一般的雑学

一般的雑学|空母「いぶき」の由来?これさえ読めば「映画 空母いぶき」について自慢できるかも!

今回は映画のお話です。映画に登場する「空母いぶき」の由来についてまとめてみました。

漫画「空母いぶき」が実写化!

5月24日から公開予定の映画「空母いぶき」

原作は、「沈黙の艦隊」や「ジパング」で有名な、かわぐちかいじ先生作の漫画「空母いぶき」です。

映画の内容は、漫画「空母いぶき」の内容を元にしているらしいですが、漫画では中国だった敵国を「国籍不明の船団」に変更されているとか・・・ この辺は、実名(実国名?)を出すと、やはり難しいんでしょうね。

まぁ、そんなことはどうでもいい。

なんと言っても、実際の空母「いぶき」が見られるなら!!!

CGだけど・・・

ストーリに触れるとネタバレになるので書きません。

 

空母「いぶき」の由来や、うんちくを少々・・・

空母「いぶき」とは、漫画に登場する架空の空母。

自衛隊初の航空機搭載型護衛艦。満水排水量2万6000トン、F-35JBを15機搭載しています。F-35JBとは、F-35Bのこと。漫画では、このF-35JBを対潜水艦戦のために搭載しているという苦しい説明で国会を乗り切るという荒業(笑)

当然、漫画の中の野党は「対潜ヘリでよくない?」と反発します。

この空母「いぶき」は、スキー・ジャンプ方式の飛行甲板になっています。これでF-35JBをS/VTOL運用(短距離/垂直離着陸)します。

漫画を読むか、映画の予告編を見ると一発で分かると思いますが、モデルは海上自衛隊の護衛艦「いずも」です。

モデルになったヘリコプター搭載護衛艦の「いずも」が、本当に「空母化」してしまうなんて運命を感じます。

出典:海上自衛隊ホームページ 護衛艦「いずも」型

そして漫画「空母いぶき」の、「いぶき」とは、旧帝国海軍が改鈴谷型重巡洋艦として建造していた重巡洋艦「伊吹」を、建造途中に空母へ変更し建造した空母「伊吹」に因んでいます。

そもそも重巡洋艦として建造していたのを、なぜ空母に変更したのか?

昭和17年に発生したミッドウェー海戦で、日本海軍の正規空母(赤城、加賀、飛龍、蒼龍)を4隻失ってしまったため、急遽、空母へ変更されることになりました。

出典:wikimedia commons public domain ミッドウェー海戦で、B-17爆撃機の攻撃を受け、回避行動中の空母飛龍

元々は空母建造を優先するため、伊吹を建造していたドックを空けることになったので、とりあえず進水可能(海に浮かべる)なところまで工事を進め、進水させドックから引っ張り出し、とりあえず係留しておきました。

その後、この船体の活用して、艦隊随伴型高速給油艦、水上機母艦、高速輸送艦など検討を重ねましたが、同時期に米海軍が軽巡洋艦を空母に改造していた事に影響を受け、伊吹の空母改造が決定されました。

結局、終戦までに工事が終わらず間に合わなかったのですが、もし完成していても、元々重巡洋艦として設計された船体だったので艦の横幅が小さく、設置できる飛行甲板の横幅23mと狭いため、航空機の運用にかなりの制約があっただろう言われています。

因みに、最初から空母として建造された飛龍の飛行甲板の横幅は27mもありました。

出典:wikimedia commons public domain

もっと話が脱線すると、川又千秋先生が書かれた小説「ラバウル烈風空戦録」にも、空母「伊吹」が登場します。

これは重巡洋艦「伊吹」を改造したものが完成した設定ですが、確か起動式のスキー・ジャンプ飛行甲板を搭載していたと記憶しています。記憶があやふやなので間違えていたら、ごめんなさい。

管理人としては、漫画「空母いぶき」を見た時、ラバウル烈風空戦録に登場した空母「伊吹」が元ネタになっているのかと思いました(笑)

この記事を読まれた方で、ラバウル烈風空戦録を読んだ方います?

良い小説だったのに途中で終わってしまったのが残念すぎる。

ミロク中尉、最高にカッコよかったのに・・・

 

と、この様に、全く映画「いぶき」の内容を語らず、ここまで書き進めたことに驚きを覚えつつ、映画を鑑賞したら、この続きを書こうと思います。

 

※アイキャッチ画像の出典:海上自衛隊ホームページ

関連記事

  1. 一般的雑学

    一般的雑学|エアバスA380製造打ち切り!なぜ総2階建て4発機はダメだったのか?

    エアバスA380製造打ち切りのニュースが報じられていますね。今回は民間…

  2. 一般的雑学

    一般的雑学|新しい米大統領専用機“エアフォースワン”は、原子力空母1隻の建造費に匹敵する?

    ロシアの“ロシースカヤ・ガゼータ”が、アメリカ合衆国大統領専用機“エア…

  3. 一般的雑学

    一般的雑学|庶民に希望はあるのか?ビジネスジェットで移動した場合の料金を調査!

    今回は庶民の管理人には縁がないけど、興味はあるビジネスジェットを取り上…

  4. 一般的雑学

    スター・ウォーズファン必見!158万個のレゴで作られた実物大の戦闘機「Xウイング」

    現在、フランスのパリで開催されている「パリ航空ショー」に、映画「スター…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 3月 23日

    数年前に艦これが流行った頃は架空戦記にも追い風がくると思ったんですが、ジャンルの初期を支えた作者さんたちもご高齢になり、業界自体が徐々に先細りになってきている気がします。寂しい限りです。
    また50万トン級戦艦が活躍するような小説を読んでみたいものですね。

    • 匿名
    • 2019年 3月 25日

    双戦でしたっけww

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

最近の記事

関連コンテンツ

PAGE TOP