セベロドネツクのターミネーター部隊の実況でも宛がっておけば、現地軍の仕事の邪魔はしないんじゃないですかね。

    • zerotester
    • 2022年 5月 30日

    ISWによればロシア軍はセベロドネツク攻略のために各地の前線からまだ使える部隊を引き抜いて回しているそうで、それで弱体化したところを狙っていくのがいいですね。
    セベロドネツクは市街戦に突入してやはり膠着してるし、「ルハンスク州全体を占領した」と言いたいだけのためにロシアは割りに合わない戦いをしていると思えます。

    9
    • K(大文字)
    • 2022年 5月 30日

    >ハルキウ州のウクライナ保安庁(SBU)のトップを解任した

    戦後にならないと真相は明らかにならないか、もしくは永遠に藪の中かも知れませんが、ウクライナ内部にどれくらい親露分子が浸透していたかは気になりますね。ロシアの開戦判断にも影響しているはずなので。
    そして、本邦において他山の石として欲しい。

    15
    • 2022年 5月 30日

    しかしウクライナは何とも巧い動きをしてるなぁ。
    ロシアが想定より弱かったのは置いておいても、ウクライナの指揮官優秀すぎないか?

    4
    • 鳥刺
    • 2022年 5月 30日

    クリヴィー・リグ方面のロシア軍部隊の後方連絡線を脅かし、攻撃企図を牽制し混乱に乗じてより大きい損害を強いる、ぐらいで成果としては充分ですしね。
    空域接近拒否は出来ても航空優勢を奪っているわけでもなく、敵にも予備隊が存在し、敵砲兵を探知制圧し対戦車歩兵を火力で掃討しながら進まなければならないのはウクライナ軍でも同様ですから、まあ現段階では双方共一回の突破攻撃はそうは深くならない印象です。

    ドンバスへの影響は、前線部隊の転用は考え難いですが、ハルキウ攻勢→ベルゴロド州に19個大隊(???)の流れのように、ロシアの国内の予備隊や補充兵・装備の吸引なんかは生じるかもですね。

    単純に局地的な話で、ヘルソン南部地域から予備隊を誘引してからのヘルソン正面の攻撃、なんてシナリオもありそうですが、敵陣地への正面攻撃は自軍の出血覚悟の作戦になりますし、彼我の戦力比の推移次第ですか。
    5月中旬のハルキウ攻勢も、開始当初でロシア5個大隊相当対ウクライナ5個旅団(-)ぐらいの戦力比になってましたし。

    実の所「クリヴィー・リグへの攻勢の為にロシア軍が兵力を集結中」は、4月末ごろから西側シンクタンク系で言われ続けていた話ですが、前線の村落争奪以外に具体的な戦線の変動も無く、部隊名・部隊規模の報告も少なく実態は霧の中の感があったので、この交戦を機に情報空間での具体的な情報の増加に期待しています。

    3
    • NATTO
    • 2022年 5月 30日

    ウクライナの一般的な火器はAK74で特殊部隊や外国人部隊が西側の銃なのかな?
    西側から入った銃も一般部隊だと消耗してAK74に戻ったとか。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
PAGE TOP