中東アフリカ関連

奇妙にも一致した3ヶ国の利害、カタール空軍がトルコにラファールを配備したい理由

米メディア「Breaking Defense」は29日、カタールがトルコにラファールを含む航空戦力を配備させる目的や背景について興味深い指摘を行っている。

参考:Qatar’s Massive Increase In Military Power Comes With Political, Logistical Headaches

ラファールのトルコ配備はフランス防衛産業界、カタール空軍、トルコ空軍の利害が奇妙に一致した結果?

カタールとトルコはカタール空軍が訓練目的でトルコ国内の空軍基地に軍用機を駐屯させる協定に署名→現在トルコ議会の承認待ちだが、これが承認されればカタール空軍はトルコにラファール×12機、ミラージュ2000×9機、C-17A×4機を派遣することを予定しているため大きな注目を集めている。

出典:Public Domain ミラージュ2000

業界関係者や専門家によるとトルコ空軍基地にラファールを配備するには製造国=フランスの事前承認が必要だと主張しているが、米メディアのBreaking Defenseがフランス軍事省に直接問い合わせた結果「フランスとカタールが締結した協定にはトルコ空軍基地へのラファール配備を制限する項目は特になく、国外配備されたカタール空軍のラファールが飛行する際に当該国の航空機と一緒に飛行しなければならない=国外配備の際の単独飛行を禁止する項目ぐらいしか見当たらない」と報じているのでカタールとトルコの協定を妨げることはなさそうだ。

さらに興味深いはフランスとカタールが締結した協定にはカタール軍のラファールB(複座型)の後部座席に国外の空軍パイロットを乗せたり、国外の空軍パイロットにカタール軍のラファールを操縦させることを禁じる項目が存在しない点で、仮にカタールがフランスに許可を求めた場合「フランスは容認(黙認?)するだろう」と報じている。

出典:public domain ラファールB

フランス防衛産業界の関係者によれば「カタール空軍の戦闘機がトルコに配備されれば長年の目標だったトルコ市場への参入に繋がる」と見ており、トルコとNATO加盟国との関係は昨年悪化したがフランスとの関係は水面下で改善に向かっているらしい。ただ別の関係者は「東地中海の排他的経済水域問題でトルコと対立するギリシャがラファールを購入したばかりなので慎重に行動する必要がある」と言っているので状況は複雑だが、F-35Aとは異なりラファールにはS-400に探られて困るようなステルスの秘密がないので容認(黙認?)する可能性が高いという結論だ。

ではカタールが「なぜトルコ国内の空軍基地に戦闘機を配備するのか?」だが、これには中々ハードな理由が存在する。

2017年に周辺国(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、エジプト)との関係断絶で安全保障上の危機に直面したカタールは大量の装備品調達を実行、しかし突然実行された軍事力強化に人材供給が間に合っていないという問題に直面している。

例えば2017年のカタール空軍が保有していた戦闘機戦力はミラージュ2000×12機のみだったのに、2021年時点の戦闘機戦力はF-15QA×36機(引き渡し前)、タイフーン×24機(引き渡し前)、ラファール×36機、ミラージュ2000×9機の計105機にまで膨れ上がっており、これを運用する人材をどうやって確保して日々の訓練を行うのかに頭を悩ませているらしい。

出典:米空軍スコット基地 カタール空軍に引き渡し前の米空軍マークをつけたF-15QA

結局、トルコに戦闘機を派遣して訓練を受けるというアイデアはカタール空軍が直面する問題を解決するためのもので、日常的に人材不足の湾岸諸国では外国人将校の採用も一般的に行われているためトルコ空軍の元パイロットを採用したいという狙いもあるのだろう。

つまりトルコにカタール空軍のラファールを配備するという奇想天外なアイデアが実現に向かっているのはトルコ市場への参入チャンスだと判断するフランス防衛産業界、充実した訓練環境とトルコ空軍の元パイロットを採用することで人材面の問題を解消したいカタール空軍、対立するギリシャが導入するラファールを研究したいトルコ空軍の利害が奇妙にも一致したためで本当に興味深い話だ。

まぁラファールを導入したばかりのギリシャにとっては面白くない話だが、、、

関連記事:トルコにカタール空軍が5年間駐留、ラファールやミラージュ2000を派遣予定でギリシャが反発
関連記事:奇妙な事故、カタール空軍に引渡し前のF-15QAから米空軍のパイロットが機外に放り出される

 

※アイキャッチ画像の出典:Public domain カタール空軍のラファール

英国、テンペスト開発に不可欠なデジタル・エンジニアリングの基盤構築に382億円を投資前のページ

米海軍、廃艦処分になった強襲揚陸艦の火災を引き起こした容疑で水兵を起訴次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    リビア内戦、エジプト機甲師団VSトルコ無人航空機の激突が現実味

    エジプト議会は来週中にもリビアへの軍事介入に関する法案を審議して可決さ…

  2. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦、ドイツに供給する国産の防空ミサイル「SkyKnight」を発表

    アラブ首長国連邦は首都アブダビで開催中の防衛展示会「IDEX」でSky…

  3. 中東アフリカ関連

    米国、エジプトのSu-35導入にもCAATSAに基づく制裁を匂わせ始める

    米国のバイデン政権は23日、トランプ大統領が問題化するのを避けていたエ…

  4. 中東アフリカ関連

    イスラエル、GNSS拒否環境下でも作動する新型ミサイル「SEA BREAKER」を発表

    イスラエルのラフェエルは30日、海上や陸上を移動する目標と交戦可能な新…

  5. 中東アフリカ関連

    米国にとっては痛し痒し、UAEに続いてカタールがF-35A購入を要請

    アラブ首長国連邦(UAE)に続きカタールがF-35A購入を正式に米国に…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 7月 30日

    戦闘機9倍!?景気のいい国というか今まで備えてなかっただけなのか
    まぁそらパイロットおらんわな

    11
      • 匿名
      • 2021年 7月 30日

      ラファール以外は
      固定翼機
      Alphajet×6
      C-17×8
      C-130J×4
      PC-21×24

      ヘリコプター
      AW-139×19
      SA342×13
      Sea king×11

      WORLD AIR FORCES 2017より

      カタールって結構発展してる国だよね?

      1
    • 匿名
    • 2021年 7月 30日

    イギリスは三枚舌外交ってよく言われるけどフランスの二枚舌も負けてないよね
    日本が馬鹿正直すぎるだけでこういうのが当たり前なのかもしれんが

    22
      • 匿名
      • 2021年 7月 30日

      イスラエルの核開発に協力したがアラブの石油に目が眩んで裏切った後、イラクの核開発に協力したクソムーブ
      リビアのカダフィをはじめ、アフリカ中東の独裁者圧政国家に兵器売って国民弾圧の手助け

      そんなの手本にしたくない

      18
        • 匿名
        • 2021年 7月 30日

        武器売るってのはその地域の軍事的、政治的ゴタゴタに片足を(時には両足を)突っ込むってこと。
        その辺が車や家電売るのとは決定的に違う。
        売り込みのノウハウや武器の性能以上に日本に足りないのは、そういう覚悟じゃないかな。

        13
          • 匿名
          • 2021年 7月 30日

          西側では制限なしに無定見な事やってるのフランスぐらいだからそれを参考にしろってのも

          12
            • 匿名
            • 2021年 7月 30日

            米英独伊辺りもその時々で都合のいい理屈を並べ立てながら無定見な事やってるだろw

            9
              • 匿名
              • 2021年 7月 30日

              まあそのへんは一応タテマエでも人権とか陣営とか考えるから
              フランスは本当に見境ない

              9
          • 匿名
          • 2021年 7月 30日

          利益が出ればいいだけでフランスの場合は覚悟なんてないだろ
          後は野となれ山となれだよ
          アメリカが全部尻拭いしてくれるとでも考えてるんだろ
          結局中東和平取りもったのもアメリカだし

          22
            • 匿名
            • 2021年 7月 30日

            > 後は野となれ山となれだよ

            それはそれで消極的ながら「覚悟」なんだよ。

            7
      • 匿名
      • 2021年 7月 30日

      最近、この様な意見が多いが、例えば「日本は二枚舌」と呼ばれる状況って納得できるの?
      「したたか」と「二枚舌」は違うと仰るでしょうが…

      5
      • 匿名
      • 2021年 7月 30日

      イギリスの三枚舌外交ってのはイギリス国内で複数の派閥がそれぞれ別の戦略目的で別々で勝手に動き回って交渉するけど外部からはそれが分からないって感じなのよね
      なので三枚舌というよりはどちらかと言うと3人の小人のが正しい

      12
    • 匿名
    • 2021年 7月 30日

    日本には、『真面目』には対価が有る 、とどこか頑なに思い込んでいる癖があるかもしれませんね。
    私自身を振り返った感想ですが…

    現実は状況によりけりで、確かなものは何ひとつ無い。
    倫理をどう繕うか?というのは課題ですね

    12
      • 匿名
      • 2021年 7月 30日

      真面目にやってきたからこそ国際社会での信頼が培われてきたんだと思うが
      戦前の独りよがりな行動でどれだけ国益を損ねたのかと

      13
      • 匿名
      • 2021年 7月 30日

      “村”の中で全てが完結する社会なら真面目や誠実には対価がある、というよりそれらがある程度無ければ排斥の対象になるので必要なんですよね。その辺りは基本的に村社会の日本ならではの美点であり欠点なのではないかと思います。

      10
        • 匿名
        • 2021年 7月 30日

        逆に、一期一会の遊牧・行商生活とかだと、真面目や誠実に価値なんて無いんですよね
        中東ほかが全然まとまらないのも、そういう気質故に根っこの部分で猜疑心に塗れている為ではなかろうか

        9
    • 匿名
    • 2021年 7月 30日

    で、出たぁ~!! フランス死の商人ムーブだぁ~っ
     
    いやまぁトルコとカタールが契約の穴突いた形なんだろうけどさ
    あちこちに兵器売ってると大変だねホント

    12
    • 匿名
    • 2021年 7月 30日

    カタールは2018年にVIP用747-8Iをトルコに贈呈してるらしい。
    関係は深そうだね

    • 2021年 7月 30日

    哀れギリシャ君はNATOにもEUにも見放され中小国の悲哀イタイイタイなのであった

    2
      • 匿名
      • 2021年 7月 30日

      でも今トルコって国レベルの味方はカタールやアゼルバイジャンぐらいしかいないぞ

      1
        • 匿名
        • 2021年 7月 30日

        ウクライナとは仲が良かったよね?
        ウクライナの現状で、ロシア相手にガチで攻撃しかけそうな国だし。

        イスラエルもまんざらじゃないんでは?
        イランの味方(アルメニア)の敵(アゼルバイジャン)の味方だから。

        ポーランドも無人機の大口顧客になりそうだし、韓国とも仲良かったよな?

        1
          • 匿名
          • 2021年 7月 31日

          アゼルバイジャンとイラン関係って、宗教的繋がり(どっちもシーア派)で良好と思ってたんだが違ったか?

          1
      • 匿名
      • 2021年 7月 30日

      ギリシャはECBの救済でなんとか財政破綻を免れた国なわけで、
      その国が、戦闘機や艦船の購入を許されているだけありがたいと思わないとね。

      1
    • 匿名
    • 2021年 7月 31日

    アメリカ「じゃあギリシャへの軍事援助増やしまーすwタダで供与してあげるwあ、トルコ君には制裁強化でw」

    • 匿名
    • 2021年 7月 31日

    ギリシャってロシアとは正教繋がり、中国とは経済的繋がり(港明け渡してるし)で、西側とは思えないんだよな。

    トルコは、ロシアとは地域や状況によって敵対と友好を使い分けたりしてるし、中国とはエルドアンは仲良しかもしれんが、ウイグル問題により国民感情は悪いから、どっちに転ぶかわからない国。

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  3. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  4. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP