インド太平洋関連

韓国のKF-21を後部から撮影した珍しい写真+中国の第6世代戦闘機に関連した写真?

韓国が開発を進めているKF-21ポラメを後部から撮影した写真がネット上にアップされ、F414-GE-400Kが2基搭載されているのがよく分かる。

参考:Republic of Korea Armed Forces

F414-GE-400Kが2基搭載されているのがよく分かるKF-21ポラメの珍しいカット

韓国が開発中のKF-21ポラメは各種試験に用いられる計6機(単座4機+複座2機)のプロトタイプを製造する予定で2021年4月にプロトタイプ1号機が完成、7月に2号機が12月に3号機が完成して各種地上試験が実施中、さらに英国のマーチンベーカーと共同でKF-21に採用する射出座席のテストも進められており、地上で実施される主要試験をパスすれば2022年中のKF-21は初飛行に挑戦する予定だ。

出典:Republic of Korea Armed Forces

これまで公開されたKF-21の写真はどれも正面や側面からの写真だったが、今回公開された写真は後部方向から写したものでF414-GE-400Kが2基搭載されているのがよく分かる珍しいカットといえるだろう。

余談だが昨年12月24日に中国の上海で行われた「第13次五ヶ年計画」の達成成果を発表するイベントで、中国の軍用機開発を主導する中国航空工業集団有限公司(AVIC)が中国空軍向けの第6世代戦闘機に関連すると思われるモックアップを展示したと注目を集めている。

出典:Shanghai Avionics Institute of AVIC

この写真が中国空軍向けの第6世代戦闘機に関連するというのは飽くまで推測に過ぎないなので何とも言えないが、これに関係した続報があれば再び取り上げようと思う。

出典:Weibo

追記:2021年~2025年をカバーする第14次五ヵ年計画に「優先度の高いステルス無人爆撃機の開発プログラムが本計画に含まれている」という怪しげな情報も中国のソーシャルメディア上に出回っているが、事実かどうかは不明なので「そういう話もある」程度に思っておいた方がいい。

 

※アイキャッチ画像の出典:Republic of Korea Armed Forces

インド海軍、空母ヴィクラントの艦載機調達に向けてラファールMをテスト前のページ

タイ海軍が中高度長時間耐久に対応したUAV導入、候補はヘロンTP、ヘルメス900、翼竜II、MQ-9次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    10月にはモックアップ公開も?韓国型戦闘機「KFX」が登場するCG動画を公開

    韓国の航空産業を代表する「韓国航空宇宙産業(KAI)」が公開した広報映…

  2. インド太平洋関連

    韓国、米海軍と共同開発した国産兵器「匕弓」の技術がUAEへ流出

    韓国メディアは11日、米国防総省が実施する比較評価プログラム(FCT)…

  3. インド太平洋関連

    完成した機体の引き渡しはいつ? 韓国空軍の戦闘機KF-16アップグレード作業に遅れ発生か

    先月、韓国政府が戦闘機KF-16のアップグレード事業で数千億ウォンの被…

  4. インド太平洋関連

    米空軍、タイにF-35Aを運用できるか調査するためチームを派遣

    タイにF-35Aを運用できる能力があるのか調査するため米空軍の関係者が…

  5. インド太平洋関連

    台湾が導入するAGM-158JASSMは射程短縮バージョンでグアム保管か?

    現地メディアは5日、台湾が米国から導入する空対地巡航ミサイル「AGM-…

コメント

    • ジュラル星人
    • 2022年 1月 03日

    小生は戦闘機に関しては未熟者ですが、以前KFXに関して知恵袋で質問したところ死ぬほどバカにされました。
    そこで軍事の専門家である皆様に質問です。
    このKFXは、エンジン性能、最高速度、RCS、価格、コスパ、etc…の観点でどうお考えですか?
    また、仮にKFXが輸出された場合、どの国が検討しそうですか?
    皆様の豊富な知識を少しでも分けていただければ幸いです!

    6
      • G
      • 2022年 1月 03日

      F414-GE-400Kはスーパーホーネットのエンジンを韓国向けにしたものだから信用度は高いもののスペック的にはどうしても4~4.5世代相応
      機体の形状や大きさも大きく違わないから最高速度などもそこまで大差ないと思われ

      ステルス機じゃないからRCSは期待できないし、アップデートによるものではなく一から4.5世代機を新規開発・製造しているという点からコスパも悪いだろうけど、そこは韓国も分かっていて最初から採算度外視で技術獲得に向けた機体のはず

      輸出に関しては大赤字の大安売りでもほぼ期待できないかと
      というのも実績のある4世代機からのアップデート版4.5世代機が西側東側問わず色々ある中、あえて金のかかったパイロットの命や金銭的、戦力的リスクを負ってまで実績がなく、エンジンなど中核にアメリカ製パーツが多数あるため技術移転もできない機体を新規獲得する理由がないから

      42
    • ジュラル聖人
    • 2022年 1月 03日

    以前KFXについて知恵袋で質問したところ、死ぬほど罵倒されました。(特に韓国関連になるとひどい
    しかしここの方々は感情論にならず、前回の韓国の輸出の話題も冷静に分析なさっていました。
    そんな皆様を小生は心から尊敬いたします。
    そこで軍事・戦闘機の専門家である皆様にご質問があります。
    皆様はKFXを飛行性能、最高速度、航続距離、ステルス性能、RCS、価格、コスパ、総合評価でどうお考えでしょうか?
    また仮にKFXが輸出に成功した場合、どの国が購入を希望しそうですか?(昨年韓国の輸出を見て
    皆様の豊富な知識をぜひ小生に与えてくだされば幸いです。

    4
    • 匿名
    • 2022年 1月 03日

    中国は完成予想図や完成予想模型を公表することだけは得意だな。
    おそらく、次々と兵器を公表することによってアメリカに焦りを感じさせて、アメリカの経済を破綻させようとでも思っているのだろう。

    2
      • dmj
      • 2022年 1月 03日

      >中国は完成予想図や完成予想模型を公表することだけは得意だな。

      モックアップを公表できるだけ研究開発が進んでいる、ということなんですけどね。

      17
      • くらうん
      • 2022年 1月 03日

      10年ちょっと前に中国の第5世代戦闘機(今のJ-20)の風洞実験模型の写真が出回ったころも↑みたいなコメント見たことあるなあ

      1
    •  
    • 2022年 1月 03日

    ポラメ普通に格好良いね
    どうでも良いけどポラメとポメラで間違えそうになるw

    17
    • G
    • 2022年 1月 03日

    中国のモックアップを見ると、有人機を想定しているならコクピットも内蔵してカメラで全周囲確認するコンセプトなのかな
    あと空気力学的な機体安定性や機動性は悪そうだけど、それを補えるぐらい期待制御ソフトに自信があるということなのだろうか

    2
    • neouieomma
    • 2022年 1月 03日

    韓国のナムウィキによく説明されている。 Google翻訳を使用して読んでください。
    これを読んでみると、バカネットうよくの妄想とは異なり、KF21はかなりの技術が集約された4.5世代以上の戦闘機だ。

    リンク

    5
      • ARMY
      • 2022年 1月 03日

      F-35と比べて費用対効果が高いとは思いませんが、韓国が国産(純ではなく主導でも)で作ったと言う意義(経験を得た)は大いにあると思います。
      ただ、あなたのその無駄に挑発的な言葉遣いは、目に余るものがありますよ。

      57
      • G
      • 2022年 1月 03日

      完成させて実際の運用データをもとにしたwikiならともかく、そうでないものは全くと言っていいほど当てにならないよ
      あのアメリカ軍でさえ、例えばズムウォルト級ミサイル駆逐艦は完成・運用前の内容は凄まじく高性能なものだったけど、実物は悲惨なものだったし

      49
      • バカな日本人
      • 2022年 1月 03日

      >バカネットうよくの妄想とは異なり

      いままで、建国以来、日本の後塵を拝してきたプライドだけは高い韓国人が、今やっと日本に追いき追い越したと思い込むだけの自信をつけ興奮のあまりマウントを取ろうとしているのだろう。

      その辺の信憑性は、商売柄、韓国人との付き合いが長いので、話半分以下で聞いておこうじゃないか。

      32
    • もり
    • 2022年 1月 03日

    ポラメも出来上がって来たなぁ

    競合機となるのはF-16、JF-17、グリペン、テジャス、ミグ31辺り?
    双発機でコストも中々下げられないだろうし正直ポラメの販売はかなり厳しい戦いになるのではないだろうか?

    18
      • トランペット
      • 2022年 1月 03日

      ソースコードを開示したり、技術供与したり、現地の企業と共同で提案したり、柔軟な対応と積極的な姿勢によって採用する国がもしかするとあるかもしれません。

      韓国製だからと採用する国があるかも?

      6
      • ユーリ
      • 2022年 1月 03日

      MiG-31は全く性格が違うが、
      >F-16、JF-17、グリペン、テジャス
      これらの安価な戦闘機とKF-21が競合するのは難しいだろう
      スパホと同じエンジン構成で高価になるわけで

      2
        • 2022年 1月 03日

        搭載するエンジン推力と最高速度、加速性能は余り関係ないと思います。同じエンジンを単発で搭載するグリペンEFはスパホより最高速度は上だしスーパークルーズも可能。F414の原型となったF404を搭載したF20はかなり速度性能は優秀で上昇率に至ってはF14やF15と同等だった様です。したがってある程度の速度域になるとエンジンの推力よりもエアーインテークや主翼の形状、機体重量や主翼の空力性能が重要なんじゃないでしょうかね?それとKF-X21を韓国性だからと言って馬鹿にする人が多いですけどRSC値は他の4.5世代機よりは優秀なんじゃないでしょうか?武装を搭載してない状態ならば第5
        世代機並かもしれませんよ。

          • もり
          • 2022年 1月 03日

          ポラメを馬鹿にする気は毛頭無いがそれでもRCSが第5世代相当は無いと思うわ
          武装未搭載状態でblockⅡまではタイフーン、ラファールに若干劣りblockⅢで勝ると言う所ではないか
          ウェポンベイに収納するblockⅢでは実戦に於いて更に優位になると思うけど

          と言うかタイフーンと同等でもイーグルの1/30しかRCSが無い時点で凄いと思うよ

          12
          • バーナーキング
          • 2022年 1月 04日

          リスペクトしてるなら名前は正確に書いてやりなよ。

          それはさておき試作初号機すら完成してない内に提示されたRCSの公称値なんか全然アテにならんでしょ。
          それどころかこれまでのモックアップや製造中の映像が事実ならRCSがタイフーン以下ってのはほぼあり得ないと思うけどな。
          あの映像がまるまるダミーだった、ってなら話は別だけど、それはそれであの映像で期待を煽った国民にどう言い訳するの、って話になるし。

          1
    • くじら
    • 2022年 1月 03日

    リンク先読んだら、ブロックⅡ(2029~2032に量産開始予定)でステルス能力獲得して第五世代になる旨の噂は誤解って書いてあったんだけど……

    第五世代以上の性能獲得するのはブロックⅢ(量産開始時期未定)以降って解釈でいいの? 

    ついでに韓国の方(ですよね?)が韓国の軽空母開発の目的についてどういう風に理解されてるのか伺いたいです。国内向けにどんなアナウンスしてるのか個人的に興味あります……政治的主張がしたいわけではないので念のため

    11
      • G
      • 2022年 1月 03日

      4.5世代機は5世代機と根本的な構造そのものが大きく異なるため、そもそもアップデートで5世代機にすること自体が物理的に不可能です
      F-15系など4世代機をどれだけ金と技術をつぎ込んでステルス性をも考慮したものにアップデートしても、5世代機ではなく4.5世代機にしかならないのはそのためです

      16
      • タカハヤ
      • 2022年 1月 03日

      私は少し前から翻訳機能を使って様々な韓国側のYouTubeチャンネルのコメント欄を漁っていました。
      それを要約すると
      ・空母を導入すれば戦力アップするから(意味不明と思われるかも知れませんがかなりの数いました)
      ・周辺諸国が持っているから(チャンネルによって対象国は異なります。一つだけ言えるのは対北朝鮮を唱える方が一番少なかった笑)
      ・空母が抑止力になるから(根拠が分かりませんが、たくさんいました)
      ・韓国自体が成長してきたから(事実ではあるが、そもそも周辺諸国の海軍戦力事情を理解していない人がかなりいました。)
      ・造れば他国に売れるから(結構いました。笑)
      ・KFXの海軍バージョンと組み合わせた運用を望んでいるから。

      だいたいこんな感じです。

      15
        • お正月
        • 2022年 1月 03日

        韓国の軍事系YouTubeチャンネルも日本と同じで再生回数稼ぎの内容が大半だから、そこにコメントする連中も結局事実と掛け離れた系だから参考にならんよ。

        完成すればF-3は世界最強だーみたいな動画につくコメントが無意味なのと同じ。

        19
          • タカハヤ
          • 2022年 1月 03日

          それは理解しています。ただ…あの国の日本で言うネトウヨ系動画の視聴回数が尋常じゃないのですよ…
          とあるチャンネルは動画をアップして1日たたずに数十万回再生はざらです。
          日本との人口比で考えても多いと思います。これまで他国から下に見られてきた歴史があるからか、ただの自尊心云々ではない気がします。

          8
            • 三が日
            • 2022年 1月 03日

            お互いに罵り合い合ってる状況で相手の方が異常だと言っても、10年以上もお笑い韓国軍ネタを量産し続けて事実と異なることで見下す日本人も異常だと思うけどね。

            ここを読んでる読者なら分かるでしょ?

            韓国人は自尊心がって言うけど、日本も豪州に潜水艦採用を蹴られた事を逆恨みし続ける人が多いんだから十分我々も自尊心が高いよ。

            26
    • 雉猫
    • 2022年 1月 03日

    ポラメの後ろ姿、仕上げがすごく荒く見える。第六世代機にもアップグレード可能とか言ってたんだから、もっとヌメヌメ綺麗なイメージがあるんだけど、こんなものなのかな。

    3
      • あばばばば
      • 2022年 1月 03日

      そもそも、ステルス機化するアップデートを言っているのは軍部周辺の人間たちで、メーカー側の人間はそんなことできるか状態だからこんなものといえばこんなものでは?
      (そもそもの要求はユーロファイターとラファール以上、F-35以下のRCS)
      あと正面は気を使うが、機体後方を程々にする事でコストを下げているのだろう

      4
        • おわふ
        • 2022年 1月 04日

        ノズルを見る限り、後方ステルスは考えていないように見えますね。

        5
      • APSF
      • 2022年 1月 04日

      機体後部に関してはエンジン冷却のためにああなっているそうだ。独自設計の冷却システムで軽量化しているらしい。

      リンク
      エンジンノズルに関してはGEの製品なので韓国で勝手にいじれないから、GEと発展型エンジンを開発する際に、インテーク側と合わせてステルス取り入れようか検討しているみたい。

      3
    • そら
    • 2022年 1月 03日

    進展してるんなら何より。
    なんやかんや言っても西側で安価枠な機体になりそうではあるから、頑張っては欲しいところ。
    日米でもっときつく手綱を握れれば良い国なのになぁ。

    2
      • ユーリ
      • 2022年 1月 04日

      スパホと同じエンジンの双発機、
      現行の型では利用されないにせよ重量とサイズを大きくしてるはずの形状ステルスと
      安価になる要素は無いような気がする
      F-16やF-35のような生産数も期待できないし

      2
    • もり
    • 2022年 1月 03日

    そう言えばエンジンの国産化の予定はあるんだろうか?
    blockⅢ辺りで予定してるのかな?

    1
      • G
      • 2022年 1月 03日

      韓国はエンジン開発能力そのものが無く(T-50練習機のエンジンでさえアメリカがマニュアルと部品を韓国に売り、それを組み立てているもの)、本格的なエンジン開発研究をしているという話も聞かないので国産化予定は無いかと

      7
        • nmo
        • 2022年 1月 04日

        2007年から三菱とやってたLNG発電用ガスタービンのライセンスはすでに終了し自製販売。昨年打ち上げたヌリ号ロケット、一段二段エンジンの燃料ポンプタービン開発は前段が2003年からの開発。下地は積み上げてきているよう思います。

      • APSF
      • 2022年 1月 04日

      KF-21に関しては、まだまだ技術不足でエンジン開発が間に合わないので国産エンジンを搭載する予定はないですね。

      代わりに随伴機となるドローン用のエンジンを2025年をめどに国産化する予定とのこと。
      リンク

      韓国は巡航ミサイル用の小型ジェットエンジンを生産しているので、それを発展させるつもりなんでしょう。

    • 折口
    • 2022年 1月 04日

    これからKF-21のメディア露出も増えていくんでしょうね。それはそれで楽しみです。
    まだ当面は地上試験が続きそうですが、同国のフットワークの軽さを考えればこのままブロックⅢ=ステルス機としての作戦能力獲得まで一気に内定させるかもしれませんね。20年代末にはステルス戦闘機KF-21が配備されたりするのかな?
    F-15Kの時よろしく真っ先に日本に”お披露目”してくれることを心のなかで期待しています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  5. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
PAGE TOP