インド太平洋関連

目的は空母技術の売り込み? 英国が空母クイーン・エリザベスの韓国寄港を希望

英国は中国牽制目的とは別の狙いで空母クイーン・エリザベスを中心とした空母打撃群の「韓国寄港」を希望していると現地メディアが主張している。

参考:영국 최신예 항모, 이례적 한국 방문 추진! 왜?

英国が韓国に空母クイーン・エリザベスの技術や経験を売り込むため韓国寄港を打診か

英国は2021年に空母クイーン・エリザベスを中心とした空母打撃群の極東派遣を予定しており日本(厳密には沖縄のホワイトビーチや長崎の佐世保などの在日米軍基地が受け入れ候補らしい)、シンガポール、インドへの寄港を検討中なのだが、英国が韓国寄港を複数の外交ルートを通じて打診してきているらしい。

そもそも英空母の極東派遣は香港問題や米国のインド太平洋戦略に対応するためなので、極東諸国との関係強化や共同訓練の実施は実質的に「中国牽制」が目的だ。

韓国はむやみに中国を刺激することを避けるため米国のインド太平洋戦略から一定の距離をとっているので英空母の韓国寄港は非常に敏感な問題と言えるが、英国自体は中国牽制目的とは別の狙いで「韓国寄港」を希望していると現地メディアが主張している。

出典:大韓民国海軍 Republic Of Korea Navy

英企業のバブコック・インターナショナルは英国政府経由で軽空母建造に乗り出した韓国に「技術協力を行う」と打診していると言われており「今回の韓国寄港打診はクイーン・エリザベス級空母を韓国の国防関係者や防衛産業企業にアピールするためだ」というのが韓国メディアの分析だ。

バブコック・インターナショナルは省力化と航空機運用の効率化を最大限追求したクイーン・エリザベス級空母の開発・設計を主導した企業で、F-35Bが搭載するエンジンやリフトファンが発生させるブラスト(噴流)を数値流体力学(CFD)シミュレーションを使用して解析、これを元にF-35Bが発艦と離陸の際に飛行甲板や駐機中の航空機に及ぼす影響を最小限に留めるレイアウトを開発、さらに航空機整備に必要な物資移動を自動化管理することで高稼働率と整備時間短縮の両立に成功している。

出典:Royal Navy / OGL v1.0 空母クイーン・エリザベス

このような経験や技術をバブコックは軽空母を初めて開発する韓国に提供すると英国政府経由で打診しており、安全保障分野で政策提言を行うシンクタンク「韓国国防安保フォーラム」が最近主催したセミナーに在韓英国大使館付きの武官(英海軍大佐)を出席させてクイーン・エリザベス級空母の建造過程を説明するなど実際の売り込み活動がすでに開始されている。

さらにバブコックは韓国が初めて設計した島山安昌浩級潜水艦の開発にも協力しているため「英国がクイーン・エリザベス級空母の技術や経験を韓国に売り込んでいる」という話には一定の信憑性があると言えるだろう。

因みに軍関係者は英空母の韓国寄港について「何も決まっていない」と慎重な態度を崩していないと現地メディアが報じているが、流石に中国牽制目的で派遣されてきた英空母寄港を受け入れると「米日豪印で構成されるクアッドやアジア版NATO創設に接近した」という間違ったメッセージを中国に与えかねないので、恐らく韓国政府は英空母の寄港を拒否する可能性が高いと管理人は思っている。

そのかわり空母クイーン・エリザベスが在日米軍基地やシンガポールに寄港した際、韓国の海軍関係者や防衛産業企業を招待して見学会でも行うのではないだろうか?

関連記事:韓国の軽空母建造にクイーン・エリザベス級空母を開発した英企業が協力?

 

※アイキャッチ画像の出典:Royal Navy / OGL v1.0

逃げるしか手がないドイツ軍、UAVで敵を発見しても攻撃はダメ前のページ

高いのか?安いのか?ギリシャのラファール導入費用は約3,000億円次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    収束に向かうインドと中国の軍事的対立、 両国が合意に基づいた兵力撤収を確認

    インドと中国は互いに領有権を主張する地域から戦力の撤収や人工的な建造物…

  2. インド太平洋関連

    韓国の軽空母建造にクイーン・エリザベス級空母を開発した英企業が協力?

    韓国メディアは23日、クイーン・エリザベス級空母の開発を主導した英企業…

  3. インド太平洋関連

    原因不明、韓国海軍の最新鋭フリゲート艦を襲う謎のエンジントラブル

    韓国海軍初となる「CODLOG方式(ガスタービン+電気モーター)」採用…

  4. インド太平洋関連

    正しいのは中央日報?それとも韓国政府? KF-21ポラメの分解疑惑に「事実と異なる」と反論

    KF-21ポラメのプロトタイプ分解疑惑について政府や韓国航空宇宙産業(…

  5. インド太平洋関連

    韓国が次期戦闘機「KF-21ポラメ」のプロトタイプを発表、2032年までに120機を実戦配備

    韓国は開発を進めていた韓国型戦闘機KF-Xのプロトタイプ完成式典を今月…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    素直にファン・カルロス一世級をライセンス建造すればいいのに。
    見学会は、シンガポールでやってね。

    16
    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    外交的軍事的な取り組みにリンクさせて兵器の売り込みもかける
    流石エゲレス様は商魂たくましいね
    F35Bのおかげで空母も高嶺の花じゃなくなったから(安くなったとは言えない)関心を持つ国は多そうだね

    13
    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    最近、面白い話を聞かないなと思ったら、漁船ソナー軍艦のデウ造船業はヒュンダイに売却されてたのか。K7のデウ銃火器部門はイギリスに売却されてるし。
    もう完全独占状態が確立してて、陸戦兵器はハンファ、海戦兵器はヒュンダイ、空戦兵器は民間はなくKAI。こりゃ、つまらなくなったな。

    この話が成功しても、実戦がない限り問題が発覚しないレベルのものが作れそう。

    5
    • 大清帝国皇帝ホンタイジ
    • 2020年 12月 20日

    空母の技術は欲しくても、高麗棒子は大陸共匪に歯向かえません。管理人さんの予想通りになるでしょう。

    11
    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    いつもの日本のついでに訪韓戦術かと思ったら拒否するんかいw
    でもG7への参加は即答したし国の格が上がると思ったら中国無視して飛び付く国だぞ、どうでもいいけど

    8
      • 匿名
      • 2020年 12月 20日

      今回は宗主国が来るんじゃねぇよと名指しで英国に警告してるから流石に厳しいのではなかろうか、寄港は拒否する、でも技術は寄越せと裏で言うかも知れんが。

      19
        • 共匪
        • 2020年 12月 20日

        中共(大朝鮮)は高麗棒子が逆らえば棒で叩いて躾けるので、怖くてできないだろう。管理人氏の予想通り他国への寄港時に視察団を出すさ。

        6
    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    日本には、表敬で寄港するでしょう。故障が心配ですが、どこを仮の母港にするのでしょう?

    8
      • A
      • 2020年 12月 21日

      せっかく寄港したんだから直してあげればいいさ。

        • 匿名
        • 2020年 12月 22日

        全額前払ならな

        1
    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    考えてみりゃ、今のイギリス造船業ってあんまりマトモに息して無さそうだし、
    売れるもんがあったら売ってしまいたいんだろうなぁ…

    15
      • 匿名
      • 2020年 12月 22日

      海洋国家は、いま何処

    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    文政権が中国に忠誠心を示すなら、積極的に受け入れて情報を全て中国に流す手もあるのでは。
    韓国も自主開発など止めてQE級の3番艦を買う本が実現性が高いと思うが、浸水対策で苦労するかな。

    4
    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    韓国て楽しいね
    悪目立ちしてるけど

    5
    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    悪目立ちってある意味誉め言葉だけど、そのつもりで使ってる?

    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    韓国「・・・水漏れしてない?」
    英国「紳士は些細なことは気にしないものなのです」

    3
    • にわかミリオタ
    • 2020年 12月 20日

    韓国メディアが主張してることも案外正しいかもね。
    でも、軽空母の予算は弾かれたし、技術支援を受けるって言っても、どこから金を出すんだろうか。
    それに、クイーンエリザベス級自体にも問題がありそうなのに、もらった技術がまともに使えるかわからないよね。
    クイーンエリザベス級が、そもそも来れるのかっていう問題もあるし……。

    5
    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    来年は中国と英国の対立がより鮮明により先鋭化する
    緊張は過去最高になるのは間違いないから韓国は身動きがとれないだろう

    3
    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    英国面×韓国面…
    どんなキメラが生まれるか期待してしまうな

    9
    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    イギリスが軍事的プレゼンスを高めるためにアジア各国に寄港したいのは分かる
    ただ韓国へ行きたいとイギリス側から言ったのかは疑問…
    韓国だけ寄港しないとプライドが傷つくからうちにも来てくれと韓国側が言ってるんじゃないのかね?
    毎度アーティストの日本公演やハリウッド俳優の舞台挨拶、政治家の表敬訪問が予定されると
    ついでに韓国へ寄れと売り込み掛けてるのが彼の国だし…
    こういう場合中国への顔色と自分達の見栄を天秤にかけると見栄が勝つのが韓国でしょ
    そして中国に脅されて言い訳するのがここ最近のパターン

    4
    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    英国も韓国も軍艦の水漏れ騒ぎを最近してからシンパシー感じてるのかもね

    3
    • 野嘗
    • 2020年 12月 20日

    うん? なぜ韓国?

    3
    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    韓国は宗主国さまの中国の空母建造技術を
    提供して貰えばいいんじゃない?

    2
    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    漏らし癖のあるクイーン・エリザベスの技術供与で韓国が空母作ったら、例によって「嵐が来たら港で沈没」みたいなことになって「欠陥技術だ!謝罪と賠償を要求する!」と韓国が喚き、「韓国の建造と運用(ハッチの締め忘れ)の責任だ!」とイギリスがやり返す、不毛な未来しか見えない。

    4
    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    大型箱物購入で財政破綻という未来

    2
    • 匿名
    • 2020年 12月 21日

    英国から提供された空母建造の技術を例によって、国防科学研究所(ADD)から流出、更に悪い事に中露に渡ったことが判明し、英国から莫大な違約金を請求されるという未来

    2
    • 匿名
    • 2020年 12月 21日

    米からの直球な踏み絵ではなく…
    からめてからの 踏み絵 なのかな?

    K国が招待したのでなく英側が寄港したがっている
    空母を受け入れて中に睨まれる道を選ぶ?
    空母を拒否して米に睨まれる道を選ぶ?…
    と………

    2
    • 匿名
    • 2020年 12月 21日

    売りこみはついでで、港に入るのに問題がないかの確認だろ。
    規模で言えばアメリカの原子力空母より小さいから、入港そのものは問題ないだろうが、設備とかがイギリス空母と合致しているかを確認しないと有事には使えないわな。
    日本に来るのもプレゼンスという面があるが、設備が問題なく使えるか確認しないとプレゼンスの意味が半減するからな。

    2
      • A
      • 2020年 12月 21日

      そういえばGWが小樽港に入ったのもそれでしたね。

      1
    • 匿名
    • 2020年 12月 21日

    イギリスは過去に、老朽化した空母を外国に売却したことはありますが、就役して3年の新鋭空母を売却したことはありません。
    だから恐らくクイーン・エリザベスを韓国に売ることはないでしょう。

    1
      • 匿名
      • 2020年 12月 21日

      インビンシブル級の早期売却計画は、たまさかのフォークランド紛争勃発で取り止めただけ、つまり就役直後の空母すら売るつもりだった
      英国は悪い意味でも大胆だよ

      2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  2. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  4. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP