インド太平洋関連

マレーシアと韓国がFA-50導入契約を締結、9億2,000万ドルで18機調達

韓国航空宇宙産業は昨年9月にポーランドとFA-50の輸出契約を締結、今年1月にはT-50/FA-50の現地製造に関する契約をエジプトと締結したが、今度はマレーシアとFA-50×18機の輸出契約(9億2,000万ドル)を締結した。

参考:KAI, FA-50 말레이시아 수출 성공…1조2000억원 규모
参考:KAI to export 18 FA-50 fighter jets to Malaysia

マレーシアからの受注分を加えるとKAIは最大192機のバックオーダーを確保したことになる

マレーシア空軍が進めていた軽戦闘機入札(FLIT/LCAプログラム)は英ホーク108/208や伊MB-339CMの更新と退役したMiG-29の穴を埋めるという2つの目的があり、調達する軽戦闘機に視界外戦闘能力、空中給油能力、超音速飛行、国産化比率30%などを要求、インドのテジャスMK.1A、ロシアのMiG-35、韓国のFA-50、イタリアのM-346FA、中国のJF-17、トルコのヒュルジェットの6社が名乗りを挙げていたが、この契約をFA-50が射止めた。

出典:Photo by ROKAF(2013)/ CC BY 2.0 FA-50

韓国航空宇宙産業は24日、マレーシア国防省でFA-50×18機の輸出契約(9億2,000万ドル)を締結し「2026年に引き渡しを開始する」と述べており、マレーシア空軍は今回選定した機種(FA-50)の二次調達を計画しているため、FA-50の導入規模は一次と二次を合わせて最大36機になる可能性があるらしい。

因みにFA-50はインドネシアが6機(追加調達)、タイが2機(追加調達)、ポーランドが48機(FA-50BlockI×12機とFA-50PL×36機)、エジプトが最大100機(調達規模は100機で内70機を現地生産すると言われている)の調達を決めているので、マレーシアからの受注分を加えるとKAIは最大192機のバックオーダーを確保したことになる。

関連記事:マレーシア空軍はテジャスではなくFA-50を選択か、但し揉める可能性も
関連記事:インドがマレーシア空軍にテジャスMK.1Aを4,150万ドルで提案か
関連記事:マレーシア空軍の軽戦闘機調達、インドのテジャスMK.1Aが勝利か

 

※アイキャッチ画像の出典:한국항공우주산업

中国とロシアが自爆型無人機の購入について交渉中、4月までに100機を調達か前のページ

米国が韓国に155mm砲弾の追加輸出を要請、ロシアの反発は必至次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    インドネシアメディア、日本と護衛艦購入契約がまとまれば中古護衛艦の提供を受けられる

    もがみ型護衛艦の輸出交渉が進められているインドネシアでは「日本との契約…

  2. インド太平洋関連

    F-35では対抗不可? 韓国メディア、日本の次期戦闘機「F-3」に制空権を奪われると警告

    韓国メディアは21日、日本はステルス戦闘機開発の野望をあらわにしており…

  3. インド太平洋関連

    急転直下で正式発注、フィリピンがトルコ製攻撃ヘリ「T129B」導入を発表

    輸出に関する手続きを保留してきた米国はフィリピンに輸出される攻撃ヘリ「…

  4. インド太平洋関連

    攻撃と偵察を両立させる便利な徘徊型弾薬、韓国も開発に乗り出す

    ロシア軍との戦いで小型の徘徊型弾薬が「攻撃」と「偵察」を両立させ活躍し…

  5. インド太平洋関連

    なぜ豪州は生産ラインが閉鎖されたF-22A再調達にこだわるのか?

    豪メディアは22日、オーストラリアが第5世代戦闘機F-22Aラプターを…

  6. インド太平洋関連

    台湾で6月末に退役したHAWKシステム、米国経由でウクライナに移転か

    台湾の中国時報は14日「6月末に国軍から退役したHAWKシステムを米国…

コメント

    • もり
    • 2023年 2月 24日

    一時期軽戦闘機は時代遅れUAVに取って代わられると言う風潮があったが、結局両方必要だったってだけだったね…

    9
    • nclestt
    • 2023年 2月 24日

    ニッチ商品

    6
    • samo
    • 2023年 2月 24日

    F-5やMiG-21の代替できる戦闘機がF-16とかになって高価になりがちで、
    結果として長らく不在に近い状況だったけれど、
    練習機と兼任できるのと、F-16の流れをくんだ素性の良さ、レーダーの向上と、
    市場の要望にマッチし、一気にヒット商品になったね

    13
    • 月虹
    • 2023年 2月 24日

    インドネシアはKF-X(KF-21)計画の参加国でもありますが最近の動き(ラファールやユーロファイターに関心を持っている)からするとFA-50の購入を手打ちとしてKF-X計画から離脱という選択肢もありえそうな感じがします。

    8
      • 干物
      • 2023年 2月 24日

      昨年末にKF-21試作機からインドネシア国旗のマーキングが削除されているのが確認されているので
      離脱は既定路線なのではないでしょうか?

      1
        • もり
        • 2023年 2月 24日

        最近また急接近してるからどうかな?
        インドネシア空軍からパイロット派遣して韓国入りしたみたいだし
        今は果たしてインドネシア空軍のパイロットが複座型KF-21に乗るかどうかってとこか

        6
    • ここは地の果て流されて
    • 2023年 2月 24日

    レーダーはファントムストライクになるのかな。
    イスラエル製のEL/M-2032はイスラム教国に忌避されるので。

    2月22日からポーランド空軍の4名のパイロットが韓国空軍で訓練を開始したそうです。
    T-50、TA-50の実機訓練とFA-50のシミュレーター訓練を受けるとのこと。

    2
    • ななし
    • 2023年 2月 24日

    UAEはT-50じゃなく中国のL-15採用したから、高騰練習機の方のセールスはイマイチなのかな?

    1
    • 名無しコルベット
    • 2023年 2月 24日

    今更ながらもう日本の航空機産業はダメだな。いや、防衛産業そのものか。ロケットすら怪しいとか言われてる有様だし

    6
      • 戦略眼
      • 2023年 2月 24日

      防衛省自衛隊に見識がないからね。
      旧軍の方がマシ。

      6
    • 無印
    • 2023年 2月 24日

    F-5(フリーダムファイター)みたいな軽戦闘機の後継に中国製ってのは嫌だったので、FA-50はもっと頑張ってほしいね
    しかし「軽戦闘機この指とまれ」って言ってるのにロシアはMiG-35持ってくるのか…

    4
    • 戦略眼
    • 2023年 2月 24日

    マレーシアのMig-29を下取りして、ウクライナに送ってくれれば良いのに。

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  2. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  3. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  4. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  5. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
PAGE TOP