インド太平洋関連

衝撃的な事実、パキスタンのパイロットの40%は偽ライセンスで旅客機を操縦

パキスタンのグラム・サルワール航空大臣は首都カラチで墜落した旅客機事故に関連して、同国のパイロットの約40%が偽ライセンスを所有していると明らかにした。

参考:उड्डयन मंत्री ने संसद में बताया, देश में 40% पायलट्स के पास फर्जी लाइसेंस

パキスタンのパイロットの約40%が不正な手段でライセンスを取得している?

現地メディアの報道によればグラム・サルワール航空大臣は5月に墜落した旅客機事故の暫定報告書の提出と関連して、パキスタン航空業界に広がる偽ライセンス問題についても言及して注目を集めている。

サルワール航空大臣は昨年実施された調査の結果、パキスタンで登録されている現役パイロット860人の内、実に262人ものパイロットが不正な手段(※1)で試験をパスして取得した偽ライセンスを所有しており、このようなパイロットは「一度も正規の試験を受けたこともなく航空機を操縦するための正しい知識や経験を備えていない」と言及して、パキスタンのパイロットの約40%(※2)が偽ライセンスを所有していると指摘した。

※1補足:不正な手段とは他のパイロットに頼んで自分の代わりに試験を受けてもらう方法のことを際している ※2補足:この40%と言う数字は登録されている現役パイロット860人に対する割合ではなく、現在は飛んでいないパイロットが所有する偽ライセンスの数も含めた数字であるので注意が必要

現地メディアは、パキスタン国際航空では実力や適正ではなく政治的な理由でパイロットが任命されており、少なくともパキスタン国際航空の4人のパイロットのライセンスは偽物であると報じているが、事故機を操縦していたパイロットのライセンスが本物だったのかについてサルワール航空大臣は明らかにしておらず、墜落事故はパイロットと管制官が互いに規則を守らなかったことが原因の1つだと指摘している。

出典:Shadman Samee / CC BY-SA 2.0 墜落したPK8303便

パキスタン国際航空の国内便PK8303便(エアバスA320)のパイロットは管制官が進入高度が規定の2倍以上高いので「旋回して高度を落とせ」という指示を無視して降着装置を収納したまま着陸を行い、機体を滑走路に接触させてエンジンの燃料系統にダメージを受けた。ジンナー国際空港の管制官はPK8303便が滑走路に接触して火花を出ている=機体が損傷したことを確認したにも関わらずPK8303便に事態を伝えなかった。

そのため2度目の着陸を試みたPK8303便は、着陸進入の最中に両エンジンが機能停止して推力を喪失した同機はジンナー国際空港手前の住宅街に墜落してしまった。

しかしPK8303便墜落最大の原因は、同機を操縦していた機長と副機長が自動操縦を切って着陸を試みている最中にも関わらず、家族が新型コロナウイルスの影響を受けていることについて熱心に話し合っていたため操縦に集中していなかったことだと暫定報告書は指摘してる。

サルワール航空大臣は現在、偽ライセンスを所有する疑いがあるパイロットに対して調査を行っており、少なくとも9人のパイロットが偽ライセンス所有を認めていると付け加えた。

この偽ライセンス問題に関係しているパキスタン国際航空は日本の成田空港にも乗り入れを行っており、もし偽ライセンスを所有しているパイロットに国際便を運行させていれば世界中で大きな問題に発展する可能性が高い。

 

※アイキャッチ画像の出典:Venkat Mangudi / CC BY-SA 2.0

ギリギリセーフ? ロシアの対独戦勝パレード参加中の歩兵戦闘車「K-17」から黒煙前のページ

完全に見かけは民間機、英国が空中給油機に派手な塗装を施した理由次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    インドを背後から攻撃? 中国、パキスタン空軍基地に戦闘機J-10を配備

    カシミール州ラダック地域の国境沿いでインド軍と睨み合いを続けている中国…

  2. インド太平洋関連

    インドネシアの戦闘機調達はカオス、突然浮上したタイフーン購入に国内騒然

    インドネシアの戦闘機調達計画は、もはやカオスで誰が本当のことを言ってい…

  3. インド太平洋関連

    150万件もの技術データ流出が確認、韓国政府主導によるUAE武器開発支援疑惑も浮上

    韓国国防部傘下の国防科学研究所(ADD)から機密に分類される技術データ…

  4. インド太平洋関連

    調達中止をひっくり返した韓国、インドのK30調達事業は予定通り実行か

    インドのシン国防大臣は今年9月、韓国から複合防空システム「K30Bih…

  5. インド太平洋関連

    韓国、豪州への自走砲K-9輸出はファイブアイズ構成国進出への第一歩

    韓国防衛産業はファイブアイズ構成国のオーストラリア市場に進出することで…

  6. インド太平洋関連

    そうりゅう型潜水艦を9隻導入? 豪アタック級潜水艦問題の解決策に再浮上した日本の潜水艦

    オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)のアナリストは豪海軍が進めてい…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 6月 26日

    これはメーデー案件

      • 匿名
      • 2020年 6月 26日

      なんて事だ!もう助からないゾ♡

      • 匿名
      • 2020年 6月 26日

      こんなの嘘でしょ…なぜなんですか

    • 匿名
    • 2020年 6月 26日

    >ジンナー国際空港の管制官はPK8303便が滑走路に接触して
    >火花を出ている=機体が損傷したことを確認したにも関わらず
    >PK8303便に事態を伝えなかった。

    伝えたところで結果が変わるかね?

    • 匿名
    • 2020年 6月 26日

    エアバス機は優秀だなー

    • 匿名
    • 2020年 6月 26日

    少なくとも住宅街に墜ちるのは防げた可能性がある

    それにしてもギアダウンの確認やエンジンの計器を見れば
    とんでもない異常があるのはわかりそうなもんだが…

    そもそも最初の着陸チャレンジの時にギアダウン操作していたのかもあやしい

      • 匿名
      • 2020年 6月 29日

      ギアダウンしていないと警報が鳴りませんか?
      特に最近の航空機は「ギアダウン」とかしゃべりますよね。
      他にもいろいろと鳴っていると思うのですが気が付かなかったのでしょうか。
      そんなことあるかな?

    • 匿名
    • 2020年 6月 26日

    本当なら滅茶苦茶な話だな
    暫く他国で乗り入れ拒否されても仕方ないくらい

      • 匿名
      • 2020年 6月 27日

      過去にEUに乗り入れ拒否されて数年前に解除されたばかりなのにこのざまなんだよなあ

    • 匿名
    • 2020年 6月 26日

    日本だったらバレなかったのにね
    この機長たちは本当に運がないわ

      • 匿名
      • 2020年 6月 26日

      つ、アシアナ航空214便着陸失敗事故

        • 匿名
        • 2020年 6月 28日

        安全面で高評価だったB777初の死亡事故じゃなかったかな>アシアナ214便
        事故原因がヒューマンエラーってのが半島らしい

    • 匿名
    • 2020年 6月 26日

    パキスタンのパロットの40%は

    パロットは直すべし

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  2. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  3. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  4. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  5. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
PAGE TOP