インド太平洋関連

人員不足に悩むオーストラリア軍、永久権を求める外国人の入隊を検討すべき

オーストラリアは2040年までに軍の規模を8万人(1.85万人増)に拡張する予定だが、新たな人員獲得のため「太平洋諸島出身者や米国、英国、ニュージーランド、日本などの国民にも入隊を認めるべきだ」というアイデアが浮上している。

参考:Jacqui Lambie backs Andrew Hastie’s idea to recruit foreigners to ADF
参考:Jacqui Lambie pushes for ‘Pacific battalion’ as calls grow for defence force to enlist foreign nationals to boost personnel
参考:What is Australia’s ‘golden ticket’ visa and why is it being talked about?

ゴールデンビザに群がる人々よりも、国のため命を捧げる覚悟がある人々がいるなら彼らを選ぶべき

モリソン前政権は2040年までにオーストラリア軍を8万人(1.85万人増)に拡張すると発表、この方針はアルバニージー政権に引き継がれているものの「どうやって新たな人員を獲得していくのか」というアプローチが欠けており、影の国防相を務めるヘイスティ―氏は「市民権を求める太平洋諸島出身者やファイブアイズや友好国の市民(米国、英国、ニュージーランド、日本など)の国民の入隊を認めるべきだ」と主張、このアイデアには他の野党からも支持が集まって注目が集まっている。

出典:Australian Army/CPL Daniel Sallai

オーストラリアでは移民が増加傾向で「ゴールデンビザによる市民権取得(500万豪ドルの投資で最大5年間の滞在が認められ、条件を満たしていれば永住権の申請も可能だが、このビザは若く積極的な投資家ではなくリタイア寸前の投資家に人気があり、国に新たな付加価値をもたらさない=永住権を500万豪ドルで販売しているだけと批判され見直しが予定されている)」が問題視されており、ヘイスティ―氏は「短期間で市民権を取得する方法として軍への入隊を検討すべきだ」と訴えているのだ。

統一オーストラリア党のランビー上院議員もヘイスティ―氏のアイデアを支持し「ゴールデンビザに群がる人々よりも、国のため命を捧げる覚悟がある人々がいるなら彼らを選ぶべきだ」と述べており、現地メディアは「この構想が実現すればオーストラリアも外国人部隊をもつフランス軍、ファイブアイズ構成国の国民が入隊できるニュージーランド軍に追躡することになる」と報じている。

出典:Sergeant Tom Evans RLC/MOD OGL v1.0 第2外人落下傘連隊

因みにデボンポートの公営団地で育ったランビー上院議員は「軍の採用プロセスには大きな問題が2つある」とも指摘しており、入隊希望者がいても申請から採用まで何ヶ月間もかかるため「その間に希望者は他の仕事を見つけてしまい、最低でも12週間以内で採用プロセスを完了させるべきだ」と指摘、さらに「犯罪歴や公営団地出身だからという理由で入隊希望者を判断するの止めるべきで、本当に人生をやり直そうとしているならチャンスを与えるべきだ」と付け加えている。

関連記事:軍の人員不足改善に乗り出した豪州、勤務延長で5万豪ドルを兵士に支給
関連記事:豪州が国防戦略の見直し結果を発表、陸軍を水陸両用戦に対応した構造に再編
関連記事:戦争を回避するには戦争の準備が必要、ポーランドが軍を30万人以上に増強

 

※アイキャッチ画像の出典:Australian Army/ABIS Rikki-Lea Phillips

軍の人員不足改善に乗り出した豪州、勤務延長で5万豪ドルを兵士に支給前のページ

米国のブリンケン国務長官、ウクライナが数週間以内に反攻作戦を開始する次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    フィリピン空軍の戦闘機調達、決め手を欠いたまま次期政権に持ち越し

    6月いっぱいで任期が切れるドゥテルテ大統領は「マルチロール機の購入計画…

  2. インド太平洋関連

    台湾は防空壕の準備を開始、中国は福建省への地上部隊の移動を開始

    ペロシ米下院議長の訪問に備える台湾当局は防空壕の準備を始めたと報じられ…

  3. インド太平洋関連

    韓国、民生用固体燃料ロケット開発を隠れ蓑にICBMやSLBMを開発か

    韓国メディアは15日、軍が開発を進めている超小型偵察衛星を2025年に…

  4. インド太平洋関連

    韓国航空宇宙産業、発注が相次ぐT-50/FA-50の生産ラインを2倍に増強

    韓国航空宇宙産業は発注が相次ぐT-50/FA-50の生産ラインを202…

  5. インド太平洋関連

    豪仏が155mm砲弾を共同生産、2023年の第1四半期にウクライナへ納品

    オーストラリアのマールズ国防相とフランスのルコルニュ国防相は30日「ウ…

  6. インド太平洋関連

    韓国、アイアンドームに類似した防空システムやVTOL対応の無人航空機開発を決定

    韓国は昨年発表した国防中期計画の中で韓国型アイアンドームの開発計画を盛…

コメント

    • マネヱヂヤア
    • 2023年 5月 03日

    その国の国民では無いのなら士気もあんま上がらなそうだし軋轢もできそう そもそも国家は国民が護るべきでは無いのか?

      • パンゴリ21
      • 2023年 5月 03日

      そもそも移住希望者を対象にした話なので、国家は国民が守るべきというのは論点が違うと思います。

      28
      • はな
      • 2023年 5月 03日

      国民を守るシステムを国家が創っても、回すのは国民だよ。
      自衛官も警官も勝手に生えてくるわけじゃないからね。

      2
      • HSST8
      • 2023年 5月 03日

      国家を守る気概があるのなら国民として迎え入れていいんじゃないですかね。
      忠誠を行動で示すんですから。

      6
    • general
    • 2023年 5月 03日

    待遇が良ければパワハラ腐敗いじめが横行する自衛隊よりも日本人がこぞってオーストラリア軍に入隊したりしてな

    13
      • RAAF
      • 2023年 5月 03日

      テンプレ話で聞き飽きた・ソース出せ・お前見たんかと言われる豪州人のアジア系人種への差別を聞くと中々ねとはいえ、フランス外人部隊へ入隊する日本人も一定数はいるので近場の豪州軍でしたらこちらも一定数いそうですね。
      負傷兵を受け入れる廃兵院制度がないだけに、フランスと違ってリスクは大きいです。

      14
      • ななし
      • 2023年 5月 03日

      学校の勉強が嫌で自衛隊に入ったようなものなのに、それが心を入れ替えて英語を勉強するとでも?

      7
      • HY
      • 2023年 5月 03日

       軍人になるためにオーストラリアに移住する日本人がいたら大したものだよ。オーストラリア軍は「永住権が欲しければ軍隊に入れ」ってやろうとしているわけだから話が逆さまなんよ。

      16
    • LLLLL
    • 2023年 5月 03日

    で、実際は中国人ばかりになるって可能性はない?
    (´・ω・`)

    4
      • HY
      • 2023年 5月 03日

      「市民権を求める太平洋諸島出身者やファイブアイズや友好国の市民(米国、英国、ニュージーランド、日本など)」って書いてんじゃん。

      22
        • はひふへ~ほ~
        • 2023年 5月 03日

        今のところはその通りなんだけど、ニュージーランド軍とは事実上合同軍だから希望者は期待できないし、アメリカは同じ方針で隊員募集をしているからわざわざアメリカ軍を辞めてオーストラリア軍を選ぶ理中があるのか?いうことになる。
        太平洋諸島出身者は絶対数が少ないし、日本人でわざわざ軍人になろうと言う人間に能力面の期待できない。(右左に寄っている人間や軍ヲタなんかは自衛隊ですら真っ先にはじかれている)
        イギリスも市民権を餌に軍人になろうとする人間がどれだけいるかという話なるし、アメリカ軍みたいに貧困層の移民向け相手になるし、イギリスだとたしかパキスタン系が対象になるし、さらに香港経由のイギリス人は比較的金は持っているから、わざわざ志願してくる人間はちょっと疑うだろうな。
        結局は中国人ではなくても中華圏からくる人間が多くなるのでは?

        3
          • HY
          • 2023年 5月 05日

           ゴールドラッシュ時代はともかく、最近オーストラリアへ移住する中国人は富裕層が主ですからね。わざわざ他国の軍隊に入る必要がないよ。将来、仮にゴールデンビザが廃止されたら永住権目当てに希望者が集まってくるだろうけど、それこそ左右(母国愛)に寄っていて自己主張が激しい理由ではじかれる可能性が高い。
           太平洋諸島出身者が少ないっていうけどフィリピンからの移民はそこそこ多いし、インドやベトナムからの移民も増えている。多分、念頭に置いているのはここだと思う。

          1
    • たけやぶやけた
    • 2023年 5月 03日

    >公営団地出身だからという理由で入隊希望者を判断するのを止めるべき
    さらっと凄いこと言ってないか?

    27
      • elmoelmo
      • 2023年 5月 03日

      それ思った
      犯罪歴と並んでそれが出てくるのは衝撃的すぎる
      それとも「公営団地」というのはオブラートに包んだ言い方で、実際にはブラジルのファベーラみたいなスラムのことなのかな?

      8
    • むむ
    • 2023年 5月 03日

    実現したら日本から行く人割といそう
    自衛隊上がりの人なんかはフランスの外人部隊の門を叩くよりはハードルが低そう

    10
      • TA
      • 2023年 5月 03日

      給料もこっちが高そうですしね
      グリーンカード欲しくて米軍に入隊するのもいるし割とポピュラーな移民手段になるのかも
      日本は給料が下がりすぎたよ…ちょっとシャレになってないよ

      1
        • TA
        • 2023年 5月 03日

        自レスですが上のコメントは昔かつ誤りでした(永住権と帰化
        今はまた違うようなので知りたい人は調べてね(人´ω`*)

        2
      • HY
      • 2023年 5月 03日

       外国に行ってまで兵士になりたがる日本人っているの?オーストラリアに終生住みたいから(投資する代わりに)軍隊に入る人ならいると思うけど。

      5
        • 2023年 5月 03日

        外国人になる条件が軍人になること、ならなる人もいるんじゃない?

          • HY
          • 2023年 5月 05日

           外国人?オーストラリアに永住するために軍人になるんでしょ?そう言ってんじゃん。このレスは「実現したら(自衛隊より待遇のいい)オーストラリア軍に入りたがる日本人が出てくるなw」という主張への反論なんよ。

    • 折口
    • 2023年 5月 03日

    インド太平洋地域において最も中国の影響力から遠い国が、兵力増強のためにインド太平洋諸国から兵士をかき集めるというのは何だかしっくり来ない話ですね。過去の政権で決めたことだから粛々と方法を検討しているんだよというだけの話だと思いますが、最近のオーストラリアは国防に対して前のめりになっている感じもします(別に悪いことではないのですが)。

    しかし、亡命希望だったアフガン難民を右から左でナウルの収容所に送り込んでた国が非アングロサクソン系の兵役移住者も検討するって、本当にござるか~?と考えちゃいますね。日本は批判できる立場に全くないですが、その日本よりなお永住の人種的ハードルが高いのがオーストラリアですからね…。最近は移民政策もだいぶ変わってきたとはいえ、やはりそこはオーストラリアですからね…

    4
      • HY
      • 2023年 5月 03日

       依然としてハードルは高いままになるでしょうね。高額とはいえ投資さえすれば永住できたのが兵役に代わるのですからむしろ上がっているとさえ言えます。それでも投資するお金はないが命張っても移住はしたい人々が集まってくる可能性は高いです。

      >インド太平洋地域において最も中国の影響力から遠い国が、兵力増強のためにインド太平洋諸国から兵士をかき集めるというのは何だかしっくり来ない

       南シナ海はすでに中国の内海となりかかっており、東南アジアも中国の影響下に落ちつつあります。地球儀を見ればわかりますが、東ティモールからわずか500キロ南がオーストラリア大陸です。もし東南アジアが中国の裏庭になったら直接中国の脅威に晒されることになります。
       今現在すでに中国の脅威に晒されているのに能天気な日本にはピンと来ないかもしれませんが。

      5
    • 無無
    • 2023年 5月 03日

    アメリカやロシアも採用している募集方法ですが、国の格差、個人の格差を反映する結果への痛みを覚悟しないと真似はできません、貧しい国、訳ありの国の若者ばかりが志願することになる。
    まだ多民族共生のノウハウが不足している日本としては他人事にしておきたい、自衛隊における外人隊員イジメなんか聞きたくもない

    7
      • HY
      • 2023年 5月 03日

       ノウハウというより意識的・文化的な問題だと思うね。多民族共生はその国の歴史とともに醸成されるもので一朝一夕に作り上げるものではない。「聞きたくない」っていうその感情がそれを物語っている気がする。

      4
    • タービン
    • 2023年 5月 03日

    正直この国に期待できないから行ってこようかな・・・英語なら日常会話程度ならできるし・・・

    1
      • チェンバレン
      • 2023年 5月 04日

      そんな志望動機だと面接で落ちそう

      1
      • HY
      • 2023年 5月 05日

       オーストラリアのために命張って戦う覚悟ある?っていうか海外出たいなら出なよ。最近の日本人は内向きが多くて海外での存在感が薄まってきているからさ。

      1
    • チェンバレン
    • 2023年 5月 04日

    いうてそこまでオーストラリア国籍欲しいか?

      • HY
      • 2023年 5月 05日

       高い給料、生活水準、広大な大地。求める人は多いと思う。内向き志向が大勢を占めたわが国ではピンと来ないのも無理ないけれど。

      0
    • 青いあんちくしょう
    • 2023年 5月 08日

    リンク
    オーストラリア軍も今はどうだか知らないがイジメはあったみたいだな。国名は言わないけど軍隊内のイジメが横行している国は結構ある。自衛隊だけの問題ではない。だからこそ人手不足なのかも知れない。

    ただオーストラリア軍が改革に成功し、オーストラリア経済も下り坂に向かうのなら人手不足も解消していくんじゃないかな。自衛隊がすべきは欧州みたく軍事オンブズマンの設置や自衛官の労組的な組織の結成だろう。

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  3. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  4. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  5. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
PAGE TOP