インド太平洋関連

インド、年内にフィリピンと超音速対艦ミサイル「ブラモス」輸出契約を締結か

インド政府は超音速対艦ミサイル「ブラモス」を輸出するためフィリピンとの協議を開始したと現地インドメディアが報じている。

参考:Philippines explores options to buy BrahMos missile from India

インドが超音速対艦ミサイル「ブラモス」を東南アジアにばら撒く理由とは?

インドとロシアが共同開発した超音速対艦ミサイル「ブラモス」はマッハ3.0+の速度と強力なシースキミング(海面から約3m~4m)能力が特徴で、命中精度もCEP(平均誤差半径)1m以内となかなか優秀だ。インドは開発したブラモスのファミリー化を進めていて航空機搭載型、水上艦搭載型(潜水艦を含む)、陸上発射型の3つが完成している。

出典:Anirvan Shukla / CC BY-SA 3.0 超音速対艦ミサイル「ブラモスM」と「ブラモスNG」

そしてフィリピンが購入を考えているのはブラモスの陸上発射型で、インドはブラモス購入資金としてフィリピンに対し約1億ドル(約110億円)の融資を行うと言っているのだが新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で交渉がストップしているらしい。現地インドメディアは新型コロナの影響が収まりしだい両国政府は交渉を再開して年内にブラモス購入契約を締結すると報じているが、果たして予定通り交渉が進展するだろうか?

ブラモスは現在購入可能な唯一の「超音速対艦ミサイル」で、これをフィリピンに輸出するということはインドと中国の関係悪化に繋がる可能性が非常に高いのだが、その代わりフィリピンを含む東南アジア(※1)にブラモスをばら撒けば海から中国に軍事的な圧力を加えられるため国境を接するインドへの軍事的圧力が相対的に下げる効果を期待できる。

※1補足:インドはブラモスの購入国にフィリピン、タイ、インドネシア、ベトナムを挙げている。

当然、中国からしてみれば南シナ海に接する国々がブラモスを手にすれば南シナ海の領有化に悪影響を及ぼすため、経済的な飴(経済支援)と鞭(経済的な不利益)でブラモス購入を阻止してくるだろう。

出典:Anirvan Shukla / CC BY-SA 3.0 ブラモスの陸上発射型

要するにインドのブラモス輸出は純粋な武器ビジネスではなく安全保障に関わる政治的意向が強いため価格交渉はほとんど無意味(極端なことを言えば無償でもよい)なのだが、これを中国が政治的にも経済的にも阻止してくるため中々ハードな交渉になることが予想されるため予定通り交渉が進展するのか怪しいのだ。

しかし、こういったインドの動きは嫌らしい反面、羨ましとも感じてしまう。

米国も台湾への武器輸出を利用して中国への軍事的な圧力を加えているが、インドは中国経済への依存度が低いため米国よりも思い切った手が打てるのが強みで、中国経済への依存度が高く武器輸出を外交や政治利用できない日本には到底真似の出来ない戦略だ。

果たして、インドの思惑は上手く行くのだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典:Public Domain 超音速対艦ミサイル「ブラモス」

本当に国産化率76%? 韓国の次世代潜水艦2番艦が進水間近前のページ

米国が離脱を表明したオープンスカイ条約とは? 違反したのはロシアだけ?次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    インドとの協定に調印したフィリピン、超音速対艦ミサイル「ブラモス」導入に向けて前進

    インドとの防衛装備品調達に関する調印式に出席したデルフィン・ロレンザー…

  2. インド太平洋関連

    中国に最も効果的な一手、インド海軍が南シナ海に艦艇を派遣

    印メディアは30日、インド政府は6月15日にラダックのギャルワン渓谷で…

  3. インド太平洋関連

    近代化を推し進める豪陸軍、新たにM1A1の最新バージョンM1A2/SEPv3を75輌調達

    米国務省は4月29日、オーストラリア向けに16億8、500万ドルの重装…

  4. インド太平洋関連

    米国の一方的な主張に過ぎない? インドネシア軍関係者がオスプレイ導入を否定

    最近まで国防省次官を務めていたアグス・スティアジ副提督は、降って湧いた…

  5. インド太平洋関連

    果たしてどの国から入手するのか? インドネシア海軍が中古潜水艦の調達を決断

    インドネシア海軍は潜水艦戦力の不足を補うため海外から中古潜水艦を導入す…

  6. インド太平洋関連

    インド、Su-30やMiG-29を含む5000億円規模の緊急調達案を承認

    インド政府は中国との軍事的緊張を理由に3,890億ルピー(約5,600…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 5月 22日

    アメリカもコロナ大恐慌が発生した為、もう経済悪化なんか気にせずに中国殴り始めてますけどね
    現時点で9万人も殺されているので、アメリカが手心を加える義理なんかミリも残っていない訳で

    • 匿名
    • 2020年 5月 22日

    陸上だけだと心もとないのでフィリピンのTC-90に搭載できればと思ったんだが、TC-90にレーダーないのね。
    せめてホセ・リサールには搭載できないのかな
    リンク

    • 匿名
    • 2020年 5月 22日

    経済が国防における毒になり得るのは歯痒い事実でもあるし、中国の戦略が成功していることの現れでもある。
    インドとはそれを打破するための関係を築いていって欲しいものだ。

    • 匿名
    • 2020年 5月 22日

    日本が買いたいね。アメリカ激怒するけど、インドからならいいかと。
    性能いいんだから許してよ、アメリカさん!

      • 匿名
      • 2020年 5月 22日

      そこは、共同開発する。

        • 匿名
        • 2020年 5月 23日

        例え共同開発でも日本がインドと同レベルの高度な兵器を開発出来るとはとても思えない訳だが

          • 匿名
          • 2020年 5月 23日

          君の空想の話などだれも興味は無い
          現実を見て話をしてくれ

          1
            • 匿名
            • 2020年 5月 23日

            日本の国産兵器がインドのそれ以下なのは事実ですが何か?

            F-3だって?
            絵に描いた餅は兵器ではないので…

            • 匿名
            • 2020年 5月 24日

            >日本の国産兵器がインドのそれ以下~
            だからそれは君の空想だといっている
            それこそ日本の国産兵器とインドの国産兵器を示して
            どういった点が劣っているとか指摘してみな

            2
          • 匿名
          • 2020年 5月 24日

          類似の超音速対艦ミサイルなら、日本は開発済みです。

          2
            • 匿名
            • 2020年 5月 24日

            それも単独でですね

            2
    • 匿名
    • 2020年 5月 22日

    一方、ニホンは中ソの極超音速ミサイルの脅威になんの対抗策も取れず震えていた…

      • 匿名
      • 2020年 5月 24日

      日本の開発済みや開発中のミサイルのことを知らなかった様ですね。

      2
    • 匿名
    • 2020年 5月 22日

    ミサイルの先端は、廃棄したミグ21の機首を再利用しているに違いない。(違う

      • 匿名
      • 2020年 5月 23日

      無人Mig-21かSu-17って感じで形状はとてもよい。
      冷戦期の香りがするね。

        • 匿名
        • 2020年 7月 04日

        だよね。構造的にレーダーシーカーが小さくなってしまうのが欠点かと思うが、理屈抜きに形は好みだな。

    • 匿名
    • 2020年 5月 23日

    ミサイル情報も漏れてるし、インドからブラモス買うしかないよ。
    マジで。

      • 匿名
      • 2020年 5月 25日

      寝言は寝て言え

      4
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  2. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP