日本関連

豪空軍「F/A-18A/B」が日本に展開、日豪共同訓練「武士道ガーディアン18」が始まる!

日本の航空自衛隊は、オーストラリア空軍と9月10日から日豪共同訓練「武士道ガーディアン18」を、初めて国内の拠点で実施する。

参考:日豪共同訓練の実施について

レガシーホーネットの勇姿を見られるのもあと僅か?

日本の航空自衛隊は9月10日から28日まで、北海道千歳基地、青森県三沢基地周辺空域でオーストラリア空軍と共同訓練「武士道ガーディアン18」を実施する予定で、航空自衛隊からは北部航空方面隊が、オーストラリア空軍からは第81航空団、第77飛行隊を主体とする訓練部隊が参加する。

オーストラリアの国防大臣、リンダ・レイノルズ氏は今回の「武士道ガーディアン18」について、日豪の特別な戦略的パートナーシップを強化するための重要なステップだと話し、オーストラリア空軍の司令官は、この演習は訓練上、大きな利益をもたらすだろうと述べた。

今回、オーストラリア空軍は初めて日本へ「F/A-18A/B」を派遣するため、これを記念して9月20日、千歳基地にて「F/A-18A/B到着式」を行うとオーストラリアメディアが報じているが、この式典が一般向けに解放されたものになるのかは不明だ。

出典:public domain F/A-18E/F

日本でも見かける機会が多かったF/A-18A/BやF/A-18C/Dは、F/A-18E/Fの原型機で「レガシーホーネット」と呼ばれるタイプだが、いつの間にかF/A-18E/Fで更新されていき、日本では岩国基地に展開する米海兵隊所属のF/A-18C/Dぐらいしか見かけなくなった。

オーストラリア空軍でも、2020年までにレガシーホーネットは全機退役し、F-35Aで更新することが決まっており、退役後はスペアパーツ取りの機体としてカナダに売却(既に2機が引渡し済みで、2021年までに23機が引渡される予定)される。

出典:public domain ブルーエンジェルス

米海軍では2019年2月、空母の飛行甲板からレガシーホーネット(F/A-18C/D)が姿を消しF/A-18E/Fに統一されたが、米海軍のアクロバット飛行隊「ブルーエンジェルス(2021年までにF/A-18E/Fへ機種転換を行う予定)」と、本土所属の予備役部隊でレガシーホーネットの運用が続けられているものの、前線への復帰や実戦投入されることは、もはや無いだろう。

海外の導入国(カナダ、スペイン、フィンランド、スイス等)でも、後継機の検討が始まっており、もう十年もすれば最前線の部隊から、レガシーホーネットは消えることになるかもしれない。

しかし、一つだけ例外がある。

米海兵隊のレガシーホーネット(F/A-18C/D)は、F-35B/Cに置き換えられる予定だが、全てのF-35を受け取るまでには時間が掛かるため、米海兵隊はF/A-18C/D(98機)の搭載レーダーを「AN/APG-79(V)4」にアップグレードすることを決定したので、もうしばらくは最前線に踏みとどまり続ける。

このように、いつの間にか「レア」な存在になってしまった感があるレガシーホーネットだが、もし今回の「F/A-18A/B到着式」が、一般にも公開されるなら是非、見学してみたいものだ。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain オーストラリア空軍のF/A-18A/B

KFXでは対抗不可?韓国、日本の空軍力強化には「ゲームチェンジャー」で対抗前のページ

英国主導の第6世代戦闘機「テンペスト」にイタリアが参加を表明次のページ

関連記事

  1. 日本関連

    日本、F-35に唯一搭載可能な巡航ミサイル「JSM」購入に53億円を投じる

    ノルウェーのKONGSBERG社は、日本に巡航ミサイル「Joint S…

  2. 日本関連

    SM-3開発で協力した日米、次世代ミサイル防衛網構築で再び協力

    日本は米国が開発を進めている「極超音速及び弾道追跡スペースセンサー(H…

  3. 日本関連

    日本、次期戦闘機F-Xのエンジンを英国と共同開発する方向で最終調整か

    日本の朝日新聞は3日、航空自衛隊の次期戦闘機F-Xのエンジンを英国と共…

  4. 日本関連

    ベトナムに感謝、エンジントラブルに直面していた海自P-3Cが無事帰国

    ベトナムの協力で、ソマリア沖・アデン湾における海賊対処に派遣されていた…

  5. 日本関連

    この世に存在しない約800億円の廉価版イージス・アショアは導入不可能

    AN/SPY-1を採用したイージス・アショアは本当に、AN/SPY-7…

  6. 日本関連

    本当に実現可能? 日本が極超音速兵器の迎撃手段としてレールガーンを本格開発

    日本はレールガーンの長距離射撃で極超音速兵器を迎撃=無誘導の発射体を飛…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 9月 11日

    そういや海兵隊はF-4Sをずっと使ってたもんなあ
    それにしても生でオージーホーネット見られる人が羨ましい

    • 匿名
    • 2019年 9月 12日

    それにしても名前がw 来年は芸者カウガールか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  4. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP