日本関連

豪空軍「F/A-18A/B」が日本に展開、日豪共同訓練「武士道ガーディアン18」が始まる!

日本の航空自衛隊は、オーストラリア空軍と9月10日から日豪共同訓練「武士道ガーディアン18」を、初めて国内の拠点で実施する。

参考:日豪共同訓練の実施について

レガシーホーネットの勇姿を見られるのもあと僅か?

日本の航空自衛隊は9月10日から28日まで、北海道千歳基地、青森県三沢基地周辺空域でオーストラリア空軍と共同訓練「武士道ガーディアン18」を実施する予定で、航空自衛隊からは北部航空方面隊が、オーストラリア空軍からは第81航空団、第77飛行隊を主体とする訓練部隊が参加する。

オーストラリアの国防大臣、リンダ・レイノルズ氏は今回の「武士道ガーディアン18」について、日豪の特別な戦略的パートナーシップを強化するための重要なステップだと話し、オーストラリア空軍の司令官は、この演習は訓練上、大きな利益をもたらすだろうと述べた。

今回、オーストラリア空軍は初めて日本へ「F/A-18A/B」を派遣するため、これを記念して9月20日、千歳基地にて「F/A-18A/B到着式」を行うとオーストラリアメディアが報じているが、この式典が一般向けに解放されたものになるのかは不明だ。

出典:public domain F/A-18E/F

日本でも見かける機会が多かったF/A-18A/BやF/A-18C/Dは、F/A-18E/Fの原型機で「レガシーホーネット」と呼ばれるタイプだが、いつの間にかF/A-18E/Fで更新されていき、日本では岩国基地に展開する米海兵隊所属のF/A-18C/Dぐらいしか見かけなくなった。

オーストラリア空軍でも、2020年までにレガシーホーネットは全機退役し、F-35Aで更新することが決まっており、退役後はスペアパーツ取りの機体としてカナダに売却(既に2機が引渡し済みで、2021年までに23機が引渡される予定)される。

出典:public domain ブルーエンジェルス

米海軍では2019年2月、空母の飛行甲板からレガシーホーネット(F/A-18C/D)が姿を消しF/A-18E/Fに統一されたが、米海軍のアクロバット飛行隊「ブルーエンジェルス(2021年までにF/A-18E/Fへ機種転換を行う予定)」と、本土所属の予備役部隊でレガシーホーネットの運用が続けられているものの、前線への復帰や実戦投入されることは、もはや無いだろう。

海外の導入国(カナダ、スペイン、フィンランド、スイス等)でも、後継機の検討が始まっており、もう十年もすれば最前線の部隊から、レガシーホーネットは消えることになるかもしれない。

しかし、一つだけ例外がある。

米海兵隊のレガシーホーネット(F/A-18C/D)は、F-35B/Cに置き換えられる予定だが、全てのF-35を受け取るまでには時間が掛かるため、米海兵隊はF/A-18C/D(98機)の搭載レーダーを「AN/APG-79(V)4」にアップグレードすることを決定したので、もうしばらくは最前線に踏みとどまり続ける。

このように、いつの間にか「レア」な存在になってしまった感があるレガシーホーネットだが、もし今回の「F/A-18A/B到着式」が、一般にも公開されるなら是非、見学してみたいものだ。

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain オーストラリア空軍のF/A-18A/B

KFXでは対抗不可?韓国、日本の空軍力強化には「ゲームチェンジャー」で対抗前のページ

英国主導の第6世代戦闘機「テンペスト」にイタリアが参加を表明次のページ

関連記事

  1. 日本関連

    進む米軍と自衛隊の一体運用、日米がF-35A運用で得た経験や教訓を共有

    米空軍のヒル空軍基地に駐屯する第388メンテナンス中隊(第388戦闘航…

  2. 日本関連

    海外メディア、巡航ミサイルを搭載した潜水艦は日本にとって生存性の高い反撃手段

    日本が新型巡航ミサイルを海自潜水艦に搭載するという動きについて海外のデ…

  3. 日本関連

    F-22のコンセプトを受け継ぐ唯一の存在? 世界が日本の次期戦闘機「F-3」に注目する理由

    海外メディアは日本が第6世代戦闘機に相当する次期戦闘機「NGF(仮称F…

  4. 日本関連

    戦場認識力の拡張が進む中国軍、大型の新型無人航空機「TB-001」が東シナ海上空に初登場

    東シナ海上空で初めて中国軍が運用する無人航空機「TB-001」が確認さ…

  5. 日本関連

    米英はミャンマー軍の資金源断つため制裁を実施、日本のODAは事業継続で資金源化

    ミャンマーメディアは26日、ミャンマー軍が経営している企業と関係を維持…

  6. 日本関連

    導入中止も噂されていた日本発注のRQ-4Bグローバルホークが初飛行に成功

    ノースロップ・グラマンは16日、日本向けに製造していたRQ-4B Bl…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 9月 11日

    そういや海兵隊はF-4Sをずっと使ってたもんなあ
    それにしても生でオージーホーネット見られる人が羨ましい

    • 匿名
    • 2019年 9月 12日

    それにしても名前がw 来年は芸者カウガールか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  3. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  4. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP