一般的雑学

一般的雑学|新しい米大統領専用機“エアフォースワン”は、原子力空母1隻の建造費に匹敵する?

ロシアの“ロシースカヤ・ガゼータ”が、アメリカ合衆国大統領専用機“エアフォースワン”について興味深い記事を書いていました。

参考:Цена самолетов президента США сравнялась с авианосцем

新しい大統領専用機「VC-25B」の調達価格は、原子力空母1隻分の建造費と同じ

映画などでも度々登場して有名になった、アメリカ合衆国大統領専用機「VC-25」、コールサイン“エアフォースワン”と呼ばれる、空飛ぶホワイトハウス。

現在、運用中のVC-25(ボーイング747-200B)が老朽化したため現在、後継機(ボーイング747-8)への更新作業が進行中で、この新しい大統領専用機は「VC-25B」と呼ばれています。

出典:public domain アメリカ合衆国大統領専用機「VC-25」

後継機の候補には、「大陸間の飛行が可能な4発機」が条件で、ボーイング747-8とエアバスA380が候補に挙がりましたが、エアバスは、米国の大統領専用機のためにだけに、特別な機体を3機製造するのはコストが合わないとして辞退しました。そのためボーイング747-8が選ばれる事になります。

当初は3機導入する予定でしたが、最終的に現在と同じ2機体制(経済的な意味で)になるようです。

この2機のボーイング747-8をVC-25Bに改造し、運用状態まで持っていくのに掛かる総費用が、なんと53億ドル(約5800億円)!!!

出典:public domain ニミッツ級航空母艦の1番艦「ニミッツ」

これは、米海軍が運用している「ミニッツ級原子力空母」が1隻建造できる金額で、バージニア級原子力潜水艦なら2隻購入してもお釣りが・・・ 最新鋭のステルス戦闘機F-35Aなら約60機も購入できる金額!

この費用に含まれているのは、2機分のボーイング747-8購入費・VC-25Bへ改造費、さらに改造したVC-25Bの試験費用や、予備部品、訓練にかかる費用、新しい専用格納庫の建設費用が含まれるそうです。

お金掛け過ぎでしょ・・・ ボーイング747-8の価格は1機4億ドル前後。2機でも8億ドル程度なのに53億ドルって・・・

更に興味深いのは、53億ドルの巨費を投じても予算不足(節約のため?)のため、VC-25で装備されていた空中給油受油装置など、幾つかの重要な増備が失われると言っています。

捕捉:因み、米国には副大統領専用機“エアフォースツー”と呼ばれる、C-32(ボーイング757-200)も、6機保有しています。これも米国大統領が乗ればエアフォースワンになるんですけどね。

大統領専用機に興味がある方におすすめな動画があります。この動画を見れば、エアフォースワンの運用に、どれだけの手間が掛かっているのかよく分かります。

 

日本の政府専用機は「ジャパニーズ・エアフォースワン」

日本にも首相専用機という訳ではありませんが、政府専用機があって、この専用機のコールサインは“Japanese Air Force One”だそうです。

先日、4発機(ボーイング747-400)政府専用機が、双発機(ボーイング777-300ER)の新しい政府専用機に交代しました。この新しい政府専用機(ボーイング777-300ER)のお値段は約680億円、2機導入にかかった予算は約1360億円。

もちろん、この価格には政府専用機への改造費用が含まれています。

米国のエアフォースワン程ではないですが、十分高価ですね。

去年、進水した最新のイージス艦護衛艦「まや」が1680億円、ちょっと足りないか・・・ そうりゅう級潜水艦(約500億円~600億円)なら、2隻購入できます。

原子力空母1隻分というエアフォースワン(VC-25B)程の、パンチのある肩書が見つからない(笑)

そして、お役御免になった旧型政府専用機(ボーイング747-400)2機は、民間へ売却されます。

この旧型政府専用機に搭載されていた貴賓室(搭乗者の中で一番偉い人が休息をとる部屋)は取り外され、1つは航空自衛隊の浜松基地にある広報施設「エアーパーク」で常設展示される予定。

もう1機分の貴賓室は、展示を希望する施設を公募し決める予定。応募できるのは地方公共団体、学校教育法第一条に規定する学校、その他、防衛に関する施策の普及又は宣伝を行う者に限定されています。

個人的にですが、旧型政府専用機に比べ、新型政府専用機の塗装デザインの方がカッコいいと感じます。

流れるような赤色のラインが非常に綺麗。

 

新しく日の丸を背負って飛び立つ新型政府専用機(ボーイング777-300ER)の活躍を楽しみにしています。

 

※アイキャッチ画像の出典:米国空軍

軍事的雑学|搭載出来るエンジンがない?トルコの第5世代戦闘機「TFX」開発に問題発生!前のページ

軍事的雑学|日本初!ステルス戦闘機F-35Aを擁する実戦部隊「第302飛行隊」が正式発足!次のページ

関連記事

  1. 一般的雑学

    スター・ウォーズファン必見!158万個のレゴで作られた実物大の戦闘機「Xウイング」

    現在、フランスのパリで開催されている「パリ航空ショー」に、映画「スター…

  2. 一般的雑学

    一般的雑学|庶民に希望はあるのか?ビジネスジェットで移動した場合の料金を調査!

    今回は庶民の管理人には縁がないけど、興味はあるビジネスジェットを取り上…

  3. 一般的雑学

    一般的雑学|空母「いぶき」の由来?これさえ読めば「映画 空母いぶき」について自慢できるかも!

    5月24日から公開予定の映画「空母いぶき」。映画に登場する「空母いぶき…

  4. 一般的雑学

    一般的雑学|エアバスA380製造打ち切り!なぜ総2階建て4発機はダメだったのか?

    エアバスA380製造打ち切りのニュースが報じられていますね。今回は民間…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 3月 26日

    2機しか作りませんからね。
    核戦争が発生しても、電磁パルス、電磁波からの防護、チャフなどのミサイル防護、3週間でしたっけ?の食糧、手術室などなど
    開発、試験、評価費用で3,000億円ぐらい
    ちなみにP-8とかの開発費は倍以上の8,000億円ぐらい?
    ただし100機作るから ÷ 母数が多いから1機あたりに計上される開発、試験、評価費用はお安くなるけど、総額では遥かに多い。

    • 匿名
    • 2019年 3月 27日

    Japanese Air Force One
    ダセーなw
    独自の名前つけろよ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    英海軍が頭を抱える問題、原潜用原子炉「PWR2」の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP