インド太平洋関連

オーストラリアが独自の極超音速兵器を開発、今後10年間で国防分野に約20兆円投資

オーストラリアのモリソン首相は新型コロナウイルス後の世界が「より危険で競争が激しくなる」と語り、これに備えるため今後10年間で約2,700億豪ドル(約20兆円)を国防分野に投資すること約束した。

参考:Australia to spend $270bn building larger military to prepare for ‘poorer, more dangerous’ world

国防戦略の大転換でオーストラリア軍は「より攻撃的」な組織に生まれ変わる

オーストラリアのモリソン首相は、約2,700億豪ドル(約20兆円)もの国防分野への投資の中で最も強調したのは長距離攻撃ミサイルの取得や極超音速兵器の開発で、オーストラリアは米国から長距離対艦ミサイル「AGM-158C LRASM」を調達するのに約8億豪ドル(約600億円)、長距離攻撃ミサイルや極超音速兵器開発に最大93億豪ドル(約6,900億円)もの資金を投じると語った。

米国が開発した「AGM-158C LRASM」は日本も導入すると言われており、作動速度を亜音速に抑えることで最大800km以上の射程距離があるといわれており、シースキミング(超低空飛行)モードや外部からのコントロールを遮断された環境下でもAIが自律的に目標を探し出し攻撃を仕掛ける能力、複数のLRASMが情報を自律的に共有し群れを形勢して同時攻撃を仕掛ける能力など先進的な機能を備えた次世代の対艦ミサイルだ。

出典:public domain AGM-158C LRASM

但し、米海軍向けの価格で1発約390万米ドル(4億3,000万円)と非常に高価なので、恐らくオーストラリアが調達する場合は1発500万米ドルを越えるかもしれないが、LRASM調達に8億豪ドルも投じるので関連費用を含めると約100発程度を調達するつもりなのかもしれない。

さらにLRASMとは別に射程距離が数千キロある攻撃用ミサイルの取得(恐らく空中発射型/地上発射型の巡航ミサイルの可能性が高い)も視野に入れていると現地豪メディアは伝えており、モリソン首相は「潜在的な敵の部隊やインフラを遠距離から破壊できる能力は、オーストラリアに対する攻撃の抑止力として作用して戦争を防ぐことに繋がる」と長距離攻撃ミサイルや極超音速兵器の必要性を訴えている。

出典:public domain 米国が研究していた極超音速試験飛翔体 Falcon HTV2

これ以外の主な投資先にモリソン首相が挙げたのは、先進的なセンサーを備えた大規模な水中監視システム(無人潜水艇を含む)構築に最大70億豪ドル(約5,100億円)、オーストラリア独自の通信網構築のため通信衛星などの宇宙開発に最大70億豪ドル(約5,100億円)、サイバー戦能力の構築に最大150億豪ドル(約1兆1,000億円※1)だ。

※1補足:日本メディアが報じている「豪がサイバーセキュリティーに総額13億豪ドル追加投資」は、サイバー戦能力の構築に投資する最大150億豪ドルの一部である。

このような国防分野への大規模投資は、オーストラリア政府が公約に掲げていた国防費引き上げ(GDP比2.0%)額を上回るとモリソン首相は語っており、これは関係が悪化の一途を辿っている対中国を念頭においたものなのは誰の目にも明らかだ。

因みに、この大規模投資によってオーストラリア軍は「より攻撃的」な組織に生まれ変わるはずで、これはオーストラリアの国防戦略が大きく転換したことを示していると言える。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain B-52の翼下に懸架されたX-51

またエアバスが不正? クウェートに売りつけたタイフーンの価格が問題に前のページ

韓国、次世代戦闘機「KF-X」に搭載する空中発射型の極超音速ミサイルを開発次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    トランプ再選ならE-737? 韓国、早期警戒管制機の追加調達を決定

    韓国の防衛事業庁は26日、新しい早期警戒管制機を2027年までに海外か…

  2. インド太平洋関連

    視界外戦闘や精密攻撃に対応、韓国が攻撃機FA-50の能力向上に着手

    韓国の国防科学研究所(ADD)は空軍の要請を受けて国産の軽攻撃機「FA…

  3. インド太平洋関連

    原因不明、韓国海軍の最新鋭フリゲート艦を襲う謎のエンジントラブル

    韓国海軍初となる「CODLOG方式(ガスタービン+電気モーター)」採用…

  4. インド太平洋関連

    F-35整備範囲縮小も? 韓国、機密データ流出で戦闘機「KF-X」開発が頓挫する恐れ

    韓国国防部傘下の国防科学研究所(ADD)から機密に分類される技術データ…

  5. インド太平洋関連

    費用負担が問題、韓国にロッキード・マーティンがF-35整備権限取得を提案

    日本のF-35国際整備拠点「MRO&U」運用が始まったことに関連して、…

  6. インド太平洋関連

    インドの戦闘機「テジャスMK.2」は海外製戦闘機の代わりが務まるのか?

    インドは海外製戦闘機調達プログラムを中止して国産戦闘機「テジャス」調達…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 7月 01日

    日本も見習ったほうが良い。いつまでGDP1%とか言い続けるの?

    • 匿名
    • 2020年 7月 01日

    オーストラリアの人口とGDPからしたら巨額の投資だ。
    米国との密接な同盟参加への布石か対中、対インドネシアの為の投資なのか?
    オーストラリアの意思がどこに向かうのだろうか?
    最近中国によるオーストラリアへの影響力増しの追加ニュースが無く、米国追従のニュースが多いけど、オーストラリアをどこまで信用出来るのか疑問でもある。

    • 匿名
    • 2020年 7月 01日

    攻撃的ってのは、今までは対インドネシア攻勢防御戦略だったのを、インドネシアを跳び越して対中攻勢防御戦略に転換って事よね
    少し前まではF-111持っていたんだから、元から攻撃的な国防戦略だったのだし

    • 匿名
    • 2020年 7月 01日

    輸出成長産業として軍事へ投資かも
    資源大国から先に進みたい意向は前々から言ってるし
    インドあたりが顧客になっても不思議はない

    • 匿名
    • 2020年 7月 01日

    10年の投資・・・
    そもそも、コンセプトじゃね? 予算の裏付けが無い。
    でもって、仮に認められたとして、政権がコロココ変わってる・・・方針を維持できるの?

    長距離攻撃ミサイルや極超音速兵器開発に最大93億豪ドル(約6,900億円) 
    何年での開発? 
    ベースとなる技術は豪州には無いし、そんな会社も無い、そこからの開発ならカネが足りなさすぎる。
    アメリカのどっかの会社との共同開発? 

    • 匿名
    • 2020年 7月 01日

    なおアタック級

      • 匿名
      • 2020年 7月 01日

      いつまでも根に持ち続けて逆恨みする女の腐ったような根性してんなあ

      1
        • 匿名
        • 2020年 7月 01日

        恨み以前に完全にネタになっとるわ

        • 匿名
        • 2020年 7月 01日

        逆恨み…?まるで日本が潜水艦を売ろうとして断られたかのように聞こえるんだが?wまさかそんな情弱ムーブかましたりしませんよねwww

        • 匿名
        • 2020年 7月 01日

        高額な予算へのコメントである点からいっても書き方からいっても
        どう考えてもアタック級が原潜より高い超高額になってしまったネタについてだろう
        比較的最近ここで記事になってたしな
        それなのにそうりゅうが負けたことだと真っ先に出てくるあたり、鏡見た方が良いのではw

    • 匿名
    • 2020年 7月 01日

    同じ敵国を持つ日本としては良いことだ
    最近のオーストラリアは少なくとも金額的には国防頑張ってる感
    ただまあ金額だけってケースがあれこれ

    • 匿名
    • 2020年 7月 01日

    ほとんどが潜水艦の費用に消える・・・のかな?

      • 匿名
      • 2020年 7月 01日

      忘れたいんだ。
      今はそっとしておいてはくれないか。
      せめて請求書が来るまでは。

    • 匿名
    • 2020年 7月 01日

    どこから予算を引っ張ってくるんだ
    流石に無理筋でしょう

    • 匿名
    • 2020年 7月 01日

    オーストラリアは頼りないからな
    どうでもいいわ

    • 匿名
    • 2020年 7月 01日

    もう日本共々レッドチーム入りでいいんじゃね?
    日本 中共の防波堤.
    豪州 資源調達先のひとつ.

      • 匿名
      • 2020年 7月 01日

      わあすごい。
      テメエの腐った脳みそがな。

      • 匿名
      • 2020年 7月 02日

      おい中国人よ、そんなに日豪を味方にしたいのか?
      www

        • 匿名
        • 2020年 7月 03日

        アメ公の使いっパシリよりも遥かにマシだよw
        さっさと領土から米軍追い出して中国を迎え入れようとしてるデニーはアベより遥かに先見の明があるマトモな政治家だわ

          • 匿名
          • 2020年 7月 04日

          これ、中国人じゃないよな。
          流石に中国人がこんな頭の悪い書き込みしないよな。
          中国人からも碌に相手にされていないデニーの名前出してる時点で現実認識能力に問題があるのだろうし。

    • 匿名
    • 2020年 7月 01日

    えらいやる気やな
    対中包囲網と対中議員同盟に参加してるからかな

    • 匿名
    • 2020年 7月 01日

    キャンベラ級へのF-35B導入までいけるか。

    • 匿名
    • 2020年 7月 01日

    軍事費の大幅増強ははいいけどさ、その前に己の技術力向上や製造環境の整備に金掛ける方が先じゃないのか
    製造加工機器だって、ロクなの無いんだろ
    土台固めずにやると韓国の二の舞になる

    • 匿名
    • 2020年 7月 01日

    サイバー戦対策に1兆はうらやましい限り

    • 匿名
    • 2020年 7月 02日

    また政権が変わればなかったことにされる
    素朴な疑問としてコアラは基礎工業力が日に日に摩耗していってるのにこんなもの作れるのかな

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  2. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  3. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP